5億円倶楽部プレミア音声会員 > 2018年8月度プレミア会員コンテンツ

「文学億り人」がかかってしまう病気(音声)

level011
coffee-2425303_1280

現役サラリーマン時代から存じ上げているK.K.さん。

「文学億り人」になり、サラリーマンを辞めて独立起業をされたのだが・・・

「ここ最近ずっと、姿が見えないなぁ。」

と思っていたら、Facebookのメッセンジャーにメッセージを頂戴した。

    文学億り人K.K.:
    「ありがとうございます!孔明さんは今でも僕の人生を変えた数少ない一人です。孔明さんの方法でリアルに億越えしました。一番結果が出ました(笑)ブログもそうですし不動産投資も。これからは株が大事だと僕も認識しています。剣客も励みます!!」

「億り人」に成り上がった人たちがかかる特有の精神病に、K.K.さんもかかってしまっていたようだが・・・ようやく最近、再び灼熱のモチベが宿ったようだ。

そこで、今回の孔明タイムでは、普通の文章・コピーライティングと「文学」の違い、「文学億り人」がかかる病気についてお話させて頂いた。

「天上天下唯我独尊」の意味をどう捉えるか?

普通の文章から「文学」へ普通のコピーライティングから「文学」へ一歩深く進むために、理解しておく必要のある概念がある。

理解して使いこなせるようになるものが結果として、時給980円、9,800円から限界突破して、98,000円以上の領域へと上がっている「状態」になる。

それは「◯」の概念である。

「◯」と言えば、釈迦(シャカ)は生まれた直後に、七歩、歩いて右手で天をさし、左手で地をさして「天上天下唯我独尊」と言ったという伝説がある。

「天上天下唯我独尊」をどちらの方向から見るかどうか?

これも普通の文章と文学、普通のコピーライティングと文学の違いであることに気づくまでに、40年以上もの月日を費やしてしまった・・・。

あの頃の僕は、天の上にも、天の下にも、通ずる位。

自分が特別な人間になり、自分自身をも尊敬できる人間にならなくては・・・「天上天下唯我独尊」と、必死にあがいていた。

気がつけば僕も、9月11日で誕生日を迎えれば、42歳になってしまう。。

ここ何年かは、門学や推命の鑑定活動を通して、多くの方々と、お金や成功の大小という軸とはまた違った部分で。

自分と他人、人間とは何か?というものを改めて見直したり、考えさせられる機会が増えた。

すると、いつの間にか、「天上天下唯我独尊」という言葉が、それまでとは別の捉え方で見えるようになっていた。まったく逆の、捉え方になっていたのである。

「天上天下唯我独尊」その人が何者であろうが、今どんな状態であろうが、この世に生を受けてる限り尊いもの。本当にダメな人なんていないんだよ。

なぜなら、今の状態は「関係性」が変われば、いとも簡単に変わってしまうものだから・・・。と考えるようになった。

僕にとっての一番大きな発見

僕にとっての一番大きな発見は、「◯」という概念の本当の意味である。

「錬金術10時間合宿」1時間目の中でも、詳しく言語化している部分から一部抜粋させて頂くが。

もともと「◯」の中身は空っぽ。「◯」の中には何も無い。「門学」で言うところの「門力」を次のステージで活用するために必要な、「◯◯」の概念というものがある。僕たちそれぞれの持つ「◯」。

いや、持っているとされる「◯」という概念そのものが、実は一番の「◯」だった。

その証拠に、独り部屋の中にこもり、「◯」についてどれだけ深く考えたところで、「本当の自分」などということには辿り着くことは無い。

◯◯◯との◯◯が発生している時のみ、「自分という存在」が浮かび上がり、今その時点の◯◯◯から◯◯◯れる自分こそが、今の自分であり。

この瞬間。◯◯◯と自分の◯◯◯の「状態」を切り取ったものを、「本当の自分」と言っているものに過ぎない。「本当の自分」とは、過去にもミライにもあるのではなく、その瞬間に存在している状態なのだ。

たとえば、恋愛・ビジネス活動でのプロフィール、就職活動でのエントリーシート。

自分というものを、言語化してみればみるほど、自分は自分のことからかけ離れたものとなることが分かる。

関わる人間、時間、場所、施設、趣味、仕事・・・。

なぜか自分を言語化しようとすればするほど、自分以外の他人や、◯◯◯が過去に設定し、それがみんなから認知されている、◯◯◯のことしか語ることができない。

つまり、◯◯◯◯の◯◯◯との◯◯◯の状態によって、自我がボンヤリと浮かび上がるものに過ぎず。

自我があるから、◯◯◯との「関係」が発生するのではなく、◯◯◯との「関係」があるから、自我が発生しているに過ぎず。

だから僕たちは、どれだけ深く自分について語ろうとしても、他人との関係性、その「状態」を切り取ったものについて語ることしかできないのだ。

「自分のやりたい事」自分が演じたいと思っている使命・役割を、演じようとすればするほど。追求しようとすればするほど。

それがいつの間にか、◯◯◯から◯◯◯れている、自分の◯◯・◯◯になっている。

自分が演じたい◯◯・◯◯と、◯◯◯から求められる自分の◯◯・◯◯が一致した時。さらには、一致している数が圧倒的に大きくなった時。

結果として、ビジネスや恋愛の活動にて、大きな成功を得ている状態になっているに過ぎない。財と愛に恵まれていると自分の感情が認識している、状態になっているに過ぎない。

