「ブラック経営学」音声会員 > 2018年「ブラック経営学」コンテンツ

2018年2月度プレミア会員限定音声

level011
banner-201802

    ◆2月4日:
    「大人たち」に有利なビジネスの世界を生き残る術
    (58分34秒/17.6M/MP3形式)
    ◆2月11日:
    「仮想通貨」より稼げる投資と心理の法則
    (55分49秒/23.5M/MP3形式)
    ◆2月18日:
    充実した人生を送るために考えるべきこと
    (1時間2分/22.6M/MP3形式)
    ◆2月25日:
    オールアバウト仮想通貨2018
    (49分53秒/21.2M/MP3形式)

「大人たち」に有利なビジネスの世界を生き残る術

glass-ball-1746506_1280

最近ご家族とともに、マレーシア・ジョホールバルに引っ越しされてきた「天才」物販・情報ビジネス経営者のTさん。

自宅近くのポン・デロッサゴルフ場のドライビングレンジで、打ちっ放しをしていたところ。

「見たことがある後ろ姿だな・・・」と思っていたところ、Tさんがインド人のコーチから、レッスンを受けている最中だった。

僕と同じく本格的に、ゴルフに取り組み始めたようだ。

そこで、今回の真田孔明の「ブラック」経営学では、僕がゴルフを生涯活動として始めた理由と、若き「天才」物販経営者と50代、60代物販経営者を取り巻く環境の違いについてお話させて頂いた。

孔明がゴルフを始めた理由とは?

最近ハマっていることとして、ゴルフがある。毎日18ホール回っている。といっても、始めたのは1月8日の月曜日からで、まだ4日間しか経過していない。

月曜日は、マーベリックの宮本くんと回ったが、火曜日と水曜日は、孤独のゴルフということで、1人で周り、木曜日は、不動産の賃貸管理、仲介をされているIKI LINKS社の足利社長と一緒に回った。

これまでは、体を動かすのによいかなと思い、たまにドライビングレンジで、打ちっ放しをしていたのだが・・・

地下ソサエティの謁見宴(ディナー)の際に、

北野会長:
「ゴルフは、練習だけしても意味はない。お前らは、何かやるにしても、Youtubeで調べたり、情報商材を買ったり、書籍を読んでみたり、そしてひたすら練習してばかりだ。」

「それだったら、何もできるようにならない。ゴルフに練習などいらない。とにかくグランドに出て、目の前のボールを前に叩けばよいだけなんだ。そこから始めろ!」

とおっしゃられた。

北野会長は、ご趣味であるゴルフ、釣り、草むしりなど。単純作業をやる時に、瞑想をやられているという。ずっとビジネスや投資のことをひたすら考え続けることを習慣付けられている。

北野会長:
「ビジネス・投資をスタートさせる時、とにかく1つのことを700時間は考え続けろ。お前らは、なんでも考える時間が短すぎる。頭を使わないで、何かをやろうとするから、浅はかになってしまうんだ。」

北野会長:
「ゴルフ場に出て、18ホール回ると、1球1球打つ時に、ビジネスで1つのテーマを決めて、打つたびに瞑想という形で、ずっと考え続けろ。そうやって、毎回ゴルフ場に出て、18ホールを回って瞑想すると、同じことを100回以上考えることができるようになるだろう。」

というお話があり、なるほどなーと思った。

そこで、瞑想のためにゴルフをやろうと思い立った。日本に一時帰国したタイミングで、ヤフーオークションで、ゴルフクラブセットを検索してみたところ。MIZUNOの「T-ZOID」のクラブセットが、落札価格29,800円で掲載されていたので購入。

マレーシア・ジョホールバルに、ゴルフクラブセットを持ち込んで、コースデビューした。

ゴルフをやる重要な目的は、瞑想なのだが、それ以外にもある。

18ホールを周ると、4時間歩き続けるというところで、◯◯歩ほどになっているようで・・・

北野会長:
「1日最低、◯◯歩は歩かんと!」

以前パリを訪れた時、ルイ14世が、1日◯◯歩歩いていたという言い伝えがあったが。とにかく大富豪の方々は、よく毎日歩く。足腰も、ビジネス・投資をやる上で命になる。

人間の◯は、足腰が弱ってから、どんどんと弱ってくるので、とにかく足腰を鍛えるチャンスがあれば、鍛え続ける。

そういった意味でも、ゴルフは良い。

普段パソコンや、iPhoneのゲームをやっているので、肩こり、目の疲れがあるが、ゴルフをやって、体全体を動かしていると、そういった疲れの解消にもつながる。全身の筋肉をほどよく動かすので、マッサージもいらないような、リラックスした状態になる。

瞑想が、ビジネスと投資に直結するし、人脈の構築、接待を考えいくと、非常におもしろいと思い、生涯活動の1つとして、ゴルフを加えようとスタートしたのだ。

物販の「ニュータイプ」と「オールドタイプ」

物販ビジネス・情報ビジネスの「天才」Tさんが、ご家族とともに、マレーシア・ジョホールバルに引っ越してきた。

相当稼いでいるようで、夜遅くまで、語り合いながらお酒を飲んだ。Tさんとは、今回が初対面かと思ったのだが・・・

6年ほど前に、物販軍団と香港でお食事を一緒にしたのだが、その時にTさんもいらっしゃったようだ。

2004年からブロガー活動している関係から、僕にはオンライン物販系のスペシャリストたちの知り合いが沢山いる。

彼らはみんな共通して、僕よりもずっと年齢が若い。僕が玩具メーカーの営業マンとして、「物」を売ることができるから、「情報」「サービス」も売ることができたように。

オンライン物販ビジネスの分野で、「物」だけでなく、「情報」や「サービス」の販売の分野でも稼ぎまくっている。

彼らのお話を聴いていると、本当に「天才」だと思い感心させられる。

次から次へと、最新トレンドの売れ筋商品を発掘。海外の企業であろうとも、直接独占販売契約を獲得して、日本をはじめ各国にオンラインを通して販売しまくる。

言動を見ていると、僕自身がいかに凡人で、「オールドタイプ」なのか良く分かる。かつて僕も20代の頃があり、インターネットを駆使することで普通の大人たちの、3倍速で動けると、僕自身が、ジオンのシャー大佐のようになったかのように考えていたが。

次から次へとインターネット上で降臨する、本物の若い天才たちを、目の当たりにすると、「ニュータイプ」のアムロが登場した後の、シャー大佐の如く、自分がいかに普通であるかを、知らされてしまう。

けれども・・・俯瞰レベルを一つ上げて考えてみると、まったく違う光景が見えてくる。若い「ニュータイプ」たちが、モビルスーツを、2倍速、3倍速で操縦して、次々に敵を撃沈するかの如く、売れる商品(モノ・情報・サービス)を次から次へと見つけて、販売しまくることができるのだが。

