仮想通貨「億り人」研究会 > 仮想通貨の基礎知識

ストップリミット・バイナンス(Binance)

level001

2019年2月24日23時ころ、暗号資産(仮想通貨/暗号通貨)の価格が軒並み大きく下落しました。

ビットコイン(BTC)で約10%ほど。

FXをやっている人にとって、重要なのは、期待した方向とは逆に価格が動いた時、損切することです。

ただ、ポジションを持った状態で、PCやスマートフォンをずっと監視しておくことはできません。

そのため、一定のマイナスが出た場合に、自動で損切りする設定=ロスカット設定をしておきます。

2019-02-25-13-27-27

相場に絶対はないので、ポジションを持ったら、損切設定しておく必要があります。

今回の約10%ほどの下落にも、もし自分の損切ポイントが、約5%で設定しているのであれば、その分のマイナスで逃げることができます。(*取引所によっては、指値が滑ってしまって、不利な価格で約定してしまうケースがあります。)

これは、現物を保有している投資家にも同じことです。

現物を保有していると、リスク管理の面から、ウォレットで保管しているケースがあります。

この場合は、価格が下落するリスクよりも、盗難リスクのほうが高いという判断の元、ウォレット管理しているので、価格の下落に一喜一憂する必要はありません。

暗号資産(仮想通貨/暗号通貨)の総数ではなく、対法定通貨で資産割合を把握していて、ほとんどの場合、すぐに取引できるように、取引所で保管している場合には、あらかじめ損切ポイントの設定が必要と言えます。

たとえば、大手取引所のバイナンス(Binance)の場合。

Stop-Limitという注文方法があります。

・Stop:指定した価格水準
・Limit:注文発動価格
・Amount:注文数量

2019-02-25-12-29-55

価格の特性について、上がる時はじわじわ、落ちる時は一瞬というのがあります。
(*暗号資産の場合は、上がる時一瞬ということも多いですが・・・)

下落スタート
ーーーーーーー↘5
ーーーーーーーー↘4
ーーーーーーーーー↘3
ーーーーーーーーーー↘2
ーーーーーーーーーーー↘1 −10%

下落スタート
ーーーーーーー↘5
ーーーーーーーー↘4 Stop
ーーーーーーーーー↘3 Limitー損はここまで
ーーーーーーーーーー↘2
ーーーーーーーーーーー↘1 −10%

・Stop:指定した価格水準
→ この価格まで下落したら・・・

・Limit:注文発動価格
→ この価格で注文してください。

・Amount:注文数量
→ 数量はこちら

2019-02-25-12-47-37

StopとLimitを同じ価格、もしくは、とても近い数字にしていると、大きな下落の波に飲み込まれて、市場価格で処理されて、思わぬ損失になってしまうケースがあります。

StopとLimitには、少し差を設けておく必要があります。

たとえば、2019年2月24日ケースで、1BTC=4,100米ドルで購入していたとします。

100米ドルマイナスになったら、保有しておく必要がないと考えるのであれば、

・Stop:4,010
・Limit:3,990
・Amount:1

といった具合になります。

取引所を選ぶ際も、こういった機能が実装されているか?というのが、資産を守る上で重要であり、選択する際のポイントとなります。

真田孔明の原点がここに
生涯収入5億円倶楽部メンバーとして、これを読まねば始まらない!すべての活動の前に
必ず熟読するべき、真田孔明ノウハウのすべてが分かる30日無料メール講座

このカテゴリーの関連記事
仮想通貨「億り人」研究会

BTC価格はまだ下がる?

2019年1月10日に、ビットコイン(BTC)価格は、1BTC=4,000米ドル台 → 3,700米ドル台へ下落しました。それ

仮想通貨「億り人」研究会

暗号資産のアノマリー!?

株式市場では、アノマリーが存在します。 アノマリー(Anomaly)とは・・・過去に発生しているマーケットの規則性のこと相場に

仮想通貨「億り人」研究会

Paxos Standard(PAX)を利用する上で

大手取引所バイナンス(Binance)で取引していたり、ALT PUMP SEARCH(APS)を活用していると、目にして、意

仮想通貨「億り人」研究会

ビットコインの価格調整の歴史

ビットコインを含め、仮想通貨/暗号通貨は、定期的に大きな価格調整があります。 20%以上下がるのはザラで、株式相場で言うと暴落



コメントする