仮想通貨「億り人」研究会 > 仮想通貨の基礎知識

匿名通貨の出来高について検証中

level001
hacker-2883632_1280

韓国の大手取引所ビッサム(Bithumb)。
コインマーケットキャップ(CMC)の取引所取引高ランキングでも1位になっています。

韓国ウォン(KRW)によるアルトコイン取引がメインになっています。

2019年1月末時点での、取引量が多いアルトコインの上位3つ。。。

Zcash(ZEC)、Monero(XMR)、DASH(DASH)
これらの共通点は、匿名通貨であるということです。

定期的に、ビッサム(Bithumb)取引量上位を匿名通貨が占めることがあります。

2019-01-27-12-13-46 2019-01-27-12-14-03

Twitterで、「匿名通貨、韓国」で検索してみると、取引量が増えたという投稿が出てきます。

2018年7月25日、10月22日、11月9日・12日・19日、12月1日
付近で取引量が大きかったことが分かりました。

該当する時期の価格を確認してみると・・・
その後、共通して下落しています。

2019-01-27-22-26-12 2019-01-27-22-25-24 2019-01-27-22-24-19

ビットコイン(BTC)価格についても、同様でした。

2019-01-27-22-27-01

韓国ウォン(KRW)による取引量は、

韓国ウォン(KRW)→匿名通貨
匿名通貨 →韓国ウォン(KRW)

どちらかになります。

匿名通貨の取引量が大きくなってから、価格が下落するということは・・・

韓国ウォン(KRW)→匿名通貨 < 匿名通貨→韓国ウォン(KRW)

ということになり、手仕舞いしているということです。

韓国ウォン(KRW)→ビットコイン →匿名通貨 →韓国ウォン(KRW)
韓国ウォン(KRW)→アルトコイン →匿名通貨 →韓国ウォン(KRW)
などといった流れでしょうか?

この現象については、今回を含め検証が必要になります。

韓国ウォン(KRW)の存在についてチェックすべきは、対ビットコインでの取引量内訳です。

韓国ウォン(KRW)の存在感が出るタイミングでは、アルトコイン全般の価格が上昇するという傾向があるためです。

2019年1月末時点では、法定通貨別の対ビットコインの取引量内訳では、韓国ウォン(KRW)の存在感は出ていません。

2019-01-27-12-32-55

韓国の暗号資産(仮想通貨/暗号通貨)については、2019年度から取引利益が課税対象になるというお話があり、韓国人投資家たちが、これまでとは異なる取引をしている可能性もあります。

真田孔明の原点がここに
生涯収入5億円倶楽部メンバーとして、これを読まねば始まらない!すべての活動の前に
必ず熟読するべき、真田孔明ノウハウのすべてが分かる30日無料メール講座

このカテゴリーの関連記事
仮想通貨「億り人」研究会
mountains-2915417_1280

ビットコインの価格変動の周期を確認する

Mt.GOXの破産財団が、裁判所と協議し、配当原資確保のために、保管していたビットコイン(BTC)とビットコインキャッシュ(B

仮想通貨「億り人」研究会
fruit-2109043_1280

仮想通貨関連のVALUを購入する上で

ビットコイン(BTC)を用いるサービスとして、大きく話題になったVALU。 有名Youtuberが炎上した事件で、サービスを知

仮想通貨「億り人」研究会
180399

カナダ造幣局が関わったデジタル貨幣ミントチップ(MintChip)

金融取引での手数料とリスクを削減するために、仮想通貨を用いて、顧客と販売店の間での「価値交換」行うシステムとして、カナダ造幣局

仮想通貨「億り人」研究会
74146

仮想通貨の大切な仕組みを理解する

仮想通貨/暗号通貨と聞くと、現物の通貨と比較して、実態のない通貨というイメージを持つと思う。 たしかに、ビットコイン(Bitc



コメントする