仮想通貨「億り人」研究会 > 仮想通貨の基礎知識

仮想通貨関連のVALUを購入する上で

level001
fruit-2109043_1280

ビットコイン(BTC)を用いるサービスとして、大きく話題になったVALU。

有名Youtuberが炎上した事件で、サービスを知った人も多いのではないでしょうか。

スタートしたのは、2017年5月末です。

VALUとは・・・
 なりたいものや、やりたいことを実現するために、継続的に支援を募ることができるSNSです。(*公式HPの説明より引用)

・個人が擬似株式を発行し、資金調達できる

というところがポイントとなります。

VALUでは、「VA」という疑似株式を発行でき、ビットコイン(BTC)ベースで売買が可能になります。

*まず、VALU登録には、Facebookアカウントが必要で、「VA」の発行には、審査がありますので、誰でもすぐに発行できるわけではありません。

「VA」の価値は、

・発行者の知名度
・発行量と流通量
・提供するコンテンツ
・優待サービス

などにより決まります。

ランキングを見ると、さまざまなジャンルの方が、「VA」を発行しているのがわかります。

中でも、上位にランキングされているのが、仮想通貨/暗号通貨を取り扱っている方になります。

「VA」の優待として、保有数によって、独自グループに招待し、相場理論、見通しなどを提供しています。

「VA」発行者の優待が良くて、さらに取引成績が良いといったことが広まって、保有している「VA」の評価が大きく伸び、含みで1,000万円を超える利益が出ている人もいます。

仮想通貨/暗号通貨界隈では、現在サロン運営がとても盛んになっています。

月額制で、約1万円から3万円が基準ですが、BTCFXのトップトレーダーのサロンには、1,000人以上が1度に集まっているというケースがあります。

まじめに相場に向かって、トレードするよりも、自分の相場観を、サロンを通じて定期的に発信することで、年に億を超える会費を得られるということになります。

*もちろん、今の相場環境下でのお話なので、大きく価格が変動する未来のことはわかりませんが・・・

「VA」を発行すると、

・「VA」の価格の維持を考える必要がある
・「VA」を新規に大きく売り出せない
・「VA」保有者への優待は提供する必要がある

といった側面があるため、サロンを運営するよりも、考え、行動すべきことが多くなります。

また、VALUのアカウントを作成して、ビットコン(BTC)を送金し、「VA」を購入するといったステップが面倒だと感じる層の人を取り逃がしています。

そのため、BTCFXなどで利益が出ているトレーダーたちは、自分の相場観などを提供する場として、VALUよりも独自サロンを選択していく可能性が高いのではないか?と言えます。

「VA」を購入し、優待を受ける側としては、

「ビットコイン(BTC)建てなので、優待を受けた上で、価値が下がらなければ、ほぼ無料でサービスを受けることができる。」

と考えますが、「VA」の価格が下がる可能性があり、また、提供がストップになる可能性もあるので、利用する上では、よくよく性質を知っておく必要があります。

真田孔明の原点がここに
生涯収入5億円倶楽部メンバーとして、これを読まねば始まらない!すべての活動の前に
必ず熟読するべき、真田孔明ノウハウのすべてが分かる30日無料メール講座

このカテゴリーの関連記事
仮想通貨「億り人」研究会
20180110

2018年1月10日から20日仮想通貨ニュース・価格まとめ

各国による規制情報が多く出るとともに、暴落が発生しました。 ・主なニュースまとめ ・韓国の取引所規制について ・2018年1月

仮想通貨「億り人」研究会
mountains-2915417_1280

ビットコインの価格変動の周期を確認する

Mt.GOXの破産財団が、裁判所と協議し、配当原資確保のために、保管していたビットコイン(BTC)とビットコインキャッシュ(B

仮想通貨「億り人」研究会
code-820275_1280

ソースコード更新頻度が1つの指標

仮想通貨/暗号通貨のプロジェクトを追っていると出てくる言葉として、 「ギットハブ(GitHub)」 があります。 「ギットハブ

仮想通貨「億り人」研究会
74146

仮想通貨の大切な仕組みを理解する

仮想通貨/暗号通貨と聞くと、現物の通貨と比較して、実態のない通貨というイメージを持つと思う。 たしかに、ビットコイン(Bitc



コメントする