仮想通貨「億り人」研究会 > 仮想通貨の最新トレンド

米政府閉鎖でビットコイン(BTC)ETF承認は厳しい?

level001
white-house-3411074_1280

アメリカの政府機関の一部閉鎖が続いています。

理由としては、トランプ米大統領が、就任前から掲げている「国境の壁」の建設費について、連邦政府の暫定予算案に含まれていないことから、署名を拒否しているためです。

2018年12月22日から2019年1月21日現在も継続されており、過去最長となっています。

閉鎖に伴う人手不足によって、暗号資産(仮想通貨/暗号通貨)にも影響が出る可能性があります。

・ビットコイン(BTC)ETF → 証券取引委員会(SEC)
2018年12月上旬に、2019年2月27日まで、承認・否認の判断を延期することを発表しています。

・バックト(Bakkt)のビットコイン(BTC)先物 → 商品先物委員会(CFTC)
2018年11月スタート予定が、2019年1月24日スタートまで延期されていましたが、さらに延期になり、4月になる見込みとなっています。

大きなファンダメンタルがなくなったことで、ビットコイン(BTC)を始めとした暗号資産(仮想通貨/暗号通貨)の価格は、2019年前半は、上昇に反転することなく、まだ下がっていく可能性が高いと言えます。

<追加情報>

ビットコイン(BTC)ETFの申請が取り下げられたことが、SECにより発表されました。

2019年2月下旬でのビットコイン(BTC)ETFの道は断たれたことになります。

2019-01-24-09-14-54

https://www.sec.gov/rules/sro/cboebzx/2019/34-84988.pdf

真田孔明の原点がここに
生涯収入5億円倶楽部メンバーとして、これを読まねば始まらない!すべての活動の前に
必ず熟読するべき、真田孔明ノウハウのすべてが分かる30日無料メール講座

このカテゴリーの関連記事
仮想通貨「億り人」研究会
goal-3356125_1280

CC全面再開に向け期待値を確認してみる

現在は、日本円での取引が大きく減少しています。2018年10月に入ってから、韓国ウォン(KRW)の取引量が大きくなっています。

仮想通貨「億り人」研究会
taxes-646512_1280

仮想通貨課税強化とステーブルコインの取扱い

仮想通貨、課税漏れ対策を強化へ 財務省 申告漏れ対策の強化に向けた検討を進める。 https://www.nikkei.com

仮想通貨「億り人」研究会
network-2402637_1280

Celsius Networkのこれから

ICOに参加して、そのままトークンを保有しているものが、複数銘柄あります。 その1つが、Celsius NetworkのCEL

仮想通貨「億り人」研究会
stock-1863880_1280

ビットコイン(BTC)通貨別取引ボリューム推移

ビットコイン(BTC)が、どの法定通貨・アルトコインで取引されているのか? CryptoCompareのサイトで1ヶ月の推移を



コメントする