「ブラック経営学」音声会員 > 2018年「ブラック経営学」コンテンツ

2018年5月度プレミア会員限定音声

level011
banner-201805

    2018年5月度音声リスト

    ◆5月6日:
    モテ男を量産するための啓蒙活動
    (52分37秒/18.9M/MP3形式)
    ◆5月13日:
    男女差別の根源と女性が活躍できる世界
    (1時間1分56秒/26M/MP3形式)
    ◆5月20日:
    今年の攻略は中国上海にあり!
    (56分2秒/20.5M/MP3形式)
    ◆5月27日:
    お金がお金の価値を保つ人生とは?
    (1時間2分47秒/22.6M/MP3形式)

モテ男を量産するための啓蒙活動

three-3075759_1280

3月~4月にかけての期間、日本滞在中は、花粉症に悩ませ続けられる僕。

・アルコールを摂取する
・ご飯などの炭水化物を食べる
・シュガーズを摂取する(砂糖・甘味料・はちみつ・フルーツ・チョコレート・ケーキ・缶コーヒー・ジュース他)

・・・以上の3点の摂取によって、・目が痒くなる・鼻水が止まらなくなる・くしゃみが止まらなくなる・気管支が喘息のようになる・・・

そして、まったく頭が巡らなくなる。せっかく、生命エネルギーが急上昇する春なのに勿体ない・・・

東洋医学の先生に、対策方法を聞いて実施し、症状を回復させることができた。

そこで、今回の真田孔明の「ブラック」経営学では、東洋思想に基づいた花粉症対策と、モテ男を量産するため啓蒙活動をしている理由についてお話させて頂いた。

東洋思想に基づいた花粉症対策

3月・4月のシーズンに、一斉に花粉症グッズが店頭に並ぶのは、日本特有の現象になる。香港、中国、台湾、マレーシア、シンガポール、タイなどどの国・地域に行っても、花粉症になることはない。「日本では、何かばら撒かれているのでは?」と考えざるを得ない。この時期に日本入りすると、花粉症の症状に見舞われてしまうので、東洋思想に基づいた健康法を取り入れて、くしゃみと目のかゆみの対策を取っている。

・くしゃみが出る症状

◯が動いていないことが原因なので、◯◯を飲むことで止めることができる。

・目がかゆい症状

5,000円から6,000円の「◯◯◯◯◯◯」という棒で、◯と◯の付け根で押すと痛い部分を、両方5分間「◯◯◯◯◯◯」でグリグリする。◯の◯◯で押すと痛い部分を、両方5分間「◯◯◯◯◯◯」でグリグリする。◯抜きができて、目のかゆみに効く。目を洗う時は、◯◯◯◯◯◯◯◯用の◯◯◯の目薬を使う。

・口にするもの

◯◯◯「砂糖盛られて糖尿病、◯盛られて高血圧」と言われるように、市販されている◯は、体に悪い。◯◯から作った◯と◯◯だけを使った◯◯◯があり良いようだ。

◯◯小さじの◯◯を◯◯のすりおろしとともにお湯に入れて飲むと、朝の症状が比較的おさまる。

◯◯(◯◯◯◯◯)◯◯◯100%の◯◯と◯◯◯◯の◯の◯たっぷりめに◯◯をかけて4日間連続で食べて、その後は、調子が悪い時に食べるようにする。

◯◯をかけすぎると、だんだんと少なめにして、◯◯◯◯◯◯◯といった形で食べると・・・◯◯が巡って、身体がカッカしてくる。

◯◯◯◯◯の◯は、さまざまな◯◯◯◯◯の元になっているようだ。

◯◯◯◯◯◯◯◯、◯◯◯◯◯◯日常的に飲むと症状が緩和する他にも、◯◯や◯◯を温めるたり、◯◯の真後ろに◯◯◯◯を貼るといった対策を取っている。

けれども、セミナーや講演会をやっている日中は問題ないのだが、夕方になると、内臓の各器官が止まって、花粉症症状が出てくるようになる。

そういった状態だと、恋愛をやろうという気持ちが湧き上がってこない。せっかくの春の段階なのに、勿体ないな・・・と思ってしまう。

4月から7月が絶好のチャンス

4月は東洋思想でも、生命エネルギーが急上昇する季節であり、身体の奥底から力が沸き起こる感覚があったり、不思議とウキウキしたりする。その影響と、気温が上昇するのに従って、平均体温も上がってくるので、より恋愛に適した体質にもなってくる。ここから、夏の7月にかけてが、もっとも恋愛&交接に適したシーズンになる。

8月はどうなのか?日本の8月は厳しい。日中も夜も、あまりにも暑すぎるのと、湿度が極限まで高まり、湿熱によって脾臓がやられたり。クーラーガンガンの環境で、逆に平均体温が下がったりする。夏休みは、受けたダメージを回復させるためでもある。

秋は、8月にしっかりと食事や生活習慣などで対策をしていないと逆に◯◯がやられたままになってしまう。当然大多数の普通の人たちは、ちゃんと対策などしていない。9、10、11、12、1、2月・・・気温も下がり、体温も下がり、シュガーズ(砂糖・甘味料・はちみつ・フルーツ・チョコレート・ケーキ・缶コーヒー・ジュース他)漬け文化も重なり、恋愛&交接をしたい気持ちが、ドンドン薄れていく。

さらに、独身の男女は、日中に、外で仕事をすることが少なく、エアコンの効いた室内でいつも働いている。

そして、忙しいから、朝食・昼食を、スターバックスのチョコレートマフィンやパン、健康食のシュガーズ入りウェハースバーやウィダーinゼリーなどでさらっと済ませてしまう。

運動もせず、貧しい食生活を送ることで、体温は、◯◯.◯度から◯◯.◯、◯度ととても低く異性にまったくモテない状態になってしまっている。こんな状態だと、交接する気も沸き起こらない。本来◯◯.◯度以上あれば、異性から言い寄られないということなど無いのだが・・・

今のシュガーズ(砂糖・甘味料・はちみつ・フルーツ・チョコレート・ケーキ・缶コーヒー・ジュース他)漬け文化では、何の知識と対策もなしに普通に暮らしていたら、間違いなく低い体温のまま。さらに、恋愛で交接していたら、◯・◯・◯も巡り、体温も高まるのだが、貧すれば鈍する、鈍すれば貧する、悪循環に陥る。

普通の人達は、一年の8ヶ月位をモテナイ状態、交接する気も沸き起こらない状態のまま、過ごしてしまう。

お互い、もしくは、どちらかがそういう状態だと、いくら顔合わせデートしても、まったくもって、先に進む気配など起こらないだろう。

日本にいて、花粉症によって、4月から7月の大切な4ヶ月間も、動けないとなってしまうと、1年の内で、まともに恋愛がはかどるタイミングが無いということになってしまう。

