2020年4月度「禁サロ」メンバー限定コンテンツ

「禁断のオンラインサロン」会員コンテンツ

真田孔明の「禁断のオンラインサロン」メンバー限定コンテンツです。バックナンバーとしてご購入頂けます。

本当の在宅C対策研究


コロナ問題で、社会的全体にストップがかかってるご時世。

ネットでコロナ=C情報や世紀末論を閲覧し続けるのではなく。

自分が今の状態で何が出来るか?を考えるのに集中した方が良い。

籠城のような状態がまだまだ続く(日本はこれから)と思われるが。

今は自宅に籠もりパソコンに向かって地道にパチパチしながら、ネット物販をやったり、決算書を良くしながら、銀行からお金をもらい続けてヒットポイントと体力を地道に上げ続ける。

そして、これから起こるであろう健康についての問題点を知り、対策を立てるフェイズになる。

今回の真田孔明の「禁断のオンラインサロン」動画・音声では・・・表の投稿には、決して書くことができない、2020年4月からより真剣な対策が必要になった「健康問題」を分析して。

様々な角度から、家族と自分を守るための方法についてお話した様子を収録・公開させて頂く。

「禁サロ」メンバーは、このお話を視聴して、なんとか長期戦を共に生き延びよう!

マレーシアの行動規制で未体験ゾーンへ

「東京オリンピック」が正式に延期されて、今まで大人の事情で表沙汰に出来なかった日本の状況が露呈している。

日本でも本格的な在宅待機が要請ではなく、強制になるのではないだろうか?

僕が拠点とするマレーシアでは、厳戒体制の行動規制が、従来の3月31日から4月14日まで延期公示された。

生活必需品確保目的以外の外出は完全禁止。

自宅コンドミニアムのプールとジムは閉鎖。

外部の方々も入れない状況で全く身動き取れない。

生活必需品を販売しているお店以外全て強制休業。

そのお店も15時には閉店。

さらには、20時以降外出禁止になっている。

2011年1月からジョホールバルを、家族と共に拠点として住み始めてから9年以上が経過したが。

まさか国全体が、こんな状態になってしまうなんて全く想像もしていなかった。

2003年SARSの時に、香港に転勤したのだが、あの時は普通に海外出張にも行っていたし、ココまで厳しく制限されていなかった。

まさに今は未体験のゾーン。

就職して社会人になって、2ヶ月位の新人研修が終わった後から、ただの一度も出張が無かったことはない。

2003年4月に海外に出てから2020年3月に至るまで17年間。

ただの一度も1ヶ月で3カ国以上移動しなかったことがない。

そのルーチンが今回の件で崩されてしまった。

一体こんなことがいつまで続くのだろうか?

Cの問題点を知り対策を立てる

Cに関連する問題は、世の中の流れとしては、どうしようもないこと。

お上が決めたことやっていることに対して、僕たち民間の法人・個人は、どうであれ発生したことの対策しかできない。

Facebookの投稿を見ていると、C対策として、お湯を飲むのが良いなど、色んな人が色んなことを言っているが。

真偽のほどは、僕はお医者さんではないので分からない。

ただ、外的要因から僕たちの健康が脅かされているのは事実なので、その問題点を知り、対策を立てる必要がある。

どんなライフスタイルでも身体が資本なので、健康面が崩れると、全てが崩れてしまう。

健康面が害されると、

・お金稼ぐ気がない
・恋愛する気がない
・何もする気がない

=生きる気もない

という形になってしまう。

そこで、今回の真田孔明の「禁断のオンラインサロン」動画・音声では・・・在宅で取り組める本当のC対策について1時間4分53秒に渡ってお話した様子はバックナンバーとしてご購入いただける。

