仮想通貨「億り人」研究会 > 仮想通貨の基礎知識

2月下旬から4月にかけてのBTC値動き

level001

ビットコイン(BTC)は、旧正月が終わったあと、2019年2月8日から上昇し、一時1BTC=4,000米ドル目前まで値を上げました。

1月10日の大きな下落から、約1ヶ月ぶりに、1BTC=4,000米ドル付近になっています。

毎年、ビットコイン(BTC)価格がどのように動いているのか?

2月上旬は、下落しやすく、その後回復というのがおおまかな傾向でした。

2019年は、1月下旬から2月7日までヨコヨコ、8日から上昇ということになりました。

では、2月下旬から4月まで、毎年どのような値動きになっているのでしょうか?

動きを確認しておくことで、自分の頭の中を整理できます。

2013年4月中旬まで上昇 → 大きく下落
2014年4月上旬まで下落
2015年3月中旬まで上昇、その後下落
2016年3月上旬まで下落、その後上昇
2017年3月中旬まで上昇、下旬に向け下落、その後上昇
2018年3月中旬まで上昇、4月に向け下落

2013年

2019-02-22-16-27-46

2014年

2019-02-22-16-27-14

2015年

2019-02-22-16-26-48

2016年

2019-02-22-16-26-18

2017年

2019-02-22-16-25-46

2018年

2019-02-22-16-25-15

上昇するものの、下落傾向にあるという共通点がわかりました。

2019年

2019-02-22-16-29-34

旧正月からの流れでは、2016年に似ていると言えますが、果たしてどうなるか?

長期視点としては、2017年末のように、大きなブームがあり、新規口座開設がどんどんされ、新規資金が流入しない限り、大きな価格上昇は難しいのではないかと見ています。

真田孔明の原点がここに
生涯収入5億円倶楽部メンバーとして、これを読まねば始まらない!すべての活動の前に
必ず熟読するべき、真田孔明ノウハウのすべてが分かる30日無料メール講座

このカテゴリーの関連記事
仮想通貨「億り人」研究会

仮想通貨/暗号通貨を自分で守る3つの方法

仮想通貨/暗号通貨取引所のGOX(不正引き出し・倒産など)は、2014年以降、1年に数件起こっています。 取引所から不正の資金

仮想通貨「億り人」研究会

仮想通貨/暗号通貨の資産管理アプリ

保有している仮想通貨/暗号通貨の状況をどのように把握するか? 以前は、エクセル(Excel)で保有数量と、確認時の米ドル価格な

仮想通貨「億り人」研究会

仮想通貨ビットコイン(Bitcoin)バブルに乗っかろう

ビットコインのウォレットをインターネット上に作成したのが、始まりだった。 それから、ビットコインを個人的に研究し始めた。 当時

仮想通貨「億り人」研究会

ビットコインの価格調整の歴史

ビットコインを含め、仮想通貨/暗号通貨は、定期的に大きな価格調整があります。 20%以上下がるのはザラで、株式相場で言うと暴落



コメントする