行末の見えない時代を勝ち抜く戦略 > 現役サラリーマン生き残りマニュアル

互いを苦しめ合う現状から、あなたが開放される唯一の具体案ー

level009
medium_2147730797

狭い籠(かご)の中。優秀な者たちが、互いに苦しめ合い、首を絞め合い、隙あらば転ばそうと足を引っ掛け合っている。

「ここは俺の場所だ!」と言わんばかりに、互いの場所を取り合っている。

会社組織の中、社会の中、日本国内の中における現役サラリーマンの現状だ。

日本から一歩外に出て、海外から日本を見渡していると、現状が良く見えてくる。

自信を完全喪失した日本の現役サラリーマン

現役サラリーマン。

「今月の売上は、一体どうなってるんだ!」

「顧客離れをどうして止められないんだ!」

「お前はなんて駄目なやつなんだ!あいつを見習え!」

「ちょっと達成したからって、あいつ調子こいてるね。いつまで続くのやら。」

「あいつは実績無いのに調子いいから、出世できてるんだ!」

「昔、オレらの時代。徹夜・休日出勤を気にせず一生懸命やった。だから売り上げを毎月達成。右肩上がりを体験することができたんだ。それに引き換え近頃の若いやつらは・・・。」



罵声や愚痴、そして妬み恨み嫉みの言葉が飛び交う毎日の職場。日々、その中に身を置いていると、自分自身が駄目なやつなんじゃないかと思えてくる。

今、日本企業で働く現役サラリーマンの大部分に共通すること。それは、自信が無い。自信が持てないこと。

毎日何かに怯え、頑張っても報われないと考え、そして、愚痴ばかりが口からこぼれ出てしまう。さらには、自分が今の様な状態にあるのは、「アイツが悪いから」・・・と周りのせいばかりにしてしまっているのだ。

「自信が無いのに、周りのせいにしている。」

本来ベクトルの異なるこの二つが共存してしまっている。その現象が今、日本全体的に蔓延してしまっているのだ。まるで「伝染病」の様に。

なぜ、こんな状況になってしまったのか?今日はその理由を解いた上で、今後の対策をお話しさせて頂きたい。

日本の「高度成長期」「バブル期」が生んだ「誤解」

「頑張れば結果を出せる!」かつて現役サラリーマンはこれを「合言葉」に、皆仕事に励んでいた。

1970年~1990年の「日本高度成長期」。右肩上がりの売上や業績。それに伴う右肩上がりの報酬や待遇。

「努力した者が報われる」。

多くの者たちが、それを体感することができた。

結果、サービス残業に休日出勤。プライベートの時間を、削り取ってまで仕事を励むことこそが「美徳」。これが、「勝つための成功法則」の様になり、そして深く強く根付いていったのだ。

「俺らが寝ないで一生懸命頑張ってるからこそ、会社は、社会は、そして日本は成長している」その誇りや自信と共に。

しかし、今、振り返ってみれば、これが戦後の日本が生んだ、一番大きな「誤解」だったのかもしれない。そして、「誤解」が、日本国内の常識のみに執着するという、囚われの様なものを生んでしまったのかもしれない。

囚われが存在した結果、今多くの日本人は、狭い籠の中で互いに苦しめ合いながら、本来しなくてよい、必要以上の苦労を強いられてしまっているのだ。

これから、真田孔明が気づいてしまったその「誤解」の正体を暴くことで、「真実の姿」をあなたにお伝えしたいと思う。

楽しても結果は出せる「高度成長期」

真田孔明の場合、1999年4月に、新卒で日本の某一部上場企業に入社。

日本で4年間勤務。その後、勤務していた会社の転勤辞令により、2003年から2010年末まで、香港、中国本土を拠点にアジア各国の新興国で、サラリーマンとして業務に励んで来た。

つまり、日本国内で働くサラリーマン。海外新興国各国で働くサラリーマン。幸運にもその両方を体感することができた。

その中で気付いてしまったこと。真田孔明が、2003年から今日まで、丁度「高度成長期」がスタートした、新興国各国に訪れ、直接目にすることで、確信に至ってしまったこと。