日本が少子高齢化を迎えた1つの原因ではないかと考えられる。他の8ヶ月間は全くだめ・・・ということは無いのだが、季節による効率と機会が違う。新規恋愛&交接の絶好のチャンスは、「一年の内、たったの4ヶ月間しか無い!」と考え、行動しなければならない。4月、5月、6月、7月の4ヶ月間・・・「死力尽くして」恋愛活動に励んで頂きたいと思うのだ。

20歳年下の彼氏ができる40代後半女性

「20歳年下の彼氏ができるようになる!」『M.F.P』(命運のFacebookパートナーズ)と裏のグループで囁かれている。世間一般的な常識では、40代後半~50代後半までの女性が、20代の大学生や、社会人フレッシュマンの男性と「恋愛関係」のお付き合いをするということは、普通では無いと思う。

けれども、事実として、僕たちの周りでは、40代後半~50代後半までの女性が、20代の男性の彼氏ができるというのは、すでに「常識」となっている。

さらに、関係性のすごいところは、「前のめり」になってしまうのは、40代後半~50代後半までの女性の方ではなく、20代の男性の方なのだ。

同年代や年上の独身男性は、どうかというと・・・◯◯してしまっているため、女性からすると、好きになれない相手ばかりで、付き合うのはとてもむずかしい。同年代や年上と付き合うとなると、必然的に既婚者になってしまう。

独身で、フリーで、◯◯だけども、ちょっと叩くとすぐに鋼になるというと、20歳ほど年下の男性が一番になる。

巷の常識だと、40代後半・50代・60代の女性は、「私は、もう恋愛できないから・・・」と考えていて、僕のところに来た女性も、最初の頃はそうおっしゃっていた。

けれども、女性は、変わる必要がなくて、・◯◯の方法・◯◯◯◯の方法・日々の◯◯、◯◯◯◯◯の方法この3つを押さえておくだけで良いことを知り。リミッターを外していくと、全ての世代がターゲットになり、どの年齢層の男性も、奴隷化できることが分かってくる。むしろ、大学生や20代の社会人フレッシュマンは、ややこしい人が少ないので、ブルーオーシャンであることが分かるのだ。

一方で、30代・40代・50代の独身男性は、◯◯状態で、磨いても取れない、◯◯してしまっている状態の方が多い。日々、女性から本音のお話を聞き、バンバン叩かれている状態でなければ、◯◯を落とし切ることができず、すぐに腐ってしまうことになる。

とにかく女性メンバーからの報告を聞いていると、今の男性の現状はとてもひどいと感じてしまう。僕とJ(ジェイ)のところに来てくれれば、短期間でモテ男にすることができるが・・・僕たちのところに来てくれない男性は厳しい。なので、啓蒙活動をして、男性をどんどんと鍛えて、変えて行きたいと考えている。

『エデンの園(アダム)男性編』を、定期的に実施しているのは、モテ男に変えていかなければいけないという使命がある。男性側が鍛えられていないと、女性側が恋愛をしたい気持ちが、沸き起こらない。『りんごの会』をやったとしても、男性側が鍛えられていないと、全くもって上手くいかないため、当面は開催しない予定になっている。

『始祖のアダムの訓え』8節

アダム=男性を鍛え上げていく上で、「始祖のアダム」が僕の枕元に現れ、我々に対して語られたので、『性書』という形で記すことにする。我々「始祖のアダム」の子孫たちは、第8節から成るこの訓えを何度も繰り返し読み。

我々「現代のアダム」としての行動指針とする。イブの我々アダムに対する愛や恋の気持ちは時の経過と共に色あせてしまうだろう。

しかし「◯◯の◯」に基づいた、我々からイブへの最幸のご◯◯の思い出は美化され、何十年も脳裏に残り続けるだろう。

    ・『性書』アダム1節:
    我々はイブに対して自分への一切の◯と◯を求めることなく、◯◯◯を求めない「◯◯の◯」を胸に、ただ一方的にご◯◯し続けることを理想とする。

    ・『性書』アダム2節:
    イブから◯してもらい、◯してもらうことへの一切の期待、夢と希望を放棄、都合の良い時に、都合の良い存在の、パートナーであり続けることを理想とする。・『性書』アダム3節:イブの満足してくれるお顔だけが我々のモチベーション。◯や◯などという浅はかな言葉は、時の経過と共に色あせてしまうかもしれないが、最幸のご◯◯の思い出はイブの脳裏に永久に残り続けるだろう。

    ・『性書』アダム4節:
    イブから言葉で褒められると我々は素直に嬉しい。けれども、我々のご奉仕によってイブのお顔が明るく晴れ、言葉でも表現しようのない状態こそが、我々の最も喜ぶべきことだろう。

    ・『性書』アダム5節:
    イブへの◯◯の念を表現し続けるためには、イブへの◯◯の念を表現し続ける創意工夫が問われるだろう。

    ・『性書』アダム6節:
    イブに◯見てもらうためのご◯◯に必要なのは非日常。その世界観を創り出せる時、仮に会える時間がほんのわずかだとしても、毎日簡単に会える状態よりも盛り上がり、燃え上がるだろう。

    ・『性書』アダム7節:
    我々とイブの間の尊敬し合える関係性を維持するためには、我々が徹底的に丁寧なご◯◯をして差し上げることが求められるだろう。

    ・『性書』アダム8節:
    我々の「本能」はイブの顔を見て、イブの◯に手を伸ばすこと。先回りする形で、「◯◯◯」を先に手にしてイブに差し上げ、イブの心を見るのが「◯◯」。我々は表向き「◯◯」の道を選択ことを理想とする。

男性は、マインドを持って、『性書』アダム8節を毎日唱えながら活動して頂きたいと思う。マインドがある状態だと、戦術や兵法といったものは、手順が全て決まっているものなので、非常に簡単に再現できるようになるのだから。

真田孔明の「ブラック」経営学を聞いてくれるメンバーには、東洋思想に基づいた花粉症対策と、男性が恋愛活動において指針とすべきマインドについてシェアしたいと思い、

    ・孔明流の花粉症対策のアイテムとは?
    ・男性の気と女性の気が一周回るのに必要な時間とは?
    ・男性と女性が共に寝ることで体温はどうなるか?
    ・花粉症はいつのタイミングから拡大しているか?
    ・花粉症が少子高齢化の原因と考えられる理由とは?
    ・花粉症を全く気にしなくてよくなる1つの方法とは?
    ・マレーシアとシンガポールの男女の交際の特徴とは?
    ・香港の人口が抑制されている要因とは?
    ・4月から7月の4ヶ月間が恋愛に向いている理由とは?
    ・モテナイ男女の食生活とは?
    ・モテる男女の平均体温とは?
    ・「M.F.P」のモテなかった男性メンバーの驚くべき実績とは?
    ・男女の夜のライフをパワーアップさせる秘密のマッサージとは?
    ・男性が兵法を使いこなすために必要なものとは?
    ・『りんごの会』を当面実施しない理由とは?
    ・40代女性が、20代男性とお付き合いしている理由とは?
    ・30代以降の独身男性の特徴とは?
    ・女性が男性とお付き合いする上で知るべき3つのポイントとは?
    ・「現代のアダム」の行動指針8節とは?

