ランチ代を抜く秘剣北野流居合抜き > 「居合抜き北の剣客道場実践会」

2020年サラリーマン生活が厳しくなる!?

level005
5506_1280

アベノミクス5年間の実績として・・・

1)株価:8,664円から21,000円台へアップ
2)有効求人倍率:0.83倍から1.52倍へアップ
3)正社員求人倍率:0.50倍から1.01倍へアップ
4)雇用:185万にアップ

などがあり、さらに、・家計の可処分所得:手取り収入が2年連続でアップ安部政権下で、大きな成果が出ている。

2017年8月28日に内閣府が発表した「国民生活に関する世論調査」によると、「所得・収入にどの程度満足しているか?」という問いに対して、

・満足している:7.9%・まあ満足している:43.4%
・やや不満:34.1%・不満:12.8%

満足している人が、不満を抱いている人の割合を上回った。これは、21年ぶりになる。

アベノミクスによって、景気が拡大し、国民の生活も、改善されつつあるということになる。

そんな環境下でも2020年には、現役サラリーマンの生活が苦しくなるという試算が出ているのをご存知だろうか?

2020年にサラリーマンは1ヶ月の給料分が飛んでいく?

「厚生年金の保険料率は、年金制度改正に基づき平成16年から段階的に引き上げられてきましたが、平成29年9月を最後に引上げが終了し、以降の厚生年金保険料率は18.3%で固定されます。」(*日本年金機構HPより)

2017年9月まで厚生年金保険料率が、段階的に引き上げられてきたことを、知っているメンバーはどれくらいいるだろうか?

2019年以降には、健康保険、介護保険、雇用保険などの社会保険の負担率が上がる可能性があるという。

社会保険の負担率が上がった場合、2020年以降、サラリーマンの年収がどうなるか?旦那さん:42歳サラリーマン奥さま:42歳専業主夫の家庭でシュミレーションすると・・・

2017年現在額面:月30万円、手取り:月239,570円
2020年以降額面:月30万円、手取り:月215,490円

毎月約2万円の負担増になり、結果として年収は、

手取り:2,874,840円から2,585,880円へ=288,960円の減少

1ヶ月分以上の手取り給料が、丸々消えてしまうという試算がある。(*マネーポストWEB2017年10月13日分より抜粋)

収入がアップして、その分納めるものが増えるのには、納得できるだろうが、収入は変わらないのに、納めるものだけが増えてしまう状況が、わずか2年後に迫っているという。なかなか給料アップが難しい現役サラリーマン。社会貢献のためとはいえ、より厳しい環境での生活を強いられる可能性があることを、知っておかなければならない。

人工知能(AI)が人の職を奪うみらい

三菱UFJファイナンシャルグループの平野信行社長は、国内の事業作業の自動化やデジタル化で、「9,500人相当の労働量の削減を実現したい」と明らかにした。この人数は、グループ国内従業員の約30%に相当する規模。「自動化」を進める一方で、従業員をよりクリエーティブな仕事に振り向けるとし「全行レベルで生産性を高めたい」と語った。

グループの筆頭である三菱UFJ銀行の三毛兼承頭取も、「人工知能(AI)の導入などで徹底的に自動化を進めていく」という方針も打ち出している。例えば、住宅ローンの受付業務を完全に自動化できれば、年間2,500時間の労働量の削減につながるという。背景にあるのは日本の生産年齢人口の現象。

これまで、国内メガバンクは、毎年1,000人を超える規模で新卒者の大量採用を続けて来た。(*日経新聞2017年9月19日より抜粋)

「自分がいなければ、この職場は成り立たない!」というのは、現役サラリーマンである限り、単なる幻想にすぎない。自分が職場からいなくなっても、誰かがその代わりの役を勤めて、円滑に業務は回っていったり、はたまた、人工知能(AI)により全て自動化されて、職自体が無くなってしまうかもしれない。

これは、金融機関などの現役サラリーマンに限ったお話だけではなく・・・メールマガジンを発行し、ブロガーとして活動していても、10年後も生き残れているかどうかは、「?マーク」を抱いているのが正直なところだ。

45年間生き残ってきた「型」を学ぶのが最善

僕たちが、今のタイミングから将来を見据えて、真剣に取り組み始めていること。それが・・・株式取引になる。2017年10月のこれまでの結果は・・・

    10月:10日間合計22万7,198円
    ・10月2日(月)+1万5,693円/日給
    ・10月3日(火)+1万7,264円/日給
    ・10月4日(水)+5,603円/日給
    ・10月5日(木)+2万1,849円/日給
    ・10月6日(金)+3万0,779円/日給
    ・10月10日(火)+6,790円/日給
    ・10月11日(水)+4万3,899円/日給
    ・10月12日(木)+2万7,837円/日給
    ・10月13日(金)+3万4,232円/日給
    ・10月16日(月)+2万3,252円/日給


