「ブラック経営学」音声会員 > 2019年2月度「ブラック経営学」会員コンテンツ

今こそジョホールバルの投資チャンス!

level011
flag-1361475_1280

45年以上、一度も投資・ビジネスで飛ばすことなく、今日まで生き残り続けてこられた「大富豪ファーザー」と「オトモダチ」。

「修羅の中の修羅」の御方々が、マレーシア・ジョホールバル入りされた。「地下ソサエティプラチナ」の仲間たちと共に、ゴルフをご一緒させて頂いた。

今回、「ファーザー」が、ジョホールバル入りされたのは、「今こそジョホールバルの投資チャンス!」と考えられているのが、1つの理由になる。

そして、「ファーザー」からのあるお話で、僕が、絶句してしまった。。。

それが・・・コンドミニアムの販売会社のShangri-Laホテルグループから引き出された購入に関する、ありえない特別な条件のことだった。

そこで、今回の「ブラック経営学」では、9日間連続で行ったゴルフ合宿と、ジョホールバルのコンドミニアムのお得情報についてお話させて頂いた。

「修羅の中の修羅」の背中追いかけて・・・

10年生き残り続けられる確率が、100分の1とも言われてる「修羅」の世界。

そんな中、ビジネス・投資で45年間以上、生き残り続けている「大富豪ファーザー」と「オトモダチ」。

「修羅の中の修羅」御方々に共通してるのは、とにかく◯◯◯。

ちょうど、僕たちの両親の世代。「◯◯◯◯◯◯◯」常識の基準値を元に比較させて頂いた際の素直な印象。「◯◯の秘訣は何ですか?」お伺い立てた時、返って来た言葉は。

    ファーザー:
    「ゴルフ今、日本の国に子供が生まれない。椅子に座って、パソコンだけ見てる、「精◯」の数がこれで減る。」

・・・確かに僕も、ずっと冷房の中、MacBookの前に座り続けたおとな生活を送り続けてしまった。

結果・・・「ED・DT・G」の三角形。42歳に至るまで、ただの一度も無敗ならぬ「無勝」。男として、不能状態に陥ってしまった。

そんな中、「ファーザー」のオススメもありはじめたのが「ゴルフ」。確かに、この一年間、僕もものすごく健康的に、◯◯ったような実感がある。

今では、ジョホールバル滞在期間中、定期ミーティングなどがモロモロある月・木を除く火、水、金、日と、4日間はフラフラとゴルフ場に行って、18ホール一周してくるので。いつの間にか、「7番アイアン真田」として、ゴルフ系インフォ商材分野でも、「左に出るものはいない」と一躍注目を集める程になってしまった。

活動開始約一年間。ゴルフ歴1年間の僕が実感した、「ゴルフ」の3大効能は・・・

・継続できる「◯◯◯◯◯◯」
・◯◯◯◯◯や◯◯◯
・◯◯で◯◯◯◯物質「◯◯◯◯◯」

さらには、「修羅の中の修羅」の御方々が、60代、70代になっても、40代の僕たち以上に、「◯◯◯◯◯◯◯」であり続けられるための秘訣だと考察することができる。

「ファーザー」の背中が見えない・・・

・・・実際のプレー中。

「ファーザー」たちは、軽快なテンポでボールをパンパン打ちながら、颯爽と進んでいく。僕のフライトでは、スコア70台レコードを持つサトシ、アクニン、マーベ宮本の4人で回ったものの。1番ホール、2番ホールと、コースが進むにつれて、「ファーザー」たちのグループとの距離が引き離されて行く。18ホール経過したころには、その差は4ホール分位になってしまった。

    一同:
    「ファーザーの、せ、背中が見えない・・・汗」

僕たちが18ホール終了時点では、すでにテーブルに空の生ビールのジョッキが3つ置かれていて。僕たちに声をかけて頂くなり、「それではまた!」とランチに出かけてしまった。

・・・つまり、僕たちよりも、「ファーザー」たちの方が、足腰が強く、集中力も高いことになる。

これぞ、御方々たちが40年間以上「修羅の領域」で生き残り続けられたヒミツの一つでは無いのか?

