生まれながらの囚われを理解する門 > 門で本当の己を知ると人生は変わる

「運」の存在を理解する重要性

level003
45209

世の中には、大富豪がいる一方で、

親からの家業を継ぎ、悠々自適に生活している人

サラリーマンとして、定年まで勤めあげる人

事業や投資で成功し、億を超える資産を掴んでも、それを全てふっ飛ばしてしまう人

など・・・さまざまな人が存在する。

そんな彼らに共通していること。

それは、自分自身の自由意志とは異なり、全てがあらかじめ決められたプログラムに沿う形で、行動している結果ということになる。

「昭和の時代」の出世セオリー

「努力によって、全てのことはクリアすることができる!」

自分の人生を変えるのは、日々のたゆまぬ努力によってこそ。

だから、後悔しないためには、日々勉強や仕事に励まなければいけない。

日本の教育環境では、「昭和の時代」に確立されたセオリー。

生き残り、勝ち上がるための知恵として、先人が築き上げた訓えである「勉強神話」

大きな富は高い地位によってもたらされる。
     ↓
高い地位は大きな人的資本によって獲得出来る。
     ↓
大きな人的資本は能力を高めることによって育まれる。
     ↓
だから、勉強や啓発活動によって能力を向上し続けなければならない。

といったものがある。

そのため、同じ方向を向いて、勉強・労働に励み続けている。

けれども・・・

この訓えは、あくまで、サラリーマンを育成するためのものであり・・・

つまり、国家のため、トップのため、上級職のため、一生懸命に忠実に必死になって労働に励んでもらうための表向きの訓えであり・・・

無駄が努力である可能性が高いのだ。

44年間、ビジネスと投資の世界で、1度も飛ばされることなく、生き残り続けられてきている北の物販大富豪こと、北野会長。

その北野会長がいつもハッキリおっしゃられること。

それは、

「運が8割、実力1割、勘と根気が1割」

「命運」によって、大多数のことは決められてしまっているとされている。

天命にも例えられる、生まれながらの囚われ、生まれながらのアビリティに、抗うことなく、そのまま活用することを推奨している。

命・・・運・・・
生まれながらに定められた命運。

生まれながらの囚われ、生まれながらのアビリティ。

天命通りに生きれば、時空(世の中や第三者)から尊ばれる形で、無駄な努力などしなくとも、万事うまく回りだすと。

マネーの虎から見る「運」の巡り

かつての人気TV番組

『マネーの虎-超現金主義!史上初投資バラエティー!-』

一般人である起業志願者が、『マネーの虎』と言われるビジネスの各業界で成功した富豪たちに対して、事業計画を元にプレゼンテーション・・・出資の可否を結論出ししてもらうという番組。

そこで、起業志願者に対して、勇ましく吠えていた「虎」。

その「虎」に怯えるように震える体を必死に抑えながら、プレゼンテーションしていた起業志願者。

あれから10年以上が経過した今日時点で、大きな逆転現象が起こってしまっている。

「虎」の中でも、よく番組に出演していた有名社長たちが、次々と事業から撤退している一方。

起業志願者で、「虎」からの出資を断られた者が、続々と起業家として成功している。

中には、成功したけれど、脇が甘かった部分があり、再び転落している者もいる。

貧乏だった人が、後に富豪になる。
富豪だった人が貧乏になる。
貧乏から富豪になり貧乏に戻る。

なぜ、彼らが同じ関係のまま、10年以上が経過していないのか?

それは・・・

人の「宿命」
人の「運」の巡り

というものがあるからになる。

たとえば、真田孔明が将来どうなっているのか?

それは「命」と共に「運」の巡りが兆しを知らせてくれる。

たとえば、あなたが将来どうなっているのか?