以上に関して触れながらお話しさせて頂いた。東洋思想に基づいた花粉症対策と、モテ男を量産するため啓蒙活動をしている理由についてお話しした57分39秒の音声は、バックナンバーとしてご購入頂ける。

男女差別の根源と女性が活躍できる世界(音声)

shrine-801609_1280

僕が開催している命運鑑定会の中で、「旦那と離婚したいです!」と言って来られる既婚女性の方々の割合は本当に多い。

実際発表されているリサーチでも、既婚女性の内約9割が、旦那と離婚したがっているようだ。

そして、実際に本当に離婚に踏み切るのは約35.6%およそ3組に1組が実際に離婚。

大多数の既婚女性が、旦那と離婚したいと思っているのに、残り約54%の既婚女性が離婚に踏み切れない理由。

それはやはり、「経済的」なリアルが障壁になっているようだ。

モラハラ旦那と離婚したいからと言って、実際に離婚してしまったとしたら・・・自分と子供たちの生活はどうすれば良いのか?と考えると、現状に甘んじるしかない。

僕も2人の娘を持つパパとして、この状況を危惧していて、女性の活躍できる社会づくりを、全力でサポートさせて頂きたいと考えている。

そこで、今回の真田孔明の「ブラック」経営学では、男女差別の根源と、社会で女性が男性と対等に渡り合える方法についてお話させて頂いた。

「女性が活躍する社会・・・」は難しいのが現状

日本国内の上場企業の数(2018年時点)
2018年4月11日時点

・第一部:2,084社
・第二部:515社
・マザーズ:249社
・JASDAQ(S):702社
・JASDAQ(G):40社
・TOKYO Pro:23社
上場企業合計:3,613社

・・・うち、女性が創業社長として上場した企業はたったの◯社。

さらには、創業者ではないが、女性が社長を勤める上場企業はたったの◯◯社。上場企業全社の、女性役員は2017年時点で、◯,◯◯◯名。2011年時点では、たったの◯◯◯名しかいなかったので、かなり激増しているように見えるが。

フタをあけて見ると、内部昇進の女性役員数は◯◯◯名で、残り◯◯◯名は◯◯◯◯◯と◯◯◯◯◯だ。上場企業の役員数全体では、約41,000名いるのに対して。

女性の役員数は未だ極めて少ない状況。上場企業に勤務する全社員数は、600万名ほどであるが、内女性の社員数は◯◯◯万名くらいしかいない。

「女性が活躍する社会・・・」と言っても、中々難しいという現状であること、数字が物語っている。

「新卒で上場企業に入社」・・・という形であれば、女性も同期の男性たちと、全く同じ待遇で扱ってくれるが。結婚や出産を機に、一度でも退社してしまったとすると。再び社会復帰する時に、同年代の男性と同じ待遇で雇用してくれる会社はほぼ皆無。

さらに、正社員として上場企業に雇用してもらえるのは、確率論的には奇跡に等しく。

中小企業での、安い賃金に甘んじるか、アルバイト、パート、派遣社員、などの安い賃金に甘んじることしかできないのが現状。

事実として、女性が同年代の男性と同じレベルの金額のお金を稼ぐためには、男性の何倍もの時間・労力をかけて、労働し続けなければならないという現実がある。

その現実を、電卓を叩いて計算できる女性は、旦那と離婚して外に飛び出す・・・という選択をすることができないのだ。

女性を差別する訓えを言語化し広めた概念

    孔明長女:
    「ねえパパ、どうして世の中は男性と女性はこんなに不平等なの?」

それに対する僕の回答は、

    孔明:「◯◯◯◯、◯◯◯◯、◯◯、◯◯・・・古の時代に創られた◯と◯◯という概念が、女性を差別する訓えを言語化し、広めたからだよ。」

今のヨーロッパの文化・国を構成されている元となっているのは、3つの◯の物語。・◯◯◯◯◯◯・◯◯◯◯・◯◯◯◯・・・そこから、派生する形で、ヨーロッパの方々が移住した、アメリカの文化の元も構成されている。

そして、敗戦によって日本もヨーロッパ→アメリカ→日本と、様々な部分で影響を受けた。◯◯◯◯・◯◯◯◯という、◯と人間(男性)との◯◯◯(◯◯)により、今日存在する男女差別に大きな影響を与えている。

☆男女差別の起源その1:◯◯◯◯

「◯◯◯◯」と「◯◯◯◯」に出てくる創造主であり、唯一絶対神の「◯◯◯◯」なる◯のお話は、女性は、男性に支配される事を決定づけられ、男性なくして生きられない性を負わされることになった。

◯が女性に与えた◯◯であり、女性が◯◯を否定することは、◯を否定することと同じだと。

☆男女差別の起源その2:◯◯◯◯◯◯

◯◯から引き続く形の、◯◯◯◯の中でも、男女差別の概念が言語化されて行く。男性は◯◯的なものであり、女性は◯◯的なもの。

そのために、女性はいかなる点においても、男性より◯◯◯創造主「◯◯◯◯」によって創られた的なことが説かれている。

☆男女差別の起源その3:◯◯の◯◯

法で統治した漫画『キングダム』のモデルとなった◯の◯◯◯亡き後、中国大陸では、「◯◯の◯◯」が文化を構成する主流の訓えとして広がっていった。広まっていった◯◯が、本当に◯◯が唱えたものそのものかどうかは不明であるが。

事実として、「女は夫を主君とうやまえ。夫は天であるから、夫にさからったら天罰をうける」とあからさまに言語化されている。

☆男女差別の起源その4:◯◯

手塚治虫の漫画『火の鳥』にも、日本古来の萬の神様たちと◯◯との◯◯戦争が描かれているが。

かなり昔に、◯◯(◯◯◯)の訓えである、◯◯が日本に渡って来た。◯◯の中で、女性向けの訓えとして有名なものに「◯◯法」というものがある。以上のように、今の日本の文化・思想の元になっている・◯◯◯◯・◯◯◯◯・◯◯・◯◯・・・その全てに、男女差別の概念が刻み込まれている。

