行末の見えない時代を勝ち抜く戦略 > 現役サラリーマンのキャッシュフローと資産分散

パスポートの取得率と円・外貨での資産構築

level002
passport-d.jpg

学校の社会の授業の影響なのか・・・日本人の多くは、日本は、かなり進んでいて、東南アジアの各国は、まだまだ発展途上というイメージを持っている。

社会の教科書に載っているのが、各国の風景を切り取った1枚。たとえば、農村や寺院、混沌とした市場などが、頭に焼き付いてしまっているのだろうか。

アメリカ人が、いまだに日本には、侍や忍者が居ると思っているのと同じレベルかもしれない。

なぜ多くの日本人が、現実とは異なるイメージを抱いているのか?それは、パスポートの取得率からうかがい知ることができる。

パスポート取得率は25%

外務省領事局旅券課平成29年2月発表の「旅券統計(平成28年1月から12月)」によると、

「およそ国民の4人に1人が旅券を所持している計算」

一般旅券の年代別発行数の比率は、

19才以下:22.1%
20才から29才:20.9%
30才から39才:15.1%
40才から49才:14.2%
50才から59才:11.7%
60才から69才:10.7%
70才から79才:4.5%
80才以上:0.9%

となっている。日本よパスポートは、現地の査証を取らずに渡航できる国・地域の数が、世界200カ国・地域の内、172カ国・地域あり、世界の中で5番目に強い。

日本人が国外へ観光に行けるようになったのは1964年。53年経過しているが、その恩恵に預かっている人は少ない。

島国の日本は、高度成長期を経て、独自の進化・成長を遂げ、とても恵まれた国となり、身に危険を感じることなく、整ったサービスが受けられ、北海道から沖縄まで、山と海のアクティビティを、四季を通じて楽しめる。

日本に居れば、快適に過ごせるので、わざわざパスポート取得して、海外に出向く必要はない。

中には、名門のインターナショナルスクールや大学への進学会社設立や税制が整った環境でのビジネス温暖な気候の元での体調管理さまざまな理由で、日本を出る人たちも居る。

といっても、彼らの多くは、数ヶ月に1度日本に戻りながら、日本の良いところ海外の良いところ両方を活用する形で、滞在を楽しんでいる。

わざわざ海外に住む必要はない

平成27年10月内閣府政府広報室「国土形成計画の推進に関する世論調査」の概要全国20歳以上の日本国籍を有する者3,000人を対象とし、有効回収数1,758人(回収率58.6%)

質問:
「あなたは、どのようなところに住みたいと思いますか。」

解答:

・国内:94.1%
・海外:2.2%
・わからない:3.7%

年代別だと、海外を選択しているのは、

20歳から29歳:8.2%
30歳から39歳:2.3%
40歳から49歳:2.7%
50歳から59歳:2.6%
60歳から69歳:1.3%
70歳以上:0.5%

という結果に。多くの日本人は、

「住み慣れた場所で過ごすのが一番で、わざわざ言葉が通じず、日本よりも治安が悪い場所に行く必要がない。」

と考えているのだろう。

パスポートを取って、海外に旅に出るものの、長期で滞在する予定はない。1週間や2週間、海外に旅に出て、日本に戻ると、日本の素晴らしさ・特別さを改めて実感し、日本での滞在を決めた人も多いだろう。

日本人の大多数は、日本で収入を得て、家族のため、自分の老後のために、資産を形成していく。

日本滞在するリスク

地球上のどこの国に滞在しても、そこにはリスクが存在する。

日本の滞在する大きなリスクとして、近隣国家と自然災害が挙げられる。

近隣国家は、国際的な協力で、その脅威が沈静化する可能性はある。

一方で、自然災害の中でも地震は、世界でもトップクラスに多い。そのため、自分の努力では、ほとんどどうしようもない。

あくまでリスクなので、実際に何も起こらなければ、平穏に、快適に暮らせる。

ただ、1度発生してしまうと、どれくらいの被害になるのか?が全く分からない。最悪の場合は、自宅や職を失ってしまう可能性さえある。

さらに・・・これから人口がどんどんと減少していく中で、人工知能やロボットにより、日本国内労働人口の約50%に当たる職業が、奪われる可能性があるとされている。

日本に住んで、日本で仕事をしている以上、リスクを承知の上で、日本での滞在を決めていることを認識する必要がある。

日本での資産形成を考える

生涯収入5億円倶楽部の投資戦略の基本であるメインエンジンとサブエンジン。

・メインエンジン
株式、不動産、債券からなる、「メインエンジン」としての投資。礎(いしずえ)となるべき投資。時間の経過と共に、着実に資産を大きく増やしていくタイプの投資。

