5億円倶楽部プレミア音声会員 > 2018年4月度プレミア会員コンテンツ

仮想通貨ICO参加は見送るべき理由(音声)

level011
dollar-2947948_1280

香港の経営者の間でも、「仮想通貨/暗号通貨」は、旬の話題になっていて。経営者が集まると、本業ビジネスのお話はそっちのけで、「仮想通貨/暗号通貨」でいかに儲けるか?をお話されているようだ。

2017年から、新規参入者が殺到し、市場規模が急激に拡大した仮想通貨/暗号通貨。2018年に入ってからは、各国で次々と規制が導入される流れになっている。

そこで、今回の孔明タイムでは、香港での「仮想通貨/暗号通貨」の現状と、今からICOへの参加は見送ったほうがよい理由についてお話させて頂いた。

香港筋HSBC担当者からの非公式情報

未だフラフラと香港への行き来をしている僕のところに、「仮想通貨/暗号通貨」に関する情報が入ってきた。

最近、日本での仮想通貨取引所で売買して利確すると「国税が・・・」というようなことから、香港などの海外で口座開設をする日本居住者たちが増えて来ているようだ。

まあ、実際、日本居住者であれば、日本国内は当然のこと、香港含む海外で「仮想通貨/暗号通貨」の利確をしても、それは日本国内の利確と同じ税務対象になるのだが。。。

そんな中、香港筋の最新情報として、HSBC担当者による、非公式情報が入って来た。

それによると・・・「仮想通貨取引所から、香港HSBCに◯回お金を引き出したら、◯◯◯で口座◯◯&◯◯」・・・ということだ。

あくまでも、HSBCとしてではない、HSBC担当者による、非公式情報なので、それが香港HSBCとしての、正式なルールなのかは、僕には確かめる術は無いが。

事実として知り合いが、約1億円分のお金を、仮想通貨取引所から、◯回引き出した時点で、香港HSBCから「黒色のレターヘッド」の手紙が来て、口座◯◯&◯◯されてしまった。理由は「◯◯◯◯◯◯◯◯◯防止」的な大義名分によるものとのことだ。

日本人が香港に銀行口座並びに仮想通貨取引所の口座を持つ場合、香港HSBCを活用する機会が多くなると思うが。

「仮想通貨取引所から、香港HSBCに◯回お金を引き出したら、無条件で口座◯◯&◯◯」

・・・という情報は、かなり信憑性が高いように思えるので、十分に留意頂きたいと思う。

また、1つの先進国で発生することは、他の先進国でも発生して行くという流れが昔からよくある。

とくに、金融先進国香港にて、発生したお金にまつわる流れは、今後、他の先進国でも踏襲して行く可能性は高いと思われる。

日本でも近い将来的に、仮想通貨取引所から、銀行にお金を引き出したら、「◯◯◯◯◯◯◯◯◯の疑い」で、口座◯◯&◯◯・・・ということも、発生する日も来るかもしれない。

昭和の時代に大流行した「私募ファンド」と同じ!?

「仮想通貨/暗号通貨」の胴元は、プロジェクトを立ち上げて資金調達するため、事業計画書であるホワイトペーパーを専門の弁護士に頼んで作成する。「仮想通貨/暗号通貨」投資家たちは、その内容を精査して、資金を投入していく。

ただ、「仮想通貨/暗号通貨」は、今日時点において、事業計画の妥当性・実現性などを正確に判断することは難しい。

株の上場とは異なり、国や、第三者期間による審査・監査の機能がされていない。より立派なこと、より新しいことなどを事業計画に盛り込み、胴元やサポーター、販売業者に、より社会的な地位や、実績や経歴の人物を入れておけば、簡単に資金調達できてしまうという現状がある。

これは、昭和の時代に大流行した「私募ファンド」による、資金調達の流れと酷似している。

今日時点の「私募ファンド」は、金融商品取引法などの、「50人ルール」や「500人ルール」などによって、まともな資金調達できる、方法では無くなってしまったが。

今では、事業を「仮想通貨/暗号通貨」にコンバージョンするだけで。いとも簡単に、金融商品取引法の法の目をかいくぐって、新規事業に対して、膨大な資金を集めることができてしまうことになる。

もはや、金融庁から、ガチガチにマークされてしまう、「私募ファンド」などによって、資金調達するような人はいないのではないだろうか?詐欺だろうが、架空事業だろうが、とにかく「仮想通貨/暗号通貨」の「ICO」と銘打ってしまえば、数分間とかで、「100億円」とかのお金を調達できてしまうのだから。

しかし、形を「仮想通貨/暗号通貨」とコンバージョンされているからと言って、そのビジネスはうまくいくとは限らないという盲点が存在するのを僕たち投資家は忘れてはならない。「仮想通貨/暗号通貨」の裏付けが事業系であるのなら。

