仮想通貨「億り人」研究会 > 仮想通貨の最新トレンド

次々と新たな取り組みを発表するbitFlyer(ビットフライヤー)

level001
03-09 10-50-19

ビットコイン(Bitcoin)総合プラットフォームであるbitFlyer

SBIインベストメントが運営する「FinTechファンド」から出資を受けているのだが、ビットコイン(Bitcoin)についてさまざまなサービスを提供して、話題となっている。

2016年12月に開始されたTVCMが話題になっている。

ライフカードとの提携で、ポイントがビットコイン(Bitcoin)に

2016年2月8日に、ライフカードとbitFlyer(ビットフライヤー)が提携し、ライフカードを利用した際貯まるポイントとビットコイン(Bitcoin)の交換サービスを開始された。

ライフカードは、ライフカードブランドのクレジットカードを、VISA、MasterCard、JCBの国際ブランドで発行している会社。

プリペイド式のVisaバーチャルカードの「Vプリカ」(インターネット上のVisa加盟店でクレジットカードと同じように使えるプリペイドカード)を2011年6月30日から取り扱っているユーザーに優しい会社でもある。

ライフカードの利用金額によって貯まる「LIFEサンクスポイント」が交換対象となり、交換レートは、一口600ポイント=3,000円分のビットコイン(Bitcoin)クーポン。

ビットコイン(Bitcoin)ユーザーにとっては、日常生活費用もビットコイン(Bitcoin)獲得の、チャンスとなるので、喜ばしいのではないだろうか。

提携企業を利用することで、ビットコイン(Bitcoin)付与

提携企業の商品を購入するとビットコイン(Bitcoin)を付与するサービスを始める。

金融や日用品、食料品など約150社の広告を掲載するサイトを開設。

6-03-16 11-16-26

利用者は広告経由で各社の通販サイトを利用したり、会員登録したりすると仮想通貨がもらえる

ほぼ、ポイントのような形で、ビットコイン(Bitcoin)が扱われる形になっている。

大きな違いは、ポイントは現金に換えることがほとんどできないが、ビットコインの場合は、現金に換えることができる点になる。

サービス拡大で、bitFlyer(ビットフライヤー)がシェアを伸ばすだけでなく、他社のサービスが拡大していく可能性もある。

Money Forward(マネーフォワード)との提携で一括管理可能に

2016年2月3日、自動家計簿サービスや会計ソフトを提供しているMoney Forward(マネーフォワード)が、bitFlyer(ビットフライヤー)と提携し、ビットコインに対応した。

Money Forward(マネーフォワード)で、すでにbitFlyer(ビットフライヤー)rで取引しているビットコインのデータ管理も可能になる。

まず、ビットコイン(Bitcoin)に取り組もうと考えている場合は、家計簿管理と合わせて、bitFlyer(ビットフライヤー)でアカウントを作ってみるのが一つの選択肢となる。

月間取引量・ユーザー数・資本金において国内最大のビットコイン・ブロックチェーン企業とされているbitFlyer(ビットフライヤー)

ビットコイン(Bitcoin)の両替・取引所の1日のビットコイン取引量としては、2016年2月22日時点で、

Kraken:11,664
BTCBOX :8,336
bitFlyer:7,456
coin check :5,522

取引量も多く、ビットコイン(Bitcoin)をスムーズに取引できる環境といえる。

bitFlyer(ビットフライヤー)でビットコイン(Bitcoin)を購入する

bitFlyer(ビットフライヤー)は、アカウント開設した後は、まずスタンバイクラスになっている。そのままの状態では、日本円を入金して、ビットコイン(Bitcoin)が購入できない。

取引できる状態にするには、運転免許証・パスポートなどの本人確認書類の提出と銀行口座情報の確認が必要になる。

本人確認書類は、携帯電話で画像を撮影して、データをアップすることで提出が可能。

ちなみにクラス分けは、

スタンバイクラス
エコノミークラス
プレミアエコノミー
エクゼクティブエコノミー
ビジネスクラス
ファーストクラス

になっていて、それぞれで取引できる内容が異なっている。

21-52 bitFlyer2016-03-09

アカウントのアップグレードが完了したら、次に、ビットコイン(Bitcoin)取引所に移動して、購入と売却の価格を確認する。

53-08

そして、取引したいビットコイン(Bitcoin)の枚数を入力して、「コインを買う」もしくは「コインを売る」で注文を出す。

取引完了後、ホーム画面に戻ると、アカウントにBTC資産とうことで、数字が反映されることになる。

これでビットコイン(Bitcoin)の購入が完了となる。

Money Forward(マネーフォワード)でのbitFlyer(ビットフライヤー)登録

Money Forward(マネーフォワード)のアカウントに、bitFlyer(ビットフライヤー)のビットコイン(Bitcoin)数字を反映されるためには、

Money Forward(マネーフォワード)で登録金融機関・新規登録
FX・貴金属 → bitFlyerをクリック

APIページにて「資産残高を取得」「証拠金の状態を取得」「建玉の一覧を取得」の権限を設定したAPIキーを作成し、入力することで、完了となる。

bitFlyer Lightning 2016-03-16 2016-03-16 11-00-25

Money Forward(マネーフォワード)に、他の日本の金融機関・クレジットカードなどを登録しておくことで、自分の今の資産状況が総合的に把握できるようになる。

 

【仮想通貨】に関する情報収集本部設置のお知らせ

【仮想通貨】に関して、情報収集本部を設置。

今後、ここから的確な情報を流させていただく為にも、積極的に情報収集本部まで、【仮想通貨】に関する意見や情報を上げて頂きたい。。また、【仮想通貨】に関する質問も同時に受け付けている。

「仮想通貨」情報収集本部直通連絡フォーム
お名前(姓)  *
お名前(名)  *
メールアドレス  *
ご意見・お問合せ・資料請求

真田孔明の原点がここに
生涯収入5億円倶楽部メンバーとして、これを読まねば始まらない!すべての活動の前に
必ず熟読するべき、真田孔明ノウハウのすべてが分かる30日無料メール講座

このカテゴリーの関連記事
仮想通貨「億り人」研究会
sunrise-1765027_1280

ライトコイン取引爆増のメキシコ取引所Bitso

仮想通貨/暗号通貨への法定通貨の流入や仮想通貨/暗号通貨同士での移動について、一目ですぐに確認できるサイトがあります。 それが

仮想通貨「億り人」研究会
dollar-2947948_1280

ICO参加後の現状はどうなっているか?

ICO(Initial Coin Offering)について、アメリカでの議論が加熱しています。 アメリカのシカゴ・オプション

仮想通貨「億り人」研究会
police-869216_1280

SECによる仮想通貨取引所への監督強化の流れ

仮想通貨/暗号通貨大手取引所のBittrexが、上場させる銘柄の審査方法について手順を明らかにしました。 Bittrexにより

仮想通貨「億り人」研究会
2018-01-23-21-12-35

分散型取引所が2018年は伸びてくる

ビットコインを、1BTC=10,840米ドル付近で購入して、アルトコインを購入しました。 それは、分散型取引所銘柄です。 Za