お嫁さん探し31歳の挑戦記


お嫁さん探しをしている31歳Kai君が、先月に続いて4回目の「禁サロZoom」公開コンサルに挑戦された。

1回目・2回目:2019年10月時点
・彼女なし
・年収156万円(本業月5万円、副業月8万円)
・目標は結婚すること、経営者になること

3回目:2020年2月時点
・彼女なし
・転職して、年収約240万円に
・合コン企画居酒屋とステーキハウスに通う
・ネットの活動で2人の女性とデートをお約束

4回目の今回は、

・1人の女性とのデート結果報告
を聞くと共に、

・お嫁さん探しに重要なプロフィール
・Kai君が現在の悩んでいるニオイ

などお嫁さん探しの「要」についてお話させて頂いた。

今回の真田孔明の「禁断のオンラインサロン」の動画・音声では、31歳Kai君のお嫁さん探しの「禁サロZoom」公開コンサルの様子を収録、公開させて頂く。

なお今は、コロナ騒動で、不安定なご時世だが、こういう時こそ子供を残そうとする本能が働くので、パートナーを獲得するチャンス。

Kai君のようにお嫁さんを探しているメンバーには、大いに参考になるお話と思う。

ネットの出会いで重要なのはプロフィール

ネットを活用して、女性との出会いを求めているKai君。

マッチングはするものの、メッセージが返ってこず、デートまで発展するケースが少ないという。

そこで、僕が気になったのは、Kai君が設定しているプロフィールについて。

以前「禁サロ」のChatworkグループに、Kai君が投稿してくれた2行・100文字のプロフィールを読んだ感想は・・・

孔明:
「就職活動の時に書く自己PRもこんなにあっさりしたものなのでしょうか?」

プロフィールは、自分をアピールするためのもの。

相手にどんなメリットがあるか、自分がどういう貢献ができるのか?

文字でしっかりと表現することが求められる。

また、プロフィールは、恋愛活動だけではなく、就職活動や独立起業でも必要になるので、人生の全ての活動に通ずる。

なにより文章は、宗教、法律、会社法人、国の領土など、世の中の全てを成り立たせるもの。

Kai君は、文字によって、自分を創造するために、文章力を付ける訓練の優先順位を上げ。

少なくても、プロフィールを、1,000文字は書けるようになる必要がある。

プロフィール作成の第一歩として僕からKai君にアドバイスしたことは?

Kai君の最近の悩み

Kai君:
「自分最近めっちゃワキ臭いんですけど、どうしたらいいですか?」

転職して、恋愛活動を始めてから悩まされていること。

仕事中にたくさん汗をかくようになり、ふっとした時、ニオイをチェックしてみたところ気になったようだ。

男女の仲、特に夫婦の場合、1番問題になるのが、ニオイだろう。

結婚した当初は、

「あなたのニオイ大好き!」

といっていた奥様が。

しばらくすると・・・

「あなた、クサくて耐えられないから別の部屋で寝ましょう。」

一緒に寝れないだけでなく、洗濯物も別にされるというお話をよく耳にする。

世間では、男性が年齢を重ねることで、ニオイが変化し臭くなったと捉えられ、加齢臭と呼ばれているが。

実のところ、男性のニオイは、年齢を重ねると共に薄くなっていく。

つまり、変わったのは、旦那さんのニオイではなく、奥さんのニオイの捉え方になる。

一度でもニオイを嫌いになってしまったら・・・

消毒をしようが、ファブリーズしようが、洗濯しようが、ニオイが落ちないと感じ、元には戻れなくなってしまう。

子供がいるご家庭ほどこの傾向が強いようだ。(*孔明調べ)

もしある女性が、「あなたクサイですね」と言ってきたら・・・

Kai君は、その言葉の捉えるべきか?

Kai君が、見事彼女をゲットできれば、絶対に人が変わるはず。

その様子を見て、「禁サロ」の独身草食系男子も、次々に立ち上がるだろう。

言い訳ばかりして逃げていても、その先には何も待っていない。

時間だけが、刻々と経過していくのみ。

人生が永遠で、ずっと今の年齢のままであればいいが、そういうわけではない。

お嫁さん探しには、大学受験のように、3年間といったタイムリミットはないが、ある程度急いで取り組む必要がある。

逆算して、ルーチン化して、自分を売るという行動は、経営者になりたいKai君にとっての練習ラウンド。

がむしゃらになれるのは、31歳の今しかない。

孔明:
「Kai君も生き急いでるよっ!って周りから言われるくらい頑張ってほしいと思います。」

僕がKai君にアドバイスしたお嫁さん探しの「要」とは一体!?

