行末の見えない時代を勝ち抜く戦略 > 現役サラリーマンのキャッシュフローと資産分散

年収に上限があるサラリーマンが守るべきもの

level002
swiss-guard-280

日本経済団体連合会が集計によると・・・

大企業150社の2017年夏のボーナスの平均額は、87万8,172円去年より2.98%減少で、5年ぶりの減少となった。

原因としては、

・多くの労働組合が、ボーナスより月給の底上げを優先して要求したこと
・業績悪化に連動したこと

が挙げられている。

この金額を聞いて、多いと感じるだろうか?少ないと感じるだろうか?

国税庁の発表によると、平成27年の民間給与は・・・

*給与=給料・手当+賞与

資本金が、10億円以上の企業では・・・

    平均給与577万円(男性:702万円、女性:315万円)
    内訳:
    平均給料・手当445万円(男性:535万円、女性:256万円)
    平均賞与132万円(男性:166万円、女性:59万円)

資本金が10億円以上の企業の平均よりも、少し多いという結果になっている。

一方で、全体の平均は・・・

    平均給与420万円(男性:521万円、女性:276万円)
    内訳:
    平均給料・手当356万円(男性:437万円、女性:238万円)
    平均賞与65万円(男性:84万円、女性:38万円)

(平成27年分民間給与実態統計調査より)

年間通じての平均賞与の金額が上記なので、大企業150社の夏のボーナス平均額は多いと感じるメンバーが多いのではないだろうか。

毎月の給料よりも大きな額のお金が入ってくるので、一般的な感覚としては、

「ちょっとした贅沢をしよう!」
「ローンを組んで家電や自動車を買おう!」

など、使ってしまう思考になるだろう。

ボーナスを目当てに、すでにボーナス払いで、何かを購入してしまっているかもしれない。最新家電、車、パソコン、携帯電話など・・・本当に買わなければならないものだろうか?

人生の中で、どうしても買わなければいけないものは存在するが、それでなければならないものは少なく、より安価な代替品でも問題ない場合が多い。

人の価値観はそれぞれなので、どこに重点を置いてお金を使っていくか?は異なるが・・・

往々にして、「お金の自由がありません・・・」という人に限って、こだわりの部分にお金を使ってしまっていて、後悔を繰り返してしまっている。

サラリーマンの生涯年収は限りがある

年齢別の平均給与は・・・

20歳から24歳:253万円(男性:271万円、女性:233万円)
25歳から29歳:352万円(男性:383万円、女性:306万円)
30歳から34歳:397万円(男性:451万円、女性:307万円)
35歳から39歳:432万円(男性:510万円、女性:299万円)
40歳から44歳:461万円(男性:567万円、女性:294万円)
45歳から49歳:486万円(男性:626万円、女性:292万円)
50歳から54歳:509万円(男性:670万円、女性:296万円)
55歳から59歳:491万円(男性:652万円、女性:278万円)
60歳から64歳:372万円(男性:479万円、女性:220万円)
65歳から69歳:301万円(男性:378万円、女性:194万円)
70歳以上:304万円(男性:368万円、女性:217万円)

(平成27年分民間給与実態統計調査より)

23歳から65歳まで働いたとすると、平均給与ベースで得られるのは、1億8千万円(男性:2億2,120万円、女性:1億1,853万円)という計算になる。

これは、国税庁が調査の結果として出しているので、統計として正しい数字になるだろう。

サラリーマンとして働くということは、安定して毎月の給料がもらえる一方で、生涯をかけて手に入れられるお金の総額が、ある程度決まっていることを意味する。

つまり、サラリーマンとして生きる上では、

・限られたお金をいかに使っていくか?
・いかに守って、増やしていくか?
・サラリーマンの信用・信頼を活かすか?

