「ブラック経営学」音声会員 > 2019年2月度「ブラック経営学」会員コンテンツ

爆発的なエネルギーが宿る「己亥」(音声)

level011
boar-2380013_1280

2019年1月1日から日本では、「己亥(つちのと・いのしし)」の年となっている。

実際は、2月4日からスタートするのだが、1ヶ月ほど早く干支が変わり、認識が変わっていくことになる。

最初の1ヶ月は、準備期間で、本格的に、2月の頭から、次の年に。日本の捉え方は、特殊ではあるが、準備期間としては面白い。

では、「己亥(つちのと・いのしし)」はどういった年になるのか?

そこで、今回の「ブラック経営学」では、「己亥(つちのと・いのしし)」という年が、僕たち人類にもたらす表と裏の力についてお話させて頂いた。

「己亥(つちのと・いのしし)」という年

「己亥(つちのと・いのしし)」という年は僕たち人類にどのような力をもたらすのか?

「己(つちのと)」は、まるで◯の◯◯◯を◯◯◯◯◯を◯◯◯の如く、◯◯を◯◯◯とする流れ。

「亥(いのしし)」は、何かを◯◯◯そうとする◯◯◯を◯◯◯エネルギーがもたらされること。「亥(いのしし)」年というのは、日本でも馴染みがある。「己(つちのと)」というのは、馴染みがない。

干支の概念からいくと、「己(つちのと)」のほうが、◯◯に当たる部分になる。十二支は、◯◯に当たる部分。何の「亥(いのしし)」年なのか?が問われることになる。

ここが認識できるかで、干支の使い方が、変わってくるのではないかと思う。

2018年12月から、自分自身の練習ラウンドも兼ねて、希望されるメンバーと、1対1の面談を行っている。

その中で、「年当て」をやっているのだが。

51人面談し、すべての人の「年当て」に成功した。人によって、何を言っても全部当ったり、心が開き出すと当たり出したり、という差があるが・・・。

今まで見ている傾向としては・・・◯のような「◯◯◯◯」があり、最初に「◯」が取れないと、全部が当たらない。

こういった場合は、◯◯◯◯◯◯系をやられているか、「◯◯◯◯」と◯で◯◯◯いるかのどちらかになる。

何を言っても当たる方は、自分に対して◯◯なので、◯◯◯いる人が多い。

◯◯などの流れに、◯◯なって生きるというのが、成功(愛もお金も)に恵まれた人生を歩みやすいんじゃないかと思っている。

「己亥(つちのと・いのしし)」になることで。

人によっては、自らを律しながら甘えを排除して奮い立たせて立ち上がり、自らの意思で考える行動する力にものすごいエネルギーが宿る。

人によっては、人生にとって意味のある経験を深めるために夜寝るのも忘れて、趣味の世界に没頭しまくったり、トコトン遊びまくることに夢中に。

人によっては、これまでコツコツ時間をかけて築き上げたしくみをもとに、ただひたすら右から左にお金を稼ぎ続けることに集中。

人によっては、創造性を発揮、自分を戒めながら、家族のため、恋人のため、仲間のため、利益度外視で夢中になって働き続ける。

人によっては、専門的な叡智を持つ師に従事しものすごい集中力と記憶力で、トコトン研究し学び続ける。

各々が生まれながらに持つ、◯◯◯◯◯の相対関係によっても、ベクトルそのものが異なるが。

共通するのは、身体の中に大いなるエネルギーが宿り、◯◯◯を持って◯◯し続けること。

「己(つちのと)」は、◯◯を象徴する文字でもある。◯◯◯た者たちだけが◯◯◯ることが許された◯◯◯◯的という意味も含んでいる。自分が、世の中に対して打ち出したい自分なりの◯◯を着々と作っていく。