今回の真田孔明の「禁断のオンラインサロン」動画・音声では・・・

・Kai君の職場の現状とは?
・従業員がコロナに感染したらどれくらい休業になる?
・Kai君が仕事終わりで向かう先とは?
・Kai君のネットで出会う活動の成果と現状とは?
・ネットでの出会う活動での「要」とは?
・ネットでの出会う活動でプロフィールに書くべきことは?
・ネットでの出会う活動でのマッチング率とは?
・不安定なご時世が婚活チャンスである意味とは?
・Kai君の1回目のデートの様子とは?
・孔明が長文を書けるようになった理由とは?
・Kai君の100文字プロフィールとは?
・プロフィール作成時に参考にすべきことは?
・恋愛道を極めるために必要なこととは?
・孔明のライディング方法の「要」とは?
・プロフィールと個別メッセージの大きな違いとは?
・宗教から分かる文章の重要性とは?
・自分を現すプロフィールは最低何文字必要か?
・商売が上手い経営者が共通して上手なことは?
・男性と女性が全く違う思考を持っている実例とは?
・女性のキライという言葉に隠された意味とは?
・中学生時代の孔明が分からなかった女心とは?
・経営者と社員の関係における矛盾と中和とは?
・早稲田主席の勉強法Youtubeを観て知るべきことは?
・いい女性と出会うために必要なこととは?
・「大富豪ファーザー」が若くして結婚した理由とは?
・経済的に成功した後に寄ってくる女性の特徴とは?
・恋愛と勉強はどちらがより難しいか?
・結婚して奥さんになるのは何のためか?
・愚痴を言わない女性の特徴とは?
・Kai君が完全に好きになっていい女性とは?
・女性が男性に求めることとは?
・女性の適正な体温とは?
・冷え性の女性が食べているものとは?
・ネットでの出会う活動をする女性の問題を一言で表現すると?
・美人と結婚の早さが比例しない理由とは?
・Kai君が今悩んでいるニオイとは?
・男性の加齢臭の本当のところとは?
・女性に備わっている子孫分散機能とは?
・東京と九州の女性の違いとは?
・Kai君が狙って成功するとどういう活動ができるか?
・生きるチカラが沸き起こるために持つべきことは?
・灼熱のモチベーションにつながることとは?

以上に関して触れながら、1時間30分38秒に渡ってお話しさせて頂いた様子はバックナンバーとしてご購入いただける。

インスタで女性向け物販「方程式」


物販女子ゾノお嬢様が、2月に続いて2回目の「禁サロZoom」公開コンサルに挑戦された。

ゾノお嬢様には、2月中旬に、僕の紹介で連絡を取り、2日でお付き合いを決めた地下の「修羅」M男君がいる。

前回の「禁サロZoom」の時は、お付き合いを決めたばかりだったので、禁断の「男女の陰陽太極図」について伝授させて頂いた。

今回の「禁サロZoom」では、M男君との結婚&子育てを見据え、物販ビジネスの取り組み方について、ご相談を受ける形となった。

今回の真田孔明の「禁断のオンラインサロン」の動画・音声では、ゾノお嬢様が、家庭・育児・仕事を両立させるためのインスタグラムを活用した物販ビジネスについてお話した「禁サロZoom」公開コンサルの様子を収録、公開させて頂く。

ロンドン留学かそれとも彼か?

1回目の「禁サロZoom」後に、ゾノお嬢様が悩まれていること。

それは、ロンドン留学。

ゾノお嬢様にとって独立してからずっと行きたかった目標。

物販ビジネス&銀行融資で積み上げたお金で、実現可能となり、ワーホリビザに当選したばかり。

そんな時に、僕の紹介でM男君と出会い、一緒に住むこと前提のお付き合いがスタートした。

・ロンドン留学の夢の実現か?
・M男君との生活か?

どちらの選択が2人にとってベストなのか?