けれども、財と愛に恵まれた状態であることに、自分は特別で、圧倒的な人間で、オンリーワンだと、自惚れたり、勘違いした瞬間に、その状態は壊れていってしまう方向性へと進んでしまう。

自分と関係性が発生している人間たち、家族、仲間、友人・・・周りの人間との関係が崩れはじめる。結果として財も愛も無い関係性の状態に戻って行ってしまう。

「本当の自分」とは、自分の心の中に存在しているのではなく、自分と◯◯のある◯◯◯の◯◯◯に存在していて。◯◯◯から望まれる自分の◯◯・◯◯を演じ続けられると、自分の魂が周りからの認識によって光り輝いて見える「◯◯」になっているに過ぎない。

その「◯◯」を各々の持つ◯◯が「◯◯」しているに過ぎない。この事実を理解することが、「門学」による「門力」、推命による「命運のシナリオ」などの力を。

次のステージで、使いこなせるようになるための登竜門であり。自分の発する言葉が、文章から「文学」へと、変わっていくためのヒントになる。

K.K.さんからの久しぶりのメッセージ

    文学億り人K.K.:
    「ありがとうございます!孔明さんは今でも僕の人生を変えた数少ない一人です。孔明さんの方法でリアルに億越えしました。一番結果が出ました(笑)ブログもそうですし不動産投資も。」

知り合ったばかりの頃のK.K.さんは、僕と同じく現役サラリーマンだった。

サラリーマン時代に「禁断メルマガ」と偶然出会ったことがキッカケで「文学」に目覚めたと言う。その年の給料以外からの副収入が、数千万円になった。

さらに勢いは止まることなく、「億り人」へ。K.K.さんは、サラリーマンを辞めて独立起業をされた。

けれども、ここ最近ずっと、姿が見えないなぁと思ったら、「億り人」に成り上がった人たちがかかってしまう特有の精神病。「◯◯◯◯◯◯◯」に、かかってしまっていたようだ。

これまで僕も、何度かかかってしまっているので、K.K.さんの気持ちはよく分かる。一つの目標を達成してしまった後に訪れる空虚。

この状態から、再び心の中に、かつて副業を始めたばかりの頃に秘め持っていたような、業火のようなのモチベ炎を宿すことができるかどうか?

一度「億り人」になった人間が共通に持つ、次のステージに向けた「◯」とも言えよう。

「文学」の「方程式」を教えることで心配していること

20代の頃の僕が、度重なる上司のリストラをキッカケに、「自分の力で稼げるようになろう・・・」と考えた時。世の中に存在する、100倍以上の格差のある時間あたりの収入のヒミツ。

・1時間一所懸命に働いて980円しか稼げない方々
・1時間ゆっくりと働いて9,800円稼げてしまう方々
・1時間だけ働いて98,000円以上も稼げてしまう方

このヒミツが「文学」にあると知った僕が。月財門の力をフルに活用して、体系化した「文学の方程式」。

この「方程式」の通りに、忠実に言動を「文学化」させることで、時間あたりの収入の世界が変わっていくことになる。

ただし、「文学」の「方程式」を教えることで心配していることが2つある。

1つ目は、スタート地点が、人それぞれ違うということ。

「文学の方程式」を習得するべく学んでいく過程で。人によっては、980円だったものが、9,800円の世界に入るかもしれない。人によっては、9,800円から98,000円以上に限界突破する世界に入るかもしれない。

たとえば、K.K.さんの場合は、スタート地点が、現役サラリーマンでありながら、すでに9,800円に匹敵するベースを持っていたのだと思う。

だからすんなりと、98,000円以上の限界突破の世界に突入することができただけで。

仮に980円ベースのスタート地点だった方が、K.K.さんと同じ時間で、同じような結果を出せるということはほぼ無いことは容易に想像できる。

たった◯,◯◯◯文字程度の◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯や◯◯用の◯◯◯◯◯◯もまともに書けない状態がスタート地点の場合。

98,000円以上の限界突破の世界に短期間で突入するなんてことはまず起こりえないと思う。

『ひとり社長のための錬金術倶楽部』で、僕がお伝えしているのは、安易系、インチキインフォ系によくありそうな、『たったの2ヶ月間いとも簡単に「文学」習得で「億り人」!』的な感じのノウハウでは無い。