それでも僕よりも上の世代、50代、60代の「大人たち」の方々の方が◯◯の◯◯を持っていたりする。

さらに驚くべきことに、彼ら「大人たち」は、売れるのか、売れないのか、良くわからない商品を、10年、20年、30年と、ひたすら売り続けているのである。

現に銀行は、若い「ニューターイプ」たちに、◯◯を沢山◯◯◯◯しないようだ。なぜか、古い「オールドタイプ」の方々に、年を追うごとに沢山の◯◯を◯◯続ける。

その証拠に、月商1,000万円、2,000万円と、稼ぐ「ニュータイプ」たちよりも。永遠に月商300万円しか稼いでいない物販の会社に、数千万円、数億円、数十億円・・・と◯◯を◯◯続けている「リアル」が存在する。

ここに金融資本主義の、矛盾がよく見えてくる。

「ニュータイプ」たちが、沢山お金を稼いでも、それはビジネスの利益であるからして、稼げば稼ぐほどに◯◯を沢山◯◯◯続けることになる。節税をし続けてしまうと、ある日突然◯◯がやってきて、利益を根こそぎ奪っていく。

一方、銀行からお金を貸してもらっている「オールドタイプ」たちは。ビジネスの利益は元々少ないのに、年を追うごとに、銀行口座には大量のお金が蓄積し続ける。

しかも、銀行から◯◯◯もらったお金には、いくら増えようとも、ただの一円も◯◯がかからないのである。世の中は、「大人たち」に有利なように作られているようだ。

「ニュータイプ」の若き天才たちは、永遠に売れ筋商品を、見つけ続けることはできるだろうか?それはどうなのかは僕には分からないが。

一つ言えることは、永遠に同じ商品を売り続けて、月商300万円とか月商500万円とかの「オールドタイプ」の経営する会社には、ヒット商品にただの一度も巡り合うことなくとも、永遠の如く続いていく。

そして、銀行から◯◯◯もらったお金が銀行口座の中に、◯◯し続けて、増大し続けるという「事実」が存在することだ。

孔明弟へ・・・「来年は売上◯◯◯ように」

「孔明弟」の会社の三期目の決算が終了、「決算書」が出来た。3期目の決算書に記載されていた、売上高は、売上高:約6,800万円・・・といったところだ。

詳細を明かすことはできないが、しっかりと黒字経営になっている。

1期目、2期目、、、と順調に売上を、横ばい的に微増させて来た。普通の会社であれば、「来年は200%売上伸ばすように!」とかの経営指導が入ると思う。

けれども、孔明弟とのミーティングでの「経営指導」は・・・。

「1期目、2期目、3期目と、3年連続で売上増えて来たので、4期目は◯◯◯◯◯ように!」

・・・という指導である。

そして、「ニュータイプ」の天才たちのように、「売れ筋商品を見つけるように!」などという経営指導も一切しない。

「来年も変わらず、同じ商品を、同じように、売り続けるように!」・・・という経営指導をしている。これで本当に良いのだろうか?

その答えは、銀行から貸してもらい、銀行口座の中に滞留しているお金の量によって結論がでるのではないだろうか?

孔明弟は2014年末に、新規創業融資としてエリートサラリーマンの貯蓄33.3年分に相当する2,000万円を銀行から一撃で貸してもらった。2017年前半には、追加で2,000万円、エリートサラリーマンの貯蓄、66.6年分に相当する累計4,000万円を銀行から貸してもらっていることになる。

今分かっていることは、売上はずっと横ばいであるが、このまま行けば、5,000万円、1億円・・・と、銀行から貸してもらえるお金によって、銀行口座に滞留しているお金の残高がただ一方的に増え続けることである。

今、仮想通貨の投資で、少ない◯◯が、10倍、100倍になってしまった、「億り人」たちが続出しているようだが。

孔明弟の場合は、最初から0の状態で、銀行からお金を貸してもらってから、ビジネスをスタートしているので。

「◯◯」そのものが存在しない。にもかかわらず、時間の経過と共に、確実にお金が増大し続けている。

この現象は、「仮想通貨」よりも、「本物の日本円」の方が、◯◯に◯◯◯◯形で、何も無いところからお金が増え続ける。とも表現できるのではないかと僕は思ってしまうのだが、あなたはどう思うだろうか。

僕たちが踏襲しているのは、「ニュータイプ」たちのような、天才たちができる稼ぐ方法ではなく。

どちらかといえば、昭和の時代から生き続けて来た、「オールドタイプ」たちの方法かもしれないが。

稼ぐ天才ではないからこそ、見える世界、続けられることがあるということが、孔明弟の実績はじめ、仲間たちの実績によって、リアルに実感できるようになってきた。これから孔明弟が、3期目の決算書を持って、各銀行への「あいさつ」に行く予定であるが。

2018年は銀行が、どのように孔明弟の会社のパフォーマンスを評価してくれるのか?今から非常に楽しみだ。

もしもあなたが、「ニュータイプ」たちのような、稼ぐ天才であれば、今の常にトレンドを探し続けて、売れ筋商品を販売しまくって稼ぎ続ける・・・というのも良いだろうが。

そういう天才的な能力が無いと言う場合は、やはり「オールドタイプ」の闘い方というのも非常に参考になると思う。

「オールドタイプ」の50代、60代物販経営者が、流行りの商品を追い求めることなく、10年、20年、30年と生き残り続けている。その理由は何?というところに、みんなが注目すべきなのだ。

なぜなら、この日本の◯を牛耳っているのは、彼らのような人間であり。若い世代の人たちは、稼いだとしても、貯まらず、持って行かれる形になっているのだから。その仕組みをよくよく理解できた僕たちは、「◯◯◯◯◯◯」に取り組んでいるのだ。

真田孔明の「ブラック」経営学の音声を聞いてくれるメンバーには、僕がゴルフに取り組み始めた理由と、物販ビジネスで垣間見える金融資本主義の矛盾についてシェアしたいと思い、

    ・孔明がゴルフコースデビューした理由とは?
    ・ビジネス・投資をスタートさせる時すべきことは?
    ・北野会長がゴルフコースを周る時にされていることは?
    ・孔明がヤフオクで落札したゴルフセットの価格とは?
    ・ゴルフで18ホール周ると何歩歩いていることになるか?
    ・大富豪に共通する1つのある習慣とは?
    ・人間の脳が弱ってしまう1つの要因とは?
    ・孔明が生涯活動としてゴルフを加えた理由とは?
    ・ジョホールバルに引っ越してきた天才Tさんとは?
    ・孔明は「オールドタイプ」か「ニュータイプ」か?
    ・物販ビジネスの若き「天才」たちの行動とは?
    ・50代、60代の「大人たち」が物販で販売している商品は?
    ・物販ビジネスにおける金融資本主義の矛盾とは?
    ・「ニュータイプ」の物販経営者を取り巻く環境とは?
    ・世の中が「大人たち」に有利に作られている現象とは?
    ・孔明弟の会社3期目の売上高とは?
    ・孔明弟の会社4期目の売上高指導の内容とは?
    ・孔明弟がこれまでに獲得した銀行融資総額とは?
    ・稼ぐ天才ではないからこそ見える世界とは?

