仮想通貨「億り人」研究会 > 注目のアルトコイン

取引所独自トークンは狙い目!?

level001
stock-exchange-3087396_1280

仮想通貨/暗号通貨の取引所が独自に発行しているトークンは、取引所のサービスが拡大するに連れて、価値が上昇していく傾向にあります。

仮想通貨/暗号通貨市場が右肩上がりになると予測するのであれば、取引所トークンの価格も上がる可能性があるので、保有する選択肢の1つになると言えます。

取引所でどういった銘柄を扱うか?取引所で取扱をスタートするためには、初期費用が必要であるというお話があります。

仮想通貨/暗号通貨の運営元としては、費用を支払って取引所で取り扱ってもらうことで、価格・価値が上昇することが期待できると考えます。

取引所としては、より多くの有望な仮想通貨/暗号通貨を取り扱って、ユーザーを集めて、取引量を増大させ、手数料などの収入を得たいと考えます。

この関係性によって、取引所の運営が上手ければ、取引所が発行しているトークンの価格も上昇していくということが言えます。

どこの取引所が独自トークンを発行しているのか?

仮想通貨/暗号通貨の種類として、ざっくり分けると、1)通貨型、2)プラットフォーム型、3)トークンがあります。

今回、取引所が発行している仮想通貨/暗号通貨は、トークンになります。

特徴としては・・・

・取引所手数料が割引になる
・取引所収益のシェアがある
・取引所の決定に投票権がある

などです。

日本の取引所では、Zaifが、Zaifトークンを発行しています。

しかし、Zaifトークンは、取引手数料の割引や利益シェアなどはありません。

そのため、今回の挙げている特徴は持っていません。

現在、どこの取引所の出来高が大きいのか?ランキングは、Cryptocurrency Market Capitalizationsで確認できます。

24時間の出来高ランキング(すべての取引所)

2018年4月30日現在、このようなランキングになっています。

1)Binance

独自トークンBNB、香港拠点→マルタへ移転
https://coinmarketcap.com/ja/exchanges/binance/

2)OKEx
独自トークンOKE、香港拠点→マルタへ移転
https://coinmarketcap.com/ja/exchanges/okex/

3)Upbit
独自トークンなし、韓国拠点、外国人利用不可
https://coinmarketcap.com/ja/exchanges/upbit/

4)BitMEX
独自トークンなし、レバレッジ取引
https://coinmarketcap.com/ja/exchanges/bitmex/

5)Huobi
独自トークンHT、香港・シンガポール拠点、SBIと提携
https://coinmarketcap.com/ja/exchanges/huobi/

6)Bithumb
独自トークン「Bithumb Coin」ICO検討、韓国拠点
https://coinmarketcap.com/ja/exchanges/bithumb/

7)Bitfinex
独自トークンなし、香港拠点
https://coinmarketcap.com/ja/exchanges/bitfinex/

8)Bittrex
独自トークンなし、アメリカ拠点
https://coinmarketcap.com/ja/exchanges/bittrex/

9)Lbank
独自トークンなし、中国拠点
https://coinmarketcap.com/ja/exchanges/lbank/

10)Gate.io
独自トークンなし、拠点不明(中国・香港)
https://coinmarketcap.com/exchanges/gate-io/

独自トークンを発行しているのは、Binance、OKEx、Huboiです。Bitumbは、計画中ですが、販売が開始されたものの中止といった情報が出ています。

3つの取引所トークンの特徴

BinanceのBNB

発行枚数:114,041,290 BNB
総供給量:194,972,068 BNB

安値:2017年7月25日:0.1031米ドル
高値:2018年1月7日:22.02米ドル

2018-04-30-10-03-39

BNBの内訳は・・・
50%:100,000,000 BNB → ICO
40%:80,000,000 BNB → 立ち上げチーム
10%:20,000,000 BNB → エンジェル投資家

