生涯収入5億円倶楽部メンバーの魂 > ビジネスで稼ぐための心得

「もうける」が漢字で書け無いと、あなたはまだ「もうけられない」

level002
「もうける」が漢字で書け無いと、あなたはまだ「もうけられない」

老紳士:「キミ、『もうける』という文字を、漢字で書けるかい?」

神戸のとある隠れ家的なBAR。カウンターに座った老紳士は、バーテンダーの青年にこう語りかけた。

実は老紳士は神戸の実業家として、知る人ぞ知る大富豪。

バーテンダーとして働いていた駆け出しの青年。老紳士に「もうける秘訣」を聴いてみたところ、逆に質問が返って来てしまったのだ。

青年:「『もうける』ですか?スミマセン。書けません。」

老紳士:「それはおかしなことだとは思わないかね?君は『もうけ』たいと思っているのに、『もうける』という字が書けないなんて。」

青年:「確かに・・・。」

老紳士:「これは次、私が来るまでの宿題にしておこう。『もうける』という字を書けるようになっておきなさい。」

青年:「は、はい。分かりました。」

老紳士は、グラスに残っていたウィスキーを飲み干し、BARを出て行った。

  

青年:「『もうける』ってどんな字だったやろ。」

四畳一室のアパートに戻るなり、本棚で眠っていた辞書に積もった埃を払いのけ、さっそく『もうける』という字を引いてみた。

『もうける』・・・。

青年:「こんな漢字なんや。取りあえず、あの客さんまた来るかもしれへんから、練習してこっ。」

それから2週間後、いつものようにカウンターに立ち、注文の入ったカクテルを作っていたところ、老紳士が入ってきて、カウンター席に座った。

老紳士:「どうだね?あれから『もうける』という字を、書けるようになったかね?」

青年:「はい。書けるようになりました。」

青年は、胸のポケットからペンを取り出し、紙製コースターをひっくり返し、少しだけ得意げに、ペンを走らせた。

『もうける』・・・『儲ける』。

老紳士:「よく出来たな。さて、この漢字をよく見てみなさい。」

老紳士:「君がこの『儲ける』という字を、理解できたのなら、必ず『儲けられる』ようになれるから。」

青年:「どうしてですか?」

老紳士:「『儲』・・・『信+者』。君がこの字の通り、君のことを信頼し、信用してくれる人(者)を、沢山作ることができるようになれたら、お金を『儲ける』ことができる。」

老紳士:「私はこれまでずっと、これを続けて来たから、今の私のようになれたんだ。」

それ以来、この老紳士はそのBARに再び姿を現すことは無かった。

「自分を信用してくれる人を沢山作る。日々そのために生きてみる。」

その後青年は、老紳士の言葉の通りに仕事に励む。

結果・・・BAR、レストラン、水商売の分野で、ビジネスに成功。

その後、ビジネスを売却して、インターネットの分野に入った後も、大きな金額を稼げるようになった。

つまり、老紳士の言葉の通りに、ただひたすら実行し続けたことで、青年は『儲けられる』ようになったのだ。

私はどうやったら儲けられるようになれますか?

「どうやったら『儲けられる』ようになれますか?」

「生涯収入5億円倶楽部」のメンバーからも、時折メールなどで、質問が寄せられる。

「ブロガー」

「国際転売セラー」

「店舗展開」

人によって、取り組もうとするビジネスは様々。

「どうやったら『儲けられる』ようになれますか?」

その裏には、「どうやったら”自分が楽して”『儲けられる』ようになれるのですか?」という気持ちが含まれている場合が多い。

「自分が楽して」・・・。

僕もリアル・インターネット、ビジネスで稼ぐ方法を個人・法人にアドバイスし始めてから、かなりの年数が経過するが、こうした質問をいつまでもし続けてしまう人で、実際に『儲け』られた人を見たことが無い。

僕が、ジョホールバルにある「ザ・アジト」にて、この『儲』という字に纏わる老紳士と青年の実話エピソードを聞いた時、「真理」のようなものを感じた。

(既に長い年月を経過して、一流のビジネスマンとして成長した、「青年」本人から聞いた。)

「真理」・・・。

オフライン。オンライン。業種業態に関わらず、ビジネスの分野において共通していること。

商品・・・モノ・情報・サービスを販売する側の個人・法人問わず、『儲け』られない人は、いつも「自分だけがいかに楽して儲けるか?」だけを考え、行動してしまっている。

一方、『儲ける』ことが出来る人は、結果として『儲け』ているだけ。

自分の商品を購入してくれるかもしれない、お客様の「目標・目的達成」を最優先にする形で、常に考え、行動している。

たとえ同じような商品を販売していたとしても、この両者間のビジネスに取り組み方、姿勢には、大きな開きが見られる。

「自分だけが、いかに楽して儲けるか?」・・・これを追求し続けている人たちは結局、まぐれ当たりや、時流に乗った形で、たまたま稼ぐことができたとしても、いつまで経っても自分を信頼・信用してくれる人(者)が出来ないので、継続はまず不可能。

本当に『儲ける』ことを味わうことは無い。

一方、『儲ける』ことが出来ている人は、自分の商品を購入してくれる、お客様の「目標・目的達成」を最優先にして、常に考え、行動しているため、

一度でも、お客様が商品を購入してくれさえすれば、その満足度が信頼・信用に代わり、高い確率でリピーターとなってくれる。

結果、さらに『儲ける』ことができる。

これは今も昔も変わらぬこと。

恐らくは、遥か昔、『儲』という漢字が生まれた時から、変わらぬ「原理原則」のようなものなのではなかろうか?

