仮想通貨「億り人」研究会 > 仮想通貨の基礎知識

アトミックスワップ(Atomic Swap)

level001

暗号資産(仮想通貨/暗号通貨)をやりとりする上で、現状欠かせない存在が取引所です。

取引所のアカウントを作成して、ウォレットに送り、残高に反映されたら、取引が可能になります。

秘密鍵を含む全ての管理を取引所に任せることになるので、取引所がハッキングなどをされると、返ってこない可能性があります。

DEX(Decentralized Exchange)という、分散型取引所では、秘密鍵を自分で管理する形で取引ができます。

ただ、DEXはまだ普及段階であり、取引量が多くないことから、取引手数料が高いケースがあります。

(*OTC(Over the counter)というサービスがありますが、取引量が20BTC以上など、大口での取引で、持ち逃げされるリスクというのも、サービスによっては、存在しています。)

そんな中で、暗号資産(仮想通貨/暗号通貨)の取引革命とされているのが、アトミックスワップ(Atomic Swap)です。

アトミックスワップ(Atomic Swap)

アトミックスワップ(Atomic Swap)は、取引所など第三者を介することなく、当事者同士で、異なるブロックチェーン上の暗号資産(仮想通貨/暗号通貨)のやりとり・交換ができるものです。

    Aさん:ビットコイン、Bさん:ライトコインをそれぞれ交換するというケースでは・・・

    Aさん:ビットコインをマルチシグアドレス1へ送る
    Bさん:ライトコインをマルチシグアドレス2へ送る

    Aさん:マルチシグアドレス2を開き、ライトコインを手に入れる
    Bさん:マルチシグアドレス1を開き、ビットコインを手に入れる

マルチシグアドレスは・・・
2つ以上の公開鍵が登録されていて、対応する一部もしくは全部の秘密鍵の署名により、取引が成立するアドレスのこと。

アトミックスワップ(Atomic Swap)では、マルチシグアドレスを開くために、特定のハッシュ関数の入力と署名が必要になります。

お互いにハッシュ関数が同じものを使っている必要があるので、全ての暗号資産(仮想通貨/暗号通貨)で可能にはなりません。

この仕組みは、HTLC(Hashed Time Lock Contract)と呼ばれていて、特定のハッシュ関数の入力がなかったり、決まった時間内に取引が成立しないと、元の持ち主に暗号資産(仮想通貨/暗号通貨)が戻るようになっています。

取引所など第三者の介入なしに、不正取引のリスクを取ることなく、取引できてしまいます。

ただ、2019年2月時点での問題点としては、限られた暗号資産(仮想通貨/暗号通貨)のみで利用でき、さらにオンチェーンでの取引となるため、処理に時間と手数料がかかることといった点になります。

ビットコイン(BTC)、ライトコイン(LTC)、イーサリアム(ETH)、リップル(XRP)、クオンタム(QTUM)、モナコイン(MONA)、バージ(XVG)、ヴァートコイン(VTC)、ヴィアコイン(VIA)、ディークレッド(DCR)で利用可能であり、コモド(KMD)、ブロックネット(BLOCK)でもアトミックスワップ(Atomic Swap)を使用するプロジェクトがあります。

より多くの人に、暗号資産(仮想通貨/暗号通貨)が普及していくと、アトミックスワップ(Atomic Swap)の需要も大きくなっていくことが予想されます。

真田孔明の原点がここに
生涯収入5億円倶楽部メンバーとして、これを読まねば始まらない!すべての活動の前に
必ず熟読するべき、真田孔明ノウハウのすべてが分かる30日無料メール講座

このカテゴリーの関連記事
仮想通貨「億り人」研究会

取引量20倍・フィボナッチで待ち構える

価格が急騰した場合、1つの目安が取引量20倍というのが、1つの検証結果です。 参考:モナコイン(Monacoin/MONA)の

仮想通貨「億り人」研究会

カナダ造幣局が関わったデジタル貨幣ミントチップ(MintChip)

金融取引での手数料とリスクを削減するために、仮想通貨を用いて、顧客と販売店の間での「価値交換」行うシステムとして、カナダ造幣局

仮想通貨「億り人」研究会

USDTとPAXの関係

暗号資産(仮想通貨/暗号通貨)を取引する上で欠かせない存在が、ステーブルコインです。 ステーブルコインは、法定通貨などにより価

仮想通貨「億り人」研究会

ビットコイン(Bitcoin)取引所規制と金融機関による新たな取り組み

2015年9月22日に、アメリカニューヨーク金融サービス局(New York State Department of Fina



コメントする