以上に関して触れながらお話しさせて頂いた。僕がゴルフを生涯活動として始めた理由と、若き天才物販経営者と50代、60代物販経営者を取り巻く環境の違いについてお話しした58分34秒の音声は、バックナンバーとしてご購入頂ける。

「仮想通貨」より稼げる投資と心理の法則(音声)

rail-2803725_1280

今年一番の僕の夢は・・・45年間ただの一度も飛ばすこと無く、大富豪になられた御方である剣聖と一緒にゴルフをプレーして、18ホールを回らせて頂くこと。

1月中旬に剣聖が、マレーシア・ジョホールバル入りされたタイミングで夢が叶う形となった。

剣聖と一緒に18ホールを回る中で、ゴルフのことだけではなく、株式投資との共通点などをお話頂き、まさに夢のような一時だった。

そこで、今回の真田孔明の「ブラック」経営学では、ゴルフと株式投資の共通点と東京から情報があった「仮想通貨」についてお話させて頂いた。

「株式投資の極意がゴルフ18ホールの中にあり」

昨年、ハワイのワイキキビーチ近くの高級ステーキレストランで開催された謁見宴(ディナー)の中で、剣聖がおっしゃった。

    剣聖:
    「ゴルフをやってみなさい!株式投資の極意も、ゴルフ18ホールの中にある!」

・・・と。

    剣聖:
    「ドライビングレンジで、練習などはしなくて良いから、いきなり18ホールに出なさい!」

・・・とのことで、ドライビングレンジの練習をほぼすっ飛ばして、イキナリ18ホールを回り続けていたわけだ。

    孔明:
    「一体、ゴルフの中にどんなヒミツが隠されているのだろうか?」

・・・僕にはまったくイメージもわかなかったが、

    孔明:
    「ぜひゴルフ18ホールご一緒お願いします!まず1月はマレーシアジョホールバルで!そして2月はタイバンコクで!」

    ・・・ということで、お願いさせて頂いた。

こうして、剣聖直々にゴルフをしながら、「株の稽古」をつけてもらえるアクティビティ、「北のゴルフ倶楽部」の結成へとつながったのだ。

そして、いよいよ念願の、待ちに待った、剣聖とのゴルフ18ホールを回る日が到来したわけだ。前日は、遠足前の小学生の如く、興奮で中々寝付けなかったのは言うまでも無い。

    剣聖:
    「事前の予約はいらない!その日空いてるところに行けばいい!」

・・・とのことだったので。

自宅近くのポンデロッサゴルフコースに行ってみると、今日は団体さんが、バスで乗り付けてくる形で、完全に満員だった。そこで、自宅の近くに、もう一つゴルフコースが存在しているのを知ることに。「ダイマンゴルフ場」

孔明:
「おおお、なんと贅沢な環境!自宅近くに2つもゴルフ場があっただなんて!」

実際「ダイマンゴルフ場」に行ってみるとガラガラだった。しかも、超安い!「ポンデロッサゴルフ場」よりも安い!バギーアリで、1人たったの男性75リンギット(約2,100円)女性50リンギット(約1,400円)。

もしもバギーいらずに、手で引っ張っていくタイプだと、もっと安くなり、18ホール回るのに男性一人800円とかになってしまう。

    孔明:
    「あああ、僕はこんなゴルフ天国に住んでいながら、今まで7年間も、何をやっていたんだ( TДT)」

・・・と、叫んでしまった。

ゆっくりと撫でるだけで飛ぶ剣聖の太刀筋

剣聖のプレーは・・・凄かった。ドライバーなんかも、まったく力を入れてなく、ユックリと撫でるように、ドライバーをボールに置いている感じなのにビュンと飛ぶ。ドライバー、ウッド、アイアン、パター、どれを取ってみても、たおやかな動きをされていらっしゃった。

    孔明:
    「剣聖と一緒にプレーするなら、ミスをしてはいけないのでは!?」

と思うと、いっぱいミスをしてしまうが。

    剣聖:
    「◯◯◯◯◯◯を◯◯◯人が、一番お得だから、それで良しとしなさい。」

この一言を聞いて、非常に安心して、気楽にプレーできた。

プレー中、剣聖から直々に、ゴルフのマインドセットもご教授頂いた。見晴らし良い場所だと、まっすぐ飛ばすことができるのだが、目の前に池や森があると、ボールをそちらに打ち込んでしまう。

その時の僕のマインドセットは、「池に入らないようにしよう。」「森に入らないようにしよう。」というもの。

    剣聖:
    「お前の顔が、進行方向に向いている!」

とおっしゃったように。

池に入れまいとして、池の方向を向き、森に入れまいとして、森の方向を向き、ボールが見事に、見ている方向に飛んでいく。

自分が、入れたくないと考えれば、考えるほどに、顔がそちらを向いてしまう。では、どうやったら池や森に入らなくなるのか?

剣聖:
「池に打ち込まないとして、打ち込んでしまう。森に打ち込まないとして、打ち込んでしまう。だったら◯◯、◯◯◯◯◯◯◯◯と、◯◯狙ってボールを打ってみろ。そしたら、◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯から。◯◯◯◯◯、◯◯◯◯◯◯◯◯できたら、お前は、プロゴルファーの松山と肩を並べて競技できるようになる。」

この時の心理と行動のパターンが、株の取引をやっている時も同じで・・・

◯◯◯◯◯◯取引すると、損する◯◯◯◯取引すると、儲からない逆に、◯◯◯◯◯◯◯にしてボタンを押すと儲かるといったのが心理になる。

株は本当に自分との戦いでなので、僕は立て続けに30万円、20万円、10万円と抜き続けるのが続いているが、全然◯◯◯◯としてはやっていない。自分が願おうとする◯を、意識づけてやらなければならないと分かっているためだ。

剣聖とのゴルフプレーは、超豪華なものとなり、まさに夢のような一時だった。

前半9ホールのプレー後は、「ダモンゴルフ場」の中に併設されている高級中華料理レストラン「北京樓」にて7名一緒に食事。まだ日本の株式相場も開いている時間帯なので、剣聖も僕たちも、スマートフォンを立ち上げて、「居合抜き」をしながらのランチとなった。

・ゴルフをレクチャー受けながら
・株式投資もレクチャーを受けられる

大富豪であられる剣聖直々に。およそ、ビジネス・投資の活動をしている人であれば、これ以上の喜びは他には味わえないのではないだろうか?

