仮想通貨「億り人」研究会 > 仮想通貨の基礎知識

次どのアルトコインが上がるのか?

level001
rocket-3122690_1280

2019年1月10日15時、1月11日1時のタイミングで、ビットコイン(BTC)の価格に大きな下落がありました。

1BTC=4,000米ドル台 → 3,500米ドル台へ
約12.8%の下落でした。

直近では、2018年12月28日の水準まで巻き戻り、多くのアルトコインも、米ドル建てで、12月下旬、1月上旬の水準まで巻き戻りました。

ビットコイン(BTC)価格に、アルトコイン価格は、どうしても引っ張られます。

これからも、中・長期で、ビットコイン(BTC)価格は、下げていく。

と考えるならば、ほとんどのアルトコインの米ドル建て価格も、下がっていきます。

では、その中で、どうやってリターンを得ていくのか?

1)ビットコイン(BTC)・アルトコインを保有しているなら、
→ ショート・ポジションを取る

2)法定通貨ベースで取引を考えているなら、
→ ショート・ポジションを取る
→ 短期での上昇分を現物売買で取る
ということになります。

値動きの特徴

・ビットコイン(BTC)下がる → アルトコイン下がる
・ビットコイン(BTC)上がる → アルトコイン上がる
・ビットコイン(BTC)ヨコヨコ → アルトコインヨコヨコ・上がる・下がる
という関係になります。

ビットコイン(BTC):ヨコヨコ → 下がる → ヨコヨコ
アルトコインA:上がる → 下がる → ヨコヨコ
アルトコインB:ヨコヨコ → 下がる → 上がる
というケースがあります。

ビットコイン(BTC)が、
12月15日から1月10日まで26日間、
上げ→ヨコヨコ→上げ
と動く中で、多くのアルトコインが、ビットコイン(BTC)よりも値を上げました。

2019-01-13-14-41-52

アルトコインA
12月15日をベースにして、25日まで、
BCHABC、TRX、ETH、ADA、ONT

2019-01-13-13-19-26

12月28日をベースにして、1月10日まで、
TRX、ADA、LTC、NEO、ETH、ONT、EOS、BNBなど

2019-01-13-12-52-06

1月7日をベースにして、1月10日まで、
TRX、NEO、ONT、ADA、XLMなど

2019-01-13-12-49-38

一方で、
2019年1月11日ベースにすると・・・
PHX、BCHSVなどが上昇していることが分かります。

2019-01-13-12-48-23

PHX、BCHSVは、12月15日から1月10日までどうなっていたか?

全体を見ると、ビットコイン(BTC)よりもパフォーマンスが悪いということが分かります。

これらが、アルトコインBになります。

アルトコインは、資金の循環があるようで、1度上昇→下落すると、資金が他のアルトコインに回っていくため、

・1度価格が上昇すると、その後は上がりにくい
・上がっていないものは、ビットコイン(BTC)がヨコヨコだと上がりやすい

ということが分かります。

「短期での上昇分を現物売買で取る」ための銘柄選定で、この事実はとても重要です。

・ビットコイン(BTC)下がる → アルトコイン下がる

ここに巻き込まれるのは、ある程度避けようがないと思われますが、ビットコイン(BTC)の価格周期(20日から30日間)を意識すると、逃げ遅れが防止できると考えます。

真田孔明の原点がここに
生涯収入5億円倶楽部メンバーとして、これを読まねば始まらない!すべての活動の前に
必ず熟読するべき、真田孔明ノウハウのすべてが分かる30日無料メール講座

このカテゴリーの関連記事
仮想通貨「億り人」研究会
greece-1776226_1280

過去最高値からアルトのターンを学ぶ

ビットコイン(BTC)の価格上昇が止まりません。1BTC=6,900米ドル台を記録し、2019年1月末から200%以上の上昇と

仮想通貨「億り人」研究会
175304

ビットコイン(Bitcoin)取引所規制と金融機関による新たな取り組み

2015年9月22日に、アメリカニューヨーク金融サービス局(New York State Department of Fina

仮想通貨「億り人」研究会
image-3046593_1280

BTC価格のみ追っていると・・・

仮想通貨/暗号通貨に投資をしていなくて、ビットコイン(BTC)や市場規模の大きいアルトコインのみを観察している人は・・・ 20

仮想通貨「億り人」研究会
cannon-2625410_1280

Tether砲3億3千万米ドル相当でどうなる?

2018年3月19日・20日にアルゼンチン・ブエノスアイレスで開催された20カ国・地域(G20)の財務相・中央銀行総裁会議にお



コメントする