ICOは、2017年7月1日にスタート

BNBを保有していると、

・取引所手数料
・引き出し手数料
・上場手数料など

の割引があります。

1年目から4年目にかけて割引となっています。

2018-04-30-10-13-02

ホワイトペーパー

OKExのOKB

2018年3月19日から販売がスタート。

・100万×100 OKB=1億 OKB
・150万×83 OKB=1億2,450万 OKB
・50万×66 OKB=3,300万OKB

2億5,750万OKBが、3月19日から3月23日までの購入者に配布されています。

総供給量:10億 OKB

OKBの内訳は・・・

60%:OKExユーザーへ(30%:ポイントプログラムなどで配布済み、30%:2020年のマーケティングイベントへ)
10%:財団の運営(3年間のロックアップ)
10%:初期投資家(2年間のロックアップ)
20%:チーム(1年間のロックアップ、以降毎年2,000万を放出)

OKBを保有していると・・・

・取引手数料割引
・上場銘柄への投票権利
・保有者限定イベントへの参加

などがあります。

2018-04-30-12-19-06

https://support.okex.com/hc/en-us/articles/360002702351-To-Learn-More-About-OKB

まだ新しいので、Cryptocurrency Market Capitalizationsでは、ランキングに掲載されていません。

HuboiのHT

発行枚数:50,000,200 HT
総供給量:500,000,000 HT

安値:2018年2月4日:1.46米ドル
高値:2018年2月15日:2.75米ドル

HTの内訳は・・・

60%:ポイントカードセット購入のプレゼント(毎日数量限定)
20%:チーム報酬、毎年2500万を4年間限定発行
20%:ユーザー報酬と取引所運営

配布は、2018年1月28日から15日間に渡って実施。

HTを保有していると・・・・

・VIP枠と交換で、取引所手数料割引
・所有者に不定期的に新たな通貨の配布(エアドロップ)がある
・新規上場銘柄についてHTの所有者のアドバイスを参考にする(Huobiの上場条件に合致する銘柄のみ)

また、四半期毎に利益の20%を使って、オープンマーケットでHTの買い戻しを行います。

2018-04-30-10-07-09

単純計算をしてみると・・・

取引所トークンの先駆けは、BinanceのBNBになります。

価格の伸びを見てみると・・・安値から高値で、213倍になっています。すごい伸びです。

総供給量と高値の関係から、BNBとOKB・HTを単純に比較してみると・・・

BNB:2億・高値22.02米ドルなので、

OKB:10億→ 5分の1 → 高値4.404米ドル
HT:5億 →2.5分の1 → 高値8.08米ドル

という計算になります。まだ期待できると言えます。

あくまでBNBベースでの単純計算で、それぞれのトークンの性質が異なりますので、1つの参考データになります。

ランキング11位以下の取引所にも独自トークンを発行しているところがありますので、今後取引が増大して、ランキングが上がってくるとともに、独自トークンの価格上昇も見込める可能性があります。

真田孔明の原点がここに
生涯収入5億円倶楽部メンバーとして、これを読まねば始まらない!すべての活動の前に
必ず熟読するべき、真田孔明ノウハウのすべてが分かる30日無料メール講座

このカテゴリーの関連記事
仮想通貨「億り人」研究会
g-crescoli-365895

仮想通貨プラットフォームとトークン一覧

アルトコインの中で、トークンと呼ばれるものがあります。 これは、プラットフォームの上で稼働するプロジェクトによって発行されてい

仮想通貨「億り人」研究会
business-561387_1280

「Celsius(セルシウス)」のプレセールに参加

2018年3月15日からICO(クラウドセール)が開始される「Celsius(セルシウス)」。 Celsius(セルシウス)は

仮想通貨「億り人」研究会
image-2018-05-11-11-22-58

ICO格付けサイトまとめ「Top 7 ICO」

ICOの確認のために利用しているサイト「ICODROPS」 ・開催終了のICO・開催中のICO・開催予定のICO が一覧で確認

仮想通貨「億り人」研究会
rawpixel-com-323217

お金の貸し借りに仮想通貨技術が使われるようになる

2018年は、分散型取引所DEXでの取引が活発になると考えていたのですが、コインチェックNEM(XEM)不正流出事件の影響を受



コメントする