それは、「高度成長期」には、それ程の苦労をしなくとも、誰でも結果を出せるという事実だ。

国全体が「高度成長期」に差し掛かると、様々なビジネスチャンスが続出する。そして、その大半が、ゼロを1に。1に10をする過程。

つまりは、台頭したビジネスチャンスを見つけ、その流れに乗ることさえできれば、それ程の苦労をしなくとも、上昇気流に乗るかの様に、右肩上がりの結果を出すことができる。

その状況下においては、頑張らなくても結果は出せる。頑張ればもっともっと結果が出せる。

よって、楽をしても稼げるし、一生懸命寝る間を削って頑張れば、もっと大きな結果を出すことができる。でも、結果として、どちらにしても右肩上がりの「結果」は、容易に出せるのだ。

「高度成長期」においては。衣・食・住に関わること。衣・食・住に関わらないこと。

それぞれの分野で、

  • 参入するタイミング
  • 参入する方法
  • 現地の商習慣

これさえ大きく間違えなければ、ビジネススタート後は、楽しても稼ぐことができるのだ。

バブル崩壊後の日本はそうはいかない

「バブル崩壊」をきっかけに、「高度成長期」が終了してしまった今の日本の中ではそうはいかない。

  • ゼロを1にできるビジネス案件。
  • 1を10にできるビジネス案件。

これらを見つけることは至難の業。全体的には、10を11、12、13にすることしかできない。

しかも、一度10になったものを、11、12、13にするのは、並大抵の努力では実現不可能。

ビジネス案件が中々見つからないからこそ、誰かが見つけられたビジネス案件に、大量の人たちが一斉に群がる。そして、すぐに焦土化。ごく一部の勝者。多くの者たちは敗者。

一瞬にして、勝組と負組に選別される。敗者たちは、見つかるかどうかも分からない、また次のビジネス案件を探す放浪の旅に、トボトボと出かけることを余儀なくされるのだ。

互いに苦しめ合い、首を絞め合い、隙あらば転ばそうと足を引っ掛けあう。「ここは俺の場所だ!」と言わんばかりに、互いの場所を取り合う。

一部の圧倒的な実績を出せる人を除き、大部分の人たちはそうやって、自分を守るために、周りを蹴落としていかないと、結果を出すことができないのだ。

2004年のインターネットビジネスの世界

例えば、真田孔明が副業として2004年に始めたインターネットビジネスの世界。2004年当時は、このビジネスで結果を出すことは、非常に容易だった。

まさに、やれば誰でも結果を出せた。それ程苦労をしなくても、結果を出せたし、努力をして、徹底的にやれば、圧倒的な結果を出すことができたのだ。

2004年~2006年まで、この「バブル」の様な状態が続いた。

真田孔明自身、フルタイムの現役サラリーマンとしての、業務をしっかりとやった上で、空いた時間を使っての副業ブロガー活動。

しかも、海外居住者でありながら、ターゲットを日本人に向けることで、短期間で圧倒的な実績を叩き出すことに成功した。

真田孔明が当時実行した分野・・・ビジネス、語学スキル、異性・出会い、健康改善。そのどれにおいても、会社を持たない「個人」が、「片手間」で出せる実績としては、従来の常識を遥かに凌駕させるレベルの実績だった。

ゼロが1に。1が10に。

幸運にも、そのタイミングをエンジョイしていたのだ。

けれども、真田孔明が丁度、中国本土に転勤後、インターネット接続環境の問題や、心の弱さの問題が重なり、サーバー世界から姿を消していた期間。

2007年~2010年の間に、個人、法人構わず多くの人たちが一斉に、このインターネットビジネスに群がっていった結果。まさに「焦土化」。

圧倒的な実績を出せる者。実績を全く出せない者。この両者間の差は、広がる一方。インターネットビジネスは、既存のビジネス案件同様、「誰でも簡単に結果を出せる手法」では無くなった。

