行末の見えない時代を勝ち抜く戦略 > 現役サラリーマンのキャッシュフローと資産分散

海外送金時にオトクなサービス

level002
09-21-22-47-01

「海外の銀行口座へ送金するのは、手数料がとても高いな・・・」

「Yahoo!ファイナンスで確認した、為替レートと大きく違うな・・・」

「指定された金額を送金したつもりなのに、20米ドルも不足しているなんて・・・」

日本から海外の銀行口座へ送金する際は、日本国内の銀行口座へ送金するのとは、段違いに手間と費用がかかる。

マイナンバーの提出が必要であったり、送金目的が明らかになる書類の提示が必要であったり、送金前に準備しておかなければならない項目がある。

そして、送金当日に着金確認できるケースは珍しく、ほとんどが翌日以降なので、ちゃんと着金するか不安を覚えることになる。

日本で働き、生活の拠点を持っていると、海外へ送金する機会はほとんどない。

けれども、これまで「生涯収入5億円倶楽部」では、日本に一極集中させるのではなく、他の国・地域への分散も重要になる旨をお話ししてきた。

中でも、日本から飛行機で、4時間30分ほどの距離に位置する金融都市・香港が、1つの選択肢になると。

もちろん、香港に渡航して、HSBCやCitiなどの大手金融機関で、口座を開設しても、その後何もしなければ、単なる自己満足だけで終わってしまう。

香港で銀行口座を持って、何をやりたいのか?

・外貨を保有したい
・香港や中国市場の株式を買いたい
・ETFを買いたい
・ファンド商品を買いたい

明確にして、さらに資金の目処が立った上で、活用を決断する必要になる。

今回は、具体的に香港など、海外の銀行口座を活用するメンバーに、日本からの送金サービスの情報をシェアさせて頂く。

海外への送金手数料を比較してみる

数年前に比べると、海外への送金は手間がかかるようになっていて、送金時に、犯罪による収益の移転防止に関する法律等の規定に基づいて、身分証明書・マイナンバー・送金目的を証明する書類の提出が求められるようになっている。

銀行窓口を訪れて、送金手続きをすると・・・

担当者が不慣れな場合、かなりの時間を要してしまうことになる。

そのため、海外への送金を年に数回予定している場合には、インターネットで送金手続きが完了できるように、各サービスを比較して、口座を開設しておくほうが良い。

海外送金する際に、どれくらいの費用がかかるのか?

・ゆうちょ銀行
・楽天銀行
・SBIレミット
・ウェスタンユニオン

各サービスを比較してみる。

9月10日時点で、日本から香港に25万円送金で、シミュレーションしてみると・・・

    ・ゆうちょ銀行:
    /1件:2,500円
    /為替手数料
    /口座登記料(受取人の口座に入金する際に受取機関が収納する手数料)
    /仲介手数料(送金処理を仲介する機関が収納する手数料)
    → 支店窓口で確認することになり、合計252,500円以上かかる

    ・楽天銀行:
    /送金手数料:750円
    /海外中継銀行手数料:1,000円
    /換算レート:1円 = 0.069930HKD
    → 合計251,750円で、17,482.5HKD着金見込み

    ・SBIレミット:
    /送金手数料:1,480円
    /換算レート:1円 = 0.069900HKD
    → 合計251,480円で、17,475.08HKD着金見込み

    ・ウェスタンユニオン:
    /送金手数料:5,000円
    /換算レート:1円 = 0.069542HKD
    → 合計255,000円で、17,385.53HKD着金見込み

