ラブアン法人と日本企業

aa5c1b6643399f876b23d43316f9def6.png
東北電力が丸紅子会社を通じて、オーストラリアのIPP事業に投資をしています。

IPPは、Independent Power Producerの略で、独立系発電事業のことを指します。

メラミンパートナーシップ(MPP)という共同組合を作り、インタジェン、丸紅、GEキャピタル、EIFの各出資のもと1,050億円規模の事業になっています。

資金の流れについては、

ケイマン諸島にある丸紅所有の投資子会社ミルメラン・ホールディングス-Ⅵ(MH-Ⅵ)

東北電力100%出資のオランダの法人2012年10月設立トーホク・パワー・インベストメント・カンパニー(TPIC)

TPICとMH-Ⅵからマレーシアのラブアン島にある丸紅所有の投資子会社ミルメラン・インベストカンパニーVI(MIC-Ⅵ)へ

東北電力、丸紅

TPIC(オランダ法人)MH-Ⅵ(ケイマン諸島法人)

MIC-Ⅵ(ラブアン法人)

MPP

という資金の流れになっています。
(*東北電力HPより引用)


ちなみにラブアン法人は、マレーシア政府が直轄する島で、1990年に金融サービスセンターLabuan Offshore Financial Services Authorityが設立され、マレーシアのオフショア地域として発展しています。

ラブアン法人の大きな特徴としては、法人税に関して優遇されており、監査済みの純利益の3%もしくは定額の2万RMのどちらかを選択し、納入できる点

ラブアン法人自体での投資活動については、課税対象にはならなく、またラブアン法人からの配当金、外国人取締役への報酬は免税となる点です。

オランダ法人は、租税条約締結相手国80 カ国以上配当金、利子、ロイヤリティーに対する源泉徴収税が双方で軽減、ほとんどの場合0%になります。

今では、東北電力のHPに海外事業の会社として明記されていますが、

国際調査報道ジャーナリスト連合(ICIJ)The International Consortium of Investigative Journalistsが、2013年5月に独自で入手したタックスヘイブンにある企業やファンドの秘密ファイルが、データーベースがサイトで公開されるまでは、明記されていなかったようです。


▼住友商事の場合

2009年にオーストラリアのIPPに乗り出した住友商事のケースでは、完全持ち株会社(シドニーに本社を置くオーストラリア法人)Summit Southern Cross Power Pty Limitedを通じて、

オーストラリアの発電所を保有・運営する事業会社の権益の70%を取得しています。

つまり、住友商事の場合は、オーストラリア法人を活用して、現地で事業に参画している形となります。

オフショア法人の取扱については、世界的に状況が変化し、オフショア法人を利用した節税スキームの見直しを迫られる企業も出てきそうです。

真田孔明の原点がここに
生涯収入5億円倶楽部メンバーとして、これを読まねば始まらない!すべての活動の前に
必ず熟読するべき、真田孔明ノウハウのすべてが分かる30日無料メール講座

このカテゴリーの関連記事
行末の見えない時代を勝ち抜く戦略
japan-1109937_1920

「ジャパン・レール・パス」制度変更とリスク分散の考え方

「これまで特例として取り扱ってきた、海外在住の日本人の方への発売につきましては、平成29年3月31日の引換証発売をもって終了い

a9dcaa9af8ab61dbf7a256042cf0a27f.png

タックスヘイブンの親会社

複数の国家で展開している企業が、グループ組織を再編するため、第三国に親会社を設立し、本拠地を移転することがあります。税制などが

1

日経225取引「ライト式」、残念なお知らせ・・・。

日経225取引「ライト式」残念なお知らせがある・・・。 「どうせ、やったら飛ぶんだろう!」そう勘ぐってまだ、二の足を踏んでいた

5億円倶楽部プレミア音声会員
5oku_banner_201410

2014年10月度プレミア会員コンテンツ

◆10月5日:投資戦略マップ2015最新版「投資をする先はココにある」(58分26秒/35.1M/MP3形式)◆10月12日: