「ブラック経営学」音声会員 > 2019年3月度「ブラック経営学」会員コンテンツ

年収1,000万円の壁を突破する戦略術(音声)

level011
business-people-1651513_1280

日本のサラリーマンの平均年収は、男性:521万円、女性:280万円

業種、業態、職種により格差があるものの、年収1,000万円以上のサラリーマンに共通していることは、平社員ではなく、役職に就いていること。

ただ、その道のりは険しく、役職に就けても、維持し続けることはとても難しい現実がある。

そこで、今回の「ブラック経営学」では、サラリーマンとして、年収1,000万円の壁を突破する戦略術と、サラリーマンと経営者の違いについてお話させて頂いた。

部長になれる人の割合と特徴

役職が上がることで、平均年収も上がっていく。

課長の平均年収は、全体の平均で見ると、年収○00万円から○00万円東証1部上場企業の平均は、年収900万円から1,000万円となっている。大企業の課長職で、ぎりぎり達成できるのが、年収1,000万円。

つまり、ある程度、大きな規模の組織で、部長職に就くのが、年収1,000万円以上への最短の道になる。

部長の平均年収は、全企業の平均では、年収○,○○○万円、東証1部上場企業の平均では、年収○,○○○万円

ちなみに、職位に就く最短の年齢は、係長:○○.○歳、課長:○○.○歳、部長:○○.○歳

全体の平均年齢は、係長:○○.○歳、課長:○○.○歳、部長:○○歳となっている。

年収1,000万円を突破する上での問題は、部長職に昇進すること、部長職であり続けることの難易度の高さ。

新入社員から考えると、何十人・・・いや、数百人に1人の確率でしかなれない狭き狭き門。その位の確率になると、偶然のラッキーで部長になれる人は皆無。

日本の中に、部長の職位を持っているのは、○○万人。大企業の部長の人数:○○万人中小企業の部長の人数:○○万人日本全体で、就業者は、6,100万人以上、その内、正社員は、3,300万人。

ということで、○○○人に1人が部長になるという計算になる。ただし、これは全体でみた際の部長の数なので、年収1,000万円を確実に突破するのは、○○○人に1人といった確率になる。偶然のラッキーで、部長になれる人は皆無。

自分の会社の中の部長、そして、5年、10年と生き残っている人を見ると分かると思うが、サラリーマンの中で、いかなる状況下でも勝ち続けるための「○○○」を当たり前のように持ち、狙って使い続けている御方々。

部長職を狙っている人たちは社内でいくらでもいることもあり、ほんの少しのミスが命取りになる。「うっかり八兵衛」的なおっちょこちょい行為をしようものなら、即座に部長職の席を他の誰かに譲ることになる。

しかもタチが悪いのは、一度部長職に昇った方を、中途半端に課長とか係長に降格することができない。「元部長だった部下」など、誰も下に抱えたがらない。

「社内で偉くなったことがある人」は中途半端に扱いづらく、部長職の席から外れた瞬間に、社内で最も邪魔な人間に成り下がる。

いきなりリストラされて、サヨナラ・・・ということにならなかったとしても。片道切符の子会社出向以外に選択肢は無い。

たったの一度でも、王道から外れた人間は、全く別の会社に転職できない限り、二度と日の目を見ることは無い。僕も新卒で、東証一部上場のメーカーに就職した際、「将来、部長になりたい!」と思っていた。

結局途中で、大々的な副業バレ事件によって、半ば強制的に会社を退社することになってしまったが。

では、もしもあのまま、副業ビジネスがバレずに、会社内に残り続けられたとしたら果たして本社の部長になれたのか?

