仮想通貨「億り人」研究会 > 仮想通貨の最新トレンド

分散型取引所が2018年は伸びてくる

level001
2018-01-23-21-12-35

ビットコインを、1BTC=10,840米ドル付近で購入して、アルトコインを購入しました。

それは、分散型取引所銘柄です。

Zaifなど、現在取引のメインが行われているのが、中央集権型取引所=Centralized Exchange、運営元の組織があり、そこが顧客情報や取引情報を全て一括で管理しています。

仮想通貨/暗号通貨は、株式とは異なり、東京証券取引所のような価格の基準を定める中央の組織がありません。

同じ仮想通貨/暗号通貨でも、取引所ごとで、個別に取引されているため、独自の価格が形成されています。

送金や取引の際に手数料を徴収するのが収益源になりますが、仮想通貨/暗号通貨自体が顧客の資産であるため、取引所は安全に資産を保持する必要があります。

そのため、コールドウォレット(インターネット環境に接続されていない、仮想通貨/暗号通貨の保管場所)を活用したり、外部からの不正アクセス防止のために、日夜対策を行っています。

過去には、Mt.GOXのように破綻する取引所や、ハッキングされ、仮想通貨/暗号通貨が流出してしまった取引所もあります。

つまり顧客は、資産=仮想通貨/暗号通貨の秘密鍵を取引所に預けていて、取引所にトラブルがあると、資産を取り出せなくなる可能性があります。

自分の資産は、自分で守るという意識が、法定通貨以上に、仮想通貨/暗号通貨では求められます。

分散型取引所とは?

分散型取引所:DEX:Decentralized Exchange

Decentralized=分権化された
反対語は、Centralized=集中化された です。

運営元がいない、もしくは、運営元がいるけれど、各顧客の資産にはアクセスできない、仮想通貨/暗号通貨を取引できる場所が、DEXです。

各顧客は、資産=仮想通貨/暗号通貨の秘密鍵を自分で管理した上で、取引のためだけに、DEXを利用するのです。

DEXでは、取引がブロックチェーンに全て記録されるので、取引履歴や資産を確認でき、仮想通貨/暗号通貨を売却するまでは、各顧客の管理の元保有することができるのです。

仮想通貨/暗号通貨を送金したい場合、中央集権型取引所では、担当者の目視などによって、数日待たされるケースがあります。

けれども、DEXでは、そういった作業がないため、24時間365日自由に仮想通貨/暗号通貨を送金できます。

現時点でのDEXのデメリットは・・・

・法定通貨で仮想通貨/暗号通貨を購入することはできません。

・新しく設立されたものなので、ユーザーと取引量が少なく、中央集権型取引所に比べると、取引環境が不利であるケースがあります。

・取引手数料が高く設定されているケースがあります。

・DEXの基軸通貨となるのは、DEXの上の通貨もしくは独自の通貨です。

といったところです。

これからの取引所ということで、1つはアカウントを開設しておくと良いのではと考えます。

CryteBridgeの口座開設と取引方法

現在利用しているのが、DEXであるCryteBridgeです。

新しい仮想通貨/暗号通貨が次々に上場していて、活気があるDEXの1つになります。

BitSharesネットワーク上に作られた取引所で、基軸通貨には、Bitsharesが用いられています。

CryteBridgeの革新的な点

1)仮想通貨/暗号通貨をオンラインで取引する際に発生する単一の障害点を分散型取引で取り除くことができる点

2)複数署名の取引所ソフトウェアを使うことで、複数の国・地域で展開運営でき、サポートしている仮想通貨/暗号通貨のスムーズな取引が可能点

全ての預入・取引はブロックチェーンに記録されるので、透明性があります。また、CryptoBridgeには、顧客の資金へのアクセス権がありません。秘密鍵は、各顧客が管理している形になるので、CryptoBridgeが廃止された場合、顧客は貨幣を入出金し、取引することが可能です。

利用されているブロックチェーンは、毎秒100.000トランザクションを処理でき、平均確認時間はわずか3秒です。

CryteBridgeの口座開設はとても簡単

1)「Create Account」をクリック

bitshares-2018-01-23-17-34-49

2)表示された登録画面で・・・

・口座名を入力
・パスワードを入力

下記3点の注意事項を確認し、

・パスワードを忘れたらアカウントへアクセスできなくなる
・パスワードを忘れたら誰も復元できない
・パスワードを記録した

チェックボックスにチェックを入れる。

3)「CREATE ACCOUNT」をクリック。

bitshares-2018-01-23-17-35-53

これで口座開設が完了です。

パスワードを忘れると、アカウントへアクセスできなくなって、復元できなくなりますので、記録しておき、厳重に管理しておく必要があります。

ログインして設定してみる

・口座名
・パスワード
を入力してログインします。

CryteBridgeは、日本語に対応しています。

管理画面の右上の国旗マークをクリックすると、各国言語の選択肢が表示されますので、そこで日本の国旗マークを選びます。

cryptobridge-decentralized-exchange-2018-01-23-17-47-25

すると、全てが日本語表記になります。

アカウントの設定は、右上の「歯車マーク」をクリックすると、「設定」が表示されるのでクリックします。

cryptobridge-decentralized-exchange-2018-01-23-17-49-47

ここで基本設定などが可能です。

口座に入金する前に、必ず一度ログアウトして、再度ログインできるかを確かめておきます。

「設定」→「バックアップ」では、ウォレットのバックアップが可能です。

2018-01-23-17-56-27 2018-01-23-17-53-23

「favorites.json」というファイル名のデータがダウンロードされれば、バックアップファイルの作成が完了しています。

「設定」→「リストア/インポート」で、ファイルを読み込むと、バックアップデータが復元されます。

中央集権型の取引所のように、二段階認証の設定は、ありません。

入金・出金してみる

入金と出金の作業は簡単です。

上部のメニュー「入金/出金」をクリックして、表示された画面で、入金・出金を選択。

入金したい、出金したい仮想通貨/暗号通貨を選択します。

入金する場合は、自動的に表示されるアドレスをコピーして、送金処理をします。

cryptobridge-decentralized-exchange-2018-01-23-20-37-25 cryptobridge-decentralized-exchange-2018-01-23-20-32-11