この状態が、途中のランチタイム含めて、約6時間以上も続くのだから・・・。

「東京案件」熱い・・・

「東京案件」を中心にゴルフ18ホール回りながら「居合抜き」をして、日給+3万8,600円だった。

悲しいことに、僕が利確した後、さらに上昇して行ってしまい、

    孔明:
    「ああああ、◯◯◯◯が上がっていった~!勿体無い( TДT)」

・・・と泣いていると、

    剣聖:
    「それでいいんだ、薄切り!薄切り!」

・・・と、慰めて下さった。しかし、この組み合わせは、改めて無敵である。

「ゴルフ18ホール」と「居合抜き」「ダモンゴルフ場」の出現により、いよいよ18ホールプレー代が、800円とか、2,000円とかのレベルになってしまったので、「「居合抜き」をしながらゴルフをプレーする」

・・・これだけでも、株式相場が続く限り、一生お金に困らないのでは無いかと確信に至ってしまった。

さらに、剣聖からは今回、「10倍を目指す銘柄」がテーマの新「東京案件」情報をいくつも教えてもらった。

1月というタイミングもあるのか?

・剣聖の新「居合抜き」銘柄
・未上場ミライ株2社
・既上場ミライ株4社
・中国未上場株2社
・米国銘柄2つ
・某素材銘柄1つ・・・

「地下ソサエティ2018」は、非常に面白いことになりそうな予感がする。

ただし、僕がゴルフと同じように、株が上達することで、最大限に活用できるわけなのだ。

また、「東京案件」は、タイミングが重要になる。その株が永遠に稼げるのではなく、そのタイミングでやればアツいというお話で、◯◯◯◯のタイミングは、完全に自己責任になる。

◯◯◯として取引しているものでも、タイミングが訪れると◯◯◯◯する。

今日◯◯◯としても、また明日◯◯◯◯るので、過去の◯◯がどうだったか?は関係なく、その日、足元だけを見て買って、上がっていたら売るという繰り返しになる。

良い銘柄があれば、それだけでも、ご飯を食べられるだけのお金を、安定的に抜くことができるようになる。未来を見てはいけなくて、その日その日だけを見ていく。

上がることを前提として、「東京案件」の情報が来るのだが・・・それを企んで、「今日買ったものを、10年間持っておけば良いんだね。」というのは違う。

資産株と定めたのなら、持っておく分があっても良いが、◯◯◯◯◯◯◯◯のが基本のパターンになる。

◯◯◯◯時に◯◯て、◯◯◯◯時に◯◯◯◯形で、値動きの◯◯◯◯を取ることができればおいしい。

ホールドしている状態だと、上がったら自分が喜ぶだけ、下がったら怖いということになるだけで、手仕舞うまでずっと同じ玉を握っていることになりダメなのだ。

この株は将来どうなるか?というのをぼんやりと見ながら、日々、その時でやる株は、◯◯◯の◯◯だけを見ていく。というのは・・・ゴルフも一緒で。

前を見ようとして、失敗しまいとすると、失敗する方向に進んでしまう。足元のボールだけを見て、ゴルフクラブにまっすぐに当てさえすれば良い。

前を見て、あっちに飛ばしてやろうと意気込んだり、池に入れないようにしようと考えると、失敗するように動いてしまう。とにかく、ぼんやりと未来はあっちの方にあるんだよと見ながら、一打一打は足元を見て打つのだ。

ゴルフについては、足腰が鍛えられるし、精神統一ができ、集中力が上がるので、株とともに生涯活動として鍛錬を繰り返し、大きなチャンスを活用したいと考えている。

東京から情報があった「仮想通貨」

海千山千たくさんある「仮想通貨」の中で、「この「仮想通貨」は良いんじゃないか」という情報が東京からあった。

    孔明:
    「この「仮想通貨」って、メンバーに教えても良いんですか?」と剣聖に尋ねたところ。

    剣聖:「◯◯◯◯」

と本当の顔をしておっしゃっていた。

株・不動産・FXなど、世の中の全ての投資は、例外なくゼロサムゲーム。これに例外はない。

勝った人と負けた人で、市場が成り立つゲームなので、億超えがたくさん出てきているイコール誰かがたくさん失敗しないと、億超えがたくさん出てこない。

結局、億を稼いだと言っている時点で、◯◯◯◯されている。

その人たちのほとんどが◯◯であって、◯◯することで、◯◯◯◯◯◯や◯◯◯◯◯◯◯◯◯が◯◯◯きているから言っているだけ。踊らされて、信用取引をしていた人たちが、ちょっとの暴落で失敗して、さらに下げが続いていってしまう。

    剣聖:
    「そんなあやふやで実体がないものに手を出すより、永遠に続く◯があるのだから、こっちで稼ぎなさい。」

と声を大にしておっしゃっていた。

「仮想通貨」は、本当に仮想のままで終わってしまうかもしれない。不動産などのバブル崩壊は、まさに、業者さんたちが、煽りまくって、売りまくった結果。

歴史は繰り返すので、誰かが億を稼いだ時に、自分が◯◯◯いる側なら良いが、◯◯◯いる側に回ってはいけない。

もちろん自己責任だが、歴史を繰り返すので、上がり続けることはない。

波をつかめる側の人か、つかめない側の人か、大きく人生が変わってきてしまうと思うので・・・この事実を認識して、よくよく考えた方が良いだろう。

真田孔明の「ブラック」経営学を聞いてくれるメンバーには、ゴルフをプレーすることで分かった、ビジネス・投資との共通点と、東京からの情報があった「仮想通貨」への取り組みをシェアしたいと思い、

    ・孔明がゴルフコースに出るようになった理由とは?
    ・今後の孔明のゴルフプレーの予定とは?
    ・「北のゴルフ倶楽部」結成秘話とは?
    ・「北のゴルフ倶楽部」の活動内容とは?
    ・「北のゴルフ倶楽部」初日に起こったアクシデントとは?
    ・タマンモレック近くの「ダイマンゴルフ場」のプレー価格とは?
    ・剣聖のゴルフプレーのスタイルとは?
    ・ゴルフ初心者が池や森のボールを打ち込んでしまう理由とは?
    ・ゴルフのプレーと株取引における共通点とは?
    ・非常に安心してゴルフプレーができた剣聖の一言とは?
    ・孔明が遭遇したゴルフの重大なマナー違反とその時のマインドとは?
    ・ゴルフプレーをしながらの「居合抜き」の結果とは?
    ・一生お金に困らないのでは無いかと確信した理由とは?
    ・新「東京案件」情報が集中している某国とは?
    ・東京から情報があった「仮想通貨」とは?
    ・全ての相場がゼロサムゲーム=億り人が話題になった時取るべき行動は?
    ・東京案件に取り組む際のマインドセットとは?
    ・東京案件の情報が回ってきた時に重要になるものとは?
    ・剣聖はビジネスと株取引をどのように考えているか?
    ・億を稼げる人と稼げない人の違いとは?
    ・ビジネスで稼ごうとしてもお金が残らない理由とは?

