仮想通貨「億り人」研究会 > 仮想通貨の基礎知識

2月下旬から4月にかけてのBTC値動き

level001
action-plan-brainstorming-complex-212286

ビットコイン(BTC)は、旧正月が終わったあと、2019年2月8日から上昇し、一時1BTC=4,000米ドル目前まで値を上げました。

1月10日の大きな下落から、約1ヶ月ぶりに、1BTC=4,000米ドル付近になっています。

毎年、ビットコイン(BTC)価格がどのように動いているのか?

2月上旬は、下落しやすく、その後回復というのがおおまかな傾向でした。

2019年は、1月下旬から2月7日までヨコヨコ、8日から上昇ということになりました。

では、2月下旬から4月まで、毎年どのような値動きになっているのでしょうか?

動きを確認しておくことで、自分の頭の中を整理できます。

2013年4月中旬まで上昇 → 大きく下落
2014年4月上旬まで下落
2015年3月中旬まで上昇、その後下落
2016年3月上旬まで下落、その後上昇
2017年3月中旬まで上昇、下旬に向け下落、その後上昇
2018年3月中旬まで上昇、4月に向け下落

2013年

2019-02-22-16-27-46

2014年

2019-02-22-16-27-14

2015年

2019-02-22-16-26-48

2016年

2019-02-22-16-26-18

2017年

2019-02-22-16-25-46

2018年

2019-02-22-16-25-15

上昇するものの、下落傾向にあるという共通点がわかりました。

2019年

2019-02-22-16-29-34

旧正月からの流れでは、2016年に似ていると言えますが、果たしてどうなるか?

長期視点としては、2017年末のように、大きなブームがあり、新規口座開設がどんどんされ、新規資金が流入しない限り、大きな価格上昇は難しいのではないかと見ています。

真田孔明の原点がここに
生涯収入5億円倶楽部メンバーとして、これを読まねば始まらない!すべての活動の前に
必ず熟読するべき、真田孔明ノウハウのすべてが分かる30日無料メール講座

このカテゴリーの関連記事
仮想通貨「億り人」研究会
pie-chart-1569175_1280

ビットコインは毎日どれだけ生まれているのか?

Mt.GOXの破産財団が、 ・35,841.00701 BTC・34,008.00701 BCC(Bitcoin Cash/B

仮想通貨「億り人」研究会
fibonacci-1252944_1280

取引量20倍・フィボナッチで待ち構える

価格が急騰した場合、1つの目安が取引量20倍というのが、1つの検証結果です。 参考:モナコイン(Monacoin/MONA)の

仮想通貨「億り人」研究会
currency

仮想通貨を巡るトラブルとプレセール

国民生活センターによると、2015年から仮想通貨に関するトラブルの報告が多くなっているとのこと。 相談が上がっているケースとし

仮想通貨「億り人」研究会
stability-3042271_1280

Paxos Standard(PAX)を利用する上で

大手取引所バイナンス(Binance)で取引していたり、ALT PUMP SEARCH(APS)を活用していると、目にして、意



コメントする