    ※株式相場113日間の「参考データ」
    2017年
    ・5月:20日間合計:+91万5,548円/月収
    ・6月:22日間合計:+132万5,349円/月収
    ・7月:19日間合計:+80万3,759円/月収
    ・8月:22日間合計:+232万0,314円/月収
    ・9月:20日間合計:+75万2,782円/月収
    2017年5月~10月16日(月)113日間合計:+634万4,950円

113日間一日あたり平均:
+5万6,150円(年収+1,347万円ベース/240日換算)

113日間、ほぼ毎日休むことなく、相場に入ることで、毎日チビチビと抜き取ることができるようになった。

つまり、ブロガーとしての収入が無くなったとしても、株式相場が存続する限り、稼ぎ続けられることを意味する。厳しい相場の世界で、わずか数%しか存在しない生き残り続けている投資家。中でも、ビジネス・投資の世界で、45年もの間、一度も飛ばすこと無く、生き残り続けられている北の物販大富豪こと北野会長が、

「何よりも先に株を覚えろ!」「ビジネス・投資をやっていたとしても、まずは、株で稼げるようになれ!」

とおっしゃるので、45年間生き残り続けてきた「型」の訓えを受けて、実践することで、僕たちも成果が出るようになってきた。株式相場はそう簡単に、投資初心者を勝たせてくれる場ではない。安い時に買って、高くなったら売る。高い時に売って、安くなったら買い戻す。

大きく分けると、たった2つの取引しかないが、90%以上の投資家が、負けている事実がある。相場を知らない投資家は、その時の相場の雰囲気に飲まれて、株価が上がったら、買う→高値掴み・含み損へ株価が下がったら、売る→損切りこれの繰り返しで、手元資金が無くり、相場から退場を余儀なくされてしまう。

これから株式相場に入って、大多数の投資家と同じ行動を取らないためには・・・書籍を購入したり、有名投資家さんのセミナーに足を運んで、株式銘柄の分析方法や25日線などのテクニカル分析方法を学ぶのではなく。北野会長が、45年間生き残り続けてきた「型」を学ぶのが最善の方法になるのだ。

「見習い剣客完全マニュアル編」開催

ただ毎日まじめに会社に通勤し、月々の負担が増えた状況に耐えながら、来たる人工知能(AI)の恐怖に怯えて過ごすみらいか?

それとも、毎日相場に入ってチビチビと、お金を抜き取ることができる投資家として、時間と場所と仕事の自由を得て過ごすみらいか?

現役サラリーマンとして働きながらも、投資家として相場からお金を抜き取ることができるようになると、選択肢が広がることになる。ただ、ここで疑問に思うのが、「現役サラリーマンでも、取り組むことができるのでしょうか?」という点だろう。

もちろん、日本の株式市場が開いている・9時00分から11時30分・12時30分から15時00分この間に、株価をチェックして、取引できなければ収益にはならない。忙しく、自由時間が少ない現役サラリーマンは、難しいと感じるだろう。

何も先を急ぐ必要はなく、まずは「型」を徹底的に学ぶ、鍛錬するところから始めれば良い。安易に相場に入ってしまうと、90%以上の負け投資家になって、大切な資金を溶かしてしまいかねない。そのためにまずは、スマートフォンアプリの「iトレ2」を利用して、取引の「型」を身につけていく。

「iトレ2」では、5分で、現実世界の1日が過ぎる設定になっているので、効率よく「型」を鍛錬しながら、その結果を確認することができる。「型」が身についた時には、目の前に広がっている光景が、それまでと全く異なっていることが分かるだろう。

これから負担が増え、さらに人工知能(AI)によって職が危機に晒される可能性がある現役サラリーマンが、自分の生きがいや、家族のみらいを守り、将来に渡って稼ぐ手段を確保するために。まったく株のことが分からない初心者でも、実際の株式投資ができるようになるまでに必要な知識・概念・スキルなどを、全て網羅する形で公開される道場が開催される。

それが・・・北野会長直伝の株式取引手法を、「秘剣北野流」と名付けて、

・居合抜き・笠切り・袈裟斬り

3つの「型」を元に、日々相場に繰り出すメンバーを「剣客」と位置づけた、「居合抜き剣客道場」になる。

10月18日(水)は日中、株式相場が開いている時間帯に開催。まだ「剣客」をはじめたばかりの、見習い剣客向けに、「秘剣北野流」の「型」だけでなく、基礎用語からシステムの使い方まで、一つ一つ丁寧に解説される。

    1)『剣客マインド編』師範・真田孔明
    ・なぜ「剣客」として「株式投資」をやるのか?
    ・なぜ「剣客」として「秘剣北野流」なのか?
    ・「剣客商売」をやるとありとあらゆる投資で勝てる理由とは?
    ・最初に不動産、FX、仮想通貨の投資がいらない理由とは?
    ・「株式投資」で得られるリターンの種類とは?
    ・「剣客商売」における相場お休み時の確認事項とは?