以上に関して触れながらお話しさせて頂いた。ゴルフと株式投資の共通点と東京から情報があった「仮想通貨」についてお話しした55分49秒の音声は、バックナンバーとしてご購入いただける。

充実した人生を送るために考えるべきこと

tokyo-960256_1280

シンガポールで、「命運の成幸フォト撮影会」と、地下ソサエティの謁見宴(ディナー)が開催された。

地下ソサエティメンバーのOさんが、「命運の成幸フォト撮影会」2日目に、会場であるリッツカールトンホテルまで、僕を迎えに来て下さった。

J(ジェイ)へご挨拶ということで、ホテルの部屋まで上がって来られたのだが、部屋に入った瞬間、J(ジェイ)への挨拶ではなく、参加者のFさんの姿を見て、絶望的な後悔をすることとなった。

そこで、今回の真田孔明の「ブラック」経営学では、「命運の成幸フォト撮影会」で、Oさんが絶望的な後悔をしてしまった理由と、シンガポール在住韓国人のガバメントガイ(政府の人)とゴルフコースを一緒に回り感じた充実した人生を送るため考えるべきことについてお話させて頂いた。

「命運の成幸フォト撮影会」で「命運◯◯」

「戊の戌年」では、僕の◯◯門の力が極限まで引き出されるようだ。◯◯力というものが、高まるのをリアルに感じる。

なんかこう、都度◯◯◯と、降ってくるような感じ。ゴルフボールを何時間も見つめながら◯◯することで、習得した技とも言えるが。

そんな中、「鑑定士」としての力も、湧き上がるのを感じる。今回、シンガポールのリッツカールトンで開催された「命運の成幸フォト撮影会」の中で。

たった1、2時間の間に、過去を的中させるだけでなく、「命運◯◯」までをも実施。鑑定を通して約1、2時間ほどお話させて頂くだけで、鑑定を受ける方がまったく別人のように変貌を遂げてしまう。

言葉の通り、「変化」ではなく、あくまでも「◯◯」。「鑑定」後の「命運◯◯」を、第三者から客観的に見ても、「明らかに◯◯!」と断言させてしまう程のレベル。

そして、鑑定によって、「命運◯◯」した後ホカホカの状態で、J(ジェイ)の、パートのバトンタッチ。「成幸フォト」を通して、物理時空上に◯◯化してくれるので、その「◯」がぶれない「◯」として、ご自身に◯◯◯◯◯◯完了されるといった流れである。

Fさんの変貌に絶望的な後悔したOさん

「命運の成幸フォト撮影会」アクティビティ終了の時間帯に併せて、月立門特級のOさんが、リッツカールトンまで僕のことを迎えに来て下さった。実はこの月立門特級のOさん、「命運の成幸フォト撮影会」のOBである。

かつて・・・うつ病でボロボロの状態のサラリーマンだったのだが、「命運◯◯」により、超健康体に、今では稼げる経営者として力強く活躍されていらっしゃる。

毎月半分を東京で過ごされ、残り半分をリゾート地で過ごされ、という優雅な暮らしっぷりである。そんな中、

Oさん:
「J(ジェイ)さんにご挨拶を!」

・・・ということで、J(ジェイ)と、今回の参加者たちのいる、リッツカールトンの部屋まで上って来られた。

しかし、部屋に入った瞬間・・・Oさんの目は、J(ジェイ)や僕にではなく、即座に「命運の成幸フォト撮影会」に参加されていた女性、Fさんの方に行ってしまった。「J(ジェイ)さんにご挨拶」は一体どこに行ってしまったのか?

Oさん:
「どうしちゃったんですか?変わりましたね!!!とても綺麗です!」

・・・とか言いながら、即座にFさんに◯◯◯◯◯をお願いしていた。Oさん(男性)はFさん(女性)に対して「変わりましたね!」と言ったが実はこの2人、日本で開催された僕ら系のアクティビティで一度面識がある。

その時は、OさんはFさんと会話する機会があったにも関わらず、具体的な行動は全く無かった。すでに月立門の王として、覚醒された今のOさんは、目の前に好みの女性が来られた時、見逃すはずが無いから。その時のFさんは、輝けていなかったと思われる。

しかし、今回Oさんは、すでに「命運◯◯」されたFさんと再会した瞬間に、J(ジェイ)と僕がその場にいるのを忘れたかの如く、全ての気がFさんに一点集中。

Fさんと◯◯◯を◯◯し、◯◯◯の◯◯◯で、◯◯◯◯◯◯をかけていらっしゃった。その後も、Oさんは、Fさんとの別れを、名残惜しそうに部屋を出られ、僕と2人でタクシーに乗っていた時も、

Oさん:
「Fさん滅茶苦茶綺麗になりましたね!」

・・・と、最初にお会いした時に、◯◯◯◯◯◯をされなかった事に、絶望的な後悔をしながら、何度も言葉を繰り返されていた。

そして・・・

Oさん:
「改めて「命運の成幸フォト撮影会」って凄いですよね。。。」

「命運の成幸フォト撮影会」OBでもある月立門特級Oさんも、過去の自分と、今の自分との変化を懐かしい感じで振り返られていた。

「命運の成幸フォト撮影会」に参加された前と後の変化っぷりが、リアルに分かるエピソードとなった。

政府韓国人と住所不定無孔明の共同プレイ

最近、家でゴロゴロしながら、オンラインゲームをプレイする時間がメッキリ少なくなり。

孔明:
「出勤して来ます!」

・・・と言いながら、マレーシア・ジョホールバルの自宅コンドミニアム近くのゴルフ場に駆け込む。ドライビングレンジで、軽く肩慣らしを100球程した後。ゴルフ場の受付で、お金を支払い、カートに乗ってコースへと繰り出す毎日を送っている。

ある日は・・・

スタッフ:
「今日はこちらの方と一緒に回ってください。シンガポール在住の韓国人の方です(英語)。」

孔明:
「よろしく!(英語)」
韓国人:「よろしく!(英語)」

僕と同じ年のシンガポール在住韓国人のガバメントガイ(政府の人)。朝の9時から、韓国人と一緒に18ホールを回るのに混んでいたので4時間以上もかかり、終了したのは午後13時過ぎである。

・・・と言っても、早く終わらないかな。。とか考えながらやっているのではなく。夢中になってコースを攻略している間に、気がついたらいつの間にか、18ホール終わっていたという感じである。

韓国政府の人に羨ましがられた・・・。

ちなみに、一緒に回った韓国人は、1976年生まれで、僕と同じ年だった。彼は、シンガポール在住で、韓国政府のお仕事をしているという。

韓国人:
「あなたは、何やってるの?」

・・・と聞かれて、一瞬アレ?僕何やってるんだっけ?