・為替レートは、楽天銀行が良く
・送金手数料は、SBIレミットが安い

という結果になる。

銀行などによる海外送金サービスは、為替手数料などが加算されるために、Yahoo!ファイナンスなどに表示されている為替レートを元に計算した金額にはならない。

けれども、Yahoo!ファイナンスなどに表示されている為替レートをそのまま採用しているサービスがある。

そのサービスを利用すると・・・

/送金手数料:2,475円
/換算レート:1円 = 0.07245HKD

→ 合計250,000円で、17,932.69HKD着金見込み

送金手数料は、送金金額の1%になり、送金金額から差し引かれる形になる。

    ・楽天銀行
    → 合計251,750円で、17,482.5香港ドル着金見込み

    ・SBIレミット:
    → 合計251,480円で、17,475.08香港ドル着金見込み

    ・ウェスタンユニオン:
    → 合計255,000円で、17,385.53香港ドル着金見込み

    ・今回のサービス:
    → 合計250,000円で、17,932.69香港ドル着金見込み

送金手数料が、楽天銀行やSBIレミットと比べると、高くなっているが、

これは、

・被仕向銀行手数料
・中継銀行手数料

などの手数料が、原則追加でかからない形になっているため。

    楽天銀行と比較すると、
    → 日本側で1,750円、香港側で450.19香港ドルの差
     =合計7,963円の差

    SBIレミットと比較すると、
    → 日本側で1,480円、香港側で457.61香港ドルの差
     =合計7,796円の差

    ウェスタンユニオンと比較すると、
    → 日本側で5,500円、香港側で547.16香港ドルの差
     =合計13,052円の差

大きな差となっていることが分かる。

「TransferWise」での送金がお得な理由

そのサービスは・・・「TransferWise」になる。

「TransferWise」のサイトを開くとすぐに、送金金額と送金先から、手数料と為替レートが、確認できるようになっている。

送金前に、手数料を全て明示される形で、為替レートは、Yahoo!ファイナンスなどで表示される本当の為替レート=仲値が適用されている。

他の海外送金サービスよりも、かなり安いけれど、どうしてこういったことが可能になるのか?

その秘密は・・・

「TransferWise」では、顧客の送金マッチングを行っており、

・日本国内
・送金希望先の国内

2回の国内送金をしている。

たとえば、

Aさんが、日本から香港にお金を送りたい
Bさんが、香港から日本にお金を送りたい

この2つの送金を
「TransferWise」がマッチングさせて、

それぞれの国・地域の「TransferWise」口座を利用して、お金のやり取りをする形になる。

1)
Aさん、Bさんがそれぞれ国内送金
ーAさんが、日本の「TransferWise」口座に送金
ーBさんが、香港の「TransferWise」口座に送金

2)
「TransferWise」がそれぞれ国内送金
ー香港の「TransferWise」が、Aさん指定の香港口座に送金
ー日本の「TransferWise」が、Bさん指定の日本口座に送金

つまり、海外送金を実施していないため、手数料がかからない。

運営元は、イギリス法人のTransferWise Ltdと、各国に展開している子会社になる。

現在日本から送金できる国・地域としては・・・

アメリカ、カナダ、トルコ、ジョージア、モロッコ、コロンビア、チリ、メキシコ、ブラジル

ヨーロッパ、イギリス、スウェーデン、デンマーク、ハンガリー、ノルウェー ルーマニア 、チェコ、ポーランド 、ブルガリア、スイス、リヒテンシュタイン

ロシア、ウクライナ、クロアチア、

南アフリカ 、アラブ首長国連邦、パキスタン、スリランカ、インド、バングラデシュ

ニュージーランド、オーストラリア、中国、香港、韓国、タイ、ベトナム、フィリピン、マレーシア、シンガポール、インドネシア

など。

各国通貨に対応しており、「Transfer Wise」指定銀行口座へ国内送金後、各国の指定銀行口座へ現地通貨で入金される形で、最大送金可能金額は、100万円になっている。

「TransferWise」の口座開設は簡単

スマートフォンアプリがあり、口座を開設するのも手間がかからない。

アプリをダウンロードして、facebookアカウントを連携すると、メールアドレスの入力・確認だけで、口座開設が完了する。

あとは、送金時に必要となる個人情報を入力し、

本人確認のために、

・マイナンバーカードを持っている場合
 ーマイナンバーカードの表面と裏面の画像をアップロードする

・マイナンバーカードを持っていない場合
 ー顔写真付きの身分証明書の表面と裏面
 ーマイナンバー通知カードの表面もしくは発行3ヶ月以内の住民票それぞれの画像をアップロードする

