仮想通貨「億り人」研究会 > 仮想通貨の最新トレンド

22秒で6億6千万円分トークン完売

level001
text-2055661_1280

まだまだ、暗号資産(仮想通貨/暗号資産)市場は、死んではいない。

6億6千万円分のトークンが、わずか22秒で完売したのだから・・・

2019年2月25日日本時間23時から。

大手取引所バイナンス(Binance)のローンチパッド(Launchpad)で、FETトークンのフラッシュセールが開催された。

    *FETトークンとは・・・Fetch.AIという、人工知能を活用したプロジェクトが発行するトークン。

    *Fetch.AIとは・・・
    自律型経済的エージェント
    将来の経済のための、人工知能により、自律的にデータの収集・配布が実行される分散化ネットワークを開発するプロジェクト。

予定としては、最大販売数量(ハードキャップ)600万米ドル分最長で3月2日までの開催となっていたのだが・・・

開始わずか22秒で、完売となってしまった。

バイナンス(Binance)CEOであるCZ氏が、Twitterで、FETトークンの販売について、

24000 people pre-signed the User Agreement,
19860 people successfully submitted a buy order,
2758 people got a piece.
>The first 22 seconds (not 10).

と記載した。

バイナンス(Binance)ローンチパッド(Launchpad)では、2019年1月28日に、第1弾として、ビットトレント(BitTorrent)のトークン(BTT)セールが実施され、720万米ドル相当が、約18分で完売。

    *ビットトレント(BitTorrent)とは・・・
     P2Pを用いたファイル転送プロトコルと通信のソフトウェア2018年8月に、TRON(トロン)に買収され、傘下に。

では、BTT価格はどうなっているのか?

通常なら、セールから数ヶ月から数年、取引所に上場せずに、塩漬けになるケースが多いのだが・・・

BTTの場合は、2日後の31日にバイナンス(Binance)で取引が開始され、その後、大手取引所に次々と取引が可能に。

トークンセール時の
BTT価格は、
1 BTT = 0.00012米ドル

2月26日現在で、
1 BTT =0.000876米ドル

約7倍の水準になっている。

高値では、
1 BTT = 0.0012米ドル以上
をつけているので、約10倍の水準まで上昇している。

第1弾のBTTの価格が大きく上がったことから、第2弾であるFetch.AIのセールにも投資家たちが期待して、瞬時に完売ということになった。

    ・BTTとFetch.AIのセールの違い

    規模
    BTT:720万米ドル相当
    FET:600万米ドル相当

    価格
    BTT:0.00012 米ドル
    FET:0.0867 米ドル

    購入上限金額
    BTT:2万米ドル
    FET:3,000米ドル

    購入可能アルトコイン
    BTT:TRX、BNB
    FET:BNB

    終了時間
    BTT:約18分
    FET:約22秒

FETの価格については、今後、どのようになるかは分からないが・・・

・バイナンス(Binance)のサポートの元販売される
・バイナンス(Binance)でトークンが取り扱われる

という、他のICOとは、大きく信頼性が異なっていることから。

バイナンス(Binance)ローンチパッド(Launchpad)で実施されるセールについては、今後も投資家たちの注目と期待が、大きく集まることになる。

キーとなるバイナンスコイン(BNB)

バイナンス(Binance)ローンチパッド(Launchpad)で、トークンを購入する際に、キーとなるのが、バイナンスコイン(BNB)。

バイナンス(Binance)が、独自に発行している取引所トークンで、取引手数料が割り引かれるなどの特典がある。


1年目:50%OFF、2年目:25%OFF、3年目:12.5%OFF、4年目:6.75%OFF、5年目以降:割引なし

2018年11月14日から、大きく価格が下落していたが。

11月25日が転換点となり、

2019年2月20日には、
1BNB = 約12米ドル

とビットコイン(BTC)の値動きなど関係なしに、右肩上がりの上昇を見せた。

その要因が・・・

・ローンチパッド(Launchpad)
・分散型取引所(DEX)のテストネット立ち上げ
・独自ブロックチェーンの開発

など、取引所の中でも最先端の動きになる。

下落する要因としては・・・

1)トークンセール
2)四半期に実施されるトークンバーン

になる。

1)トークンセール

トークンセールに参加するために、バイナンスコイン(BNB)を購入する投資家たちが居る。

そのため、トークンセール前には、需要が増大して、価格を押し上げることになる。

トークンセールが終了すると、買えなかった投資家の一部が、バイナンスコイン(BNB)を売却するので、価格下落につながる。

第1弾・1月28日:約18%の下落
第2弾・2月25日:約19%の下落(24日分も含む)

約20%ほどの調整が入る。

2)四半期に実施されるトークンバーン

取引所収益の20%を使って、バイナンスコイン(BNB)の買い戻し・バーン(無効化)が年に4回実施される。

1月・4月・7月・10月の15日前後に実施

これまでは・・・

2017年10月15日:986,000BNB
2018年1月15日:1,821,586 BNB
2018年4月15日:2,220,314 BNB
2018年7月17日:2,528,767 BNB
2018年10月17日:1,643,986 BNB
2019年1月16日:1,623,818 BNB

