仮想通貨「億り人」研究会 > 仮想通貨の基礎知識

テザーUSDの取引量が減少している件

level001

ビットコイン(BTC)価格は、上値が重たく、1BTC=12,000米ドル付近が直近の天井になっています。

    ・米中の衝突
    ・中国人民元安の進行
    ・米ドル利下げによる商品への資金流入
    ・香港における政治混乱
    ・アルゼンチン大統領選挙予備選の予想外の結果

などにより、世界的な動乱がある中。

金(現物)の価格は、2019年5月末から約20%と大きく上昇しています。

2019-08-14-09-10-08

ビットコイン(BTC)価格は、5月末から6月末までで、約70%上昇しましたが、そこが天井となり、調整局面に入っています。

地政学的リスクからの逃避マネーが入る先は、まだ金(現物)のようです。

テザーUSD発行量横ばい、取引量減少

これまでのビットコイン(BTC)の価格上昇の1つの要因とされているのが、テザーUSD(USDT)の存在です。

テザーUSD(USDT)が増大 → ビットコイン(BTC)価格上昇

という関係が過去の履歴から読み取れます。

しかし、テザーUSD(USDT)については、ニューヨーク州での裁判の関係で、積極的に発行されておらず、時価総額が横ばいになっているのが現状です。

テザー裁判、90日間の判断延期に

この日ニューヨーク州最高裁判所は、今回の聴取内容をもって結論には至らなかったことから90日間の判断延長を決めた。

期限は、10月下旬になります。

コインマーケットキャップで数字を確認すると、2019年7月18日頃から横ばいです。
そんな中で、テザーUSD(USDT)の取引量が大きく下落しています。

水準としては、2019年4月から5月上旬、6月19日です。

2019-08-14-08-57-37

テザーUSD(USDT)の市場は、ほぼビットコイン(BTC)とのペアによって成立しているので、

2019-08-14-09-45-12

テザーUSD(USDT)取引量減 → ビットコイン(BTC)が売買されない。

という関係になります。

テザーUSD(USDT)の取引量というのも、暗号資産(仮想通貨/暗号通貨)を取引する上での1つの指標になると言えます。

真田孔明の原点がここに
生涯収入5億円倶楽部メンバーとして、これを読まねば始まらない!すべての活動の前に
必ず熟読するべき、真田孔明ノウハウのすべてが分かる30日無料メール講座

このカテゴリーの関連記事
仮想通貨「億り人」研究会

有名企業が注目するイーサリアム(Ethereum)

イーサリアム(Ethereum)とは、ブロックチェーンの技術と中央管理組織のないP2P環境で、様々なシステムによるサービスを実

仮想通貨「億り人」研究会

暗号資産の過熱度を計る指標

2019年1月8日、ライトコイン(Litecoin)の貸出金利が、7万%を超えました。大手取引所ポロニエックスでの出来事です。

仮想通貨「億り人」研究会

仮想通貨/暗号通貨を自分で守る3つの方法

仮想通貨/暗号通貨取引所のGOX(不正引き出し・倒産など)は、2014年以降、1年に数件起こっています。 取引所から不正の資金

仮想通貨「億り人」研究会

ICO参加のためにQTUM買い集め、しかし・・・

とある2月20日にプレセールが始まったICOへ参加するために、QTUMを買い集める必要がありました。 参考:仮想通貨プラットフ



コメントする