他にも、・◯◯◯◯◯教・◯◯◯◯教・◯◯◯教ありとあらゆる有名な神様たちも、よってたかって男女差別。「五十歩百歩」全て、経典のような形で、言語化された形で、文化・思想の中に刻みこまれている。

この根本的な概念が、2018年の今日の日本でもまだ、脈々と根付いていることもあるので。

・・・と、「これらの◯のお言葉や、◯と◯◯との契約(◯◯・◯◯)が、元々の原因だから、中々な難しい問題だよね。。」長女に回答した孔明パパである。

女性が優遇され活躍できる世界

女性でも男性と平等にゼロから起業して経済的自由と、精神的自由を手に入れられるセオリー。それが6時間合宿として公開&動画・音声収録した『泣き虫ココの北のセオリー』。

汎用性、再現性も高く、「ファーザー」からも「これは女性にしか分からん。。。」と、あっと言わせた戦略術。『泣き虫ココの北のセオリー』は、当然ながら「ファーザー」直伝の「北のセオリー」が土台になっている。

「泣き虫ココさん」が、サッチェル&真田孔明が開催した4時間セミナー『北のセオリー』の動画・音声を購入したのが2015年7月。

「泣き虫ココさん」は2015年9月、会社法人を設立後3ヶ月間で、地方銀行から◯◯◯万円、日本政策金融公庫から◯◯◯万円。「◯◯◯◯」を獲得するに至った。

「泣き虫ココさん」がOLを約6年継続して貯めた貯金+退職金が合計◯◯◯万円。

だから、

    泣き虫ココ:

    「これほどまでにアッサリと、合計◯,◯◯◯万円を獲得できてしまうとは・・・。私はただ単に「北のセオリー」に沿って実行しただけ。。「北のセオリー」の再現性の高さに驚かされました。ちまたには、様々な稼ぐ系の情報で溢れかえっていますが、実際に体験してみると分かります。これほどまでに再現性があり、確実な「お金の創造方法」は他にはありません。その後のオペレーションも容易でした。」

・・・と証言してくれている。

「泣き虫ココさん」が立ち上げた会社法人X株式会社は2016年8月末に初年度の決算。その後は「ファーザー」から教わったことをもとに、女性なりの視点で進めて行ったところ、2018年3月時点で累計◯,◯◯◯万円ものお金を「信用創造」してしまったとのこと。

『泣き虫ココの北のセオリー6時間合宿』開催直前に追加で◯◯◯万円が出たとのことで、結局その時点までに、累計◯,◯◯◯万円ものお金を「信用創造」していることになる。

「泣き虫ココさん」が、月給23万円のOL時代に、月に貯金できた金額が2万円位とのこと、あのままOLを続けて貯金だけで◯,◯◯◯万円を貯めようとしたら、4,200ヶ月間、350年間もかかっていたことになる。◯,◯◯◯万円÷月貯金2万円=4,200ヶ月間=350年間これが、サラリーマンやOLが、働けど働けど、いつまで経ってもお金持ちになれない理由であるが。

けれども、私たちが生まれ育った日本という国は、視点を変えてみると他国よりも素晴らしい国であることがわかる。

なぜなら、日本では世界中どこの国よりも、もともとのお金持ちではない普通の国民のためにチャンスを用意してくれている国だからだ。

その証拠に、サラリーマンやOLが、独立起業しようとする時、国営の銀行も、民間の銀行も、日本の国策に則る形で、性別は当然のことながら、◯◯、◯◯の高低関係なく平等に、ビジネスを始める前の段階にも関わらず、「◯◯◯◯」という形で、世界◯◯水準の◯◯で手厚い支援をしてくれている。「泣き虫ココ」さんも、専業主婦で2児のママという状態であったが、この制度を活用して独立起業し、その後も躍進を続けることができた。

投じた一石から波紋が広がって行く

「泣き虫ココ」さんだけでなく、「サッチェルサポート」として把握しているだけでも、女性自身が一人で「◯◯◯◯」に挑戦し、実際に「◯◯◯◯」の獲得に成功した事例は4名。

夫である男性が会社勤務のサラリーマンの方で、妻である女性が代表となり「◯◯◯◯」の獲得に成功された事例は23名。

夫である男性が別の事業主の方で、妻である女性が新たに会社を設立し「◯◯◯◯」を獲得された事例は4名。

期間中「◯◯◯◯」の獲得に成功された女性は31名。72名中31名、43.05%の方が女性の方が代表となり「◯◯◯◯」を獲得されたことになる。

◯◯◯◯において女性が圧倒的に優遇されている現状が、数字として出ている。今日現在、普通に女性が社会に出て、会社の中で出世したり、男性並みの水準でお金を稼ぐことは困難であることが、数々の数字が物語っている。

けれども、「北のセオリー」なら、男性と対等に渡り合えるようになれる。更に今、女性は優遇されている。女性というだけで「男性」よりも◯◯◯◯が下がる状態。

これだけ女性が、社会で出世して上に昇りづらい環境におかれている中、◯◯◯◯の世界では優遇されているのだ。かつては女性が◯◯を受ける際には、評価が低くみられがちだった。

けれども、2014年、◯◯◯◯◯◯法に大きな改定が加わり、「◯◯や◯◯による◯◯◯◯の◯◯の促進」という一文が追加された。日本という国が、女性の起業を推進する政策を打ち出してくれたのだ。

今、新たに女性たちが立ち上がり、銀行との取引実績を作り上げることで、「泣き虫ココさん」や、その仲間たちの後に続く女性たちが、もっともっと活躍しやすい世の中を創っていくことができるのだ。

「泣き虫ココさん」たちに続く女性たちが頑張ることで、男女差別の文化や思想が蔓延した世の中ではあるが、投じた一石が、波紋となって広がって行くことで。これからを生きる女性たちが、本当の意味で社会で活躍しやすくなるのである。

孔明パパは長女に対して、

孔明パパ:
「でもね。世の中にはびこっている文化や思想を変えることはすぐにできないかもしれないけど。まずはできることから着実に、やっていくことが先決だね。パパはそのために、泣き虫ココさんにお願いして、今回の『泣き虫ココの北のセオリー6時間合宿』を開催してもらったのだよ。」

・・・と言ったのだ。

真田孔明の「ブラック」経営学を聞いてくれるメンバーには、男女差別の根源と、女性が男性と対等に渡り合えるようになれる方法についてシェアしたいと思い、

    ・離婚に踏み切れない女性の事情とは?
    ・日本の上場企業において女性創業者の数は?
    ・日本の上場企業において女性社長の数は?
    ・日本の上場企業において女性役員の数は?
    ・結婚、出産で退社したあとの女性の待遇とは?
    ・女性と男性に不平等がある理由とは?
    ・神と人間との契約書とは?
    ・不平等の起源となる具体的な記述とは?
    ・女性が男性と平等に渡り合えるセオリーとは?
    ・ゼロから起業して精神的、経済的自由が手に入るセオリーとは?
    ・立ち上がった「泣き虫ココさん」のこれまでの実績とは?
    ・サラリーマンとOLがいつまでもお金持ちになれない理由は?
    ・日本国が国民のために用意してくれているチャンスとは?
    ・ビジネスを始める前でもしてくれる手厚い支援とは?
    ・これまでにセオリーをもとに立ち上がった女性の数とは?
    ・男性よりも女性が優遇されていることとは?
    ・女性の企業を促進する日本の政策とは?
    ・本当の意味で女性が社会で活躍できるようになるには?