・「居合抜き」の「剣客商売」
・北のセオリー
・四柱推命鑑定士

・・・どれも、韓国政府の方には、怪しいことばかりそうだ。ということで、◯◯◯◯を◯◯◯◯するジェスチャーで、「◯◯◯◯!」と言っておいた。

韓国人:
「あなたはリタイアメントビザでこちらに住んでいるんでしょう?そういう生活ができて本当に羨ましい!(英語)」

・・・と言っていたが、僕は元々、組織の中で骨を埋めたいと思っていたほどのガチ組織人間だった。約12年間勤務していた、日本の一部上場企業の中でまじめに出世を狙っていたのだけど。

2010年に◯◯◯◯◯が◯◯◯に◯◯て。

◯◯◯に「円満退社」ということで、辞めることになってしまっただけ。。。

    巨大組織人間のメリット(海外駐在員の場合)
    ・出張の費用は全て会社負担(長距離はビジネスクラス)
    ・出張のホテルは全て会社負担(五つ星ホテル)
    ・予約は秘書か総務などのスタッフがやってくれる
    ・会社の仕事も書類業務とかほとんどスタッフやってくれる
    ・自分はスタッフが決めたスケジュール通りに
     出張に行って、商談したり飲んだりするだけ
    ・タクシーは全て会社負担
    ・何でも支払える会社名義のクレジットカード持ってる
    ・会社の看板のお陰でお客さんがいつも接待してくれる
    ・お客様との飲みはクラブさえ会社負担
     (会社の偉い人は年間2,000万円クラブ費用使ってた)
    ・はじめて会った人に会社の名刺出すだけで
     後光を感じてくれる
    ・銀行とか公的機関の人たちが優しい
    (HSBCとかも会社名言っただけで簡単に開けた)
    ・住居は全て会社負担
    ・子供たちの学校費用まで会社負担
    ・光熱費も会社負担
    ・危険地域だと「危険手当」まで出る
    ・保険モロモロも会社負担
    などなど。 

・・・上記のメリットを謳歌したまま、収入は副業でいくらでもアドオンできてしまう。まさに「◯◯モード」。本当なら、副業ビジネスをしながら、ずっとサラリーマンを続けていたかった。なぜなら、会社から追い出されてしばらく経った今では、

    ・飛行機もホテルも◯◯◯◯で予約
    ・飛行機は◯◯◯
    ・ホテルは◯◯◯◯
    ・移動は◯◯◯◯
    ・洋服は◯◯◯◯・腕時計も◯◯
    ・クレジットカードで何でも切れるが◯◯
    ・名刺とかあってもしがない◯◯◯◯◯
     的にしか思われない 

    ・・・などなど、隅々に至るまで、◯◯◯◯と◯◯だけが漂っている。贅沢しようとおもえばできるのかもしれないが、自分のお金とわかると、もったいなくて使えない。

「もう一度、巨大組織のサラリーマンに就職して。。」とか思っても、◯◯すれば僕のことは◯◯◯でも出て来てしまうし、もう二度と◯◯◯◯◯の人間にはなれない。。。

そんな中、政府の人間でありながら、シンガポールに駐在し、こうしてジョホールバルに、ゴルフに来れている韓国人の彼。高みを目指して、悩みながら、葛藤しながらも、昇り続けるその生き様。男として格好良い。

一方、仕事を頑張ると、◯◯◯◯◯にも◯◯されたりもするので、怖くて、ゴルフ場に「出勤」することしかできない、住所不定無職的な僕。

今日もゴルフ場で、韓国人の彼と18ホール回りながら「居合抜き」をして、日給+9万7,150円稼いでしまったが。労働という労働もせずに、ピコピコボタンを押すだけでお金が稼げてしまう。。。

というのも、◯◯◯と言えば◯◯◯のが本音。僕にとって羨ましいのは巨大組織の人間として堂々と、力強く、働くことができる韓国人の彼の方である。

「人間◯◯◯◯◯◯」ということだろうか?

・・・ということで、僕のところにメッセージで、

「私も孔明さんのように、サラリーマンを辞めて、時間と場所の自由を手に入れたいです!」

・・・と言って来られる方もいるが、果たしてサラリーマンを辞めて、組織から出てしまうことが本当に◯◯◯ことなのか?自分が◯◯を◯◯◯◯のか?よく考えた方が良い。現に「北のセオリー」も、◯◯◯◯◯◯を続けながら◯◯◯方もいるから。

元組織人間だった僕からすれば、人によっては◯◯◯◯◯◯と「北のセオリー」の◯◯の方が、充実した人生を送れる。。。とも思うので。

本当に、本当に、よくよく考えてから、決断した方が良いと思う。よくよく考えてみた上で、それでもなお、僕のように「ゴルフ場出勤」の毎日を送りたいと言うのなら。ジョホールバルで共に・・・。

真田孔明の「ブラック」経営学を聞いてくれるメンバーには、「命運の成幸フォト撮影会」で、Oさんが絶望的な後悔をした理由と、誰にでも独立起業がオススメできない理由をシェアしたいと思い、

    ・「戊の戌年」で孔明のどの門の力が引き出されるか?
    ・「命運の成幸フォト撮影会」で行われる「命運◯◯」とは?
    ・「命運◯◯」した後に固定化させる方法とは?
    ・シンガポールのリッツカールトンで絶望的な後悔したOさんとは?
    ・Oさんが「命運の成幸フォト撮影会」が改めてすごいと思った理由は?
    ・孔明が一緒にゴルフをプレーした韓国人の年齢と職業は?
    ・18ホールを回るのに必要だった時間とは?
    ・「あなたの職業は?」として聞かれた孔明の回答とは?
    ・孔明は自ら望んで独立起業したか?
    ・孔明が一緒にゴルフをプレーした韓国人を羨んだ理由とは?
    ・海外駐在員の数多いメリットとは?
    ・独立起業した孔明の現在の状況とは?
    ・余裕がある生活をするために年収ベースでどれだけあれば良いか?
    ・孔明は再び巨大組織のサラリーマンに就職できるか?
    ・ゴルフのプレー中の孔明の「居合抜き」日給額とは?
    ・「居合抜き」でお金を稼げても◯◯◯理由とは?
    ・独立起業が全ての人にとってメリットとなるか?
    ・孔明が充実した人生を送れると思う方法とは?

以上に関して触れながらお話しさせて頂いた。「命運の成幸フォト撮影会」で、Oさんが絶望的な後悔をしてしまった理由と、シンガポール在住韓国人のガバメントガイ(政府の人)とゴルフコースを一緒に回り感じた充実した人生を送るため考えるべきことについてお話しした1時間2分の音声は、バックナンバーとしてご購入いただける。

オールアバウト仮想通貨2018

bitcoin-2894068_1280

2017年6月以降、仮想通貨が大きくメディアを賑わしている。

2017年内は、希望に満ちていたのだが、2018年に入ってからは、各国からの規制が発表され、そして、極めつけのように、1月26日に、日本の大手取引所である「coincheck(コインチェック)」で約580億円もの不正引き出し事件が発生。

市場規模は、最大から半分以下にまで下落してしまった。

まるでジェットコースターのような相場。僕自身は、今日に至るまで、仮想通貨を購入していない。けれども、さまざまなメンバーとお話する際に、仮想通貨のことは、よく話題に上る。

そこで、今回の真田孔明の「ブラック」経営学は、オールアバウト仮想通貨2018と題して、

・コインチェック不正引き出し事件
・不正引き出しなどの歴史
・2018年1月の各国規制強化の流れ
・有名投資家からの警告
・ビットコインの仕組み
・ビットコインの価格調整の歴史
・ビットコインETF認可はいつごろ?
・◯◯◯◯は他の仮想通貨とは異なる
・それでも投資をするなら=ゼロスタートQ&A9つ
・僕たちが取り組むべきものは?