独立起業後のパターンからすると・・・

僕のように、脇の下ががらあきの人間は、おそらく部長職まで到達する前に、別の理由で子会社出向になっていたと自己分析することができる。

・・・ということで、どのみち丁度よいタイミングで、「円満退社」したことになる。

サラリーマンと経営者の稼ぎの違い

    マスター長兄ヒロ:
    「オレが計算したところ、サラリーマンが経営者と同じだけもらうためには、○倍稼がないとダメ。」

マスター長兄ヒロさんが、おっしゃった。

なんでも、サラリーマンとしての年収1,000万円は、年収約○○○万円の経営者に該当すると言う。その理由は、サラリーマンが実際に使えるお金は、○○○○のお金であること。

たとえば、年収1,000万円のサラリーマンの場合、・所得税:約63万円・住民税:約37.5万円・健康保険:約41万円・厚生年金:約91.5万円・雇用保険:8.7万円が差し引かれてしまうため、実際に手元に残るお金は、約○○○万円。

手元に入る月収になおすと、ボーナス抜いて○○万円位。

    ・家賃:○○万円・食費:○万円・外食費:○万円・水道光熱費:○から○万円・通信費:○万円・日用品:○万○千円・衣料品:○万○千円・趣味、娯楽:○万円・家具・家電:○万円・医療費:○万円・教育費:○万円・お小遣い:○万円・交通費:○万円・・・を差し引くことになる。

お子様1人の3人家族で、奥様専業主婦だと月にかかるお金が○○万円平均。するとちょうど、貯金できるお金が、毎月○万、○万円ちょっとしか残らない計算になる。

頑張って、年間貯金できる金額が、○○万円から○○万円。

一方経営者は、○○○○○○などにしたり税務署さえ認めてくれるならば、ある程度○○○○で○○の振り分けができる。様々な○○を差っ引いた後で、自分の○○として、会社からもらうこともできるし、もらわないこともできる。

そのデザインは全て経営者ご自身の裁量次第。・・・これを考慮すると、経営者は年収○○○万円位の給料しかなかったとしても、年収1,000万円のサラリーマン部長と同等の生活をすることができる。

つまり、サラリーマンは経営者と比べて、○倍お金をもらうのが難しいとも考えられる。部長職に昇り、部長職であり続けるのは、宝くじの高額当選するようなめちゃくちゃ低い確率。

サラリーマンで部長職で年収1,000万円以上というのは、ありとあらゆる、修羅の活動の中で、最も困難な「○○○」が必要になるし、人として○○な状態であり続けることが求められる。

にもかかわらず、フラフラしてる経営者に比べてあまり報われない場合が多い。サラリーマンで年収1,000万円以上は、別の意味で「修羅の中の修羅」とも言える。

サラリーマンの修羅ミスタY

確かに、僕たちの知る、サラリーマンの修羅「5ポケッツ」特別講師、サラリーマンとして年収1,000万円以上を10年継続してもらい続け、年収2,000万円以上を10年以上継続してもらい続け、最高年収3,500万円に到達した、奇跡のサラリーマン、ミスタYはあまりにも完璧すぎる御方。

一緒にゴルフを回らせて頂いた時も、「パーフェクト超人」ぶりをリアルに感じることができた。

僕たち経営者が、あまりにも至らないのが露呈してしまい、終始頭がタレっぱなしの状態だった。

    孔明:「トホホ、ミスタYくらい完璧じゃないと、サラリーマンで年収1,000万円以上であり続けられないのか・・・。」

ゴゴゴゴゴゴ

そびえ立つ巨大な壁を前に、立ちすくんでしまったほど。孔明:「マジであのタイミングで、サラリーマン辞めて正解だった・・・。」「部長くらいなら僕でもなれるのでは・・・」とサラリーマンを甘く考えていた自分の愚かさを、リアルに実感することができた。

一方、経営者というのは、何時間働かないと、年収1,000万円以上もらえないとかそういうものは無い。1日の内たった1時間だけ労働しようが、1ヶ月の内たった1日だけ労働しようが、それは全て、経営者である自分の○○次第。

労働時間が多かろうが少なかろうが、○○が全て。人間としても、それほど完璧な状態であり続ける必要も無い。自分のダメなところは、○○な○○○○さんたちを○○し○○○○してしまえばよいのだから。

仮に偏差値の低い大学を卒業しても、むしろ高校中退であったとしても、高学歴のスタッフさんを雇用することができれば、その部分は補うことができる。

ちなみに僕の場合は、月曜日、木曜日だけ、時間に拘束される形で働き。他の日の実働時間は1日2、3時間位といったところだろうか?だから、週4で昼間っからゴルフ場に通うことができるといったことが可能になる。

