仮想通貨「億り人」研究会 > 注目のアルトコイン

時価総額20位に自動投資CRYPTO20

level001
money-692887_1280-copy

時価総額上位20位でポートフォリオを構成するアルトコインCRYPTO20(C20)

2017年10月16日に公開されたもので、時価総額によるトップ20の仮想通貨で構成されており、毎週リバランスするハイブリッド型市場加重インデックスファンドです。

資産は最大比重10%を上限とすることで、例えばビットコインやその他仮想通貨なども含み単一の資産による独占をを防止します。

設立以来インデックスファンドは従来のファンドを上回る結果を出し続けています。

イーサリアムのブロックチェーンで発行されているトークンです。

特徴としては・・・

    ・時価総額トップ20位で構成される
    ・最大保有率は、1つの仮想通貨10%まで
    ・毎週リバランスが実施される
    ・リバランスの経費は、0.2%
    ・ファンド管理費用は、0.5%
    ・アドバイス料は、なし
    ・換金時、手数料なし

資産構成比を毎週見直すことで、ポートフォリオの売上高と、基礎となるインデックスを正確に追跡することが可能になり、これが肝の部分の1つになっています。

仮想通貨/暗号通貨市場が、右肩上がりに成長していくという前提であれば、トークンの価格も上昇していくということになります。

インデックスファンドとは?

スタンダード&プアーズ500指数(S&P500)などの市場指数のような市場指数の構成要素と一致するよう、またはそれを参照するように構築されたポートフォリオを使用するミューチュアルファンドの一種です。

市場の一般的な傾向を追跡するために、その役割に沿って幅広い資産を購入することを目指しています。

インデックスファンドは、ベンチマークインデックスのパフォーマンスを複製するだけになります。

そのため、アナリスト(価格分析者)や選定のプロセスなどのマネジメント費用(経費)が不要となり、その分パフォーマンスに反映されるので、アクティブファンドに比べるとパフォーマンスが良いケースが多いです。

ファンドのポートフォリオとパフォーマンスは?

ホームページでポートフォリオとパフォーマンスが公開されています。

ファンドが所有しているポートフォリオ履歴(2017年11月15日分まで)

パフォーマンス

2018-02-12-13-51-37

*NEOとDashがポートフォリオに入っている場合は、ステーキングして、パフォーマンスに反映されます。

NAVとは?

Token NAVという表記があります。

NAVとは何なのか?Net asset value の略で、純資産価額の意味です。

数字は毎日変動します。

ファンドの1株当たりの市場価値を表します。 オープンエンドのミューチュアルファンドに対してのみ重要です。 単純な計算です。

ファンドの純資産(ファンドが保有する有価証券の負債から負債を差し引いたもの)の現在の市場価値を取って、発行済株式数で割って算出します。

2018年2月12日時点では・・・

NAVは、1.86876米ドルになっています。

2018-02-12-13-56-43

CRYPTO20(C20)のICOは終了している

最大供給(上限):86,206,896
購入可::75,000,000

トークン価格
・プレセール:(初回7,500,000 トークン)$0.95
・ICO開始から48時間まで:$1.00
・ICO開始48時間後から4週目まで:$1.05
・ICO4−6週目: $1.10

排出率:: ICO以降はコインの追加発行なし
ICO販売期間:2017年10月16日18:00 GMTから2017年11月30日00:00 GMT

換金の仕組み

取引所に上場しているので、取引所での売却に加えて、スマートコントラクトでの換金・引き出し手続きを利用できます。

原資産シェア率により、内臓スマートコントラクトにある換金機能からイーサの引き出しが可能です。

スマートコントラクトへ引出し依頼を出すとトークン純資産価格に応じたイーサを引出すことができます(手数料は1%以下)。引出額は先渡し価格の方針に基づいています。イーサ引出額は、NAV価格を参照して計算されることを意味します。

NAV×トークン数=イーサリアム(ETH)になります。

Cryptocurrency Market Capitalizations(CMC)

2018-02-12-11-32-54

2.35米ドルなので、ICOの価格からは、2倍以上になっています。

Bibox、HitBTC、IDEX、EtherDeltaにすでに上場しています。

2018-02-12-13-02-46

NAVと取引所での価格を確認して、より有利はほうで取引することになります。

現状では、取引所での売却がより有利になっています。

市場の成長を取り逃したくないと考える場合は、CRYPTO20(C20)は、1つの選択肢になります。

真田孔明の原点がここに
生涯収入5億円倶楽部メンバーとして、これを読まねば始まらない!すべての活動の前に
必ず熟読するべき、真田孔明ノウハウのすべてが分かる30日無料メール講座

このカテゴリーの関連記事
仮想通貨「億り人」研究会
igor-ovsyannykov-97071

2017年11月19日以降分散保有すべきだったアルトコインは?

ビットコインの価格下落が止まりません。1BTC=8,200米ドル台と、水準としては、2017年11月23日付近に巻き戻っていま

仮想通貨「億り人」研究会
artificial-intelligence-2167835_1280

人工知能のヘッジファンド

2017年6月下旬に大きく話題をさらったプロジェクトNumerai。 ブロックチェーンを用いた人工知能ヘッジファンドプロジェク

仮想通貨「億り人」研究会
g-crescoli-365895

仮想通貨プラットフォームとトークン一覧

アルトコインの中で、トークンと呼ばれるものがあります。 これは、プラットフォームの上で稼働するプロジェクトによって発行されてい

仮想通貨「億り人」研究会
good-night-2904747_1280

2018年注目の仮想通貨/暗号通貨ADK

今後価格が伸びる可能性があると注目されている仮想通貨/暗号通貨として、 Aidos Kuneen(ADK) が挙げられます。



コメントする