以上に関して触れながらお話しさせて頂いた。男女差別の根源と、社会で女性が男性と対等に渡り合える方法についてお話しした1時間1分56秒の音声は、バックナンバーとしてご購入頂ける。

今年の攻略は中国上海にあり!

shanghai-1484452_1280

「地下ソサエティ」メンバーが、ファーザーとの謁見に参加するため、中国・上海入りした。謁見前の日中に、上海の街なかを視察したメンバーたちは・・・

    「上海がココまで凄いとはつゆにも思いませんでした。」

    「日本のマスコミから知る中国本土のイメージとはまったく違っていました。」

    「街中綺麗だし、バイクはみんな◯◯だし、◯◯使わずに◯◯◯◯◯◯◯決済だし、なんか日本が負けてる感があります。」

各々の感想をファーザーにフィードバック。日本のメディアでは、大きく報道されない、中国の進化した姿を目の当たりにすることとなった。

そこで、今回の真田孔明の「ブラック」経営学では、中国上海の現状と、今後10年で中国が激変するであろう理由についてお話させて頂いた。

金を儲けたければ上海を見なさい!

    ファーザー:
    「これから沢山金儲けたければ、上海見なさい!」

上海シャングリ・ラホテルの中華レストランの個室。中国特有の朱い部屋の円卓テーブルの中心でファーザーが静かな口調で言い放った。

    *ファーザーは・・・45年もの間、ビジネス・投資の世界で、一度も飛ばすことなく、今日まで生き残ってこられた生ける伝説である大富豪。

ファーザーの言葉の一つ一つを聞き漏らすまいと、メモを取りながら聞き続ける。ファーザーのお話には必ず意味がある。

◯◯◯としての◯◯◯を◯◯す元々の力と、「◯◯」からの◯◯という陰陽対極によって、「予言」レベルに到達する類のお話。

「地下ソサエティ」ファーザーとの謁見初日は特に、前回の謁見後からの約一ヶ月間に渡り、ファーザーが「東京」から直接もらった情報を元に、ファーザーが裏取りを続け吟味された最新の情報をご教示頂けるということで、毎回特に緊張感が走る。今回もファーザーは。

上海入りしてすぐに、中国本土のキーマンたちとのマオタイを酌み交わしての会食を経て、情報の裏取りをされたばかり。

なぜファーザーが今、お金、時間、労力を使って、中国本土の情報筋の人脈を深めているのか?

その答えにつながる部分でもあるが。

ファーザーが、2018年はじまって以降、声を大にして来られたのは中国本土でこれから起こるであろうデキゴト。世の流れが移り変わる程の大きな変化。兆候が既にここ、上海で見られるという。

    ファーザー:
    「上海A株は、◯◯◯◯、◯◯◯◯、◯◯◯◯◯が戻ってくる。キッカケに、中国市場はこれまでにない勢いで上昇して行くことになる。私たちは、「テンバーガー(10倍株)」を探しにココに来た。」

中国本土のGDPは、これからミライ特に20◯◯年~20◯◯年の間には、世界の半分を占めることになる。

さらに、中国現地企業と、◯◯◯企業との◯対◯◯の比率のあり方も、中国の政策によって大きく変わっていく。

その中で、中国の株式市場には、注目して行くポイントがいくつもある。

「テンバーガー(10倍株)」を獲得するために、一体どんな会社の株を買えば良いのか?

ここに、今回僕たちが上海入りした意味が存在する。

中国に対するイメージを払拭させる光景

過去に上海が行ったことがある「地下ソサエティ」メンバーたちも、過去は英語も通じず、すぐに嫌な顔されて「あ??」とか言われたりしている。汚かったり、ごちゃごちゃしていたり、いるだけで心が折れそうになったとのことだが。

今回の上海入りで、そんなイメージが完全に払拭されたという。

東京の人口が約1,300万人東京経済圏の人口が約3,700万人に対して。上海の人口は約◯,◯00万人、上海経済圏の人口は約◯,◯00万人以上。人口で比較すると、東京・大阪を足しても◯◯◯◯◯◯◯形であるが。

それにもかかわらず、色々なものがキチッと整っていて、さらには明らかに洗練されて来ている。街中を走っているバイクは、既に全部、◯◯◯を◯◯ない◯◯バイク。あまりにも◯が◯◯すぎて、後ろから来るとドキッとする。

ワーカーさんが、荷物を一杯運んでいるような三輪自転車のような乗り物も、すでに◯◯化。

中国の強みは、政治は◯◯主義、経済は◯◯主義、◯◯主義と◯◯主義の融合、何かをやる・・・と決めたら◯◯◯◯◯◯で◯◯にやる。

たとえば、僕がサラリーマンの駐在員として上海に住んでいる時、上海の「新天地」と言えば「◯◯◯」。

ピンク色のライトに、妖艶な格好をしたお姉さんたちが手招きをしてる汚い小屋がずらーっと並んでいて。

「新天地」の中にある、小籠包で有名な鼎泰豊(ディンタイフォン)に、日本からの出張者たちを連れて行く時。

    「ほら、上海危ないでしょう!こんな感じなんですよ!」

・・・と言って、肝試し観光的に、その道を通って鼎泰豊(ディンタイフォン)に向かったりしたが。

「上海からそういうところは全部撤廃します!」・・・と行政で決まった後は、一気に何台ものブルドーザーを走らせ、「◯◯◯」を殲滅。今では超オシャレでトレンディな青山のような感じの場所になっている。

僕が住んでいた頃の上海とは、街中のいたるところが全く別の光景で、昔は目をつぶっても歩けるくらいにはなっていたはずなのに、どこが何なのかが全く分からない状況。

たったの10年ちょっとで、これだけの大きな変化なので、もしも後10年経ったとしたら・・・。

ファーザーが教えてくださったように、今準備している政策が全て実行されたとすると。今後はまだまだ伸びていくはず。

世界で一番発展する都市として、名を轟かせることになるだろうとイメージ出来てしまった。

現地の方々の「ピッ」に嘲り笑われる

サッチェル@コンビニサッチェル、スパークリングウォーター(炭酸水)が飲みたいと日本でもお馴染みのコンビニ「ファミリーマート@上海」へ。冷蔵庫からスパークリングウォーターのボトルを3本ピックアップ。