ゴゴゴ

「見えない背中」を追いかけながら、リアルに実感してしまった。

「今こそジョホールバルの投資チャンス!」

僕が「ファーザー」と初めてお会いしたのが、ここジョホールバルだった。

僕がジョホールバルに不動産投資目的で訪れたのは、サラリーマン&ネットの「二足のわらじ」で「億り人」となった2010年のこと。

訪問一発でジョホールバルを気に入り、マレーシアのリタイアメントビザMM2Hを申請&取得。

Shangri-Laホテルグループから、3軒コンドミニアムの部屋を購入。

副業バレの「円満退社(強制)」をキッカケに、2011年1月1日に奥様と2人の娘たちを連れて移住。

時を同じくして「ファーザー」も、現金一括で同じコンドミニアムを購入された。

その裏側には、「地下の修羅」のみが知る、やんごとなき諸事情があったりするのだがそのお話は割愛させて頂こう。「ファーザー」は裏表の様々な情報を握られていることもあり、ジョホールバルにずっと目をつけられていて。

まれに、ジョホールバルのご自宅に訪れては、現地の様子を伺い続けていた。あれから約7年間以上が経過、再び「ファーザー」が動かれた。

    ファーザー:
    「今こそジョホールバルの投資チャンス!」・・・と。

一同、「え?」と思った。

2010年、2011年、2012年頃は、「ジョホールバルイスカンダル計画」という号令と共に、日本人投資家界隈でも、かなり盛り上がりを見せていて。

それまで、他の国で活動をしていた、海外不動産販売業者さんたちも、一斉にジョホールバル入り。皆さん一斉に、マレーシアジョホールバル不動産を紹介していた。

けれども最近では、一時のブームが去ってしまい、沈静化。海外不動産販売業者さんたちも、撤退したり、別の事業をはじめていたり、皆さんどこかに行ってしまった・・・。

そんなタイミングで、「ファーザー」は「今こそジョホールバル!」とおっしゃる。

けれども、「言われて見れば確かに・・・」「居合抜きの剣客」として日々株式投資をやっている僕たちにはピーンと来るものがあった。

世の中の大多数の方々は、株式市場が◯◯◯◯◯◯る時に株を買ってしまい。株式市場が◯◯してる時に、怖くなって損切りしてしまう。

ところが、「ファーザー」は、株式市場が◯◯◯◯ってる時に、◯◯◯をかけて。株式市場が◯◯してる時に、◯◯で株を◯◯◯◯◯。「ファーザー」の視点を日々のジャブによって体感してる僕たちにとっては、まさに今のジョホールバルこそが激アツの投資機会なのだということをすんなり理解できてしまったのだ。

そんな中、「ファーザー」は、Shangri-Laホテルグループが、◯◯◯◯で◯◯している◯◯(◯◯)を、販売してくれる確約を取り付ける。

しかも、ありえないような、特別な条件で。

正直・・・対象物件のコンドミニアムは、僕も2011年に購入しているが。

当時僕が購入した時の為替は、1リンギット=約◯◯円。今日時点の為替は、1リンギット=約27.12円。

為替だけを見ても当時よりも◯◯%も安い。物件相場こそ、大体◯◯%近く上昇しているものの、為替面からみると圧倒的に安い。

さらに、「ファーザー」流の交渉術で、Shangri-Laホテルグループから、到底表沙汰にできない、(既存購入者からクレーム殺到レベル)の「特別な条件」を引き出してしまったため。

「ファーザー」が購入し、僕も購入した、優良なコンドミニアムが、ありえない程の「破格の条件」にて、入手できることになってしまったのだ。

しかも、どこかの業者を通さず、Shangri-Laグループ直接なので、よくあるような、◯◯◯◯◯(◯◯)手数料のようなものもゼロ。(金額デカイから大きい。。)

