仮想通貨「億り人」研究会 > 注目のアルトコイン

BTC価格とマーケットサイクル

level001
roller-coaster-2461737_1280

PSYCHOLOGY OF AMARKET CYCLE

マーケットの心理サイクルをシンプルに表現しているグラフになります。

Disbelief:懐疑
Hope:希望
Optimism:楽観
Belief:信念・信頼
Thrill:スリル
Euphoria:幸福感
Complacency:満足
Anxiety:不安
Denial:拒否
Panic:パニック
Capitulation:降伏
Anger:怒り
Depression:うつ

というサイクルが描かれています。

psychology-of-a-market-cycle

完全に一致しているわけではありませんが、ビットコイン(BTC)の日足チャートは、形が似ています。

2018-06-24-21-13-02

2018年6月末1BTC=6,000米ドル割れは、どこになるのか?

Disbelief:懐疑 をどこにするか?ということで、2つのポイントと見ることができます。

その1ーAnger:怒り
その2ーPanic:パニック

です。

その1ーAnger:怒り
2017年11月12日 1BTC=5,400米ドルが、Disbelief:懐疑

その2ーPanic:パニック
2017年9月15日 1BTC=3,000米ドルが、Disbelief:懐疑

になります。

では、大底はいつ到来するのでしょうか?

その1ーAnger:怒りの場合は、
約5・6ヶ月後の2018年12月、2019年1月ということになります。

その2ーPanic:パニックの場合は、
約8ヶ月後の2019年4月ということになります。

あくまで1つのシナリオになりますが、市場のサイクルとして、こういったものがあるので、参考にすべきです。

ビットコインは、1BTC=6,000米ドルが、1つの心理的節目と見られていますが、まだ下落する可能性があります。

1つの目安として、自分なりの考えを持っておくことは投資をする上でとても重要です。

まだまだ仮想通貨/暗号通貨投資家の中には、夏に高値更新といったお話がありますが、機関投資家を含め多くの投資家が参加し、注目している市場なので、市場全体としては、大きく下落したものを半年程度ですぐに戻すというのは考えずらいと言えます。価格を操作して、機関投資家が、個人投資家から資金を巻き上げて行くためです。

これから半年は、大きく値が上がらない可能性がある。

これを考えた時に、そのまま保有HODLしておくのも良いですが、その後も価格がどうなっていくかは誰にもわかりません。そのため、含み益を確定させて、手元に確実なものとして残しておくことも考えるべきと言えます。

「まさに、利益確定するなら、今!!」です。

真田孔明の原点がここに
生涯収入5億円倶楽部メンバーとして、これを読まねば始まらない!すべての活動の前に
必ず熟読するべき、真田孔明ノウハウのすべてが分かる30日無料メール講座

このカテゴリーの関連記事
仮想通貨「億り人」研究会
fantasy-2368432_1280

Aidos Kuneen(ADK)3つの動き

2018年に注目している仮想通貨/暗号通貨として上げているADK(Aidos Kuneen)。 2018年も半分が経過したので

仮想通貨「億り人」研究会
acrylic-paints-174638_1280

守りのアルトコインと言えるZcash(ZEC)

ビットコインの価格が大きく下落しています。 チューリップ・バブルと散々比較されてきましたが、ここまで下げてくると、 「まさかっ

仮想通貨「億り人」研究会
tokens-890047_1280

トークンERC20とNep5について

プラットフォームから多くのトークンが誕生しています。 Ethereum:490・Waves:27・Bitshares:18・O

仮想通貨「億り人」研究会
artificial-intelligence-2167835_1280

人工知能のヘッジファンド

2017年6月下旬に大きく話題をさらったプロジェクトNumerai。 ブロックチェーンを用いた人工知能ヘッジファンドプロジェク



コメントする