2から3営業日ほどで、本人確認書類内に記載の住所に、アクティベーションコードが郵送されてくるので、受け取って認証すれば、全ての手続きが完了となる。

初回の送金のみ、10万円以下だと、アクティベーションコードの到着を待たずに、送金手続きが可能。

着金金額を固定させたい場合のオプション

「TransferWise」では、支払いのために、着金金額を固定させたい場合のオプションがある。

送金手続きを行っているタイミングでは、為替レートが固定されない。

そのため、送金手続きに時間がかかってしまうと、為替レートが変動する可能性がある。

不動産購入資金や、ファンド購入資金のため、着金金額を指定したい場合は、送金額固定デポジットを差し入れることで、確実に指定金額を着金させることができる。

送金額の3%を追加した金額を「為替レート保証デポジット」として、送金額と併せて入金しておき、送金完了時に発生した余剰分は、後日指定の口座宛に、手数料なしで返金される。

これで、過不足なく確実に送金できるので、後日の追加送金などの調整が必要なくなる。

送金先によっては、手数料と送金可能限度額が変わる可能性があるので、都度「TransferWise」のサイトで、最新情報を確認することを推奨する。

日本から海外の銀行口座へ送金を予定している場合は・・・

送金にかかる費用が安く、また確実に着金金額を指定できるオプションもある「TransferWise」が1つの選択肢になる。

追伸1

日本の現状や世界経済の状況から、海外を活用して、資産を守って、増やしていく方法は・・・

香港の金融免許である投資助言業(SFC)と保険代理業(PIBA)を持つ、香港金融界のプロ玉利将彦氏の無料メール講座にてステップ・バイ・ステップで学べる。

メール講座「国境なき投資戦略

追伸2

玉利氏が経営しているBorderless GroupのシニアアドバイザーであるNさんが、ご自身のHSBC香港口座開設の経験をまとめた「HSBC香港口座開設ガイドブック」を作成された。

「HSBC香港口座開設ガイドブック」では・・・

・日本から香港へのフライト情報
・口座開設までの準備
・口座開設当日の流れ
・口座開設後にする必要があること
・香港での宿泊、移動などのナビ
・香港での服装
・香港ドルへの両替
・家族同伴での口座開設

など必要情報が網羅されている。

これからHSBC香港を活用したいと考えているメンバーにとって、参考になるガイドブックになる。

配布希望は下記ページから、シニアアドバイザーNさんにご連絡頂きたい。

「HSBC香港口座開設ガイドブック」無料配布希望

追伸3

玉利氏が、東京に来日され、海外投資初心者、HSBC香港など海外銀行口座を持っていないメンバー向けに、HSBC香港を活用した資産分散の考え方などを具体的にお話しされる勉強会が定期的に開催されている。


「生涯収入5億円倶楽部」メンバーが、
これまで多数参加し、
勉強会の内容を参考にして、資産分散・資産防衛の第一歩を踏み出している。

「HSBC香港口座開設&海外資産運用勉強会」の開催案内は、メール講座「国境なき投資戦略」登録者へ随時案内される。

真田孔明の原点がここに
生涯収入5億円倶楽部メンバーとして、これを読まねば始まらない!すべての活動の前に
必ず熟読するべき、真田孔明ノウハウのすべてが分かる30日無料メール講座

このカテゴリーの関連記事
行末の見えない時代を勝ち抜く戦略
passport-d.jpg

パスポートの取得率と円・外貨での資産構築

学校の社会の授業の影響なのか・・・日本人の多くは、日本は、かなり進んでいて、東南アジアの各国は、まだまだ発展途上というイメージ

行末の見えない時代を勝ち抜く戦略
8585885

インフレと円安と僕らのみらい

アベノミクスの「三本の矢」 1)大胆な金融政策 2)機動的な財政政策 3)民間投資を喚起する成長戦略政策 を実施することで 企

行末の見えない時代を勝ち抜く戦略
176905

もらい得世代・払い損世代 自己年金を作る選択肢

日本の公的年金制度は、現役世代が、毎月年金保険料を政府に納め、引退した65歳以降に、年金として受け取るという形になっている。

行末の見えない時代を勝ち抜く戦略
yen-217767

日本円は「安全な逃避先」通貨の中で最も安全な通貨

2017年7月6日深夜「孔明タイム」収録中に、北の物販大富豪こと北野会長から、緊急のお電話がかかってきた。 孔明:「もしもし、



コメントする