「◯◯.◯%は潰れる法則」が適応されてしまう。「◯◯.◯%は潰れる法則」とは、資金調達をする新規事業案件の内約◯◯%は予め飛ばすことを予定されている「詐欺」である。残り◯.◯%も、まじめにやっても、10年間で100社の内◯社しか残れない。というもの。

つまり、昭和の時代に流行った「私募ファンド」による資金調達の代わりに、「仮想通貨/暗号通貨」の「ICO」による資金調達がされているとすれば。

「ICO」された、「仮想通貨/暗号通貨」の◯◯.◯%は必ず「飛んでイスタンブール」になるという方程式が成り立つ。

◯◯.◯%が、消えてなくなる可能性があるものを、仲間たちに推奨することなどできない。

僕が、「仮想通貨/暗号通貨」を大衆の前では、まともに語らない理由である。

「孔明さんが投資した!と言うから私も投資したのに、飛んでイスタンブールになるとは、孔明さんどうしてくれるんですか!」

・・・とか、言われるのもヤだから。

金融庁、日本居住者は仮想通貨ICO購入不可との見解

現在、昭和の時代の「私募ファンド」投資法に取って代わる方法として、「仮想通貨/暗号通貨」関連の新規上場ICO(Initial Coin Offering)による資金調達方法が大流行。元々「仮想通貨/暗号通貨」を沢山購入している投資家が多かった、韓国や中国での規制が強化される中。

引き続き、日本国内の規制はあってないようなもので。

インチキ業者たち含め、かつての「詐欺系私募ファンド」による資金調達よろしく、ガンガン数十億円、数百億円単の資金調達を新規上場ICO(Initial Coin Offering)として行っている。

まさに、「分速100億円」規模の世界。「仮想通貨/暗号通貨」の裏付けとなる事業が、本物か偽物かは僕には分からないが。

事実として、新規上場ICO(Initial Coin Offering)によって価格が上昇している銘柄は、

・もっともらしいバックボーンのあるメンバーがいる胴元
・集客力のあるコミッション営業マンたち

・・・この2種類が、タッグを組めた案件が、新規上場ICO(Initial Coin Offering)後に価格を大幅に上げている。けれどもこの実情は、殆どが◯◯◯投資家たちによって、◯◯◯られていての価格上昇であり。

「まだまだ上がる。本当に価格上昇はこれからだ!」・・・を夢見ている◯◯◯投資家たちが沢山いるから、それなりの高価格が保てている状態。

株式投資同様に、当然ながら全員が◯◯をしようと、◯◯◯◯をしてしまうと、一気に大暴落してしまう類のものだ。

なので、新規上場ICO(Initial Coin Offering)後の、「仮想通貨/暗号通貨」の価格を高水準で維持するためには。

・まだまだ◯◯◯◯◯ではない!◯◯はもっと◯◯◯!
・今◯◯するのは投資を分かってないバカがやること!

・・・を、胴元も営業マンたちも、投資家たちに◯◯をしないように、啓蒙し続ける必要がある。株でこれをやったら、直ちに違法であるが、「仮想通貨/暗号通貨」にはそんな法律も無いので、今日時点において、この方法による価格◯◯は物理的に可能である。

今この手の「仮想通貨/暗号通貨」ICO案件の大多数は、◯◯◯投資家ばかりが購入していることもあり、◯◯◯に人気が高ければ上がる。◯◯◯に人気がなければ下がる。・・・という現象が発生する。

こういう、市場の原理原則があるため、新規上場ICO(Initial Coin Offering)「仮想通貨/暗号通貨」したとしても、人気が無いものは上場後も価格が上がらない。

逆に、上場後に価格が大幅に下る。

香港投資家界隈の情報では、最近新規上場ICO(Initial Coin Offering)で購入した「仮想通貨/暗号通貨」が三分の一、五分の一になってしまった・・・という「仮想通貨/暗号通貨」案件も、続出しはじめている。

また、今後も「利確」ラッシュがはじまれば、価格は大幅に下がることは必須である。

それが、「◯◯」なのだから。

そんな中、いよいよ・・・金融庁も、重い腰を上げて動きを開始したようで。某「仮想通貨/暗号通貨」ICO案件への金融庁からの見解が話題となっている。これにより今後、日本居住者からの投資資金が集まらなくなってくることが予想される。

すなわち、今までのように、実態が本物かどうかも分からない、インチキ系の「仮想通貨/暗号通貨」でも、「ICO」と名前がつけば、手当たり次第、お金が集まりまくり、上場後に価格が大幅に上がる。。。というバブル傾向は、段々と無くなってくると思われる。

