仮想通貨「億り人」研究会 > 仮想通貨の最新トレンド

ビットコインATMがあるアジアの国・地域

level001
11af3c59d628c7501a9e43f2a540f840.jpg

仮想通貨/暗号通貨投資家が、日本国外に滞在する際に、心強い味方なるのが、ビットコインATMです。

万が一、現金が必要になった時に、頼れるためです。

ビットコインをスマートフォンのウォレットに入れておくことで、ビットコインATM(ビットコイン → 法定通貨 へ両替できるもの)があると、すぐに法定通貨を手にできます。

ビットコインATMを利用する上では、

・携帯電話番号の認証が必要
・スマートフォンのウォレットが必要
・ATMで表示される英語を理解する必要

であり、

また、

1日:5万円までの引き出し制限
手数料:5%

などといった利用に縛りがあるので、ビットコインATMをメインで使いましょう!というのではなく、あくまで非常時に利用できるという認識です。

ビットコインATMは、どれだけ普及しているのか?

Coin ATM Radarのサイトを見てみると・・・2018年7月上旬時点で、

2018-07-08-16-50-54

国・地域別の設置箇所を確認していくと・・・

https://coinatmradar.com/countries/

オーストラリア:49箇所
香港:16箇所
日本:11箇所
シンガポール:10箇所
フィリピン:9箇所
台湾:7箇所
ベトナム:3箇所
マレーシア:2箇所
ニュージーランド:2箇所
タイ:1箇所
インドネシア:1箇所
韓国:1箇所

欧米では・・・

アメリカ:2,130箇所
カナダ:591箇所
オーストリア:201箇所
イギリス:160箇所
ロシア:62箇所
スペイン:58箇所

となっています。

欧米で圧倒的に普及していることが分かります。金融先進国の香港・シンガポールでも10箇所程度なので、まだまだアジア圏では、普及していません。

真田孔明の原点がここに
生涯収入5億円倶楽部メンバーとして、これを読まねば始まらない!すべての活動の前に
必ず熟読するべき、真田孔明ノウハウのすべてが分かる30日無料メール講座

このカテゴリーの関連記事
仮想通貨「億り人」研究会
2017-11-01-13-39-29

CMEでビットコイン(BTC)先物がスタート予定

ビットコイン(BTC)の取引機会が増えて、大きな資金が流入する可能性が高まっている。 2017年10月31日に、世界有数かつ多

仮想通貨「億り人」研究会
6-06-14 15-09-06

ビットコイン(BTC)とイーサリアム(ETH)のマイニングサービス

仮想通貨を取引所や両替所で手に入れるだけではなく、マイニング(採掘)して、手に入れる方法がある。 マイニングが意味しているのは

仮想通貨「億り人」研究会
stars-1128772_1280

中国発表の仮想通貨ランキング28銘柄

2018年5月17日、中国の産業情報省CCID研究所は、正式に最初のグローバルな公的所有チェーン技術評価指標とランキングを発表

仮想通貨「億り人」研究会
rules-1339917_1280

ICOへの参加が厳しくなる可能性が浮上

ICO(Initial Coin Offering)による資金調達。 日本でも参加者が多く、金額が大きくなってきていることから



コメントする