そして、レジに並んだ。サッチェルは、比較的安いスパークリングウォーターを、クレジットカードで決済しようとした。

けれども、店員さんが何度やってもクレジットカード決済が完了しない。どうやらサッチェルのクレジットカードは、ここでは使えないようなのだが。店員さんも入ったばかり系のアルバイトかパートタイムなのか、何度も挑戦続けてくれる。

その内に、一つしか無いレジまでの列に、ドンドンと中国現地の方々が行列をつくりはじめた。「こいつ何やってるんだよ・・・」と言わんばかりの冷たい視線が、サッチェルの背中に突き刺さり続ける。

そんな状況に耐えられなくなってしまったサッチェルは、超渋々の顔をして、現金でお支払をする。

もともと「スパークリングウォーターなんて、安いんだから、はじめから現金で払えよ!」的なツッコミは、月官門のサッチェルには無しに。

無事、3本のスパークリングウォーターを購入することができた。

しかし、事件はその後に発生した。サッチェルが、「なんでここ、クレジットカード使えないの?」・・・的に、不満タップリな顔でレジを見ていると。

「ピッ」「ピッ」「ピッ」・・・衝撃が走る。「ピッ」「ピッ」「ピッ」

現地の方々は皆さん、◯◯◯◯◯を出すこと無く、◯◯さえ出すこと無く、清々しい顔で、◯◯◯◯◯◯◯だけをかざして、決済をスムーズに完了させて行く。若い男女から、初老のオジサンまで、みんな◯◯◯◯◯◯◯決済。サッチェルが抜けた後、列はドンドン短くなって行く。

    孔明:「◯◯◯◯◯◯スタンダード!」

・・・つい、それっぽい単語を意味もなく叫んでしまった僕。

端から見ていると、

・クレジットカード&現金で難しい顔して時間かけてる田舎者のサッチェル

・涼しい顔して、◯◯◯◯◯◯◯で次々と決済を完了させて行く都会っ子の中国現地の方々

そのコンビニの中だけで見ると、・・・僕たち2人は、完全に時代に取り残されてる気がした。

中国現地の方々、周りを見渡して見ると、もはや◯◯というものを誰も使っていない。◯◯◯◯◯◯◯◯や◯◯を使っている事自体が、もはや時代遅れなのだ。

    ファーザー:
    「中国本土に来なさい。ミライが見える。」

・・・と、おっしゃっていた理由をよくよく肌で感じることができた。

ファーザーの一週間とトモダチのあり方

ファーザーが謁見の中でおっしゃっていたことの中で、僕もはじめて聴いたことがあった。それは、ファーザーの一週間である。

☆ファーザーの一週間

・火曜日:◯◯◯
・水曜日:◯◯◯
・木曜日:◯◯◯
・金曜日:◯の◯◯(◯◯◯い中心)
・土曜日:◯◯◯
・日曜日:◯◯◯
・月曜日:◯◯◯◯◯◯◯◯る日

・・・という形で、火曜日から月曜日までの基本サイクルがあるとのこと。ビジネスとしてのお仕事は、現場に出向くことなく、スマートフォンに各社長から送られてくる「◯◯◯」を見てアドバイスをされること。

趣味はお仕事、道楽は貯蓄、健康はゴルフ。

ビジネスでお金を残すことはできない。ファーザーは、ビジネスの世界でも45年間生き残り続け、黒字決算続きなのに。ビジネスの方では、お金が◯◯◯◯◯か分からない。◯◯◯◯◯売上があがり、◯◯◯◯◯税金を払うビジネスはそれが続いているだけ。

そんな中、お金稼ぐためにやってるのは◯だけ。どうやったら、◯で勝てるかだけを追求して行くとこうなる・・・。とおっしゃっていた。

そんな中、ファーザーが水曜日、土曜日、日曜日と週に3日間もある飲み会の際、一番大切にするのは、自分と◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯トモダチとのこと。◯◯の◯◯だけ見ていたらいつか溺れる。◯の◯◯のトモダチと飲んでしゃべっていると、「◯◯◯◯◯◯◯」が入ってくるとのこと。

・・・そのお話を受けて、ふとテーブルの仲間たちを見回すと、・I.T.系経営者・ブロガー・アフィリエイター・副業サラリーマン・物販事業者・保育園理事長・飲食店舗経営者・エステサロン経営者・経営コンサルタント・・・と、みんな◯◯◯◯が◯◯◯◯である。

そんな、◯の◯◯の仲間たちと謁見の前後に集まり、語り合うことは、本当に恵まれている環境だと思った。

特に僕は、普段日本にいないので、毎月一回の「謁見」が、◯◯◯の仲間たちとオフの世界で語り合える大切なひととき。

仕事のこと、投資のこと、恋愛のこと、人生のこと、年齢・性別を超えた語り合いの中で、本や雑誌、インターネットでは、決して学ぶことができない、貴重なお話を聴くことができる今の状態は至福なのだ。

真田孔明の「ブラック」経営学を聞いてくれるメンバーには、中国上海の現状と、10年で中国が大きく変化するであろう理由についてシェアしたいと思い、

    ・金を儲けたければ上海を見るべき理由とは?
    ・中国本土のGDPはこれからどうなるか?
    ・中国現地企業と外資系企業の比率のあり方の今後は?
    ・東京経済圏と上海経済圏の人口の違いとは?
    ・上海の街を走っているバイクの特徴とは?
    ・上海での決済の特徴とは?
    ・中国の政治と経済における強みとは?
    ・中国の不動産における権利形態とは?
    ・中国の10年と日本の10年の速度が違う理由とは?
    ・かつての上海の「新天地」とは?
    ・上海が世界で一番発展する都市になる理由とは?
    ・日本と深い関わりがある外灘エリアとは?
    ・サッチェルが経験したコンビニ会計での出来事とは?
    ・「ブラック」の御方々とは?
    ・「ブラック」の御方々の主食とデザートとは?
    ・「ブラック」の御方々が好きなお酒とは?
    ・ファーザーの一週間の基本サイクルとは?
    ・ファーザーがビジネスのアドバイスをされる際見るものとは?
    ・ファーザーがお金を稼がれている方法とは?
    ・ファーザーが飲み会の際に一番大切にされることとは?

