仮想通貨「億り人」研究会 > 仮想通貨の最新トレンド

Bakkt開始1日で出来高78BTC盛り上がらず

level001

2019年9月23日日本時間午前9時に、話題のバックト(Bakkt)でのビットコイン(BTC)先物取引が開始された。

ビットコイン(BTC)価格へのインパクトがあるか?

と予測されていたが、すでに織り込み済みだったようで、価格は大きく変動していない。

*バックト(Bakkt)とは・・・
アメリカインターコンチネンタル・エクスチェンジ(Intercontinental Exchange:ICE)の子会社。
デジタル資産のインフラを構築を目的として、

・カストディー
 安全な資産の保管
・マーケット
 先物契約を世界中の市場参加者に提供
・ペイメント
 デジタル資産の可能性を認識している大手と協力
・コンプライアンス
 業務のあらゆる面で強化し、最も堅牢で信頼できるプラットフォームを保証

4つの点から、機関投資家たちが参入しやすくなる体制を構築している。

バックト(Bakkt)は、2019年6月に、アメリカ商品先物取引委員会(The Commodity Futures Trading Commission:CFTC)の承認を得て、8月16日にニューヨーク州金融サービス局が、(Department of Financial Services:DFS)管理手段としての信託会社設立憲章を認可したことで、取引が可能となった。

バックト(Bakkt)のビットコイン先物取引は、現物引き渡し決済。

そのため、期日を迎えた時点での契約に基づいて、ビットコイン(BTC)現物での受け渡しになる。

先にシカゴマーカンタイル取引所(Chicago Mercantile Exchange:CME)等で提供されているビットコイン先物は、期日を迎えた時点での契約に基づき、法定通貨での決済となる。

ビットコイン(BTC)現物でというのが大きなポイント。

バックト(Bakkt)の先物によって期待されるのは・・・

・機関投資家の参加が容易になること
・現物での取引になるので、現物需要が増えること
・厳しい規制の元、価格操作が減少すること
・大きな取引量により、価格変動幅が減少すること

等。

気になるバックト(Bakkt)の出来高は、1時間半で、約10BTC、1日で、71BTCと、普及するには、まだ時間がかかりそう。

ビットコイン(BTC)相当での取引所の1日の出来高は、

ビットメックス(BitMEX)で、約30万BTC
バイナンス(Binance)で、約10万BTC。

ビットコイン(BTC)の1つの懸念:量子コンピューター

ビットコイン(BTC)への懸念事項として挙げられるのが、

・大量保有者による投げ売りの可能性
・量子コンピューターへの耐性

価格が大きく下がる、もしくは、なくなってしまう要素なので、多くの投資家たちが注意を払っている。

・大量保有者による投げ売りの可能性

については、保有者の売りを規制することはできない。

ただ、ブロックチェーンの技術で、

・ウォレットの残高が明確になっている
・大口の送付はボットのアラートで監視されている

また、各国の金融政策によって、法定通貨の価値が上がっているので、価値保存の手段として、ビットコイン(BTC)が選ばれるケースがある

といった点から、すぐに巨大な売りが出るとは考えづらい。

・量子コンピューターへの耐性

については、誕生と対策どちらが早いかという状況のよう。

2019年9月21日にイギリスのファイナンシャルタイムスが、グーグル(Google)の研究者によって、スーパーコンピューターの計算能力を超える量子コンピューターが開発されたと報じた。

なぜ、量子コンピューターが恐れられるのか?

それは、量子コンピューターを利用すると、公開鍵から、秘密鍵が算出できてしまい、すべてのビットコイン(BTC)へアクセスが可能になるとされているため。

ビットコイン(BTC)の暗号技術が突破されて、価値がなくなってしまう。

ビットコイン(BTC)には、現在の暗号技術によって作成されている2つの鍵(公開鍵と秘密鍵)が存在する。

公開鍵は、
ビットコイン(BTC)を受け取る役割

秘密鍵は、
ビットコイン(BTC)を引き出す、使う役割。

ビットコイン(BTC)を保管するウォレットは、この2つで成り立っている。

量子コンピューターは、まだ実用化されていないので、未知の部分ではあるが、ビットコイン(BTC)の開発を行っているブロックストリーム(Block Stream)社は、先を見越して、量子コンピューター耐性がある技術の開発を行っている。

ただ、ビットコイン(BTC)に新しい技術を導入するには、開発コミュニティの合意が必要であり、合意できなければ、技術が開発されても意味がない。

ビットコイン(BTC)の価格面だけに注目しがちだが、このような懸念点があることも、投資をする上では知り、踏まえておく必要がある。

真田孔明の原点がここに
生涯収入5億円倶楽部メンバーとして、これを読まねば始まらない!すべての活動の前に
必ず熟読するべき、真田孔明ノウハウのすべてが分かる30日無料メール講座

このカテゴリーの関連記事
仮想通貨「億り人」研究会

バイナンスコイン(BNB)価格上昇の理由は・・・

バイナンスコイン(BNB)価格の上昇が一段落しました。(2019年2月13日時点) 2018年12月上旬では、 1BNB=約4

仮想通貨「億り人」研究会

「逆イールドカーブ」と暗号資産

「逆イールドカーブ」が発生し、アメリカ経済の先行きに黄色信号が灯ったとされている。 *イールドカーブとは・・・償還期間が、1ヶ

仮想通貨「億り人」研究会

BitfinexのUSDトラブルとTether

大手取引所のKrakenで、USDの入出金メニューがなくなったタイミングで、新たに、Tether USD(USDT)での入出金

仮想通貨「億り人」研究会

BTCETF再審査とベネズエラで強いDASH

ビットコイン(BTC)の価格は・・・2018年8月23日時点で、1BTC=6,400米ドル台になっている。 徐々に高値が切り下