に触れながら、仮想通貨の概要を約50分にまとめてお話させて頂いた。仮想通貨への投資を推奨するものではなく、概要を知るためのお話になる点、あらかじめご了承頂きたい。

「あやふやなモノには手を出すな」

巷で、「ビットコイン」が過去最高値をつけたりして、騒がれていた2017年のタイミングで・・・

孔明:
「会長、ビットコインはいかがなのでしょうか?「東京案件」として話が降りて来ないのでしょうか?」

以前、「地下ソサセティ」謁見宴(ディナー)の中で、メンバーを代表する形で、45年もの間、ビジネス・投資の世界で、一度も飛ばすことなく、今日まで生き残り続けてこられた北の物販大富豪こと、北野会長に直接質問をしてみた。

すると、北野会長からは、

「東京からはそんな情報はない。あやふやなモノには手を出すな!」

と、一蹴されてしまった。

僕も北野会長から、本格的に教えを請うまでは、海千山千様々な投資案件に手を出し、ほとんど飛ばしてきた身。

同じことは繰り返すまいと、「東京」から情報が降りて来ないものには二度と手を出さない決意を固めた身。

当然のことながら、今日に至るまで、一ビットコインも手にしていない。この点は、今回の真田孔明の「ブラック」経営学を聞く上で、あらかじめご確認頂きたい。

コインチェックでの580億円相当の不正引き出し事件

「流出額は日本円で約580億円、被害者は全国26万人」前代未聞の不正引き出し事件が、日本の大手仮想通貨取引所で起こってしまった。

1月26日の午後、仮想通貨取引所Coincheck(コインチェック)から、

現在、NEMの入金について制限をさせていただいております。入金を行いました場合、残高に反映がされませんため、入金を行わないようお願い申し上げます。

NEMの入金制限に関するメールが配信された。

    *NEMとは・・・ビットコインのブロックチェーン技術を改良し、新しいプロックチェーン技術を使ったプラットフォーム。プラットフォーム内で使われるのが、XEM。

Coincheck(コインチェック)では、ビットコインの他に、12種類の仮想通貨の取引が可能なのに、「なぜ、NEM(XEM)だけ?」多くの投資家たちの頭の中をよぎった。

これが、今回の不正引き出し事件のスタートを告げるメールだった。

相場が絶好調だった、2017年12月頃。TVで仮想通貨の特集が組まれて、

「寝て起きたら、資産が増えてるんです!」

と嬉しそうにインタビューに答える女性が画面に映し出されていた。

多くの投資家たちが、取引所に口座を開設しようと殺到。あまりの殺到具合に、開設手続担当のスタッフを増員して、対応に追われる取引所も出たほど。

開設が完了した人から、我先にと冬のボーナスとして手にしたお金を取引所の口座に入金して、仮想通貨を買い漁り、価格はぐんぐんと上がっていった。

さらに価格が上昇して、資産が増大するといった夢と希望を胸に抱いて迎えた2018年。

そこに待っていたのは・・・ビットコインの価格が、220万円台から60万円台まで下落する想像を絶する暴落相場。

さらに、Coincheck(コインチェック)を利用していた投資家たちは、引き出しができず、管理画面に映し出される自分の資産がすごいスピードで減っていく身動きの取れない生き地獄だった。

取引所からの不正引き出しの歴史

これまでにも、取引所からの不正引き出し事件は、たびたび起こっている。日本人に馴染みがあるのは、Mt.GOX(マウントゴックス)事件。ビットコインの存在を、日本人の多くが知るキッカケとなった事件だ。

当時、Mt.GOX(マウントゴックス)は、最大手の取引所の1つだった。2013年11月から、口座からの払い戻しに、数週間を要するようになり、2014年2月7日に、ビットコインの払い戻しが停止。24日までにユーザーが預けていたビットコインの大部分がなくなっていることが判明。25日に、「当面、全ての取引を停止する」を発表。28日に、東京地方裁判所に民事再生法の適用を申請。実態調査が進まないことから、裁判所は4月24日に、破産手続きの開始を決めた。

この時、Mt.GOX(マウントゴックス)から無くなったのは、75万ビットコインと28億円の預り金。当時のビットコインの価格が約6万円だったので、総額470億円以上。この事件が1つのきっかけとなり、ビットコインの価格は、2年以上高値を更新できない「冬の時代」を迎えることになった。

これまで、日本での大きな不正引き出し事件は、Mt.GOX(マウントゴックス)だけだったが、海外では、年に数回発生している。

たとえば・・・

・◯◯◯◯◯◯◯◯(◯◯◯◯◯◯◯)
2014年3月4日:97ビットコイン(約55万2,900米ドル相当)

・◯◯◯◯◯◯◯◯(◯◯◯◯◯◯◯)
2015年1月4日:1万9,000ビットコイン(約500万米ドル相当)

・◯◯◯◯◯◯◯◯(◯◯◯◯◯◯◯◯◯)
2016年8月2日:12万ビットコイン(約6億8,400万米ドル相当)

どの取引所も、Mt.GOX(マウントゴックス)のように破綻せず、ユーザーへの返却が完了しており、現在でも大手として営業している。

2017年の仮想通貨に飛びついた投資家の多くは、こういった事実を知らずに、大切な資金で仮想通貨を購入しているのが現実になる。

世界各国での規制の流れ

日本では、2017年4月に、「改正資金決済法など」が施行。

仮想通貨が・・・

    1)不特定の者に対して、代金の支払いなどに使用でき、かつ、法定通貨と相互に交換できる
    2)電子的に記録され、移転できる
    3)法定通貨または法定通貨建ての資産(プリペイドカードなど)ではない

と規定され、国により制度が整う形となった。

そのため、2017年4月下旬から、投資家からの資金が大きく流入し、仮想通貨の価格が軒並み上昇していった。一方、他国では状況が異なっていて、規制が強化される流れになっている。

たとえば、2018年1月のニュースを挙げると・・・

中国:
政府が、ビットコインの採掘に停止命令
インドネシア:
中央銀行が、仮想通貨の販売・購入・取引を控えるよう声明を発表
エジプト:
イスラム教義に反するとしてビットコインを禁止
ドイツ・フランス:
G20財務省会合で、ビットコイン規制を共同提案へ

さらに2月に入ってからは、

インド:
財務大臣がビットコインを「合法と認めない」と発言

と次々と仮想通貨への規制が発表されている。有名投資家からも、仮想通貨への否定的な意見が出ていて、

ウォーレン・バフェット氏:
「仮想通貨は総じて悪い結末に至るだろうと、ほぼ確信を持って言える」

モルガン・チェースのジェイミー・ダイモン氏:
「ビットコインは詐欺だ」
後に、「ビットコインに興味はないが、ブロックチェーン技術は本物」に変更

国・有名投資家から、無視できない規模にまで大きくなってきた。2018年以降は、各国で規制が強化され、2017年のようにはいかない可能性がある。

ビットコインの仕組みはどこがポイントなのか?