それも「命」と共に「運」の巡りが兆しを知らせてくれる。

すべては、自分の自由意志に基づいて都度選択されていくはずなのだが、不思議なことに人は「宿命」が記した道の上を歩こうとする。

「運」の巡りに引き寄せられるかのように曲線を描きながら歩む。

『マネーの虎』の出演者たち・・。

「虎」側の人も、「起業志願者」側の人も、同じく「宿命」と「運」による現象を、テレビを通して僕たちに見せてくれていたのだろう。

時空がどう自分を認識するか?が重要

自分がどう思うか?という視点よりも、

時空がどう自分を認識するか?という視点が、ビジネスの世界で、偉業を成し遂げるために重要になる。

往々にして、ビジネスの世界で実績を出せていない段階の場合は、ビジネスでお金をもうける・・・という段階以前に、何の仕事をしてもうまく行かない場合が多い。

心の中で、見栄やプライドばかりが先行してしまい、いくら我武者羅に、必死に努力しても、結果を出すことができず、焦りだけが募る形になってしまう。

この段階では、いくら転職を試みてみようが、副業ビジネスに挑戦してみようが、独立起業して、外の世界に飛び出そうが、基本的に何をやってもうまくいくことは無く。

逆に、その状態で動けば動くほど、絡んだ縄が更に複雑に絡まるかの如く、ドンドンがんじがらめの状態になってしまう。

動けば動くほど状況は悪化、前の状態の方がマシだったという結果に陥る。

自分は一生懸命やっているに、外的環境・・・他人から足を引っ張られるという理由で。

そんな状態に陥ってしまったのち、ボロボロの状態から脱し、前進をしようと試みる場合重要なことは。

自分の結果がいかに優れているか、自己主張することではなく。

理解してくれないと、周りの人間に対して愚痴を吐くことではなく。

足を引っ張る人たちに、恨みつらみを重ねることではなく。

現状から脱出!と、現実逃避する形で、「いとも簡単に稼ぐ方法」を模索して、情報商材を買い漁ったり、セミナーに出席しまくることでもはなく。

視点を切り替えてみること。

これまで生きてきた中で、自分自身がどう思うか・・・を中心になっていた主観的視点を反転させ。

自分は周りからどう認識されるのか?という時空(世の中・第三者)から見た客観的視点に切り替えること。

周りから認識される自分という視点から、最も有効的な自分を発見して、思考と言動を整え、土台を固めることにある。

その際、一度、新しいことに目を向け、飛び出そうとする自分の足を止め、まずは今目の前にある現状の中で、自分がどこまでやれるのか?

再挑戦してみる必要がある。

この段階で極めて有効的なのが、「命運」・・・。

生まれながらの囚われ、生まれながらのアビリティ。これを客観的に算出できる「門」なのだ。

まず第一歩としては、自らの「門」を算出し、生まれながらの「門」を理解、認識し、進むべき道を、たったひとつに絞ることになる。

「門」を理解、認識することで、どんなタイプのカリスマや有名人の法則や哲学を学べば良いのか理解でき、無駄な勉強と自己啓発とは、永遠にサヨナラできるからだ。

香港で、華僑の大富豪から伝授された秘術。

資本主義・民主主義のゼロサムゲームの中で、仲間たちと共に連携をして、圧倒的な勝利を勝ち取る「兵器」である「門」。

たとえ運気や体調、形勢が最悪の状態でも、勝利を掴みとる「兵器」である「門」。

それぞれの「門」により、特性が異なるので、取り組むべきビジネスや、ビジネスへの取り組み方というのは、「門」毎に異なってくるのだ。

追伸1

人それぞれの生まれながら能力・特性について知ることができる、4時間×6回、合計24時間に渡って、語り尽くされている「門24時間セミナー合宿」の様子は、24時間分すべて無料で配布中。

入手はこちらから。

追伸2

「門」の「セルフチェック診断」を行いたい場合は、問題に答える形で結果が算出される、セルフチェック診断ページから。

http://www.fuusui.net/mon/

追伸3

生まれながら能力・特性をより詳しく確認したい。

家族・パートナーとの相性を詳しく知りたい。

といった場合は、

門協会認定アドバイザーである月官門のブレない男による門鑑定、「サッチェル門鑑定」を推奨させて頂く。

月官門のブレない男サッチェルから、門ごとの関わり方や対応の仕方を聞くことで、

自分だけではなく、相手の言動の特徴が理解でき、理想のライフスタイル実現への近道になる。

サッチェル門鑑定

真田孔明の原点がここに
生涯収入5億円倶楽部メンバーとして、これを読まねば始まらない!すべての活動の前に
必ず熟読するべき、真田孔明ノウハウのすべてが分かる30日無料メール講座

このカテゴリーの関連記事
生まれながらの囚われを理解する門
242c5702eaefc41ca5fd76c8404c25e1.jpg

憧れの南国アーリーリタイアしてみたら暴飲暴食で激太りしただけだった件(笑)

2010年12月31日、約12年近く勤務していた会社を退社。 それまでメーカーの海外駐在員として滞在していた中国広東省、広州市

生まれながらの囚われを理解する門
12592215_991669740908256_2024255699316122393_660-660x310

サッチェル門仲間たちの「門」発動報告書(サチり具合)

「門協会認定アドバイザー」であるサッチェルの「門鑑定」は鑑定して終わりでは無い。 門を発動させ、門使いになるまでのフォローアッ

生まれながらの囚われを理解する門
57661-1

「門」を知り自分の弱点を強化する

自らの「門」を算出し、生まれながらの「門」を理解、認識し、進むべき道を、たったひとつに絞ることになる。 「門」を知っておくこと

生まれながらの囚われを理解する門
e44425f1369274a3d70800d06665862a.png

『黒い奴』が『ダ・ヴィンチ 2014年9月号』書評に降臨

「孔明さん、『ダ・ヴィンチ 2014年9月号』に、『他では絶対聞けないお金を増やす究極のしくみ』が掲載されています!」KADO