・サブエンジン
ハイリターンを追求していく、「サブエンジン」としての投資。他人(プロ)に任せるのか?自分自身ででやるのか?その選択は自分次第。負けてもともと、チャレンジ精神を持って、大きなリターンを追い求めていくタイプの投資。

原資からの分散投資は、「メインエンジン4:サブエンジン1」が理想になる。

これまで生涯収入5億円倶楽部では、日本と海外を活用する形で、「メインエンジンの投資」として

    「メインエンジンの投資」として

     ・不動産:
      日本、中国本土、フィリピン、
      マレーシア、タイなど

     ・株式:
      日本投資信託、日本株式、
      中国本土ETF、中国本土個別株、
      ブリックスETF、エマージングETF
      (ドルコスト平均法にて毎月購入)

     ・定期預金:
      中国本土・マレーシア


    「サブエンジンの投資」として、

     ・保険系金融商品:
      中国、香港長期積立型保険、
      日本、マレーシア不動産用長期積立保険

     ・事業投資:
      ソフトレンタル事業投資、未公開株投資

これらの投資を通じて分かったこと。そ

れは・・・サブエンジンの案件は、ゼロになってしまう可能性があるので、案件の精査は慎重に行う必要があること。

そして、メインエンジンの中でも特に日本不動産については。低金利の今のタイミングで、サラリーマンの信用・信頼を活かし、銀行から融資を受けて、自宅用・投資用不動産を購入するのは良い。

ただ、これからの日本は、人口の増加が期待できないので、不動産の価格が上昇するタイミングと場所が限られてくる。

そのため、返済期間35年の大きなレバレッジをかけた形だと、マイナスになる可能性がある。毎月のキャッシュフローによっては、他の投資に資金が回せないといった状況にも陥りかねない。また、売却し、現金化するには、多くの時間と手間がかかってしまうこと。

バブル以前のように、不動産価格が軒並み上昇していた状況とは、全く異なってしまっている。

株式・投資信託での資産構築

着実に、今の日本で資産を構築していくために、適している投資。

それは・・・投資信託になる。

    投資信託とは・・・
    各投資家から集めたお金をまとめて専門家が、株式・債券などで運用する商品で、運用成績によって、投資金額に応じて、収益などが分配される金融商品投資信託と聞くと、

「投資信託を買うくらいなら、個別の株式に投資したほうが良いのでは?」
「セブンイレブンやヤフーのような株があれば、億万長者になれる可能性があるのに!」
「億り人は、株式取引がメインですよね?」

専門家に運用を一任する形になるので、自分でいろいろと銘柄を調査し、投資先を決めたい人には向いていない。

一般社団法人投資信託協会「投資信託に関するアンケート調査報告書2016年12月」(20歳から79歳の男女、サンプル数2万)によると、

全体で、
金融資産保有経験なしは、約63%
金融資産保有経験ありは、約36%

その中で、投資信託の現在保有率は、16%に留まり、現在保有層は、60代以上が約半数と高齢層が中心

若年層ほどETFと積立投資の利用が多く
高齢層ほど毎月分配型投信の保有が多いとされている。

投資している層の中でも、投資信託を保有しているのは半数以下で、高齢層が多いという結果。

この数字から、投資信託は、積極的な投資ではなく、自分で運用を全て把握するのではなく、専門家に任せっきりの守りの投資という認識が垣間見える。

では、高齢者が半数を占める投資信託がなぜ日本での資産構築に適しているのか?それは・・・46年間、一度も飛ぶことなく、ビジネス・投資の世界で生き残っている大富豪が投資信託を保有されているからというシンプルなお話。