・・・正直僕としては、既に当時、3軒まとめて購入してしまった。

    孔明:
    「ファーザーのように一軒だけ購入して、投資チャンスが来るまで待っておけばヨカッタ(TOT)」

・・・と、絶望的な後悔をしてしまうほどの条件であるが。

まあ、賃貸も出していて、チビチビと毎月10万円ほどの家賃収入を取り続けているのでヨシとしよう・・・と自分を納得させている。

    ファーザー:
    「ここは下がる心配が無い、◯◯が◯◯ば◯◯程に◯◯が上がっていく!」

・・・と。

ちなみに、「無敗神話」の「ファーザー」は、海外投資の分野でも無敗であり。僕がチビチビと10万円前後の家賃収入を取り続けている間。「ファーザー」流の投資術にて、毎月◯◯◯万円ほど該当物件で稼ぎ続けてしまっている。

「ファーザー」流の海外不動産投資術
・毎月◯◯◯万円の収益
・毎年◯,◯◯◯万円の収益
・完成して5年経過=累計◯,◯◯◯万円の収益

ゴゴゴゴゴゴ

なんと、すでに購入価格を遥かに超える収益を獲得済み。

つまり、今回「ファーザー」が追加で購入されようとしているコンドミニアムも、「ファーザー」の持ち出しはゼロで、儲けたお金でそのまま再投資する形である。

皆と同じコンドミニアムを購入されているはずなのに。たった5年の間に、「ファーザー」と僕の間には、これほどまで大きな収益の違いが発生してしまっていた。

改めて「ファーザー」とは、ビジネス、投資でただの一度も負けなしという「無敗」の御方であることを、実感させられてしまい。僕としては、ただ呆然と立ちすくむことしかできなかった。

しかも、すでに圧勝しているにもかかわらず、それでもまだ、「ファーザー」の脇が微塵も開くこと無く。

Shangri-Laホテルグループの社長と副社長に直接交渉して、「ありえない特別条件」を引き出してしまった。さらには、「ファーザー」だけでなく、僕たち「地下の修羅」たちも、「ファーザー」と同じ条件で、購入できるように。。

僕としては、嬉しいやら、もったいないやら、「ファーザー」の笑顔を見ながら飲むビールは少し苦く感じてしまった。

ジョホールバルのウォールストリート

    ファーザー:
    「大富豪は◯◯が近くにあるところにしか買わない!」

・・・と飲みの席でおっしゃっていた。

僕がジョホールバルで購入したコンドミニアムが経つエリアは、地元では、ジョホールバルのウォールストリートと呼ばれている。

◯◯◯◯銀行はじめ、ローカルと国際合わせて、◯◯以上の銀行が立ち並ぶ。

それに伴う形で、貿易の照射、各種メーカーのオフィス、保険をはじめとした金融関係。全て集中している。

2019年の中旬には、自宅コンドミニアム隣接の施設に、◯◯◯◯◯◯がオープン予定。

西側には世界最大規模のイオンモール。IKEAや外資系の大手ハイパーマーケットも。

住宅地として優れているからこそ、優良な商業施設が集まる。優良な商業施設が集まるからこそ、さらに多くの商業施設が集まり、居住する住人も増える。相乗効果と循環が、シッカリと稼動しているエリア。広いジョホールバルの中でも、かなりレアなのだ。

