仮想通貨「億り人」研究会 > 仮想通貨の最新トレンド

11月のBTCの値動きは?

level001

ビットコイン(BTC)価格が、5%以上下落し、1BTC=7,500米ドルを割り込みました。

1つの要因としては、Googleが、量子超越を備える量子コンピューターの性能を実証したことで、暗号資産(仮想通貨/暗号通貨)に用いられている暗号技術の解読が早期に可能になるのでは?という恐れが挙げられています。

例年11月の値動きは?

例年ビットコイン(BTC)価格は、10月どうなっているのか?

1つのキーが、200日移動平均線でした。

年末にかけて・・・。

2013年・2015年・2016年・2017年:上げ
2014年・2018年:下げ

チャートを見比べてみると、200日移動平均線から少し下に離れてしまったため、

2019年は、2014年と2018年パターンになってしまうそうな感じです。

2020年に半減期が控えており、価格については、楽観的に見ている人が多くいます。

この辺りも、自分の資産状況をもう1度見直して、戦略を立て直す必要があると言えます。

上昇に乗る場合は、明確に200日移動平均線を抜けてからで良いのではないでしょうか。

真田孔明の原点がここに
生涯収入5億円倶楽部メンバーとして、これを読まねば始まらない!すべての活動の前に
必ず熟読するべき、真田孔明ノウハウのすべてが分かる30日無料メール講座

このカテゴリーの関連記事
仮想通貨「億り人」研究会

値上がりすぎ!2017年の仮想通貨/暗号通貨

「CBOEでのビットコイン先物上場で、ビットコイン価格が大暴落する可能性がある。」 *CBOE=Cboe Options Ex

仮想通貨「億り人」研究会

3,000万円超のやり取りで報告義務

2018年5月18日に、財務省から、「仮想通貨に関する外国為替及び外国貿易法に基づく報告について周知します」 ということで、3

仮想通貨「億り人」研究会

ガチホだけでは厳しい・・・

2017年12月後半から2018年1月までの高騰で、仮想通貨/暗号通貨ホルダーの多くは「億り人」になりました。 このままさらに

仮想通貨「億り人」研究会

ベネズエラICOは仮想通貨業界にとってマイナスか?

2017年末から2月6日にかけて、暴落した仮想通貨/暗号通貨市場。2月6日から末にかけて、半値戻しをしましたが、そこから一進一