仮想通貨「億り人」研究会 > 仮想通貨の基礎知識

Tether発行量をチェックする必要性

level001

2019年6月11日に、テザーUSD(USDT)が新規1億5千万米ドル分発行されました。


テザーUSD(USDT)は、以前は、オムニ(Omni)のチェーン上でのみ発行されていましたが、最近は、

・イーサリアム(Ethereum)
・トロン(Tron)
・イオス(Eos)

にチェーンも利用されています。

発行量は、テザーのウォレットサイトで公開されています。

2019-06-13-09-08-33

コインマーケットキャップ(CMC)のテザーUSD(USDT)はチャートを参照すると・・・

2019-06-13-09-15-43

時価総額は、過去最高値を更新しています。

・2018年10月8日から、時価総額が減少
・2018年11月15日に、一旦の底
・あまり増加することなくヨコヨコ
・2019年4月8日から、時価総額が急増

2019年4月1日から、ビットコイン(BTC)価格が大きく上昇している一因と言えます。

なお、テザーUSD(USDT)との取引ペアがある暗号資産(仮想通貨/暗号通貨)は、テザーUSD(USDT)が直接流入してくるので、価格に反映されやすいです。

2019-06-13-09-19-51

現在、2019年5月31日の、9,000米ドル台が一旦の高値となっているビットコイン(BTC)。

テザーUSD(USDT)新規発行によって、現物市場に資金が流入し、全体の時価総額と価格が上昇していく可能性が高いと考えます。

テザーUSD(USDT)の動向は、常にチェックしておかなければいけません。

2019-06-13-09-44-352019-06-13-09-44-22

真田孔明の原点がここに
生涯収入5億円倶楽部メンバーとして、これを読まねば始まらない!すべての活動の前に
必ず熟読するべき、真田孔明ノウハウのすべてが分かる30日無料メール講座

このカテゴリーの関連記事
仮想通貨「億り人」研究会

旧正月にむけたBTCの値動き

2019年の旧正月は、2月5日です。投資商品において、旧正月前後は、価格が動きやすいという傾向があります。 1つの要因としては

仮想通貨「億り人」研究会

BTC取引で確認する指標

暗号資産(仮想通貨/暗号通貨)の価格について、毎日さまざまな人が情報を発信しています。 1日、1週間、1ヶ月、半年、1年、2年

仮想通貨「億り人」研究会

仮想通貨の大切な仕組みを理解する

仮想通貨/暗号通貨と聞くと、現物の通貨と比較して、実態のない通貨というイメージを持つと思う。 たしかに、ビットコイン(Bitc

仮想通貨「億り人」研究会

ビットコイン(BTC)難易度調整の後は・・・

ビットコイン(BTC)には、採掘難易度の調整が、約2週間に1度入ります。 採掘のスピードを約10分に調整するための仕組みになっ



コメントする