みらい担う子供達に贈る最高の財産 > 家族のみらいの保障のために

死亡保障金1億円!日本と香港では払込金額がここまで差がでる

level010
死亡保障金1億円!日本と香港では払込金額がここまで差がでる

「億単位の資産を大切な人たちに遺したい・・・。」そのレベルの想いを、次世代に継承する時の登竜門として「死亡保証金額1億円」の生命保険がある。

「死亡保証金額1億円」の生命保険にも、日本と海外では大きな違いがあることに驚かされる。

日本での対談時。保険営業歴20年の保険仮面Zの常識と、2003年から香港に移住し海外の保険の知識ベースになっている真田孔明の常識。

2つの常識を比べることで、驚くべき事実が明らかになってしまった。

【死亡保証金額1億円のケース日本と海外の違い】

死亡保障金額1億円を得るために一括で払い込まなくてはならない金額。日本と香港・・・実際にそれぞれ持ち合った資料を元に比べてみるた。

  • 35歳男性の場合で、死亡保障金1億円を得るために、日本国内の某生命保険の場合約5,900万円も振り込まなくてはならない。
  • 一方僕たちが参加している海外の生命保険の場合たったの約1,800万円である。

⇒35歳男性の場合、その差は約4,100万円万円になる。

  • 55歳男性の場合でも、日本国内の某生命保険の場合約6,800万円も振り込まなくてはならない。
  • 一方僕たちが参加している海外の生命保険の場合たったの約3,900万円である。

⇒55歳男性の場合でも、その差は約2,800万円以上になる。

死亡保証金額1億円の比較結果には、さすがに保険仮面Zも孔明もそれぞれの立場から驚きだった!

保険仮面Zは、現役保険会社勤務なので、素顔を出すことはできません。

真田孔明の原点がここに
生涯収入5億円倶楽部メンバーとして、これを読まねば始まらない!すべての活動の前に
必ず熟読するべき、真田孔明ノウハウのすべてが分かる30日無料メール講座

このカテゴリーの関連記事
みらい担う子供達に贈る最高の財産
29765

子供のみらいと教育費の皮算用

海外への親子留学が注目され、さまざまなメディアで紹介されている。 例えば、マレーシア・ジョホールバルにある「マルボロカレッジ」

みらい担う子供達に贈る最高の財産
15年で3,000万円の資産と毎月26万円の収入の差が生まれる仕組

15年で3,000万円の資産と毎月26万円の収入の差が生まれる仕組

「死亡保証金額1億円」の生命保険にも、日本と香港では大きな違いがあることに驚かされる。 なんといっても、払込額が圧倒的に違うの

みらい担う子供達に贈る最高の財産
死亡保障金額5,000万円も毎月積立でカバーするのが香港式生命保険

死亡保障金額5,000万円も毎月積立でカバーするのが香港式生命保険

家族を守るために。「死亡保証金額1億円」レベルの生命保険とまでは行かなくても、ある程度のまとまったレベルでお金を遺してあげたい

みらい担う子供達に贈る最高の財産
3代で資産を潰す相続税から、残された家族を守るための生命保険

3代で資産を潰す相続税から、残された家族を守るための生命保険

生命保険は、中世ヨーロッパで始まったサービスと言われている。 元々は同業者や仲間同士で、何か仕事で困ったことがあった時、体調を



コメントする