以上に関して触れながらお話しさせて頂いた。中国上海の現状と、今後10年で中国が激変するであろう理由についてお話しした56分2秒の音声は、バックナンバーとしてご購入頂ける。

お金がお金の価値を保つ人生とは?

money-3269654_1280

僕が拠点としているマレーシアジョホールバルに、続々と若き経営者たちが移住してきている。

彼らと、ゴルフや食事・飲みに行き、時間を共有することで、改めて自分がすでに40代(今年9月で42歳)になっていることを認識した。

大人の男性としての欲が、完全消滅すると思われる60歳まで。

僕にとってお金がお金の価値を保ち続けてくれているのは、残り18年間の人生ということができる。

そこで、今回の真田孔明の「ブラック」経営学では、20代から振り返り、人生の中において、お金を増やす意味と、お金がお金の価値を保つ時間についてお話させて頂いた。

ジョホールバルへの第三次移住ブーム発生中

最近、僕が拠点としているマレーシアジョホールバルで、第三次移住ブームが発生していた。

・第一次移住ブーム:マレーシアで不動産を購入された投資家たちが移住。
・第二次移住ブーム:続々立ち上がるインターナショナルスクールに子供たちを通わせる両親or母たちが移住。
・第三次移住ブーム:20代~30代前半のI.T.を駆使して稼ぐ、若手経営者たちが移住。←ナウ(^o^)

・・・彼らは皆、僕が拠点としている、タマンモレック地域に住んでいることもあり。マレーシアジョホールバルに戻ると、ゴルフや食事・飲みに、誘ってくれるのである。

それにしても、彼は皆20代~30代で、すでにお金と時間と場所の自由を手に入れている「若き天才」たち。本当に、凄いなぁと思う。

若い人たちと、一緒に語ったり、ゴルフにいったりは、彼らのミライに対するメラメラと燃え盛る野望や欲などにも触れることができ、色々な刺激をもらえて本当に楽しいし、嬉しい。

「若き天才」は凡人に成り下がった

そんな中、フト、自分のパスポートに記載されている生年月日とカレンダーに描かれた年号を見比べてみると・・・

あれ、いつの間にか僕、41歳になっていた・・・(今年9月で42歳)。

ゴゴゴゴゴゴ

そういえば、僕も昔、23歳という若さで、副業でリアルのビジネスコンサルを開始。27歳の時に、インターネットの世界に降臨後、さらにブレイク。20代にも関わらず、大人顔負けで稼ぐことができた。

あの頃は確か、周りから「若き天才」と言って頂き、有頂天になっていた記憶がある。・サラリーマンなのに凄いですね・・・・お若いのに凄いですね・・・・天才ですね・・・

けれども、「旧・若き天才」は、41歳になっていても、何も成長している様子はないので、「凡人」に成り下がった。20代で◯◯◯◯◯ことは、40代になったら◯◯◯◯◯法則である。

20代の頃の僕は、まだ見ぬミライの自分にもっともっと、夢と希望を沢山もっていたと思う。

20代の頃の僕は、きっと僕は、このまま行くと、年を追うごとにもっともっと沢山稼げるようになり、40歳とかになった頃には、リッチな富豪とかになっているのではないかと妄想していた。

20代の妄想と40代の現実

当時の僕の妄想の中の「富豪」像・・・

広いプール付きの大豪邸に住み、運転手付きのロールスロイスとかに乗っていて、クルーザーを所有。アメックスのブラックカードを持ち、飛行機は常にビジネスかファーストで、宿泊ホテルは香水の香り漂う五つ星ホテル。洋服もグッチとかプラダとかのスーツだけをまとい、ギラギラ輝いたゴッツイ腕時計をして、シルクハットでもかぶり、髭生やして、葉巻でも吸いながら、毎日高級レストランで食事をして、毎週末パーティーでもしているのかな

・・・・・・とか、妄想したりもしていたのだが。

どこで何が間違ったのか?

いざ41歳になってみれば、

・平凡なコンドミニアムの一室が自宅まあ、共有で広いプールと温泉がある

・車は◯◯万円で購入し、◯◯万円かけて輸入した18年ものの◯◯のバン車を自分で運転

・洋服は上下「◯◯◯◯」とか「◯◯◯◯系」のセールで購入したもの

・腕時計は◯◯◯◯◯◯があるのでしない

・食事は一食500円から1,500円の中華料理や韓国料理の定食。もしくは鯖一匹と長芋千切り

・飛行機はクレジットカードのマイレージポイント貯めたエコノミーかローコストキャリアの格安航空券

・宿泊ホテルは◯◯の◯◯◯◯◯◯とか◯◯◯◯◯◯◯◯◯

・パーティーどころか、小汚い居酒屋で格安のビールをチビチビ飲む

・ヤフオクで購入した◯◯◯◯◯◯円のゴルフセット球はマレーシアで購入した◯◯◯◯◯◯

・・・ムムム、僕が20代の頃に思い描いていた40代の僕が富豪になった像とは全くもってかけ離れている状態だ。むしろ、年を追うごとに、質素倹約的な生活になっていっている。

やりたいことをやってなんとなく生きている感じ

しかも、投資で億単位のお金を飛ばしてしまった後のここ直近5年間位。お金に対する◯◯◯とか◯◯というものが、なぜか消滅してしまった。

お金を稼ぐための仕事はしない。やりたいこと。すきなことだけしてなんとなく生きている感じ。

お恥ずかしい話、毎月自分がいくら稼いでいるのか?◯◯◯◯から◯◯の◯◯に◯◯◯◯◯もらうまで、まったく分からない。

拠点のあるマレーシアジョホールバルに逃げ帰れば、一回3,000円のゴルフ代一食1,000円代の食事代お金を使いたくても使えない。お金をそれほど使う先が無いので、どう考えても持っている現金を支出がオーバーするわけがないので。銀行口座の残高のチェックさえまともにしていない。たまに、◯◯◯◯の◯◯◯◯から、◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯に、お金を移動する位である。

さらに、さらに、この先ミライを見据えてみると、これから先、ミライの僕は、ますますお金がかからなくなりそうだ。親戚一同を見てみると、うちの血筋では、大体60歳には、大人の男性としての◯も◯◯◯◯すると思われる。

今年9月に僕が42歳になるということは、60歳になるまでにたったの18年間しかないことになる。

すると、僕にとってお金がお金の価値を保っている状態であるのも、たったの18年間しかないことになる。僕にとっては60歳を過ぎれば、いつ◯◯◯◯同じである。

18年後、60歳になった時を想像してみると・・・

そんな18年後、60歳になった以降の僕・・・想像してみただけで、ますますお金が使えなくなりそうだ。たとえば、再び日本に戻って来たことを想定してみても・・・

・住居:
◯◯の◯◯がいなくなってしまった後の時代、日本の不動産は◯◯だらけになりそうなので、もはやコストをかけて◯◯◯を持つことはバカバカしくなる。地方都市を視野に入れれば、いくらでも安い物件がある。もともと都会生まれ、都会育ちなので、今さら都会に対する憧れなども無い。