さすがは5兆円Shangri-Laグループ企業。彼らが最も力を入れているエリアといったところである。

ジョホールバルという、成長が期待されている地域での投資活動と言っても、どんなものでも購入すれば良いというわけではない。

安かろう。悪かろう。では良い投資にならない。

最高レベルに価値あるものに投資。

その価値がさらに高まるからこそ、良い投資となるからだ。

僕と精神世界を共有できる仲間たちが、このコンドミニアムに引っ越してきてくれると嬉しいなと思っている。

「ブラック経営学」の音声を聞いてくれるメンバーには、マレーシア・ジョホールバルのゴルフ環境と不動産事情についてシェアしたいと思い、

    ・「ファーザー」の若さの秘訣とは?
    ・孔明がゴルフに行く曜日とは?
    ・ゴルフの3大効能とは?
    ・ジョホールバルのゴルフ環境とは?
    ・「ファーザー」のゴルフプレースタイルとは?
    ・「ファーザー」とシャングリラグループのつながりとは?
    ・「ファーザー」が海外コンドミニアムで生み出すお金とは?
    ・「ファーザー」の海外不動産に対する考えとは?
    ・「ファーザー」が考えるジョホールバル不動産の今後とは?
    ・マレーシア不動産が今、良い理由とは?
    ・拠点としているモレック地区の特徴とは?
    ・モレック地区とヌサジャヤ地区の大きな違いとは?
    ・孔明のコンドミニアムに直結でできる施設とは?
    ・孔明のコンドミニアムの毎月の賃料収入とは?
    ・ジョホールバルでのライフスタイルとは?
    ・マレーシアでの銀行定期預金の利率とは?
    ・銀行からの資金調達の要(かなめ)とは?
    ・不動産投資の一番おいしいタイミングとは?
    ・株と不動産で儲けるための共通点とは?
    ・不動産投資のマインドセットとは?
    ・「ファーザー」のハワイでの1ヶ月での生活費とは?
    ・家庭円満、金儲けの一番の鉄則とは?
    ・家族が拠点とする家を節約すると起こることとは?
    ・稼げる人が滞在しているホテルとは?
    ・どんどん落ちてしまう人の拠点の特徴とは?

以上に関して触れながらお話しさせて頂いた。9日間連続で行ったゴルフ合宿と、ジョホールバルのコンドミニアムのお得情報についてお話しした52分27秒の音声は、「真田孔明の「ブラック」経営学」会員として登録頂き、メンバー専用の秘密のページから音声をダウンロードして視聴頂きたい。

なお、「真田孔明の「ブラック」経営学」会員の一員には、毎週一つこのような特別な内容の音声が送られてくる。2019年1月度は、「」に加えて以下の音声が配布される。

    ◯2019年1月度音声リスト

    ◆1月6日:
    今こそジョホールバルの投資チャンス!
    (52分27秒/18.9M/MP3形式)
    ◆1月13日:
    ジョホールバル不動産投資の裏に潜む闇
    (56分53秒/20.5M/MP3形式)
    ◆1月20日:
    爆発的なエネルギーが宿る「己亥」
    (53分3秒/19.1M/MP3形式)
    ◆1月27日:
    2019年目標設定で見極めるべきは?
    (51分57秒/18.7M/MP3形式)

    「ブラック経営学」の音声が視聴できる
    「真田孔明の「ブラック」経営学」

真田孔明の原点がここに
生涯収入5億円倶楽部メンバーとして、これを読まねば始まらない!すべての活動の前に
必ず熟読するべき、真田孔明ノウハウのすべてが分かる30日無料メール講座

このカテゴリーの関連記事
「ブラック経営学」音声会員
happy-year-3848864_1280

2019年目標設定で見極めるべきは?

2019年になって、新しく目標を考えるメンバーが多いだろう。 人生の中で、目標とすることは、さまざまあると思うが、わかりやすい

「ブラック経営学」音声会員
boar-2380013_1280

爆発的なエネルギーが宿る「己亥」(音声)

2019年1月1日から日本では、「己亥(つちのと・いのしし)」の年となっている。 実際は、2月4日からスタートするのだが、1ヶ

「ブラック経営学」音声会員
night-3115977_1280

ジョホールバル不動産投資の裏に潜む闇

大富豪ファーザーと「オトモダチ」。 「地下の修羅」たちは。 世界的に有名なShangri-Laホテルグループを傘下に持つ華僑系

「ブラック経営学」音声会員
banner-1398363_1280-copy

本物の経営者・投資家になる設計図

45年以上、ビジネス・投資の世界で、一度も飛ばすことなく、今日まで生き残っておられる大富豪ファーザー。 時代や流行りが、移り変



コメントする