    2)『剣客基礎知識編』師範代・サッチェル
    ・「株式投資」のしくみとは?
    ・「株式投資」に必要な「用語」とは?
    ・「剣客商売」における「証券会社」の選び方とは?
    ・国内証券会社と海外証券会社の違いとは?
    ・「証券口座」の開設方法とは?
    ・「証券口座」と「銀行」間の送金方法とは?


    3)『剣客基礎動作編』師範代・サッチェル
    ・買った株を売る取引方法とは?
    ・空売りした株を買い戻す取引方法とは?
    ・「買い」で入る「居合抜き」とは?
    ・「売り」で入る「笠斬り」とは?
    ・いくらの予算で「株式投資」できるのか?


    4)『秘剣北野流型編』師範代・サッチェル
    ・「iトレ2」を活用した日々の「鍛錬」方法とは?
    ・「iトレ2」操作方法とは?
    ・「楽天証券」を活用した日々の「鍛錬」方法とは?
    ・「楽天証券」アプリ「iSPEED」の操作方法とは?


    5)『秘剣北野流応用編』師範・真田孔明
    ・「大暴落」時の必殺技「袈裟斬り」とは?

追伸1

師範代・サッチェルの成績は・・・

2月利確額(7日間参戦):+6万7,599円
3月利確額(14日間参戦):+12万0,215円
4月利確額(20日間参戦):+34万1,595円
5月利確額(17日間参戦):+48万7,454円
6月利確額(21日間参戦):+36万1,022円
7月利確額(20日間参戦):+21万8,253円
8月利確額(21日間参戦):+37万9,904円
9月利確額(20日間参戦中):+32万3,474円
10月利確額(9日間参戦中):+14万4,464円

平均売買額:357万円(利確銘柄+持ち越し銘柄)
平均利益率:0.458%
想定月利益率:9.161%ベース/20日間
想定年利益率:109.933 %ベース/240日間
※2017年8月22日から

追伸2

「居合抜き剣客道場」は、これまでに4回開催されている。

第2回の様子は・・・https://5oku.com/doc/kita/kita201707.pdf

第3回と第4回では・・・実際の「剣客」として取引している様子を、iPhoneの画面を大画面スクリーンに映し出し、演舞という形で、

・実際にどうやって株を買ったり、売ったりしているのか?
・どう指標を見ながらやっているのか?
・どういうタイミングで、いくらの金額・数量でやっているのか?

オンタイムで見せる形でやりながら、株式に取り組む上で必要になる為替の知識、ダウの読み方、原油の読み方などが明かされている。

追伸3

これまでに開催された「居合抜き剣客道場」の様子は、「地下ソサエティ」メンバー専用ページで、動画・音声・資料が公開されている。

公開情報の一覧は・・・

8月25日「第3回剣客道場」(2017年9月6日アップ)
速報版 会長の謎のメッセージの解説音声(2017年8月31日アップ)
速報版 Q&A追加の質問への回答音声(2017年8月17日アップ)

・「居合抜き」北の剣客道場 本編動画
・「居合抜き」北の剣客道場 剣客実践会動画
・マインドマップ
・「居合抜き」演舞 その1
・「居合抜き」演舞 その2
・「居合抜き」演舞その3
・「居合抜き」北の剣客道場デモトレード iトレ2の使い方
・「居合抜き」北の剣客道場 Q&A 音声解説

10月18日開催の第5回目「見習い剣客完全マニュアル編」も、編集が終了次第、メンバーに公開される。

「地下ソサエティ」の全貌資料

これから「地下ソサエティ」メンバーになっても、上記情報は、全て閲覧・視聴が可能。

真田孔明の原点がここに
生涯収入5億円倶楽部メンバーとして、これを読まねば始まらない!すべての活動の前に
必ず熟読するべき、真田孔明ノウハウのすべてが分かる30日無料メール講座

このカテゴリーの関連記事
ランチ代を抜く秘剣北野流居合抜き
2834_1280

株で成果を出す「型」を学ぶ方法

北の物販大富豪こと北野会長が45年間、株式相場という修羅の世界で、生き残り続けてこられた「剣客商売」 ・居合抜き・笠切り・袈裟



コメントする