みらい担う子供達に贈る最高の財産 > 香港と日本の保険の常識

死亡保障2億円の生命保険、果たしていくらの払い込みが必要なのか?

level010
死亡保障2億円の生命保険、果たしていくらの払い込みが必要なのか?

香港と日本普通に見積もっても7,600万円の差が!?

海外の生命保険と日本の生命保険の違いには、知れば知るほど驚かされるものがある。

どの位違うのか、具体的な例を挙げてみた。

例えば香港で募集されている保険をA保険とする。このA保険において、高額の死亡保障2億円に一括での払い込みで加入をすることを考えるとする。

加入に関しては、喫煙かどうかや健康状態などによって支払い金額が変わるので、あくまでも一般例として・・・。

【香港で加入できる海外の生命保険Aの場合の例】

  • 40歳男性の例:死亡保障2億円:支払い金額約4400万円
  • 50歳男性の例:死亡保障2億円:支払い金額約6400万円
  • 60歳男性の例:死亡保障2億円:支払い金額約9000万円

一方、仮に日本で2億円の死亡保障を得ることを考えると・・・。

【日本の保険会社B生命の見積もり】

  • 40歳男性の例:死亡保障2億円:支払い金額約1億2000万円

同じ保障金額を得るために、払い込み金額に7,600万円もギャップが!!760万円ではなくて、7,600万円である!!

これだけでも、非常に大きな差があるのだ。

ちなみに、なぜこれだけの差が出るのか裏の部分を調べてみると、運用実績自体が異なることが分かる。

海外の保険会社の運用実績と日本企業の高コスト体質に表れているということなのだ。

「生涯収入5億円倶楽部」メンバーが、生命保険を検討するにあたり(実際はこの調査のためなのだが。。)、日本の保険会社に見積もりを取ろうとした時、担当者の対応はそれはそれは冷たいものだったようだ。

「40歳で2億円の保障に入るために1億2,000万円の払い込みが必要なんですよ?」
⇒「1億2,000万円も一括で払うなんて、そんな人いないでしょう」と言わんばかりだったそうだ。

けれども、海外ならばこれはもっと現実的になる。

たとえば、仮にもしこの2億円の死亡保障の生命保険に、4,000万円程度の払い込みで加入することができるならハードルはぐっと下がるだろう。

さらには、香港では、これだけ有利な条件の保険があるということに加え、有利なスキームがあり、このハードルをさらに下げることができるのだ!

「もしこの保険に、1,500万円程度の払い込みで加入することができるなら・・・」

こんなことが本当に可能になってしまうのだ。

真田孔明の原点がここに
生涯収入5億円倶楽部メンバーとして、これを読まねば始まらない!すべての活動の前に
必ず熟読するべき、真田孔明ノウハウのすべてが分かる30日無料メール講座

このカテゴリーの関連記事
みらい担う子供達に贈る最高の財産
保険会社も儲かるが、個人も納得!香港保険裏のカラクリ暴露

保険会社も儲かるが、個人も納得!香港保険裏のカラクリ暴露

香港での保険の常識は、有事に備え運用で増やす。資産を守り次世代に遺す。 一方日本での保険の常識は、リスクに対する防具や回避アイ

みらい担う子供達に贈る最高の財産
香港の生命保険が世界で評価される必然的な理由

香港の生命保険が世界で評価される必然的な理由

日本と香港での制度の違いやどのように条件が異なるのか? たとえば真田孔明と土居三郎が日本に住んでいる時に、海外保険についての情

みらい担う子供達に贈る最高の財産
数億円死亡保障の生命保険でさえ、香港では一般的な金融商品と化す

数億円死亡保障の生命保険でさえ、香港では一般的な金融商品と化す

真田孔明の場合、2003年からずっと海外に居住していることもあり、日本国内の生命保険の類には一切入っていない。 今は海外居住者

みらい担う子供達に贈る最高の財産
香港と日本では保険の常識が全く違うことに驚かされる

香港と日本では保険の常識が全く違うことに驚かされる

保険仮面Z(保険業界歴20年)&保険仮面ZZ(保険業界歴25年) 真田孔明の場合、社会人になってから4年間を日本で過



コメントする