生まれながらの囚われを理解する門 > 門で本当の己を知ると人生は変わる

『黒い奴』が『ダ・ヴィンチ 2014年9月号』書評に降臨

level003
e44425f1369274a3d70800d06665862a.png

「孔明さん、『ダ・ヴィンチ 2014年9月号』に、『他では絶対聞けないお金を増やす究極のしくみ』が掲載されています!」KADOKAWA(角川学芸出版)社の伊藤さんから、連絡を頂戴した。

なんと、『黒い奴』が・・・。僕がこれまで偶然にも巡り合った、神々(すごい御方々)の叡智を一つにまとめた『黒い奴』こと、KADOKAWA(角川学芸出版)社から発売となった、『他では絶対聞けないお金を増やす究極のしくみ』が、『ダ・ヴィンチ 2014年9月号』に、掲載されていたのだ。

「『ダ・ヴィンチ』の書評」・・・数少ない枠の中に選ばれることは、業界では「素晴らしいこと」だと言う。

589423 n

家族と共に一時帰国していた日本から、深夜便でシンガポールへ。隣町、ジョホールバルの自宅に一度戻り、荷物整理、掃除もろもろをこなしてから、再びシンガポールへ。

家族をオーチャード通りの、ホテルにおいた僕はそのまま、空港経由で香港へ・・・

移動続きでかなり、疲労度ダメージがUPしまくりで、フラフラになっている状態だったが、このニュースを耳にした途端、炎が宿るのを感じた。

孔明:「こんなところでヘタっていては駄目だ。僕には使命があるのだから。僕が授かった叡智を、一人でも多くの仲間たちに・・・「ケーン!」ぬぉおおおおおお!まだまだ!」

・・・と、周りが日本語分からない人たちばかりなのを良いことに、パチスロ『北斗の拳』の、「ケンシロウタイム」復活シーンを、一人芝居しながら、立ち上がり復活。

「双龍門」の特殊な呼吸法で、体全身に血・気・水を巡らせ。盟友J(ジェイ)をはじめ、「香港・マカオメンズ倶楽部」仲間たちの待つ「集結の地(待ち合わせ場所)」へと、歩みを進めているのである。

▼金融工学と情報工学の原理原則が集約

『黒い奴』が『ダ・ヴィンチ 2014年9月号』に掲載されていたのは、「ヤラセ的な仕込み」(裏でコッソリ宣伝広告費をお支払いして掲載してもらう等)ではない。

仕込みの類一切無しで、『ダ・ヴィンチ』の方で、選出頂いていたのである。

書評では、「ダ・ヴィンチ」の「田さん」という方から、コメント頂いているが、「田さん」・・・『黒い奴』の秘め持つ、ダークな力を理解してくれるなんて、かなりできる方と見た。

勤務している会社の中で、出世するかどうかは、定かでは無いが、、長い人生の中・・・民主主義・資本主義のゼロサムゲームの中では、大きく立身出世する可能性を秘め持っていると思う。

なぜなら『黒い奴』には、とある「方程式」が組み込まれているから。

確かに「黒い奴」は、「◯◯に投資しなさい!」と、具体的な投資案件など、「答えそのもの」が掲載されている類の書籍ではない。

けれども、ゼロサムゲームの中で、一人勝ちできる「方程式」が組み込まれている。大多数の日本人はまだ知らない「方程式」。

だからこそやれば勝てる類の。

1990年代、バブル終焉後に、合図もなく静かにスタートした、「ウィンドウズ95」登場による、情報工学の時代のスタート。

日本銀行の政府の独立による、金融工学の時代の本格化。熾烈な民主主義・資本主義のゼロサムゲームで、

僕たちのような、本来サラリーマンになるために生まれ育った、小資本の個人が、新たにスタートして、勝ち上がって行くために、絶対に欠かすことができない、「方程式」が秘め隠れているからだ。