を考えていくのが重要になることを意味する。

お金を使うことに快感を覚えてしまっていると、この視点を失ってしまうことになり、ついつい目先の自分の気持ちが赴いたものに、浪費という形でお金を費やしてしまうことになる。

消費税が10%になる日

安倍首相が、2017年8月5日に、2019年10月に予定している消費税率10%の引き上げについて、

「予定通り行っていく考えだ。」

と明言。2015年10月に引き上げられる予定だったものが、これまで延期されている。

消費税は、1989年4月1日に3%で導入され、1997年4月1日に5%へ、2014年4月1日に8%へ段階的に引き上げられている。

単純に消費税分に比例して、収入が高くなっていれば、「生活の質」という点では変化が起きないのだが・・・

1988年からの平均給与を見ていくと・・・

1988年:385万円
1989年:402万円(プラス4.60%)
1990年:425万円(プラス5.67%)
1991年:467万円(プラス5.03%)
1992年:455万円(プラス1.88%)
1993年:452万円(マイナス0・62%)
1994年:456万円(プラス0.73%)
1995年:457万円(プラス0.37%)
1996年:461万円(プラス0.79%)
1997年:467万円(プラス1.41%)
1998年:465万円(マイナス0・53%)
1999年:461万円(マイナス0・75%)
2000年:461万円(マイナス0・07%)
2001年:454万円(マイナス1.52%)
2002年:448万円(マイナス1.37%)
2003年:444万円(マイナス0.87%)
2004年:439万円(マイナス1.15%)
2005年:437万円(マイナス0.46%)
2006年:435万円(マイナス0.43%)
2007年:437万円(プラス0.53%)
2008年:430万円(マイナス1.74%)
2009年:406万円(マイナス5.52%)
2010年:412万円(プラス1.50%)
2011年:409万円(マイナス0.73%)
2012年:408万円(マイナス0.24%)
2013年:413万円(プラス1.37%)
2014年:415万円(プラス0.34%)
2015年:420万円(プラス1.30%)

1989年が402万円なので、2015年時点では、4.4%の上昇になり、消費税分は、まかなえていない計算になる。

2019年に消費税が10%になったとしても、その分が給与に反映される可能性は低く、給料から何かを購入する時に、より多くの可処分所得が削られていくことを意味する。

使いみちをこれまで以上に考える必要があると同時に、サラリーマン生活の中で得られる限られたお金をいかに増やしていくか?を考えなければいけない。

持っているものを守る方法

サラリーマンをしながら、空いた時間を活用して、副業や投資に取り組むのは、収入の流れを増やしていく上で、必要な行動になる。ただ、これは、プラスアルファの行動であり、自分の時間・労力・お金を投入するもの。

雑誌やインターネットに掲載されている情報を鵜呑みにして、

「心機一転、この情報によれば、大きく稼げるに違いない!」

と取り組んだところで、書かれている結果とは程遠い、せっかく手にしていた時間・労力・お金を手放すことになりかねない。

人は、すでに手にしている物や情報については、あまり深く考えず、そのままの状態を継続し易く、新しく知った情報や、新しい手にした物に敏感に反応し易い。

そのため、いつまで経っても、何かにお金を投じるばかりで、元本を回収できない状態が継続してしまうことになる。ボーナスでまとまったお金を手にして、こういった情報を元に副業・投資に取り組むのは、思い留まったほうが良い。それよりもまず目を向けるべきは、今あるものを守る部分になる。守るべきものとして、日本に住んで、日本でサラリーマンをしているメンバーの多くが、あまり認識していないのが、日本円の価値になる。

日本に住んで、日本の企業にサラリーマンとして勤め、日本で給与をもらっていると、全ての生活が日本円ベースなので、日本円の価値が、海外から見た時にどうなっているか?を考えていない。

日本円の対米ドルの為替レートは、2010年から2012年まで1米ドル=80円台だったが、2016年には、1米ドル=118円台を付け、現在は、1米ドル=110円台になっている。

1米ドルを手にするのに、30円余分に必要になるので、27%円安が進んでいるため、同じ1,000万円でも、対米ドルで見ると・・・1,000万円=125,000米ドルが1,000万円=90,909米ドルへと34,000米ドル分の価値が減少していることになる。為替は、一定の範囲で価格が、変化していくケースがほとんど。どれだけの幅があるのか?