生涯続く「◯◯投資」の方法を身につける

2017年~2018年に、「仮想通貨/暗号通貨」で利確して大もうけできた方々は本当にラッキーだと思う。

人生の中でも、1回あるかどうかの大きなチャンスをものにすることができたのだから。

ただし、大きくもうけたあとは、気を大きくすることなく、◯の◯◯を見ながら歩く形で、◯◯案件でチビチビと・・・が投資のセオリー。昔からどの世界でも、大もうけした・・・という情報が出回っている時には、時遅し。

逆に利確して、イグジットするタイミングでもあるし。「仮想通貨/暗号通貨」で儲けた後は、あまり深追いすることなく、儲けたお金は靴下に入れて戦場から直ちに脱出。

7年間位、地面の下に埋めておいて、何もしない。。。・・・位の、心構えで居たほうが、「守りの投資」の概念からすると、重要になってくると思われる。ココらへんで今一度「◯◯投資」や「◯◯◯」に目を向けてはいかがだろうか?

孔明タイムを聞いてくれるメンバーには、香港での仮想通貨を取り巻く環境と、ICOが事業投資をコンバージョンしたものである事実についてシェアしたいと思い、

    ・香港筋HSBC担当者からの非公式情報とは?
    ・日本居住者が香港HSBCに口座を開く目的とは?
    ・香港HSBCから「黒色のレターヘッド」の手紙の意味とは?
    ・香港人が仮想通貨利確のために取っている行動とは?
    ・金融先進国香港での事例はどのように世界に波及するか?
    ・7年間お金を事件の下に埋めるイメージが大切な理由とは?
    ・仮想通貨と株式の時価総額の概念が異なる理由とは?
    ・情報販売系の方が仮想通貨をこぞってオファーする理由は?
    ・仮想通貨が「夢と希望」がより「リアル」に感じる理由とは?
    ・ネットで楽して稼ぐ系ユーザーが向かっている先とは?
    ・日本人投資家が買い支えているICOとは?
    ・「私募ファンド」とICOが似ている点とは?
    ・ICOで購入したら、値上がりが期待できるのか?
    ・金融商品取引法により資金集めの拠点はどこに移動したか?
    ・投資家としてICOを見る上で忘れてはいけない視点とは?
    ・事業の存続率における方程式とは?
    ・金融庁による日本居住者のICO参加規制とは?
    ・大儲けした情報が出回ったタイミングで取るべき行動は?

以上に関して触れながらお話しさせて頂いた。香港での「仮想通貨/暗号通貨」の現状と、今からICOへの参加は見送ったほうがよい理由についてお話しした52分37秒の音声は、「生涯収入5億円倶楽部プレミアオーディオ会員」として登録頂き、メンバー専用の秘密のページから音声をダウンロードして視聴頂きたい。

なお、「生涯収入5億円倶楽部プレミアオーディオ会員」の一員には、毎週一つこのような特別な内容の音声が送られてくる。2018年4月度は、「仮想通貨ICO参加は見送るべき理由」に加えて以下の音声が配布される。

    2018年4月度音声リスト

    ◆4月1日:
    仮想通貨ICO参加は見送るべき理由
    (52分37秒/18.9M/MP3形式)
    ◆4月8日:
    男女の陰陽五行エネルギー相対性理論
    (56分41秒/23.8M/MP3形式)
    ◆4月15日:
    女性の社会的地位を確立するために
    (1時間2分17秒/22.4M/MP3形式)
    ◆4月23日:
    信用取引で利用する「お金」の秘密
    (56分7秒/20.2M/MP3形式)
    ◆4月30日:2ヶ月で別人になる「命運」の変更方法
    (53分40秒/19.6M/MP3形式)

    孔明タイムが音声が視聴できる
    生涯収入5億円倶楽部プレミアオーディオ会員

真田孔明の原点がここに
生涯収入5億円倶楽部メンバーとして、これを読まねば始まらない!すべての活動の前に
必ず熟読するべき、真田孔明ノウハウのすべてが分かる30日無料メール講座

このカテゴリーの関連記事
5億円倶楽部プレミア音声会員
wtc-942771_1280

女性の社会的地位を確立するために(音声)

人生とは本当に不思議なもの。「たった1つの情報を知っただけ」それだけなのに、周囲の評価が大逆転してしまった。 かつて、出産を期

5億円倶楽部プレミア音声会員
man-3221066_1280

男女の陰陽五行エネルギー相対性理論(音声)

僕たち男性にとって、女性はとても重要である。 どの位重要かと言うと、男性は100人、1,000人の男性たちから応援されるより、

5億円倶楽部プレミア音声会員
tree-3094982_1280

信用取引で利用する「お金」の秘密(音声)

3月29日、東京証券取引所での取引開始早々、パナソニックの株価が下落。 車載用電池を供給する米国の電気自動車のテスラが28日に



コメントする