仮想通貨「億り人」研究会 > 仮想通貨の基礎知識

テザーUSDの取引量が減少している件

level001
bitcoin-4368877_1280

ビットコイン(BTC)価格は、上値が重たく、1BTC=12,000米ドル付近が直近の天井になっています。

    ・米中の衝突
    ・中国人民元安の進行
    ・米ドル利下げによる商品への資金流入
    ・香港における政治混乱
    ・アルゼンチン大統領選挙予備選の予想外の結果

などにより、世界的な動乱がある中。

金(現物)の価格は、2019年5月末から約20%と大きく上昇しています。

2019-08-14-09-10-08

ビットコイン(BTC)価格は、5月末から6月末までで、約70%上昇しましたが、そこが天井となり、調整局面に入っています。

地政学的リスクからの逃避マネーが入る先は、まだ金(現物)のようです。

テザーUSD発行量横ばい、取引量減少

これまでのビットコイン(BTC)の価格上昇の1つの要因とされているのが、テザーUSD(USDT)の存在です。

テザーUSD(USDT)が増大 → ビットコイン(BTC)価格上昇

という関係が過去の履歴から読み取れます。

しかし、テザーUSD(USDT)については、ニューヨーク州での裁判の関係で、積極的に発行されておらず、時価総額が横ばいになっているのが現状です。

テザー裁判、90日間の判断延期に

この日ニューヨーク州最高裁判所は、今回の聴取内容をもって結論には至らなかったことから90日間の判断延長を決めた。

期限は、10月下旬になります。

コインマーケットキャップで数字を確認すると、2019年7月18日頃から横ばいです。
そんな中で、テザーUSD(USDT)の取引量が大きく下落しています。

水準としては、2019年4月から5月上旬、6月19日です。

2019-08-14-08-57-37

テザーUSD(USDT)の市場は、ほぼビットコイン(BTC)とのペアによって成立しているので、

2019-08-14-09-45-12

テザーUSD(USDT)取引量減 → ビットコイン(BTC)が売買されない。

という関係になります。

テザーUSD(USDT)の取引量というのも、暗号資産(仮想通貨/暗号通貨)を取引する上での1つの指標になると言えます。

真田孔明の原点がここに
生涯収入5億円倶楽部メンバーとして、これを読まねば始まらない!すべての活動の前に
必ず熟読するべき、真田孔明ノウハウのすべてが分かる30日無料メール講座

このカテゴリーの関連記事
仮想通貨「億り人」研究会
cross-3306553_1280

ビットコイン(BTC)難易度調整の後は・・・

ビットコイン(BTC)には、採掘難易度の調整が、約2週間に1度入ります。 採掘のスピードを約10分に調整するための仕組みになっ

仮想通貨「億り人」研究会
175304

ビットコイン(Bitcoin)取引所規制と金融機関による新たな取り組み

2015年9月22日に、アメリカニューヨーク金融サービス局(New York State Department of Fina

仮想通貨「億り人」研究会
domino-665547_1280

ストップリミット・バイナンス(Binance)

2019年2月24日23時ころ、暗号資産(仮想通貨/暗号通貨)の価格が軒並み大きく下落しました。 ビットコイン(BTC)で約1

仮想通貨「億り人」研究会
image-3046593_1280

BTC価格のみ追っていると・・・

仮想通貨/暗号通貨に投資をしていなくて、ビットコイン(BTC)や市場規模の大きいアルトコインのみを観察している人は・・・ 20



コメントする