仮想通貨「億り人」研究会 > 仮想通貨の基礎知識

暗号資産の過熱度を計る指標

level001
run-1321278_1280

2019年1月8日、ライトコイン(Litecoin)の貸出金利が、7万%を超えました。大手取引所ポロニエックスでの出来事です。

貸出金利が高い=借りたい人が多い

借りたコインで何をするか?
→ショート(空売り)する

ということになります。

空売りをしたいと考えるのは、

・大きく価格が上昇した後
・悪い情報が出た時(開発中止など)

などです。

ライトコイン(Litecoin)の価格は、どうなったか?

2019-01-09-16-43-49

8日22時30分頃を頂点として、下落しました。

9日
10時時点で、約1,400%
16時時点で、約100%

になっています。

camtemp

年7万%だと、日191%
年1,400%だと、日3.8%

長期間の貸出しではなく、2日などの短期になります。

ちなみに、貸出期間については、

・ポロニエックス(Poloniex):最短2日、最長30日
・ビットフィネックス(Bitfinex):最短2日、最長15日
・リキッド(Liquid):制限なし

となっています。

需要と供給により、金利は大きく変わるので、

貸出す側は、

・高い金利が得られる

一方で、

・低い金利で貸し出し、高い金利を逃してしまう
・価格が下落する
・手仕舞いできない
・返ってこない

というリスクを負うことになります。

日々、金利の水準を確認することで、各暗号資産と市場全体の状況を知れます。

金利を一覧で確認できる「CoinLend」

暗号資産(仮想通貨/暗号通貨)の貸出金利を一覧で確認できるのは、「CoinLend」というサービスです。

スマートフォンアプリもあり、便利です。

・ポロニエックス(Poloniex)
・ビットフィネックス(Bitfinex)
・リキッド(Liquid)
・コビンフッド(Cobinhood)

各取引所でのレートが一覧になっています。

アプリに取引所アカウントを連携することで、

・ポロニエックス(Poloniex)
・ビットフィネックス(Bitfinex)
・リキッド(Liquid)

での貸出状況を確認することもできます。

*Twitterもあり、大きく動いた場合、ツイートされます。

取引所では、法定通貨も取り扱われているケースがあり、

法定通貨の金利が高い=借り入れ需要がある=暗号資産に買いが入る=価格が上昇する

暗号資産(仮想通貨/暗号通貨)の価格が、上昇しやすいかどうか?を判断する1つの材料になります。

また、同様のサービスで、過去150日までの金利変化を確認できるものに、「CRYPTOLEND」があります。

過去の水準を確認することで、どこまでレートが高くなる可能性があるか?を知ることができます。

2019-01-09-17-15-36 2019-01-09-17-15-20

真田孔明の原点がここに
生涯収入5億円倶楽部メンバーとして、これを読まねば始まらない!すべての活動の前に
必ず熟読するべき、真田孔明ノウハウのすべてが分かる30日無料メール講座

このカテゴリーの関連記事
仮想通貨「億り人」研究会
chinese-new-year-1183115_1280

旧正月にむけたBTCの値動き

2019年の旧正月は、2月5日です。投資商品において、旧正月前後は、価格が動きやすいという傾向があります。 1つの要因としては

仮想通貨「億り人」研究会
74146

仮想通貨の大切な仕組みを理解する

仮想通貨/暗号通貨と聞くと、現物の通貨と比較して、実態のない通貨というイメージを持つと思う。 たしかに、ビットコイン(Bitc

仮想通貨「億り人」研究会
geometry-1044090_1280

BTC取引量が多いのはどの時間帯?(2018年2月度)

24時間マーケットが開いているとはいえ、常に取引量が多く、価格が上下するわけではなく、市場参加者が取引をしているタイミングに取

仮想通貨「億り人」研究会
bamboo-345807_1280

タケノコアルトにょっき

アルトコインの価格がにょきにょきと上昇しています。ただ、時価総額上位というよりも、新しい、もしくはこれまで大きく注目されてこな



コメントする