仮想通貨「億り人」研究会 > 仮想通貨の最新トレンド

Celsius Networkのこれから

level001
network-2402637_1280

ICOに参加して、そのままトークンを保有しているものが、複数銘柄あります。

その1つが、Celsius NetworkのCELです。

Celsius Networkは・・・
仮想通貨/暗号通貨のP2Pでの分散型借入・貸出プラットフォームです。

スマートフォンアプリがリリースされていて、簡単に手持ちの仮想通貨/暗号通貨を貸出して、金利を手にできます。

アプリで取扱いがあるのは・・・

・Bitcoin(BTC)
・Ethereum(ETH)
・Litecoin(LTC)
・Ripple(XRP)
・OmiseGo(OMG)

メールで申し込む形で、
取扱いがあるのは・・・

・Stella(XLM)
・Cardano(ADA)
・Neo(NEO)
・Bitcoin Cash(BCH)
ー最低預け入れ:2万米ドル

そして、
・USD(米ドル)
ー最低預け入れ5万米ドル

です。

celsius

金利については、各仮想通貨/暗号通貨と米ドルの需要と供給により決まるので、変動します。

ここで気になるのが、Celsius Networkに送った仮想通貨/暗号通貨の保管についてです。

取引所がたびたびハッキングされ、仮想通貨/暗号通貨が流出しているので、大丈夫だろうか?と不安になります。

Celsius Networkでは、BitGOによって保全されています。

    BitGoは・・・
     アメリカを拠点とした、仮想通貨/暗号通貨のウォレット・ブロックチェーンのセキュリティ会社SEC(アメリカ証券取引委員会)が承認しているカストディアン(管理機関)

厳格な基準をクリアし、信頼がおける機関と言えます。

日本では、仮想通貨/暗号通貨取引所から資産が流出したケースでは、

・自己資金で補填
・第三者の援助によって補填

といった形で、管理責任を負う第三者が存在していませんでした。

CELトークンの価格は4分の1に

Celsius Networkでは、独自に発行しているCELトークンがあります。

ICOでは、このCELトークンを販売しました。

CELトークンを保有していると、運営が受け取った金利や収入が分配される予定ですが・・・2018年10月時点ではまだ、CELトークンを保有して、分配を受け取る手段は公開されていません。

そのせいもあり、CELトークンは、IDEX取引所で取り扱われていますが、ほとんど出来高がなく、流動性がない状態です。

CoinMarketCapに登録されていますが、運営が正式に申請したものではないので、総供給量などが「?」になっている状況です。

ICOは、2018年3月末に終了し、ICO価格は、0.2米ドル。

IDEXでの価格は・・・

1CEL=0.00024680ETH=約0.054米ドル

約4分の1にまで下落しています。

2018-10-31-10-24-30

将来的には、

1)
Celsius Networkを使うためにCELトークンが必要となり、金利の支払い、受け取りに利用される予定

2)
DE.Exchangeとその他の取引所で、取引が開始される予定となり、界隈が再び盛り上がるのを、待っているスタンスのようです。

Telegramでは、頻繁に会話があり、また、メールマガジンも、定期的に送られてくるので、プロジェクトが頓挫する可能性は、低いのではないかと考えています。

真田孔明の原点がここに
生涯収入5億円倶楽部メンバーとして、これを読まねば始まらない!すべての活動の前に
必ず熟読するべき、真田孔明ノウハウのすべてが分かる30日無料メール講座

このカテゴリーの関連記事
仮想通貨「億り人」研究会
20180222025728.png

ガチホだけでは厳しい・・・

2017年12月後半から2018年1月までの高騰で、仮想通貨/暗号通貨ホルダーの多くは「億り人」になりました。 このままさらに

仮想通貨「億り人」研究会
cryptocurrency-3085139_1280

3日で2倍にリップル(XRP)大躍進

ビットコイン(BTC)価格は、1BTC=約72.5万円 2018年9月20日未明、仮想通貨/暗号通貨取引所「Zaif(ザイフ)

仮想通貨「億り人」研究会
11af3c59d628c7501a9e43f2a540f840.jpg

ビットコインATMがあるアジアの国・地域

仮想通貨/暗号通貨投資家が、日本国外に滞在する際に、心強い味方なるのが、ビットコインATMです。 万が一、現金が必要になった時

仮想通貨「億り人」研究会
delphi-1919203_1280

ビットコインETFと受益証券のGBTC

ビットコイン(BTC)のETFについて、様々なニュースが出ており、年内にアメリカSECで承認されて、CBOEでの、取扱いが始ま



コメントする