自分の心の◯◯◯◯の中に、◯◯◯を作っていくという感じで、◯◯と◯◯を◯◯◯こと年になる。

2020年は、「庚子(かのえね)」で、引き続き「◯」のエネルギーが強い。この2年間で、いかに礎を作り上げるか?が重要になってくる。

「少年の心を持った大人」に

僕が過去の皆さんの印象深い出来事の「年当て」とか含めてやっていることは、一見「占い」のようで「占い」というわけではないかもしれない。

「吉日」とか「凶日」とかの、他愛もないことを偏解する目的でもない。もっと重要なのは、先人たちが蓄積し続けて下さった。

僕たち地球上で生ける生物の、生命あるいはエネルギーの循環を、分類した統計哲学。

暦の学問の一分野であり、歴史的、経験的、実証的な意義が深いもの。専門的な知識、技術と同時に、深い哲学が含まれている。

僕たち人間というものは、周りから見ることができる◯◯以上に、実は◯◯の◯◯が、沈滞と老衰がしやすい。

10代の頃は夢や希望を抱き。20代、30代の頃は理想と野心を持つが、40を過ぎてきて、◯◯に流され続けてしまうと途端に◯◯が消極的に。

様々なことを諦めるようになってしまいがち。一度落ち込んだ精神を、再び盛り上げることは至難の業。

けれども心を律しながら、爆発的なエネルギーが宿れる「己亥(つちのと・いのしし)」年であれば。

これまでの生きてきた人生を

「なんと妥協に溢れた日々だったのか?自分ならもっとやれるはず。」

と、今からでも心新たに・・・「少年の心を持った大人」として再び夢や希望理想と野心を胸に。あの頃のようなキラキラとした目で、再び立ち上がることができるはず。

孔明が経験した「己亥(つちのと・いのしし)」年

60年に1度しか訪れない「己亥(つちのと・いのしし)」年。

人生の内で、回ってこない人もいるが、いつ体験するかにより、大きく異なってくる。

僕の場合は、裏の「命運のシナリオ」で、1995年、19歳のころから、10年間体験している。

「亥(いのしし)」は、僕にとって、◯◯◯の兆しでもあり、

大学生の頃、「なんであんなに、◯◯◯に燃えていたんだろう?」

考え方が、今とまったく違っていて、エネルギーに満ち溢れ、◯◯を◯◯◯たら、全部◯◯というほどだった。誰よりも早くグランドに行き、誰よりも早くグランドに残る。キングカズのような考えで、自分に厳しくトレーニングをしまくり。

大学4年生の時、オフェンス・ディフェンス共にやって、試合に出ずっぱりになっていた。

就職活動の時には、周りの人に勝つために、「◯◯の◯◯◯」を作った。会社に入ってからも、◯◯◯◯◯◯◯があると、「とにかく1位を獲ってやる!」と挑んで、金賞50万円をもらったりしていた。

海外勤務の公募にもチャレンジし、勝ち取ったり、副業を開始して、真田孔明を降臨させたのも、「己亥(つちのと・いのしし)」が回っていた時だった。

とにかく僕の人生の基礎になったのが、「己亥(つちのと・いのしし)」が回っていた時なのだ。

表投稿では書けない「己亥」のヒミツ

水輝ハニーさんの投稿:
2019年は《動乱の年》になることはまず間違いないでしょう。

教育とプロパガンダで洗脳され拝金主義にがんじがらめになっているわたし達にとって

世界や日本の政治・経済、世の中の動きや真実について考えたり語ったりすることは出来ればスルーしたいこと。(以前のわたしもそうでした)

でも、もうこれからは日本に住む一般庶民のわたし達が素通りできないレベルで生活の隅々にまで影響が及び「これまで通りにはいかない」世の中になってゆきます。

そのことに一刻も早く気づいて対処や心構えをする必要があります。

これから地球が大きくシフトしてゆく最も難しい変化の真っ只中で。

それに伴い日本はもとより、世界全体で自然災害があちこちで起きたり今までにない社会情勢の変化がおき混沌とした時代となるでしょう。

水輝ハニーさんと共に開催した「新時代の《無敵OS》トークライブ 他では絶対に聞けない★「この世の真実・裏側・裏ワザ」」

この中で、

遠くを眺める時は、望遠鏡
日々の足元を眺める時は、顕微鏡

という形で、

水輝ハニーさんが、世の中の大局のお話をされ、

僕が、足元となる、

他では絶対に聞けない禁断の陰陽太極「性愛房中術」

をお話させて頂いた。

    内容としては、

    ・「陰の三角形」
     男は屈強の修羅となり
     女は男を調教、操作する

    ・「禁忌のスリークエスチョン」
     男は女を口説き落とし
     女は女子力が即座に3段階高まる

    ・「昇り竜の資質」
     男はどこの位置にいるかを理解し
     女は将来昇る男を見分ける

    ・「歩き方判別法」
     男は理想の女を見分ける
     女は理想の男を見分ける

    ・「上流のせせらぎLINE術」
     男は女を口説き落とし
     女は男を魅了させる

    ・「ATM化調教術」
     男は永遠に生き延びて
     女は男をATM化させる

    ・「真のエネルギー方程式」
     男が本当に欲する「陰」の正体
     女が本当に欲する「陽」の正体

    ・「男の循環方程式」
     男は女から気をあげ続け
     女は男に気を返し続ける

    ・禁断の「気功マッサージ術」
     男たるエネルギーが高まり
     女たるエネルギーが高まる

    ・30分間「古代皇帝の房中術」
     男女ともにエネルギーを極限まで高める
     究極の性愛術

    ・「座式セクササイズ」
     男は男力を鍛錬し
     女は女力を鍛錬する

    になる。

このトークライブでお話した「◯◯◯」。

これに関する年として見ると、2019年は、60年に1度の奇跡の年になる。

「亥(いのしし)」。この「支」には、色々な意味が含まれているが。

実は、◯◯が並んで、◯◯の中には◯◯◯◯がいることを表している象形文字でもある。

つまり、表側には出回っていない「亥(いのしし)」の裏の意味には「◯◯エネルギー」を暗示している。

内臓(腎・肝・心・脾・肺)で言うと「◯」の力が高まりるので、普段は「◯◯エネルギー」が弱ってる方々も、この年は元気になる傾向が強くなる。亥は◯◯◯のような◯。。。