・子供の教育費:
後6年で長女が成人後8年で次女が成人18年後には教育費は何もかからなくなる。お小遣いあげるか◯◯◯◯◯◯くらいか。

・マイカー:
高い◯◯◯をかけて使わない車を所有し寝かし続けておく、マイカーという概念が化石化してるかもしれない。◯◯◯◯ーや◯◯◯◯。◯◯◯◯を使うのが一番お金がかからない。そもそも、電車やバスとかの公共交通手段の方が、周りに人がいるので寂しくなさそうだ。

・洋服:
良い品質の洋服を、大量生産・低価格化が進み、ドンドン安くなると思う。インターネットがますます進化してヤフオクとかで新中古の洋服を買っていれば、いよいよ1,000円以下になってくる。・腕時計:◯◯◯◯◯が進むことで、ますます時計などいらなくなる。恐らく時計という概念が、化石化しているはず。・食事:今よりもっと食欲が減りお蕎麦とか麻婆豆腐とかしか食べれなくなると思うので富士そばが近くにあれば十分。

・旅行:
20代から60歳までに、散々海外を飛び回っているので、どこか飛び回りたいという欲も無くなっていることだろう。また、いざ行きたくなっても今以上に◯◯◯の◯◯◯が進み、どこでももっと安く行けることになるだろうと思う。◯◯◯◯◯◯も進化すると思うので、無理しなければ宿泊先にも困らない。

・ゴルフ代
◯◯の◯◯がプレイしなくなった後、ゴルフ場の相場は今よりもっと下がるのではないだろうか?

・・・逆にみんなに問いたい、18年後、60歳以降になった後の僕は、一体何にお金を使えば良いのだろうか?

仮にお金という制度そのものが◯◯に◯◯したとしても、何の不便も無さそうだ。20代の若手経営者たちと一緒に時間を過ごす中、あっという間に、20年間が経過して42歳になろうとしている僕自身に気が付き。

「後18年間も、あっという間なんだろうな・・・」と感じることで、フトそんな考えに陥ってしまった。言語化を重ねれば重ねるほどに、僕自身が一体何のためにお金を◯◯◯◯◯◯のかさえ分からなくなる。

自分が生涯使えないお金がいくら増えたところで、ある一定以上は◯◯◯◯の中の◯◯◯◯が増えたのと同じ。◯◯の中のお金が◯◯として増えていくだけの、◯◯◯を楽しんでいるだけである。

それはそれで◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯のように画面の中の◯◯とか◯◯だけが増えて、楽しいかもしれないが、現実とリンクしたリアリティは皆無。人は誰しもいつかは死ぬ。

そして本当に死んでしまったら、僕たちがあの世に持っていけるのは、◯◯◯◯の◯◯◯、◯◯◯だけ。◯◯◯も、◯◯◯◯も、あの世に持っていけた人間は、ただの一人も存在しないのだから。

僕にとってお金がお金の価値を保ち続けてくれている残り18年間の人生、お金を使って得られる対価的なものを◯◯を通して楽しみながら生きて行こうと思うのだ。

真田孔明の「ブラック」経営学を聞いてくれるメンバーには、20代の若き起業家との交流から、42歳になろうとしている僕自身に気が付き、今のお金に対する考えをシェアしたいと思い、

    ・マレーシアジョホールバルでの第三次移住ブームとは?
    ・移住してきている人たちの特徴とは?
    ・第二次移住ブームの事業に孔明が投資して溶かした金額は?
    ・20代の孔明が持っていた40代での「富豪」像とは?
    ・孔明のサラリーマン時代の待遇とは?
    ・独立起業すると労働時間はどうなるか?
    ・41歳になった孔明の現実とは?
    ・孔明のお金を稼ぐことに対する感覚とは?
    ・孔明は毎月いくら稼いでいるのか?
    ・孔明が毎月行っているクレジットカードのあることとは?
    ・ユニクロで発売された百式Tシャツの品質とは?
    ・マイカーを保有するのにかかる1ヶ月の費用とは?
    ・高級時計が化石化していく理由とは?
    ・航空券を予約する時に利用しているサイトとは?
    ・孔明が高級車を購入しない理由とは?
    ・今後日本の住居費はどうなっていくか?
    ・孔明がゴルフ会員権を買わない理由とは?
    ・投資で失敗してしまう人の特徴とは?
    ・お金を増やすことと使うことの意味とは?
    ・生涯使えない額のお金が増えていく感覚とは?

以上に関して触れながらお話しさせて頂いた。人生の中において、お金を増やす意味と、お金がお金の価値を保つ時間についてお話しした1時間2分47秒の音声は、バックナンバーとしてご購入いただける。

    2018年5月度音声リスト

    ◆5月6日:
    モテ男を量産するための啓蒙活動
    (52分37秒/18.9M/MP3形式)
    ◆5月13日:
    男女差別の根源と女性が活躍できる世界
    (1時間1分56秒/26M/MP3形式)
    ◆5月20日:
    今年の攻略は中国上海にあり!
    (56分2秒/20.5M/MP3形式)
    ◆5月27日:
    お金がお金の価値を保つ人生とは?
    (1時間2分47秒/22.6M/MP3形式)

真田孔明の原点がここに
生涯収入5億円倶楽部メンバーとして、これを読まねば始まらない!すべての活動の前に
必ず熟読するべき、真田孔明ノウハウのすべてが分かる30日無料メール講座

このカテゴリーの関連記事
「ブラック経営学」音声会員
banner-201808

2018年8月度プレミア会員限定音声

◆8月5日: 「文学億り人」がかかってしまう病気 (56分30秒/20.4M/MP3形式) ◆8月12日: ビジネス・投資で必

「ブラック経営学」音声会員
banner-201804

2018年4月度プレミア会員限定音声

◆4月1日: 仮想通貨ICO参加は見送るべき理由 (52分37秒/18.9M/MP3形式) ◆4月8日: 男女の陰陽五行エネル

「ブラック経営学」音声会員
banner-201809

2018年9月度ブラック会員限定音声

2018年9月度音声リスト ◆9月2日: 実在する「ファンタジー」を習得する方法 (57分4秒/20.6M/MP3形式) ◆9

「ブラック経営学」音声会員
banner-201807

2018年7月度プレミア会員限定音声

2018年7月度音声リスト ◆7月1日: 万年課長が実は「億り人」のライフスタイル (57分13秒/20.6M/MP3形式)