行末の見えない時代を勝ち抜く戦略 > 孔明式投資戦略MAP

国民1人当たりの借金と「世の中の真実」

level002
fy2015point-pdf-2017-03-24-12-00-31

日本経済新聞社による2017年2月1日の記事

国の借金、過去最高の1066兆円16年末

    国の借金は膨らんでいる。2016年12月末の国債と借入金、政府短期証券の合計残高は1066兆4234億円で、前年から21兆8330億円増えて過去最高となった。17年1月1日時点の総務省の人口推計(1億2686万人、概算値)で、単純計算すると国民1人当たり約840万円の借金を抱えていることになる。

「負債」という部分を注目すると、「1,060兆円の借金」で、2016年度名目GDP:537.3兆円の約2倍の負債をかかえていることになり、「一般常識」からは、厳しい状況と言える。

ただ、これは、「簿記」の知識を用いると、違う側面が見えてくる。

「資産」と「負債」と「バランスシート」

「資産」は、貨幣や価値があるもので、企業の経営に役立つもの・預貯金・株式・投資信託・建物・土地・売掛金・商品など

「負債」は、いつか他人に一定の額を支払うべき債務のこと・借入金(住宅ローン・自動車ローン)・支払手形など

「バランスシート」は、貸借対照表とも呼ばれ、一定期間の財政状態を「資産」「負債」「純資産」で表す。

「資産」>「負債」であれば、「純資産」
「資産」<「負債」であれば、「債務超過」
になる。

日本のバランスシートはどうなっているのか?

財務省主計局作成の「平成27年度国の財務書類のポイント」によると・・・

「資産」:672.4兆円
「負債」:1,193.2兆円
「債務超過」:520.8兆円

注釈として、「資産」として計上されているものの多くは、性質上換金して他の財源に活用できない。と記載されている。

そのため、「負債」の部分に注目が集まっているのだろう。

ただ、「負債」に含まれている公債について、認識すべき点がある。

それは・・・公債917.5兆円の内訳は、

・建設国債269.5兆円
・特例国債508.0兆円
・財投債96.2兆円
・その他43.8兆円(復興債7.3兆円含む)

となっているが、

その内、日本銀行が国債を、

・長期国債:約380兆円
・国庫短期証券:約42兆円

2017年3月22日現在で、合計約423兆円保有し、「資産」として計上している点だ。

日本銀行は、一方で、「負債」として、発行銀行券や当座預金を計上している。

日本銀行は、日本で唯一の発券銀行。「負債」として計上されていても、自らがお札(日本銀行券)を刷れば、返済が可能なため、事実上負債にならない。

つまり、公債約917.5兆円ー日本銀行保有約423兆円=約495兆円が実質的な公債発行額になる。

すると・・・債務超過額は、どうなるだろうか。

日本銀行による国債の大量買い入れについては、インフレ、国債暴落、通貨安という副作用があると問題が指摘されているものの・・・メディアが伝えている内容は、日本銀行の性質を考えると、実質とは相違していることが分かってくる。

「世の中の真実」に気づいたキッカケ

「生涯収入5億円倶楽部」メンバー全員が読んでいる

真田孔明の30日間「億万長者養成」集中メール講座

その中の2通目「井の中の蛙」では・・・日本国債を1,000万円分購入した父親に対して、日本の財政状況を説明し、日本国債を現金化すべきというメール内容を掲載していた・・・。

この文章を執筆したのは、2010年のこと。

当時、「世の中の真実」を、全く知らなかったことが、露呈している内容になってしまっている。

では、なぜ今は、日本の財政状況について、「真実」の部分に気づけているのか?

それは・・・ギラリと光る目と、精力的な佇まい、年齢を一切感じさせない大富豪がマレーシア・ジョホールバルのネオアジトを訪ね、自分が一代で「お金持ちになった方法」を語ったのがキッカケとなったのだ。

なぜ僕たち凡人が、どんなにビジネスを必死に頑張り続けても、一向に大富豪のレベルには上がれないのか?大富豪の言葉の真意を理解できた時、お金の裏に隠された真理ともいうべきことを理解できた。

「生涯収入5億円倶楽部」メンバーの中には、メディアの情報をそのまま受け取って、ヤバイ、ヤバイと感じるが・・・具体的にどういった行動を起こせば良いかわからず、毎日のサラリーマン業務に負われ、なんとなく過ごしているメンバーも多いのではないだろうか。

一方で、「世の中の真実」に気づいた数少ないメンバーは、ヤバイとされている現状をよく分析した上で、絶好のチャンスとして捉え、日本の今を徹底的に活用している。

日本の現状を理解し、今の日本の制度を活用して、自分がどういった行動が取れるのか?

・日本居住者が、日本居住者であり続けたまま、上を目指せる。
・5年、10年、20年と、人生をかけて取り組める。
・末代まで富を継承し続けられる。

大富豪が明かした自分が一代で「お金持ちになった方法」の詳細は・・・

メールを通じて、今日からすぐに知れる。

「世の中の真実」「お金の裏に隠された真理」に気づくキッカケ

追伸1

「日本の借金」「1,000兆円の日本国債残高」に関して、「経済をわかってない奴が煽っているだけ」
・・・と非常に分かりやすく解説頂いている動画がYouTubeにアップされている。

麻生太郎先生スピーチ「経済をわかってない奴が煽っているだけ」YouTube(8分43秒間)

追伸2

なぜ大富豪が明かした「戦略術」にもとづいて日本を活用して、ビジネスと投資に取り組むと、ビジネス・投資が飛ばなくなるのか? 5年、10年、20年と、将来に対して不安を抱えずに、生き延びられるか?

より具体的に「戦略術」を知りたい場合は、4時間に渡り詳しく語られているセミナー動画・音声・資料が適している。4時間セミナーの動画・音声・資料を、完璧に理解できると、大富豪が明かした「戦略術」を具体的に再現できるようになる。

大富豪が明かした「戦略術」4時間セミナー詳細は、こちらから確認可能。

*動画・音声・資料を入手されたメンバーは、過去2回分の動画・音声・使用も手にでき、次回再び同「戦略術」セミナーが開催される時、会場費実費負担の3,000円だけで参加が可能。

真田孔明の原点がここに
生涯収入5億円倶楽部メンバーとして、これを読まねば始まらない!すべての活動の前に
必ず熟読するべき、真田孔明ノウハウのすべてが分かる30日無料メール講座

このカテゴリーの関連記事
行末の見えない時代を勝ち抜く戦略
1337986_1280

正しい「情報」が人生に大きな変化をもたらす

日本銀行調査統計局が、2017年3月17日に発表した「2016年第4四半期の資金循環」によると、2016年12月末時点で、自営

行末の見えない時代を勝ち抜く戦略
kan3-11

サラリーマンのまま1億円超えの資産を構築できた投資戦略(MP3音声)

真田孔明が現役サラリーマンのまま、1億円を超える資産を構築できた理由。 【孔明式】投資戦略を語った音声を公開させて頂く。 孔明