仮想通貨「億り人」研究会 > 仮想通貨の基礎知識

2月下旬から4月にかけてのBTC値動き

level001
action-plan-brainstorming-complex-212286

ビットコイン(BTC)は、旧正月が終わったあと、2019年2月8日から上昇し、一時1BTC=4,000米ドル目前まで値を上げました。

1月10日の大きな下落から、約1ヶ月ぶりに、1BTC=4,000米ドル付近になっています。

毎年、ビットコイン(BTC)価格がどのように動いているのか?

2月上旬は、下落しやすく、その後回復というのがおおまかな傾向でした。

2019年は、1月下旬から2月7日までヨコヨコ、8日から上昇ということになりました。

では、2月下旬から4月まで、毎年どのような値動きになっているのでしょうか?

動きを確認しておくことで、自分の頭の中を整理できます。

2013年4月中旬まで上昇 → 大きく下落
2014年4月上旬まで下落
2015年3月中旬まで上昇、その後下落
2016年3月上旬まで下落、その後上昇
2017年3月中旬まで上昇、下旬に向け下落、その後上昇
2018年3月中旬まで上昇、4月に向け下落

2013年

2019-02-22-16-27-46

2014年

2019-02-22-16-27-14

2015年

2019-02-22-16-26-48

2016年

2019-02-22-16-26-18

2017年

2019-02-22-16-25-46

2018年

2019-02-22-16-25-15

上昇するものの、下落傾向にあるという共通点がわかりました。

2019年

2019-02-22-16-29-34

旧正月からの流れでは、2016年に似ていると言えますが、果たしてどうなるか?

長期視点としては、2017年末のように、大きなブームがあり、新規口座開設がどんどんされ、新規資金が流入しない限り、大きな価格上昇は難しいのではないかと見ています。

真田孔明の原点がここに
生涯収入5億円倶楽部メンバーとして、これを読まねば始まらない!すべての活動の前に
必ず熟読するべき、真田孔明ノウハウのすべてが分かる30日無料メール講座

このカテゴリーの関連記事
仮想通貨「億り人」研究会
fruit-2109043_1280

仮想通貨関連のVALUを購入する上で

ビットコイン(BTC)を用いるサービスとして、大きく話題になったVALU。 有名Youtuberが炎上した事件で、サービスを知

仮想通貨「億り人」研究会
179811

様々な取引が可能となるBitshares

2014年7月に公開されたビットシェアーズ(BitiShares)は、スマートコントラクトのプラットフォームで、分散自立型組織

仮想通貨「億り人」研究会
pie-chart-1569175_1280

ビットコインは毎日どれだけ生まれているのか?

Mt.GOXの破産財団が、 ・35,841.00701 BTC・34,008.00701 BCC(Bitcoin Cash/B

仮想通貨「億り人」研究会
rocket-3122690_1280

次どのアルトコインが上がるのか?

2019年1月10日15時、1月11日1時のタイミングで、ビットコイン(BTC)の価格に大きな下落がありました。 1BTC=4



コメントする