ビザの申請期限は1ヶ月。

ゾノお嬢様のお悩みに対して、僕からは順番が大切であることをアドバイスさせて頂いた。

独身天国を謳歌する人生を歩みたいなら、何歳でどこに住もうが自由。

家族に恵まれた人生を歩むのが大切なら、結婚&出産は当然早いほうが良い。

適当な考えからは、適当な結果しか生まれない。

本当に欲しいものは何なのか?よく考える必要があるとお伝えした。

すると、ゾノお嬢様は、ご自身の成功=シアワセに基づく結論に辿り着かれたようで。

ゾノお嬢様:
「人生にとっての優先順位は、シアワセな家庭をつくることが1番です。留学はやめてまず彼と良い関係を築けるよう努力していきたいと思います!」

とメッセージを頂いた。

そして、今回の「禁サロZoom」を迎えることになった。

ゾノお嬢様の物販ビジネスの今後について

孔明:
「最近物販はどうですか?順調ですか?」

ゾノお嬢様:
「売上下がってます(T_T)」

ゾノお嬢様は、自分のセンスに基づいた形で、無在庫物販に取り組まれている。

売上が安定してきたので、銀行から獲得した融資を活用する形で、

・在庫を持ち
・粗利率を高くする

という攻めの姿勢を考えていた矢先。

「コロナショック」で、売上が減少してしまった。

ゾノお嬢様が取り扱っているのは贅沢品。

景気が悪くなると、最初に煽りを受けるジャンルになる。

今の物販スタイルは、

・扱うモノが流動的
・感覚がとても重要
・作業を他人に渡せない
・同じモノを売り続けられない
・1つのアイテムで売上が伸ばせない

自分がやり続けなければならず、労働経営者から一生抜け出すことはできない形になっている。

この状態はいわば、結果がすでに決まっている黄金の「方程式」になる。

ただ、ゾノお嬢様は、唯一自分が好きなことで、リサーチが楽しく、自分でずっと続けたいと考えていて、他人に渡すつもりはないという。

けれども、M男君との結婚と育児を想定し、

・家庭
・育児
・仕事

3つを上手に成り立たせ、ルーチンで成果を上げるため。

取り扱い商品は同じでも、違う販売経路での取り組みを考えている。

そこで僕からは、販売の「要」となるインスタグラムの活用方法についてアドバイスさせて頂いた。

インスタグラムで女性向け物販「方程式」

同じジャンルの贅沢品を取り扱っているライバルを研究すると、

・ターゲットは個人
・インスタグラムを活用して集客
・顧客はその人から買うのがステータス

になっているという。

ライバルの1人は、あからさまにお金持ちで、所有アイテムの数々をインスタグラムで公開。

そして、自分が身につけなくなったり、担当との付き合いで買ったアイテムを、買取りに出すのではなく、自分で売ったほうがいいとして、フォロワーに販売しているという。

僕はこのお話を聞いて、本当のお金持ちの女性の言動統計から、彼女のセールス方法にピンときた。

女性向けの商売は、男性向けの商売とは真逆。

ゾノお嬢様は、論理的・合理的思考が強いので、

・女性の気持ちのリサーチ
・裏側のしたたかな狙いを理解

する必要があることが分かった。

その上で、女性に向けた情報発信・物販で、インスタグラムを活用するには、戦略術の2つの軸をベースにした「方程式」を意識する必要がある。

孔明:
「この流れイメージできました?」

ゾノお嬢様:
「自分との葛藤がすごそうですね。裏の世界のことを知ると、そんな甘くないなっていうのが改めて。でもある程度気づいちゃえば楽と言いますか、そこまでの葛藤ってことですよね?」

僕がゾノお嬢様にお伝えしたインスタグラムでの女性向け物販の「方程式」とは一体!?

今回の真田孔明の「禁断のオンラインサロン」動画・音声では・・・

・ゾノさんのプライベートの現状とは?
・ゾノさんが彼氏と出会う前に予定していたことは?
・コロナウィルスは日本で今度どうなる?
・ジョホールバルレストランの従業員雇用の現状とは?
・コロナショック下でのゾノさんの物販収益の変動とは?
・ゾノさんが物販で取り扱っているジャンルとは?
・ゾノさんが考える融資のお金を活用した物販方法とは?
・M男君からゾノさんへの物販に関するアドバイスとは?
・コロナショック後ゾノさんが予定している活動とは?
・利益をより多く取ろうと考えることは正義、悪どちら?
・利益率が高い商品への取り組み方と危険性とは?
・物販、投資で失敗する時はどういう時?
・利益率が高い物販に銀行は融資を出すか?
・同じビジネスで10年以上継続の人が分かっていることは?
・ゾノさんが取り組む物販が難しい理由とは?
・商売においてすごく危険な状態とは?
・20年GUCCIを買い続ける孔明が見た変化とは?
・ビジネスで失敗が決まっている黄金のセオリーとは?
・物販で盤石な体制を作るのに必要なこととは?
・ゾノさんが結婚、出産後に物販で不安視していることとは?
・ゾノさんが新しく取り組もうと考えていることとは?
・孔明流SNS配信での2つの考え方とは?
・インスタグラムに取り組む戦略術の2つの軸とは?
・インスタグラムでのフォロワーとフォロー数の関係とは?
・ゾノさんがこれまでインスタグラムを放置してきた理由とは?
・インスタグラムとブログは並行してやるべき?
・本当のお金持ちはブランド品をどのように扱う?
・女性向け商売が難しい理由とは?
・ディズニーランドが女性に人気がある理由とは?
・ブランド品を自分で買う時と買ってもらう時場所の違いは?
・女性向けセールス文章のキモの部分とは?
・インスタグラムで女性フォロワーが増える方程式とは?
・優秀なホストが不況に強い理由とは?
・男性が女性にウケるアカウントの作り方とは?
・女性にウケる健康食品の販売例とは?
・孔明が女性向けビジネスをやらない理由とは?
・物販とメーカービジネスの大きな違いとは?
・ゾノさんが持っている「設計図」での2つの稼ぐ方法とは?
・女性向けメッセージの三角形とは?
・高級飲食店の商品と値段から分かる矛盾とは?
・情報発信をスタートする上でまずやるべきことは?
・リピーターを作る方法とは?
・LIVE Chatを活用する人が誘導している先は?