仮想通貨の価格面にだけ、大きく注目が集まっているが、なぜ、多くの人が、すごいと感じ、将来性を見出しているのか?

それは・・・技術に革新性があるためだ。

ビットコインを例に挙げると・・・

・管理者が通貨のコントロールしない
・世界中のコンピューターを使用して通貨を管理する
・暗号化の技術と不正な複製や使用を禁止できる仕組みで、信用力を持つ

という、これまでの通貨とは全く異なる性質を持っている。ビットコインが創りだされたのは、ナカモトサトシ氏が2009年に作成した論文「Bitcoin:A Peer to Peer Electronic Cash System」がキッカケとなっている。

論文の中で、「1つの電子コインは、連続するデジタル署名のチェーンと定義される」とされている。

ビットコインが成り立つ上で、重要な仕組みは、「P2P(ピア・ツー・ピア)」「ブロックチェーン(Blockchain)」の2つが挙げられる。

「P2P(ピア・ツー・ピア)」

Peer=同格者という単語で、インターネットに直接接続せれたコンピューターの集まりで、パソコン端末同士が直接・対等にデータをやり取りして実行する、コンピューティング方式を意味する。P2Pの仕組みを利用したサービスとして、音声通話ソフトのSkypeが挙げられる。P2Pによって、データのやり取りを完全に止めるということは誰にもできなくなる。

「ブロックチェーン(Blockchain)」

金融庁が作成している仮想通貨に関する資料の中で・・・

ビットコインなどに用いられている技術であり、取引データを参加者間で共有することにより、ビットコインなどの不正な利用(取引記録の改ざんなど)を防止することができるとされています。

と記述されている。

「ブロック」は、取引記録のことで、ビットコインで、一定時間に発生した取引と承認データが入っているもの。

「ブロック」の情報が、つながって「チェーン」となり、P2Pを通じビットコインを利用している人に渡っていくことになる。

「ブロック」の内容は、全員が確認できる仕組みになっていて、承認作業が完了しているため、誰にも変更することはできない。

「ブロックチェーン(Blockchain)」の技術は、ビットコインだけではなく、僕たちの日常生活にも広まっていく。

たとえば、不動産の登記簿は、改ざんされることなく、不正に移動されることなく、管理が可能になる。病院のカルテも、医師による改ざんができない、火事などでデータが消滅しないシステムを構築することが可能になる。

情報管理ができるという点で、「ブロックチェーン(Blockchain)」の可能性は無限と言える。そのため、多くの人々が注目し、技術開発が進んでいて、期待の現れが、仮想通貨の価格に反映されている一面があると言える。

ここから続きであるビットコインのETF、ビットコインとは異なる◯◯◯◯、ゼロスタートQ&A9つ、僕たちが取り組むべきものについては、真田孔明の「ブラック」経営学の音声でご確認頂きたい。

真田孔明の「ブラック」経営学を聞いてくれるメンバーには、今話題によく上る仮想通貨の概要をシェアしたいと思い、

    ・孔明の仮想通貨に対するスタンスとは?
    ・コインチェック不正引き出し事件とは?
    ・これまでの取引所の不正引き出し事件とは?
    ・ビットコインの価格変動の歴史とは?
    ・仮想通貨の重要な仕組みとは?
    ・P2Pとブロックチェーンの意味とは?
    ・ブロックチェーンは何に活用されるか?
    ・ビットコインETFの認可はすぐに下りるか?
    ・銀行とがっちりタッグを組んでいる仮想通貨とは?
    ・ICOに関するアメリカSECの見解とは?
    ・仮想通貨/暗号通貨を取引するために必要なこととは?
    ・口座の認証手続きに必要な情報とは?
    ・取引所の大きな違いとは?
    ・どこの取引所が良いのか?日本と海外
    ・1つの取引所だけで良いのでは?
    ・法人で口座開設できるの?
    ・どれだけ値上がりが期待できるの?
    ・どの仮想通貨/暗号通貨を購入すれば良いか?
    ・技術的なことは知っておかなければいけないの?

に触れながらお話させて頂いた。

・コインチェック不正引き出し事件
・不正引き出しなどの歴史
・2018年1月の各国規制強化の流れ
・有名投資家からの警告
・ビットコインの仕組み
・ビットコインの価格調整の歴史
・ビットコインETF認可はいつごろ?
・◯◯◯◯は他の仮想通貨とは異なる
・それでも投資をするなら=ゼロスタートQ&A9つ
・僕たちが取り組むべきものは?

についてお話しした49分53秒の音声は、バックナンバーとしてご購入いただける。

    ◆2月4日:
    「大人たち」に有利なビジネスの世界を生き残る術
    (58分34秒/17.6M/MP3形式)
    ◆2月11日:
    「仮想通貨」より稼げる投資と心理の法則
    (55分49秒/23.5M/MP3形式)
    ◆2月18日:
    充実した人生を送るために考えるべきこと
    (1時間2分/22.6M/MP3形式)
    ◆2月25日:
    オールアバウト仮想通貨2018
    (49分53秒/21.2M/MP3形式)

真田孔明の原点がここに
生涯収入5億円倶楽部メンバーとして、これを読まねば始まらない!すべての活動の前に
必ず熟読するべき、真田孔明ノウハウのすべてが分かる30日無料メール講座

このカテゴリーの関連記事
「ブラック経営学」音声会員
banner-201805

2018年5月度プレミア会員限定音声

2018年5月度音声リスト ◆5月6日: モテ男を量産するための啓蒙活動 (52分37秒/18.9M/MP3形式) ◆5月13

「ブラック経営学」音声会員
banner-201804

2018年4月度プレミア会員限定音声

◆4月1日: 仮想通貨ICO参加は見送るべき理由 (52分37秒/18.9M/MP3形式) ◆4月8日: 男女の陰陽五行エネル

「ブラック経営学」音声会員
bannaer-1810

2018年10月度ブラック会員限定音声

◆10月7日: 勉強しないで「ダウンロード」現象 (51分50秒/18.7M/MP3形式) ◆10月14日: 成功に必要なエネ

「ブラック経営学」音声会員
banner-201809

2018年9月度ブラック会員限定音声

2018年9月度音声リスト ◆9月2日: 実在する「ファンタジー」を習得する方法 (57分4秒/20.6M/MP3形式) ◆9