仮想通貨「億り人」研究会 > 仮想通貨の基礎知識

暗号資産のアノマリー!?

level001

株式市場では、アノマリーが存在します。

アノマリー(Anomaly)とは・・・
過去に発生しているマーケットの規則性のこと
相場に関する理論では説明できない現象。

月ごと、季節ごと、SQごと、統計発表ごとなど様々なものがあります。

今なら、「夏枯れ」です。

夏休みがあることで、市場参加者が激減し、取引高が減り、相場があまり動かなくなるという意味です。

ただ、現在は、アメリカと中国の関係や、アメリカを始めとした各国中央銀行による金利引き下げによって、大きく価格が動いているので、「枯れ」とななっていませんが・・・

暗号資産(仮想通貨/暗号通貨)にもそれが存在していて、

1)月、季節
2)月の満ち欠け
3)難易度調整
4)半減期

などが挙げられます。

1)月・季節

月初(始値)・月末(終値)を比較し、月別のリストにすると・・・

2019-08-07-10-55-36

2013年5月から2019年7月までで、

1月:上昇2、下落4(下落幅大)
2月:上昇5、下落1
3月:上昇1、下落5
4月:上昇4、下落2
5月:上昇4、下落3
6月:上昇5、下落2
7月:上昇4、下落3
8月:上昇2、下落4
9月:上昇2、下落4
10月:上昇4、下落2(上昇幅大)
11月:上昇5、下落1(上昇幅大)
12月:上昇3、下落3

となっています。

7月から9月まではヨコヨコ、下落、10月から上昇期待が高いという結果になりました。

また、2019年は、2016年に値動きのパターンが似ていることが分かりました。

2)月の満ち欠け

満月前後のタイミングで、ビットコイン(BTC)価格が大きく動くというもの。

月齢カレンダーを参照し、満月の日を遡って見ると・・・

2016年
1月24日
2月23日
3月23日
4月22日
5月22日
6月20日
7月20日
8月18日
9月17日
10月16日
11月14日
12月14日

2019-08-07-11-23-19

2017年
1月12日
2月11日
3月12日
4月11日
5月11日
6月9日
7月9日
8月8日
9月6日
10月6日
11月4日
12月3日

2019-08-07-11-25-03

2018年
1月2日、31日
2月なし
3月2日、31日
4月30日
5月29日
6月28日
7月28日
8月26日
9月25日
10月24日
11月23日
12月23日

2019-08-07-11-26-46

2019年
1月21日
2月19日
3月21日
4月19日
5月19日
6月17日
7月17日
8月15日
9月14日
10月14日
11月12日
12月12日

2019-08-07-11-28-16

約1ヶ月ごとの周期です。月の満ち欠けが人の心理に影響を及ぼすと言われますが・・・

満月で価格が大きく動くパターンというのは、見えてきませんでした。

3)難易度調整

ビットコイン(BTC)の難易度調整は、約2週間に1度行われます。

ブロックが生成される時間を、約10分間隔にするためです。

マイニング(採掘)参入者が多い、またマイニング用のコンピューターの性能が良くなると、難易度が上昇していきます。

ビットコイン(BTC)採掘の難易度が上昇すると、マイナーは、同じ機材で採掘ができるビットコインキャッシュ(BCH)へと移動し、ビットコイン(BTC)の送金に遅延などの不具合が発生し、価格が下落するとされています。

*ビットコインキャッシュ(BCH)は、2017年8月1日に誕生したので、まだ過去の数字を検証するには、期間が足りていない可能性があります。

ビットコイン(BTC)の難易度は・・・

2018年10月13日 → 12月27日 → その後

2019-08-07-11-49-02
2019-08-07-11-59-21

価格との相関性は、はっきり見出すことができませんが、難易度が頭打ちし、下落すると、その後価格も下落していく可能性が高いということを、頭に入れておく必要があります。

4)半減期

ビットコイン(BTC)では、採掘報酬が半分になる「半減期」が4年に1度到来します。

21万ブロックごとなので、1つのブロック生成が10分、21万×10分=約4年という計算です。

ビットコインは、2009年に誕生し、採掘報酬は、50BTCでした。

1回目半減期:2012年11月28日に到来し、25BTCへと半減
2回目半減期:2016年7月10日に到来し、12.5BTCへと半減
3回目半減期は、2020年後半に到来する予定で、6.25BTCへと半減

となります。

過去の値動きを見てみると・・・1年前くらいに価格が一時的に上昇しています。

そして、半減期以前の価格には、もう2度と戻らなくなっています。

2019-08-07-12-56-17
2019-08-07-12-54-17

2012年:370日前に高騰、118日前に高騰
2016年:270日前に高騰、52日前に高騰

3回目の半減期が、2020年5月17日だとすると・・・

2019年5月13日、8月21日、2020年1月20日、3月26日

がポイントとなります。

ビットコイン(BTC)に先立って、半減期を迎えたライトコイン(LTC)。

1度目:2015年8月25日
2度目:2019年8月5日

2019-08-07-13-08-40

2015年は、72日前から取引量の増大とともに、価格が上昇。
2019年は、223日前に底打ち、44日前に高値

となっています。

半減期が、価格に大きな影響を与えるということは、すでに知られているので、ビットコイン(BTC)2016年、ライトコイン(LTC)の値動きを参考にしながら、来る2020年のビットコイン(BTC)半減期に備える必要があります。

どちらにしても、半減期をすぎると、以前の価格水準には戻らず、高くなっていくことが共通しています。

ちなみに、半減期が到来すると、マイナーが採算不足になり、撤退するという可能性が指摘されていますが、ライトコイン(LTC)は半減期到来後でも、ハッシュパワーは、到来前の97%となっており、すぐには撤退していない模様

真田孔明の原点がここに
生涯収入5億円倶楽部メンバーとして、これを読まねば始まらない!すべての活動の前に
必ず熟読するべき、真田孔明ノウハウのすべてが分かる30日無料メール講座

このカテゴリーの関連記事
仮想通貨「億り人」研究会

仮想通貨関連のVALUを購入する上で

ビットコイン(BTC)を用いるサービスとして、大きく話題になったVALU。 有名Youtuberが炎上した事件で、サービスを知

仮想通貨「億り人」研究会

Tether発行量をチェックする必要性

2019年6月11日に、テザーUSD(USDT)が新規1億5千万米ドル分発行されました。 ?????????? 150,000

仮想通貨「億り人」研究会

カナダ造幣局が関わったデジタル貨幣ミントチップ(MintChip)

金融取引での手数料とリスクを削減するために、仮想通貨を用いて、顧客と販売店の間での「価値交換」行うシステムとして、カナダ造幣局

仮想通貨「億り人」研究会

ビットコイン(Bitcoin)取引所規制と金融機関による新たな取り組み

2015年9月22日に、アメリカニューヨーク金融サービス局(New York State Department of Fina



コメントする