以上に関して触れながら、1時間23分37秒に渡ってお話しさせて頂いた様子はバックナンバーとしてご購入いただける。

年下男子を落とす「方程式」


独身女性まきさんが、「禁サロZoom」公開コンサルに挑戦された。

開始前、Zoomのチャットにまきさんが投稿した5つのキーワード

・Twitter
・2年前
・アカウント作成
・男の子
・ゲイ??

リアルタイムに収録に参加していた「禁サロ」メンバーたちの関心が、ぐっと引き寄せられた。

まきさんのお悩みは、Twitterで知り合った一回り年下男子との関係について。

まき:
「すごい恥ずかしかったです。頭の中で一回考えてから、これは口に出していいものか・・・」

と最初の内は、戸惑われていたが。

まきさんのある「欲」に関する経験が、ビジネスに必須な要素であると分かってからは、心が解き放たれて。

まき:
「締めようと思うけど止まらなくって(*´∀`)」

お話がどんどん溢れ出し、結局2時間を超える「禁サロZoom」最長の公開コンサルとなった。

今回の真田孔明の「禁断のオンラインサロン」の動画・音声では、まきさんに、年下男子の落とし方と「欲」の大切さについてお話した「禁サロZoom」公開コンサルの様子を収録、公開させて頂く。

まきさんのお悩みは年下男子

ネットの活動を通じて知り合った一回り年下の男子。

メッセージのやり取りだけではなく、

リアルの世界でも、2人で一緒にカフェに行き、PCを立ち上げてパチパチする仲になっている。

これまで、先に進めそうな明らかなチャンスは、2回あった。

けれども、

・干支が同じ
・彼の嗜好を知っている

ということから、踏み込んでいいものか?と躊躇してしまい。

また、今の関係が心地よく、手を出して関係が悪くなったら嫌だという思いもあって。

関係が発展しないまま、現在の外出自粛状態となり、会えなくなってしまった。

このお悩みに対して、僕からは、

「エデン」の活動を通じて、50代の女性達が、20代の男性をいかに落として、お付き合いするに至ったか?再現性の高い「方程式」を順番に細かくお話させて頂いた。

日本で唯一本音と本質を語る「禁サロ」

孔明:
「みんな「欲」に関して何かを持ってるかもしれないけど、ここまで話してくれないから。こういった話題が出ないと、僕も話さないじゃないですか。」

「禁サロ」のテーマは、お金のことだけでなく、人間にまつわる色々なこと。

聞こえの良いお話ではなく、本音と本質の部分をお伝えしている。

お金ばかりを追い求めても、シアワセになれるとは限らない。

旦那さんが一代で、100億円富豪になったのに、奥様が全く満たされないのはなぜか?

シアワセの形は、人それぞれだが、ベースになるのは「欲」。

「欲」があって、やり方さえ分かれば、ビジネスはできてしまう。

実は「修羅」とのお話のほとんどは、お互いの「欲」に関する情報交換だったりする。

「そんな「欲」があるのか!!」

お話しながら、新しい「欲」を知り、お互いワクワクしている。

自分の「欲」を、目を閉じて両手で花瓶の輪郭をなぞるように脳裏に描けるようになったら、それが成功者になれた時。

ちなみに人間は全てをクリエーションできない生き物。

誰かから聞いたお話や体感したことから新しいクリエイティブが生まれる。

古の時代から継承されるお話や、他人から教わったお話から、経験が積み重なって、自分の花瓶が出来上がっていく。

孔明:
「今回のお話で、「禁サロ」メンバーのレベルが、一気に上がっちゃう!」

と僕に言わしめたまきさんの公開面談の内容とは一体!?

今回の真田孔明の「禁断のオンラインサロン」動画・音声は、独身女性まきさんに年下男子の落とし方と「欲」の大切さについて2時間7分46秒に渡ってお話した「禁サロZoom」公開コンサルの様子はバックナンバーとしてご購入いただける。

タイトルとURLをコピーしました