生まれながらの囚われを理解する門 > 門で本当の己を知ると人生は変わる

生まれながらの囚われ毎の「財運」の発動方法

level003

生まれながらの囚われが陽立門の場合・・・

金融資本主義の現代社会の中では、自我の強さや自尊心を土台に、己(おのれ)の強さを押し出して、「財運」を発動させて行く形になる。

しかし、ただ強引に、己(おのれ)を押し出しても、「財運」は発動してくれない。

陽立門が王のようにふるまえる時代はとうの昔に過ぎ去った。

親族、友人、仲間など、身の回りの仲間たちを守ろうとする態度を信条として、ビジネスに取組む。その際、どこまでも、低姿勢に徹することが重要。

大げさなまでに、低姿勢な言動が、第三者から見たら陽立門特有の「人徳」に感じ。

結果として、人が集い「財運」を発動させることができるのである。

生まれながらの囚われが月立門の場合・・・

非情になり、己(おのれ)の利益ののために、周囲の人間をトコトン利用する。

月立門にとって、予め決まった池の水を取り合うようという一面も見られる、金融資本主義の下で、「財運」を発動することは、利益を他人から奪い取るという面が強くなる。

本来なら、いかなるモノ・情報・サービスの交換においても、等価交換が基本になるのだが。

例えば物販。

仕入れから販売の過程で利益が出るということは・・・。相手から利益差の部分を、多くもらっているという暗黒面をいかなるビジネスも秘め持っている。

月立門の非情さ強さと、この暗黒面が結びついた時、月立門は、ありとあらゆる人情の類を切り捨てて、己(おのれ)の利益を優先する生き方を選択すると、「財運」を強制的に発動できる。

生まれながらの囚われが陽創門の場合・・・

「財」の源となる「創」。

財門との取り組みによっても、「財運」の発動につながるし、陽官門的な「スキーム」を組み入れることでも、門干合によって「財運」発動につながる。

もともと、生まれながらにして直感や感覚に優れている分、ほんの少しの気づきやキッカケで、「財運」の発動に結び付きやすい。

その中でも特に、「人脈が財を成す」を地で行くと「財運」がすぐに発動する。

人間関係や人脈をうまく使いこなすことで、サラリーマン社会の中でも、イレギュラーな「財門」の発動によって、飛び級出世的なことを実現できるし。経営者として外の世界でも、「財門」の発動によって、大きな「財」を掴むことがある。

もしも、陽創門でありながら、「財門」の発動が困難だとするならば、その理由は単純明快で、人間関係部分に何らかの問題があることが推測される。

己(おのれ)が好きだと思うタイプの人間だけでなく、苦手とするタイプの人間にも、積極的に交流を図ることが望ましい。

生まれながらの囚われが月創門の場合・・・

組織やスキームからの束縛を嫌い、個人事業主な活動を好む。

己(おのれ)がスキル、経験、知識に基づいた技能を提供し続け、損をした後で、「財運」が発動することが多い。

普通の企業に勤める、サラリーマンのままでいると、アニメ会社に働くアーティストたちが、タダ同然で働いているイメージを浮かべやすいように。「財運」が発動するどころか、安い給料で、ずっとこき使われ続ける恐れもある。

そういう意味でも、個人事業主としての活動にいち早くシフトすることが重要視される。
趣味の分野を極め続け、趣味仲間から仕事を紹介されたりすることで「財運」を発動する可能性が高まる。

元々、文章力や音楽などの芸術部分では生まれながらに、平均以上のアビリティを持っているので、これらを仕事に活かし、深く追求し続け、己(おのれ)がいなければ出来ない!

・・・と第三者から認められるようになることで、「財運」を発動する可能性が高まる。
己(おのれ)が時間・労力の面で損をした後に、「財運」が発動するので、常に休息を取り、新しい知識・情報・スキルを取り入れ続けることを心がける必要がある。

生まれながらの囚われが陽財門の場合は・・・?

生まれながらの囚われが月財門の場合は・・・?

生まれながらの囚われが陽官門の場合は・・・?

生まれながらの囚われが月官門の場合は・・・?

生まれながらの囚われが陽修門の場合は・・・?

生まれながらの囚われが月修門の場合は・・・?

「門鑑定」には、非常に沢山の項目があるのだが、上記は、僕が「財運」の発動条件として、各門の方にアドバイスする一例である。

「門鑑定」を受けられた方の仕事内容や環境によっても、アドバイス内容は異なるので、平均的なポイントを抑えた部分だけを、一例として列挙させて頂いたものであるが・・・。

このように、生まれながらの囚われ、生まれながらのアビリティが異なると、「財運」の発動条件というものが、全く異なって来る。

そして、時代は常に僕たちが望もうが、望むまいが、僕たちがコントロール不可能な、膨大な量のエネルギーと共に、ただ一方的に流れて行き。

インターネットやSNSの活用など、「財運」の発動条件は、それによって変化を遂げて行く場合が多い。

「門協会」の中では常日頃、長年蓄積され続けて来た古の叡智を参考に、金融資本主義の現代社会に適合させることに傾注している。

日々沢山の「門鑑定」が行われている中、同一門での共通点が見出された場合、「門協会本部」の中で「承認」作業が行われる。

その後、各「門協会認定アドバイザー」に向けて、フィードバックされて行く。

よって、それぞれの「門協会認定アドバイザー」毎に、得意分野というものはあれど、根本的なものには大きな違いは無い。

ちなみに、僕自身は現在、ソロで「門協会認定アドバイザー」としての「門鑑定」活動を行っていない。

なぜなら、僕単独だと、サボりまくってしまうからだ(爆)。

正直、単独行動だと、仕事として鑑定を行う気など、全くもって沸き起こらない。

仲間のために・・・という意識が働かない環境下だと、単なる酔っぱらいの怠け者に過ぎない人間。

「門協会認定アドバイザー」として、「門鑑定」ができる状況下にいながら、単独行動だと、いくらもお金をもらっても、第三者の鑑定などやる気持ちが全くもって沸き起こらない。

真田孔明の原点がここに
生涯収入5億円倶楽部メンバーとして、これを読まねば始まらない!すべての活動の前に
必ず熟読するべき、真田孔明ノウハウのすべてが分かる30日無料メール講座

このカテゴリーの関連記事
生まれながらの囚われを理解する門

「門の発動」ってどんな状態なのでしょうか?

「門総合研究所」facebookグループの中で、メンバーのHさんが投稿された質問。 Hさん: 「「門の発動」ってどんな状態なの

生まれながらの囚われを理解する門

華僑大富豪直伝の「秘術」と秘密地下組織「現役サラリーマン修羅の会」

僕が現役サラリーマンとして本場華僑の中で大活躍できたり、副業ビジネスの中で多くの稼ぐ人たちを輩出したりという実績の、本当の原動

生まれながらの囚われを理解する門

「勉強神話」の先に「富」は存在するか?

受験勉強を頑張り、良い大学卒業して、大手企業に就職すれば将来は安泰・・・ でも、実際は・・・ 日本の良い大学を卒業後、大手と呼

生まれながらの囚われを理解する門

『黒い奴』が『ダ・ヴィンチ 2014年9月号』書評に降臨

「孔明さん、『ダ・ヴィンチ 2014年9月号』に、『他では絶対聞けないお金を増やす究極のしくみ』が掲載されています!」KADO



コメントする