ここら辺を勘違いして来られる方々がいたとしたらどうしよう・・・。

    安易思考型:
    「孔明さんの言う通り文章書いたのに全然稼げないじゃないですか!」

    孔明:
    「えええ?この書き方は全然違いますよ(T_T)申し訳ないですが、あなたのスタート地点だとすぐには無理ですよ(T_T)まず、9,800円の「当たり前のことを当たり前に伝えられる」ところから目指しましょう。最低限、1,000文字プロフィールくらいは「方程式」通りに書けるようになれないと。。」

お互いにすれ違いが発生。無駄な時間、労力、お金を浪費することになってしまう。「方程式」通りに「文学」レベルが上がれば、稼ぎの質が変わることは確かなのだが。

スタート地点によって、まず目指す目標は異なるし。「文学」というものを安易に認識してもらったらどうしよう・・・この部分がとても心配である。

もう一つ、僕が心配していること。

それは、「◯◯◯◯◯◯◯」の患者さんが増えてしまわないかということ。先にハッキリと言っておくと、大多数の人間にとって、沢山稼げるようになった先に◯◯◯◯は無いということだ。

逆に、◯◯◯の3文字しか待っていない。大きく稼ぐために「文学の方程式」を身につけたいと思われる場合は。

「やめたほうがいいかもしれない・・・今のままがシアワセ。」

稼げるようになった後で食べるどんな高級なフランス料理や懐石料理コースよりも、天下一品ラーメンで、玉子とチャーシューをトッピングしようかしまいか悩みながら勇気を振り絞って注文した時に食べた一杯のラーメンの方が何十倍も美味しく感じるのだから。

手に入れた後の「◯◯◯◯◯◯◯」。あなたは、「文学力」を経て、限界突破した後、この病気にかからない自信はあるのだろうか?かかってしまった後、再び這い上がる自信はあるのだろうか?

孔明タイムを聞いてくれるメンバーには、普通の文章・コピーライティングと「文学」の違いと、「文学億り人」になった後に待ち受けている光景についてシェアしたいと思い、

    ・普通の文章、コピーライティングと「文学」の違いとは?
    ・10代~30代前半の孔明の言動とは?
    ・「天上天下唯我独尊」の2つの捉え方とは?
    ・「◯」の概念と「◯」とは?
    ・「本当の自分」とはどこに存在するのか?
    ・自我が発生するのに必要なものとは?
    ・大きな成功を得ている状態とは?
    ・文章が「文学」に変わっていくヒントとは?
    ・「文学億り人」K.K.からのメッセージとは?
    ・「億り人」が共通して持つ次のステージへの「壁」とは?
    ・「文学」の「方程式」を学ぶ上での2つの注意点とは?
    ・「文学億り人」特有の精神病になりやすい人の傾向とは?
    ・シアワセとはどういった状態のことを指すか?
    ・シアワセをいとも簡単に破壊してしまう「力」とは?
    ・「文学」の「方程式」で稼げるようになる金額とは?
    ・単に「稼ぎたい!」と考えた人に稼いだ後訪れる世界とは?
    ・孔明のマレーシアでの生活スタイルと日々使うお金とは?

以上に関して触れながらお話しさせて頂いた。普通の文章・コピーライティングと「文学」の違い、「文学億り人」がかかる病気についてお話しした56分30秒の音声は、「生涯収入5億円倶楽部プレミアオーディオ会員」として登録頂き、メンバー専用の秘密のページから音声をダウンロードして視聴頂きたい。

なお、「生涯収入5億円倶楽部プレミアオーディオ会員」の一員には、毎週一つこのような特別な内容の音声が送られてくる。2018年8月度は、「「文学億り人」がかかってしまう病気」に加えて以下の音声が配布される。

    2018年8月度音声リスト
    ◆8月5日:
    「文学億り人」がかかってしまう病気
    (56分30秒/20.4M/MP3形式)
    ◆8月12日:
    ビジネス・投資で必然的に勝つために
    (51分52秒/18.7M/MP3形式)
    ◆8月19日:
    「神の瞑想法」から算出された「3秒」
    (52分47秒/25.3M/MP3形式)
    ◆8月26日:
    悩める女子の救世主との出会い
    (52分37秒/25.3M/MP3形式)

    孔明タイムが音声が視聴できる
    生涯収入5億円倶楽部プレミアオーディオ会員

真田孔明の原点がここに
生涯収入5億円倶楽部メンバーとして、これを読まねば始まらない!すべての活動の前に
必ず熟読するべき、真田孔明ノウハウのすべてが分かる30日無料メール講座

このカテゴリーの関連記事
5億円倶楽部プレミア音声会員
climb-2125148_1280

ビジネス・投資で必然的に勝つために(音声)

ファーザー: 「ヒーロー(長兄)に会って、アメリカ聴いて来なさい。」 ファーザーからアドバイスを受けたサッチェルと僕は、長兄と

5億円倶楽部プレミア音声会員
meditation-2214532_1280

「神の瞑想法」から算出された「3秒」(音声)

「地下ソサエティ」の謁見宴(ディナー)のために、アメリカ・ロサンゼルス入りした。中国本土にサラリーマンとして駐在していた頃偶然



コメントする