仮想通貨「億り人」研究会 > 仮想通貨の最新トレンド

BTC1月下旬の値動き

level001
bitcoin-3411355_1280

2019年1月7日19時頃から、大手取引所ビットフィネックス(Biftinex)でメンテナンスが実施されます。

24時間動きがあり、取引所によって価格が異なるという暗号資産(仮想通貨/暗号通貨)の特徴から、取引所メンテナンス=イベント=ファンダメンタルになります。

取引所のメンテナンス中は、中に置いている資産、持っているポジションは動かすことができません。

メンテナンス中を狙うことで、価格が動かしやすくなり、ストップロス(損切)を誘発できてしまいます。

記憶に新しいところでは、2018年8月22日のBitMEXのメンテナンスです。

日本時間午前10時にメンテナンスを実施することが、あらかじめ告知されていました。

メンテナンス完了し、再開したのが、1時間後の11時でしたが、

約11%の高騰 → 元の価格水準へ と大きく値が動きました。

2019-01-07-12-34-45

この時は、テザーUSD(USDT)が1億USDT分、ビットフィネックス(Biftinex)に送られ取引されたのが、、ビットコイン(BTC)上昇の1つの要因だったとされています。

2019年1月7日は、ビットフィネックス(Biftinex)で、3時間から7時間が予定されています。

ビットフィネックス(Biftinex)は、取引所取引量ランキングでは、10位に位置しており、テザーUSD(USDT)の発行元であるテザー社とは深い関わりがあります。

2019-01-07-12-40-10

ビットフィネックス(Biftinex)では、メンテナンスを前に「ロング=買い」が優勢の状態になっています。

2019-01-07-12-44-11

今回は、テザーUSD(USDT)の新規発行などによる買いが入らないということになるので、ビットフィネックス(Biftinex)での「ロング=買い」は、1つの重要な指標と言えます。

メンテナンス前に「手仕舞い」ということになれば、売りが出ることになり、価格が下落していきます。直前まで「ロング=買い」「ショート=売り」の変化には、注意が必要になります。

どちらかの確信が持てないなら、ポジションは持たないほうが懸命ではないでしょうか?

これまでの1月下旬の値動き

2013年:上げ
2014年:下げ(2月下旬まで)
2015年:14日底→ 上げ
2016年:16日底→ 上げ
2017年:12日底→ 上げ
2018年:17日まで下げ→ 一時反発 →2月6日底
2019年:7日?→

2015年からは、中旬に底を迎えて、2月に向けて上昇しています。

2019-01-07-13-04-21 2019-01-07-13-03-46 2019-01-07-13-03-08 2019-01-07-13-02-21 2019-01-07-13-01-37 2019-01-07-13-00-43

2019年はどうなるか?ビットフィネックス(Bitfinex)のメンテナンスがあり、6日には大きく価格が上昇し、1BTC=4,000米ドル台となっているが、例年通りの流れになるのであれば、あと1週間前後は下落ということになります。

真田孔明の原点がここに
生涯収入5億円倶楽部メンバーとして、これを読まねば始まらない!すべての活動の前に
必ず熟読するべき、真田孔明ノウハウのすべてが分かる30日無料メール講座

このカテゴリーの関連記事
仮想通貨「億り人」研究会
zsach

匿名性を重視した仮想通貨ZCASH(ZEC)とは?

2016年10月28日にローンチされるZCASH。 大きな注目を集めている。 マイニングサービスのGenesis Mining

仮想通貨「億り人」研究会
barbwire-1765900_1280

CRS稼働し、55万件の海外口座情報が・・・

産経新聞 2018年10月31日付けの記事 国税庁、日本人の海外口座情報55万件入手 富裕層らの税逃れに効果期待 国税庁は31

仮想通貨「億り人」研究会
stars-1128772_1280

中国発表の仮想通貨ランキング28銘柄

2018年5月17日、中国の産業情報省CCID研究所は、正式に最初のグローバルな公的所有チェーン技術評価指標とランキングを発表

仮想通貨「億り人」研究会
chaos-3098693_1280

仮想通貨の状況が一目でわかるサイト

暗号資産(仮想通貨/暗号通貨)について投資していると、今、どういった状況になっているのか?を知るために。 価格帯を比較したり、



コメントする