歴史を振り返ってみると・・・戦後に、ブレトン・ウッズ体制の下で、1米ドル=360円の固定相場制になり、1973年4月に、変動相場制へ移行され、2011年10月31日1米ドル=75円32銭の高値を記録。

1945年からすると72年の間で、1米ドル=75円から360円まで変化している。

これを一定の範囲とすると、現在の1米ドル=110円の水準は、円安になるのか?円高になるのか?アナリストや経済学者が、円安・円高、それぞれの未来を予想しているように、今後の円安・円高については、誰一人として正確に予想できる人はいない。

日本円だけの資産を持っていると・・・

円高局面では、相対的に円の価値が上昇するので、海外から見た時に資産は上昇する。
円安局面では、相対的に円の価値が下落するので、海外から見た時に資産は下落する。

日本円と米ドルで半分ずつ資産を持っていると・・・円安・円高どちらに動いても、プラスとマイナスでバランスされ、資産に大きな変化が訪れないことを意味する。

サラリーマンで得られるお金を、いかに減らさずに守っていくか?新しい副業や投資に目を向けるのも良いが、まずは自分が持っているものを守ること。ここを最優先に考え、スタンスがきっちりと定まってくると、副業・投資の活動も、よりスムーズに始められるのではないだろうか。

日本の現状や世界経済の状況から、資産を守って、増やしていく方法は・・・

香港の金融免許である投資助言業(SFC)と保険代理業(PIBA)を持つ、香港金融界のプロ玉利将彦氏の無料メール講座にてステップ・バイ・ステップで学べる。

maintitle

なお受講者には、玉利氏が、東京に来日して、海外投資初心者、HSBC香港など海外銀行口座を持っていないメンバー向けに、HSBC香港を活用した資産分散の考え方などを具体的にお話しされる勉強会が随時案内される。

「生涯収入5億円倶楽部」メンバーが、これまで多数参加し、勉強会の内容を参考にして、資産分散・防衛の第一歩を踏み出している。

追伸

玉利氏にHSBC香港の口座開設をサポートをお願いすると、メールにて口座活用マニュアルが配布される。

そのマニュアルに沿ってインターネットバンキングにアクセスし、操作することで、簡単に活用することができるようになる。

ただ、

「はっ!操作方法が分からない・・・」

といったケースが発生した場合でも、口座開設から1年間、メール・Skypeでのサポートが付いているので、相談が可能になっている。

また口座開設したものの、使うことが少なくなってしまった場合は・・・口座閉鎖についても、万全の体制でのサポートがある。

真田孔明の原点がここに
生涯収入5億円倶楽部メンバーとして、これを読まねば始まらない!すべての活動の前に
必ず熟読するべき、真田孔明ノウハウのすべてが分かる30日無料メール講座

このカテゴリーの関連記事
行末の見えない時代を勝ち抜く戦略
d127681

一般家庭の金融資産保有額と老後に必要な資金額

公的年金の受給年齢の引き上げや、将来における支給額の減額などが報道されると、僕たちの老後を取り巻く環境が厳しくなることはあらか

行末の見えない時代を勝ち抜く戦略
09-21-22-47-01

海外送金時にオトクなサービス

「海外の銀行口座へ送金するのは、手数料がとても高いな・・・」 「Yahoo!ファイナンスで確認した、為替レートと大きく違うな・

行末の見えない時代を勝ち抜く戦略
japan-1109937_1920

「ジャパン・レール・パス」制度変更とリスク分散の考え方

「これまで特例として取り扱ってきた、海外在住の日本人の方への発売につきましては、平成29年3月31日の引換証発売をもって終了い

行末の見えない時代を勝ち抜く戦略
percent-2542454_1280

11ヶ月で利回り40%・・・あの商品

世界的な金余りの状態で、多くの市場で株価が上昇し、さらに、仮想通貨/暗号通貨が、軒並み大きく値上がりしている中。 現金を握りし



コメントする