購入したのは、BridgeCoin(BCO)

BridgeCoinは、取引所CryteBridgeの開発に資金を提供するために、2017年7月に生み出された仮想通貨/暗号通貨で、取引所の利益の50%がホルダーに分配されます。

2017年7月にスタートしたプロジェクトで、ICOは実施されておらず、また事前採掘がありません。上場しているのは、CryteBridgeとNovaexchangeです。

最大供給量:27,000,000BCO
2018年1月23日時点:12,935,073BCO

約半数が発行済になります。

Proof of Stakeというアルゴリズムが採用されており、BCOを保有することで、報酬がもらえる仕組みになっています。

CryptoBridgeでは、Stakeingの期間によって、報酬の割合が決まっています。

・1ヶ月(0%ボーナス)
・3ヶ月(20%ボーナス)
・6ヶ月(50%ボーナス)
・12ヶ月(100%ボーナス)

設定した期間は引き出すことができないので、注意が必要です。

2018-01-23-19-15-36

ステーキングを始めるには、ステーキングするBCOの数量と期間を決めて、「新しいBCOステーキングを作成する」をクリックする必要があります。

現状でステーキングできるのは、BCOだけです。

cryptobridge-decentralized-exchange-2018-01-23-19-14-44

CryteBridgeとBitSharesネットワーク上に作られた取引所との違いは・・・
・世界中で動作するゲートウェイの連合分散ネットワークに障害点がない点
・CryptoBridge(開発会社)が廃止された場合でも引き続き動作する点
・Stakingで取引所の利益の50%がホルダーに分配されます点
です。

余剰資金で1年先を見ている場合は、12ヶ月ステーキングしてみるのが良いのではないでしょうか。

2018年12月28日頃から大きく注目されて、価格が上昇しています。

依然は、1BCO=0.0001BTC以下でしたが、2018年1月23日現在では・・・1BTC=0.00057BTC付近となっています。

cryptobridge-decentralized-exchange-2018-01-23-19-22-14

BCOステーキングでどれだけのリターンになるか?

CryptoBridgeの取引量とBCOのステーキングで、どれだけのリターンが見込めるのか?

皮算用できるサイトがあります。それが、cryptobridgestakingcalculatorです。

上部メニューの「ADVANCE」をクリックすると、「Daily Volume」を入力する欄が表示されます。

calculate-bco-staking-profits-bridge-coin-staking-calculator-helps-you-calculate-your-passive-income-profits-2018-01-23-23-54-52

大手取引所の24時間の取引量がどれだけあるのか?

Cryptocurrency Market Capitalizationsの24 Hour Volume Rankings (Exchange)で確認できます。

例えば、1月23日現在の24時間取引量で皮算用してみると・・・

・1位:Bithumb:3,082,652,100米ドルでは、

calculate-bco-staking-profits-bridge-coin-staking-calculator-helps-you-calculate-your-passive-income-profits-2018-01-24-00-07-23

・2位Binance:2,780,609,900米ドルでは、

calculate-bco-staking-profits-bridge-coin-staking-calculator-helps-you-calculate-your-passive-income-profits-2018-01-24-00-07-48

・15位:bitFlyer:299,084,130米ドルでは、

calculate-bco-staking-profits-bridge-coin-staking-calculator-helps-you-calculate-your-passive-income-profits-2018-01-24-00-08-21

という結果になりました。すごい数字ですね。。。

CryptoBridgeの最近情報を確認するには?

CryptoBridgeの最新の情報は、Twitterアカウントがありますので、そちらから確認できます。

上場している銘柄についての情報が発信されているので、銘柄を検索する上でも役に立ちます。

2018年以降、DEXでの取引が活性化されていると見込んでいるので、BCOは様子を見て買い増していき、さらにCryptoBridgeに上場している銘柄を注視していきます。

真田孔明の原点がここに
生涯収入5億円倶楽部メンバーとして、これを読まねば始まらない!すべての活動の前に
必ず熟読するべき、真田孔明ノウハウのすべてが分かる30日無料メール講座

このカテゴリーの関連記事
仮想通貨「億り人」研究会
censorship-610101_1280

G20で仮想通貨の規制は先送りに

金融庁のサイトに、2018年7月21日、22日に開催されたG20で、仮想通貨/暗号通貨についての議論が掲載されています。 *2

仮想通貨「億り人」研究会
finger-3033058_1280

仮想通貨に関する有名人の発言

新年早々、投資の巨人であるウォーレン・バフェット氏とFacebookのオーナーであるマーク・ザッカーバーグが仮想通貨/暗号通貨

仮想通貨「億り人」研究会
filmmaker-2838945_1280

仮想通貨/暗号通貨GOXの歴史3つ

2018年1月26日コインチェック社から不正に引き出されたのが、約580億円(5.4億NEM(XEM))です。 *27日に補償

仮想通貨「億り人」研究会
dog-3098176_1280

DOGEの調子が上向きに!?

アルトコインが上昇する際の1つの目安といえるDogecoin(DOGE:ドージ) 2018年7月16日に、Robinhoodで



コメントする