仮想通貨「億り人」研究会 > 仮想通貨の最新トレンド

ICO参加後の現状はどうなっているか?

level001
dollar-2947948_1280

ICO(Initial Coin Offering)について、アメリカでの議論が加熱しています。

アメリカのシカゴ・オプション取引所(CBOE)の社長が、ICOについて、

・SECがICOを未登録証券に分類
・ICO企業への集団訴訟が行われる

という見解を示しました。

SEC=Securities and Exchange Commission アメリカ証券取引委員会

SECに未登録のコイン=未登録の証券を発行ということになり、証券に関する法律を犯すこととなり、訴訟の対象となります。

アメリカの投資家向けには、ICOを実施していないプロジェクトがほとんどですが、以前に販売されていたものがあります。

また、アメリカで証券と分類されることで、他の国・地域もその取扱に追随する可能性があります。

アメリカベースの仮想通貨/暗号通貨取引所での取扱がなくなる=流動性が低下するのは間違いなく、また、証券として登録するには、それ相応の時間と費用と手間がかかるでしょうから、未登録証券に分類されてしまうと、発行しているトークンの価格は、大きく下落する可能性が高いです。

ICOの今後については、厳しいと言わざるを得ませんが、2018年に入ってICOはどうなっているのでしょうか?

2018年にICOの現状とは?

2018年5月末時点で、2017年の規模を超えています。

Initial Coin Offerings Have Already Topped 2017’s Record Pace

ICOの資金調達金額は、90億米ドルで、2017年の40億米ドルに未満に比べると、2倍以上になっています。

テレグラム(Telegram)とイオス(EOS)が大きく資金を集めたこともあります。

ICO参加した後の価格とは?

2018年3月から5月にかけて参加したICO。

どうなっているのか?進捗を確認してみます。

SECの取扱によっては、大変なことになりかねないので、原資確保は必ずしておかなければなりません。

1)Lead Coin(LDC)

大手取引所での取扱はありません。

参考:26分完売ICO翌日取引所上場で価格は?

2018-06-25-12-13-41 2018-06-25-12-15-34

価格は、大きく下がっています。

2018年6月末時点で、
0.00000081 BTC (1.03%)
0.00001103 ETH (5.03%)

ICOでの価格は、
1LDC=0.000066666ETHなので、6分の1程度になっています。

2)Libra Credit(LBA)

大手取引所で取扱があります。

参考:Libra Creditのホワイトリスト登録完了

2018-06-25-12-13-41 2018-06-26-16-57-05

2018年6月末時点で、
0.00001788 BTC (3.83%)
0.00024335 ETH (7.95%)
$0.109826 USD

1 LBA = 0.1USD

一時は、3倍ほどでしたが、ほぼICO価格まで戻ってきています。

3)Celsius(CEL)

参考:「Celsius(セルシウス)」のプレセールに参加

一応、Coinmarketcapには掲載されています。

2018-06-25-12-37-54

$0.218809 USD
0.00002278 BTC
0.00028510 ETH

IDEXでは、取引が可能な状態となっています。

価格は、ICOを同じです。

2018年6月23日の公式メールマガジンでは・・・

取引所での取扱い開始について、市場が回復するのを待っているという内容を発表しています。

2018-06-25-12-39-26

格付けが高かったり、話題のICOへ参加していますが、厳しい状況になっています。

ICOへの参加も、よくよく考えなければならない局面が到来していると言えます。

真田孔明の原点がここに
生涯収入5億円倶楽部メンバーとして、これを読まねば始まらない!すべての活動の前に
必ず熟読するべき、真田孔明ノウハウのすべてが分かる30日無料メール講座

このカテゴリーの関連記事
仮想通貨「億り人」研究会
rules-1339917_1280

ICOへの参加が厳しくなる可能性が浮上

ICO(Initial Coin Offering)による資金調達。 日本でも参加者が多く、金額が大きくなってきていることから

仮想通貨「億り人」研究会
stars-1128772_1280

中国発表の仮想通貨ランキング28銘柄

2018年5月17日、中国の産業情報省CCID研究所は、正式に最初のグローバルな公的所有チェーン技術評価指標とランキングを発表

仮想通貨「億り人」研究会
158_1280

仮想通貨/暗号通貨のオススメポートフォリオ「Kaiserex」

仮想通貨/暗号通貨への投資コンサルサービス、取引所サービスを提供している「Kaiserex」によると、2017年8月25日現在

仮想通貨「億り人」研究会
174253

ビットシェアーズ(BitiShares)とイーサリアム(Ethereum)を構築した男が仕掛ける仮想通貨

2008年に、ナカモトサトシという人物によって書かれた論文。P2Pの仕組みを利用して通貨の発行・取引を分散処理し、暗号化技術を



コメントする