本当に『儲け』たいのなら『儲』の意味を理解しよう

『儲』という漢字の意味を理解する。

もしもビジネスにおいて、『儲け』たいのなら、老紳士の言葉のように、『儲』という漢字の意味を、もっともっと理解しなければならないのではなかろうか?

その上で、考え、行動し続けなければならないのではなかろうか?

本来、『儲』という漢字の意味をよく理解し、それに基づいて考え、行動することができているのなら・・・

例えば「インターネットの情報販売」。

昨日一昨日覚えたような、適当な知識を元にノウハウレポートを作成して、「コピーライティング」のテキストや、同業他社のものを、そのままパクったような販売ページを用意。

時間制限・数量限定カウンターをカタカタ回した状態で、宣伝広告を撃ちまくる。

そんないい加減で適当なことは、出来ないはずだ。

例えば「インターネットのアフィリエイト」。

手っ取り早くメルマガやサイトを立ち上げ、アフィリエイト報酬と成約率レコードの高い商品を中心ピックアップ。

毎日のように、「新しい商品が出ました。」「画期的な新商品です。」「これはおススメです。」自分が試したことも無い商品を、手当たり次第に案内しまくる。

そんないい加減で適当なことは、出来ないはずだ。

例えば「店舗展開」。

卸売問屋に行って、適当に「売れ筋」商品だけを、ピックアップして仕入れ、適当に店頭に並べてみる。

客に質問されたとしても、唯一答えられるのは「売れています。」まともに商品説明も出来ない。

そんないい加減で適当なことは、出来ないはずだ。

お客様に対してのみならず、自分自身にさえ偽り続け、いい加減で適当なことばかりをする。

そんなことは、決して出来ないはずなのだ。

本業としてだけじゃない。副業だからなおさらである。

これから真剣に、本気で、ビジネスで『儲け』たいのなら・・・

今やるべき事は、楽して稼げそうな情報やノウハウを追い求めて、ネットサーフィンする事では無い。

稼ぐ情報やノウハウを提供している人たちに対して、相手が返答に困る類の、無駄な質問をする事では無い。

稼げそうな商品ネタを探し求める事では無い。

今やるべき事は、既存の「弱き心」を、徹底的に叩き壊し。

代わりに、『儲』という漢字の意味を理解し、自分自身がこれから何をすれば、自分を信用してくれる人(者)たちを獲得することができるのか?

真剣に考え、その考えに基づいた行動を始めることでは無いだろうか?

もしもまだ、あなたがこれまで、ビジネスで『儲ける』ことが出来ていないのだとしたら。

それは、そのノウハウや手法が悪いのではなく、その商品が悪いのでもなく、あなたを「信頼・信用」してくれる人(者)を、獲得するに値する考え、行動が出来ていないから。

その場合は、今日お話させて頂いた、『儲』という字の意味を、何度も紙に書きだしてみながら、真剣に、トコトン、考えてみてもらいたい。

そして、その考えに基づいて、行動を開始してもらいたい。

追伸1

商品・・・「モノ」を販売するにしろ、「情報」を販売するにしろ、「サービス」を販売するにしろ、全てのビジネスは、生きた人間であるお客様が、財布から現金やクレジットカードを取り出し、購入を決断してくれることで成り立っている。

その現象は、お客様が、商品を提供する人を信頼・信用し、感情的にも論理的にも納得してくれた時のみ発生する。

仮に、「騙し討ち」のような手法で、その現象を無理やり発生させることができたとしても、継続的に発生してくれない。

これは、自分自身が「お客様」となった時に、自分がどんな人を信頼・信用するのか?

「お客様」を自分に置き換えて想像してみた時、あなたのビジネスが、人の信頼・信用を獲得するに値するものかどうか。

誰に聞かずとも、これを判別することは可能なはずだ。

追伸2

ビジネスを舐めてしまってはならない。

たとえそれが、副業としてのビジネスであったとしても、やるべきことは、本業と同じである。

全ては、お客様の目標・目的達成ために。

信頼・信用を獲得するに値する、考えに基づいた行動を続ける結果、

そのビジネスはビジネスとして成り立つ。

むしろ「副業」だからこそ、これまで「本業」の中での実戦と、自主的な予習勉強で培ったことをフルに発揮し、企業の歯車の中の自分としてではなく、自分個人のビジネスを構築するために、全力を持って臨まなければならない。

追伸3

「私はまだ初心者なので・・・」

あなたがお客様の立場になった時、「初心者」を語っている人を、信頼・信用するだろうか?

財布から現金やクレジットカードを取り出し、商品を購入しようと思うだろうか?

答えは否。

「初心者」を語る者は、「初心者」を語り続ける限り、『儲ける』ことは出来ない。

会社の中だって、「初心者」を語れるのは、新人の研修期間中だけ。

部署に配属された後でもまだ、「初心者なので・・・」を語り続けていたら、先輩社員にボコボコに怒られてしまうのではなかろうか?

ましては、自分で構築しようとするビジネスならなおさらだ。

ビジネスに臨むからには常に「プロ」として、「プロ」に値する考え、行動を元に、ビジネスに臨まなければならない。

真田孔明の原点がここに
生涯収入5億円倶楽部メンバーとして、これを読まねば始まらない!すべての活動の前に
必ず熟読するべき、真田孔明ノウハウのすべてが分かる30日無料メール講座



One Comment

  1. 稲葉
    6月 07, 2013 @ 18:42:33

    自分ももうけるという漢字がわからなかったです
    こんな意味合いがあったなんて感激しました
    儲けたい楽して。。。こんなことばかり考えてた自分にはなにか核心をつかれました自分まずは信用されるような人様に信用してもらう努力をしてみます

コメントする