通称;『黒い奴シークレットコード』

・情報工学・I.T.工学を使って勝つための方程式

・直接・間接金融工学を使って勝つための方程式

どちらも、学校では習えない類のモノ。小学校、中学校、高校、大学、会社・・・大きなレールの上を歩んで行き、「昭和の時代」の常識の下に生まれ育った僕たちには、知識、経験、概念・・・共に死角のような場所に存在している「方程式」。

これが、『黒い奴』に秘め隠されているからだ。

『黒い奴』を読んだ時に、「なんだこれ、あまり大したことが書いてないね!」・・・と、思ってしまう方々は、これからのゼロサムゲームで、到底勝ち上がることはできない。世の中の、圧倒的大多数を占める、敗者側の方でいることを、甘んじ続ける。

「まさに、勝つための真実を見つけたり!」神々(すごい御方々)が僕に授けてくれた叡智を真剣に捉え、「黒い奴シークレットコード」を読み取り、自らの考えと行動パターンの、バージョンアップに取り組めた方だけが、これからの時代の、ゼロサムゲームに勝ち上がる。

「黒い奴シークレットコード」とは、そういう類の「方程式」である。

『黒い奴』・・・誰がなんと言おうが、何よりも、このゼロサムゲームで既に勝利者側にいる、神々(すごい御方々)が内容を認めていらっしゃる書籍。

僕たち敗者側の人間が、いくらなにを叫んでも、意味のないレベルの話。これに気づいてしまうとは、『ダ・ヴィンチ 2014年9月号』に、『黒い奴』を書評頂いた、田さんには、かなり「できる人」と見た。

なお、『ダ・ヴィンチ 2014年9月号』の書評欄に掲載されていた『黒い奴』。これを入手頂くと、『現役サラリーマン修羅の会』という秘密地下組織にも、同時に参加できる。『黒い奴』が秘密地下組織の会員証代わりになっている。

『現役サラリーマン修羅の会』で、新たに知り、習得できる、華僑直伝の、『門』という秘術もこれからの時代のゼロサムゲームで勝ち上がるために必須の術。

『黒い奴シークレットコード』+『門』=勝利

まだ、『黒い奴』の入手ができていない場合、本格的なゼロサムゲームがスタートしたばかりの、今のタイミングで入手頂きたい。

『黒い奴』&『現役サラリーマン修羅の会』
→ http://sanadakoumei.com/lp/shura/

真田孔明の原点がここに
生涯収入5億円倶楽部メンバーとして、これを読まねば始まらない!すべての活動の前に
必ず熟読するべき、真田孔明ノウハウのすべてが分かる30日無料メール講座

このカテゴリーの関連記事
生まれながらの囚われを理解する門
d5b399bd4ebd44e4581a76e790f61ed5.jpeg

新「東京案件」登場!で改めて思う「政治」固めの必要性

物販大富豪:「(証券番号)◯◯◯◯、◯◯ー◯◯◯。」 孔明:「情報ありがとうございます!!こちらは、「買い」から入るべき取引銘

生まれながらの囚われを理解する門
12592215_991669740908256_2024255699316122393_660-660x310

サッチェル門仲間たちの「門」発動報告書(サチり具合)

「門協会認定アドバイザー」であるサッチェルの「門鑑定」は鑑定して終わりでは無い。 門を発動させ、門使いになるまでのフォローアッ

生まれながらの囚われを理解する門
209877

組織構築に役立つ「門学」の知識

食事の傾向でも、「門」ごとに思考が大きく異なっていることがわかる。 例えば、 官門の場合は・・・ ずっと同じレストランに通い続

生まれながらの囚われを理解する門
1666700_1920

「勉強神話」の先に「富」は存在するか?

受験勉強を頑張り、良い大学卒業して、大手企業に就職すれば将来は安泰・・・ でも、実際は・・・ 日本の良い大学を卒業後、大手と呼



コメントする