また、同時に元銀行マンで、投資信託を活用し、毎月安定したリターンを得て、本当に好きな仕事をしながら金利生活を謳歌している松山光さんも居るためだ。

なにより、大手証券会社から購入できるので、案件が飛んでしまって、全てがゼロになるリスクがかなり低い。

そして、定期預金金利が、年0.1%を下回る中でも、利回りが、年10%台だけではなく、20%や30%台の投資信託が存在している。

ただ、利回りが高い投資信託=良い投資信託ではない。

詳細は・・・「毎月配当投資信託で金利生活を謳歌する方法」で。

header1

金利生活が実感できたら次にすべきは

日本で稼ぎ、日本で住んでいると、資産の100%を日本に集中させている形になる。

日本に住むリスクが、どのタイミングかで顕在化した時に、時間をかけて積み上げてきた資産が、音を立てて崩れてしまうかもしれない。この時、慌てないために。投資信託で、金利生活が可能だと実感できた次のステップとして・・・最低でも「日本円1:外貨1」資産の割合を目標として、投資戦略を立ててみる。具体的にどの外貨を選び、どのように貯め、活用していけば良いのか?参考になるのが、香港金融の達人で、香港の永住権を持つ玉利将彦氏のお話だ。

玉利氏は・・・真田孔明が、東証一部上場企業のサラリーマンとして2003年に香港駐在になった26歳の頃からお世話になっている人物。2003年に香港駐在後、2年後に会社を退職し、独立起業。香港の金融免許である投資助言業(SFC)と保険代理業(PIBA)を持ち、香港を拠点としながら、お金のアドバイス、サポートされている。

玉利氏が、日本の現状や世界経済の状況など、幅広いポイントに触れ、お話しされている内容は、下記メール講座で確認できる。

maintitle

追伸1

玉利氏が東京で、海外投資初心者向けの勉強会を定期的に開催される。海外投資初心者、HSBC香港など海外銀行口座を持っていないメンバー向けの勉強会で、HSBC香港を活用した資産分散の考え方などを具体的にお話し頂ける。

*HSBC香港とは・・・

香港における最大手の銀行。もともと資金移動の自由度が高い香港という地域にあるうえに、資本力があるのでオンラインシステムが非常に充実しているのが最大の特徴になる。海外で銀行口座を持つ際の登竜門とも言える銀行で、海外居住者の多くが活用している。

「生涯収入5億円倶楽部」メンバーが、これまで多数参加し、勉強会の内容を参考にして、資産分散・防衛の第一歩を踏み出している。勉強会の後には、カフェで座談会があるので、詳しく突っ込んだ質問も、気軽に、肩肘はらず、玉利氏に直接聞ける。

セミナー開催案内は、メール講座登録者に随時知らせられる。

追伸2

「海外の口座を持っていても、そのお金を日本など滞在地で使えないと意味がない・・・」

HSBC香港で発行されるATMカードは、日本のATMで日本円として引き出せる。さらに、ATMカードは、UnionPay(銀レイ)ブランドのデビットカードを兼ねているので、暗証番号を覚えておき、限度額の設定をしておくことで、UnionPay(銀レイ)に対応しているお店でのお買い物にも利用が可能になっている。

真田孔明の原点がここに
生涯収入5億円倶楽部メンバーとして、これを読まねば始まらない!すべての活動の前に
必ず熟読するべき、真田孔明ノウハウのすべてが分かる30日無料メール講座

このカテゴリーの関連記事
行末の見えない時代を勝ち抜く戦略
yen-217767

日本円は「安全な逃避先」通貨の中で最も安全な通貨

2017年7月6日深夜「孔明タイム」収録中に、北の物販大富豪こと北野会長から、緊急のお電話がかかってきた。 孔明:「もしもし、

行末の見えない時代を勝ち抜く戦略
74237

長期視点での投資スタンスを身につける

現役サラリーマンAさんとBさんに登場してもらおう。 共に、サラリーマンの父を持ち、同じ大学を出て、サラリーマンになった。 安月

行末の見えない時代を勝ち抜く戦略
swiss-guard-280

年収に上限があるサラリーマンが守るべきもの

日本経済団体連合会が集計によると・・・ 大企業150社の2017年夏のボーナスの平均額は、87万8,172円去年より2.98%

行末の見えない時代を勝ち抜く戦略
6229_1280

iDeCoで利回り30%が狙えるお話

生活費、子供の教育費、自宅購入資金、親の介護費用、老後資金・・・さまざまな場面で、お金の問題がまとわりついてくる。 さらに、



コメントする