女性は「◯◯」のパワーも最大限に高まる。

古の方々が、男女が爆発的なエネルギーで求め合う、そういう起爆性の巡る年を、「いのしし」に当てたのは、ある意味昔の方の時空読みはものすごい精度だったことが分かる。

また「己(つちのと)」は、◯◯を象徴する文字でもあるので。「己+亥」この2つが揃うと・・・まさに「◯◯の◯」。

「◯◯のエネルギー」が最大限に高まる時空のサポートをもらえる年でもあるのだ。

(次に「己亥(つちのと・いのしし)」が巡ってくるとしたら60年後・・・僕102歳。。汗)

実際は2019年2月4日からが、「己亥(つちのと・いのしし)」の年の暦に変わるのが、日本では認識上すでに「己亥」。

1月中にはウォーミングアップで、2月から本格始動と言ったところだろうか?

「私はもう歳だから・・・」と思っていたメンバーも。

もう一度「己亥(つちのと・いのしし)」のエネルギーを元に、

女性であれば、永遠の21歳(フォーエバー21)
男性であれば、少年の心を持った大人たち。

を目指して頂きたいと思うのだ。

「ブラック経営学」の音声を聞いてくれるメンバーには、「己亥(つちのと・いのしし)」の持つエネルギーと、表側には出回っていない「亥」の裏の意味についてシェアしたいと思い、

    ・「己亥」年が持つエネルギーとは?
    ・「己亥」年に人間ができることは?
    ・「己亥」年は、どういった年なのか?
    ・「己亥」年は、次いつやってくるか?
    ・孔明が裏で経験した「己亥」年のエネルギーとは?
    ・孔明の「鑑定」が「占い」でないかもしれない理由は?
    ・沈滞と老衰しやすいものとは?
    ・表投稿では書けない「己亥」のヒミツとは?
    ・「亥(いのしし)」の文字が表す意味とは?
    ・「亥(いのしし)」が持つ裏の意味とは?
    ・「亥(いのしし)」で高まる力とは?
    ・「己(つちのと)」が象徴する言葉と意味とは?
    ・「己+亥」が揃うと持つ意味とは?
    ・男性が女性に求める1番のものとは?
    ・女性の収入レベルが異なるあるものとは?
    ・年収400万円以上の女性の割合とは?
    ・女子力の正体とは?
    ・ハニーさんのライブにくる女性の特徴とは?
    ・ハワイのブラックのおじさんのご奥様の年齢とは?
    ・お金の世界の「修羅」と「性愛の力」の関係とは?
    ・年収1,000万円に到達していない人の特徴とは?

以上に関して触れながらお話しさせて頂いた。「己亥(つちのと・いのしし)」という年が、僕たち人類にもたらす表と裏の力についてお話しした53分3秒の音声は、「真田孔明の「ブラック」経営学」会員として登録頂き、メンバー専用の秘密のページから音声をダウンロードして視聴頂きたい。

なお、「真田孔明の「ブラック」経営学」会員の一員には、毎週一つこのような特別な内容の音声が送られてくる。2019年1月度は、以下の音声が配布される。

    ◯2019年1月度音声リスト

    ◆1月6日:
    今こそジョホールバルの投資チャンス!
    (52分27秒/18.9M/MP3形式)
    ◆1月13日:
    ジョホールバル不動産投資の裏に潜む闇
    (56分53秒/20.5M/MP3形式)
    ◆1月20日:
    爆発的なエネルギーが宿る「己亥」
    (53分3秒/19.1M/MP3形式)
    ◆1月27日:
    2019年目標設定で見極めるべきは?
    (51分57秒/18.7M/MP3形式)

    「ブラック経営学」の音声が視聴できる
    「真田孔明の「ブラック」経営学」

真田孔明の原点がここに
生涯収入5億円倶楽部メンバーとして、これを読まねば始まらない!すべての活動の前に
必ず熟読するべき、真田孔明ノウハウのすべてが分かる30日無料メール講座

このカテゴリーの関連記事
「ブラック経営学」音声会員
banner-1398363_1280-copy

本物の経営者・投資家になる設計図

45年以上、ビジネス・投資の世界で、一度も飛ばすことなく、今日まで生き残っておられる大富豪ファーザー。 時代や流行りが、移り変

「ブラック経営学」音声会員
zodiac-3820093_1280-copy

「大殺界」と命運の相対関係

2019年に入ってから、鑑定をしている際、やたら耳にする単語がある。 それが、「大殺界」。 お金、健康、恋愛など、記憶に残る悪

「ブラック経営学」音声会員
night-3115977_1280

ジョホールバル不動産投資の裏に潜む闇

大富豪ファーザーと「オトモダチ」。 「地下の修羅」たちは。 世界的に有名なShangri-Laホテルグループを傘下に持つ華僑系

「ブラック経営学」音声会員
sky-background-1077084_1280

若さの秘訣「北の健康法」

ファーザー: 「毎日草むしりをせい!ワシは毎日30分草むしりしとる。」 ファーザーは、僕よりも2周り以上も年上だが、いまだ、肌



コメントする