買い戻し・バーン(無効化)されることで、供給量が減少し、価格維持・上昇につながるものの。

チャートを確認すると、買い戻し・バーン(無効化)直後は、価格が下がる傾向になっている。

・・・ということで。

・次回のトークンセール発表
・1月・4月・7月・10月の15日前後の買い戻し・バーン(無効化)

などの情報を頭に入れておくと、バイナンスコイン(BNB)を、うまく活用できる。

ビットコインFXレバレッジ規制発表

2019年2月26日に、大手取引所ビットフライヤー(bitFlyer)から、証拠金取引についての案内が届いた。

内容は・・・

「bitFlyer Lightning における証拠金取引のサービス内容変更のお知らせ」

1)レバレッジ
 15倍 → 4倍

4月22日から:
新規発注のみ最大レバレッジ4倍に

6月下旬:
全建玉の最大レバレッジ4倍に

2)証拠金維持率
 80% → 100%

追証発生の基準を、証拠金維持率 80% から 100% に変更

対ビットコイン(BTC)の日本円での取引量において、約90%近くを占めるのが、bitFlyer Lightning(FX)。

2019-02-27-00-56-55

ビットコイン(BTC)取引に占める通貨の割合は、

1位:テザーUSD(USDT)約66.5%
2位:米ドル(USD)約12%
3位:日本円(JPY)約10.5%

(*Crypto Compareのサイト参照)

日本では、取引所のハッキングや、厳しい税制といったことから、

2018年に入って、暗号資産(仮想通貨/暗号通貨)市場は、価格と共に冷え込んでいる。

その中で、市場を引っ張ってきていた存在であるbitFlyer Lightningにおけるレバレッジ規制。

これにより、

1)
日本円による暗号資産(仮想通貨/暗号通貨)の取引量が、減少する

2)
板が薄くなる

3)
チャート上で、ローソクのひげが少なくなる

4)
海外の取引所利用需要から、4月下旬にかけて、一時的にビットコイン(BTC)を購入される

といった可能性が考えられる。

市場健全化と投資家保護のために、レバレッジの規制は必要なことだが、外国為替証拠金取引と同じように、海外の取引所をメインに利用する投資家たちが増えることになる。

このあたりの情報も含め、暗号資産(仮想通貨/暗号通貨)を購入しているメンバーは、今後の展望と対策を考える必要がある。

追伸

2019年2月18日から24日にかけて、ビットコイン(BTC)は、

1BTC=3,500米ドル台 → 3,900米ドル台 → 4,200米ドル目前

と2段階で上昇した。

「トイレンド転換したのか!?」

と投資家たちが、浮足立ったタイミングで・・・

約11%ほどの下落があり、1BTC=3,700米ドル台まで巻き戻され、多くの投資家たちが、損切りを迫られることとなった。

「あっ、トレンド転換してなかった・・・」

「やはり、近い内にさらに下落していく・・・」

と中長期では、下落傾向であることが、今回の値動きによって再認識されたが。

そんな中で、アルトコインで市場規模が小さいもの=低位アルトが、軒並み対ビットコイン(BTC)などで、10%以上上昇するターンが来ている。

ファンダメンタルを伴ったものもあるが、伴っていないものも同様。

低位アルトなので、まとまった資金を入れることはできない。

(*買い板と売り板の数が少ないので、まとめて買う = 大きく値上がる、まとめて売る = 大きく値下がる)

小さい単位ながら、分散して、待ち構えていくことで、リスクを低くしながら、賢く上昇の波を捉えることができる。

2019-02-27-09-58-34

真田孔明の原点がここに
生涯収入5億円倶楽部メンバーとして、これを読まねば始まらない!すべての活動の前に
必ず熟読するべき、真田孔明ノウハウのすべてが分かる30日無料メール講座

このカテゴリーの関連記事
仮想通貨「億り人」研究会
zsach

匿名性を重視した仮想通貨ZCASH(ZEC)とは?

2016年10月28日にローンチされるZCASH。 大きな注目を集めている。 マイニングサービスのGenesis Mining

仮想通貨「億り人」研究会
mona-coin

モナコイン(Monacoin/MONA)の価格が爆上がり

日本発の仮想通貨/暗号通貨であるモナコイン(Monacoin/MONA)の価格が爆上がりした。 2014年3月20日当時の価格

仮想通貨「億り人」研究会
bitcoin-2291

仮想通貨を巡る税制と自分の金(カネ)になるタイミング

ビットコインを含め、仮想通貨/暗号通貨の価格が大きく変動している。6月上旬から7月下旬までの約1ヶ月間で、ビットコインの価格は

仮想通貨「億り人」研究会
censorship-610101_1280

G20で仮想通貨の規制は先送りに

金融庁のサイトに、2018年7月21日、22日に開催されたG20で、仮想通貨/暗号通貨についての議論が掲載されています。 *2



コメントする