しっかりと、「ビジネス」として、徹底的にやらなければならない手法。既存の10を、11、12、13にできてようやく稼げる手法へと、シフトしたからだ。

そうなってしまうと、インターネットビジネスにおいても同じである。

互いに苦しめ合い、首を絞め合い、隙あらば転ばそうと足を引っ掛けあう。

「ここは俺の場所だ!」と言わんばかりに、互いの場所を取り合う。

一部の圧倒的な実績を出せる人を除き、大部分の人たちはそうやって、自分を守るために、周りを蹴落としていかないと、結果を出すことができないのだ。

今、断言しよう。日本国内において、今後この状況はさらに悪化していく。

現実世界のリアルビジネスにしても、サーバー世界のインターネットビジネスにしても、競争・・・蹴落とし合い、首の絞め合い、転ばし合いは激化。

「狭い籠」の中でそれをやるから、本来優秀である者たちでさえ、毎日のように勝組と負組に分類されるのを余儀なくされる。

精神的なストレスを抱え続け、家族や大切な人たちとのプライベートを削り、寝ずに仕事に励めど結果は出せず、将来の安心などとは無縁。

何をやっても自信を持てないまま、明日に怯える毎日を余儀なくされてしまうのだ。けれども、その状況から脱出する方法はある。その方法とは・・・。

「生涯収入5億円倶楽部」メンバーたちよ、今こそ旅立ちの時

本当の意味で、世界に目を向け、世界に飛び出すこと。それこそ、これからあなたが、あなた自身の未来を自ら勝ち取る方法。

本来、優秀であるはずのあなた・・・。

日々の無益な競争・蹴落とし合いに疲れ果て、いつしか優秀であったことを忘れてしまったあなた・・・。

競争が激化している日本国内で、日々の戦いの中で磨き鍛え上げた、知識・スキル・経験を武器に、今こそ世界に飛び出し、

・ゼロを1にする
・1を10にする

ビジネス案件を見つけ、そこで活躍する。

「高度成長」が実際に起こっている国・地域に身を置き、そこで取り組むことにより、自分の行動が、工夫や努力が、反映され、それが結果として結びつくことを、実際に体感してみる。

その場所で思う存分暴れまくり、結果を叩き出すことで自信をつける。

かつて、「高度成長期」・「バブル期」の日本のビジネスマンたちがそうであったように、美味い飯や酒をかっくらい、大声で笑いながらその日の成果を称えあう。

そして、「今日はよくやった!」満足した笑みを浮かべながら床につく。

これが、あなたの未来を、あなた自らの手で勝ち取るための手法だ。



「生涯収入5億円倶楽部」メンバーたちよ、今こそ旅立ちの時!

現実的には、今日明日に旅立つ・・・とまではいかなくとも、この2、3年以内には、旅立ちするべく、今の内にしっかりと足場固めや、準備を整えておいてもらいたい。

追伸1

どこに身を置いても稼げるように、インターネットを駆使してサーバー世界で稼げる方法を、1つ以上もっておくこと。

これは、これから海外に飛び出し、現地企業に就職するなり、現地で起業するなりする時に、非常に心強い「保険」となる。

インターネットビジネスも、競争が激化したとはいえ、「生涯収入5億円倶楽部」の提案する方法をしっかりと実行してくれれば、自分や家族が生活できるレベルの収入を確保することは、まだまだ可能である。

追伸2

・努力と工夫を惜しまない
・細かいところにも気配りや配慮

この日本の国民性は、世界というフィールドで、「高度成長期」真っ只中の「新興国」において、強烈な武器となる。

たとえば日本企業で最低3年以上。徹底的に下っ端として耐え続けながら、鍛え磨け上げた、基礎能力。知識・スキル・経験。これを元に世界に羽ばたくと、以後の爆発につながる。

そういう視点で見ると、日々の下っ端活動も、苦ではなくなるはず。上司や先輩社員からの「お小言」も、「お小言」ではなく、「目から鱗」の貴重なノウハウと化す。

追伸3

日本人の御先祖様たち。

この列島諸島で猿は自然発生しないのだから、中国本土あたりから旅をして来た人たちだと言われている。

即ち、より良い未来(あす)を自らの手で掴み取るため、新天地に向けて冒険に飛び出した人たちだったはずだったのだ。

そう考えてみると、少しワクワクしてくるのではないだろうか?

真田孔明の原点がここに
生涯収入5億円倶楽部メンバーとして、これを読まねば始まらない!すべての活動の前に
必ず熟読するべき、真田孔明ノウハウのすべてが分かる30日無料メール講座



コメントする