今さら、サラリーマン時代のように、毎朝7時に出勤して、毎晩20時に退勤して・・・時には土日、祝日休日出勤、などという身体には戻れないほど。自分の身体に優しい人間になってしまっている。

逆算的に考えてみるべきこと

ただ、仕事の要(かなめ)の部分は、自分でしなければならないという労働経営者ではあるので。

10年後、20年後、30年後も、同じように労働し続けることができるか?そもそも、業界そのものが生き残っているのか?という部分に危機感を覚えている。

サラリーマンとして年収1,000万円は難しいが、労働経営者として年収1,000万円は、○○○が圧倒的に低くても達成しやすい。その代り、サラリーマンが持っていない○○や「○○○」、○○○、連続して○○を作れる○の○○など、違った能力が必要になる。

1つ要(かなめ)を押さえて、ビジネスを作ることができれば、時代が変わろうが、時代が変わろうが、新しくビジネスを作って、どんどんと乗り換えていけば良い。

・サラリーマン(労働者)・労働経営者・経営者・投資家

どれが、自分に向いているのか?最終的な要(かなめ)は、自分にとっての○○○○とは何か?自分の価値観の中で決めることなので、誰も決めることはできない。

○○○○を逆算的に見て、それを叶え続けられる状態というのは・・・

・○○的に○○○○がある
・自分の○○の自由がある

ということが算出される。

その状態になるためには、どうしたら良いのか?

・サラリーマンより労働経営者
・労働経営者より経営者
・経営者より投資家

と自ずとなっていく。

「たった1度の人生なので、自分の○○○○は、自分で手に入れる」というのを心に持ちながら、「自分の○○○○とは何か?」をいろいろな角度から考えてみると良いと思うのだ。

「ブラック経営学」の音声を聞いてくれるメンバーには、年収1,000万円をサラリーマンで突破する難しさと、サラリーマンと経営者の労働効率の違いについてシェアしたいと思い、

    ・サラリーマンが年収1,000万円をもらうには?
    ・課長の人数と平均年収とは?
    ・係長、課長、部長の平均年齢とは?
    ・部長になれる確率とは?
    ・部長の席を外された人の末路とは?
    ・孔明の後ろ盾だった「フェニックス」とは?
    ・孔明が新入社員になった時狙っていたポストとは?
    ・孔明が海外出向後に気がついた出世の方程式とは?
    ・孔明が社内で名を轟かせるために挑戦したことは?
    ・孔明がサラリーマンを続けていたら部長になれたか?
    ・経営者とサラリーマンの年収の内容の違いとは?
    ・パーフェクト超人ミスターYとは?
    ・経営者の労働時間と結果の関係とは?
    ・徹夜をして無理に働けるのは何歳までか?
    ・孔明が鍛えている人間の要(かなめ)とは?
    ・経営者が多くの時間を割くこととは?
    ・パソコンが売れない時代から想定すべきは?
    ・22年前のファーザーが牛若丸のようだった理由は?
    ・幸せを必然的に勝ち取るためには?
    ・永続的に幸せな状態とは?

以上に関して触れながらお話しさせて頂いた。サラリーマンとして、年収1,000万円の壁を突破する戦略術と、サラリーマンと経営者の違いについてお話しした52分34秒の音声は、

真田孔明の原点がここに
生涯収入5億円倶楽部メンバーとして、これを読まねば始まらない!すべての活動の前に
必ず熟読するべき、真田孔明ノウハウのすべてが分かる30日無料メール講座

このカテゴリーの関連記事
「ブラック経営学」音声会員
read-2007117_1280

「修羅」であり続けるための学びのスタイル(音声)

インターネットの世界には、たくさんの情報が溢れかえっている。誰でも簡単に、音声、動画、写真、文章を通して、情報を入手できる時代

「ブラック経営学」音声会員
bangkok-1990263_1280

ファーザーと電波がつながった転機(音声)

毎月1度、どこかの国・地域で開催される「地下ソサエティ」謁見宴(うたげ)。 2019年2月は、タイ・シラチャでの開催となった。



コメントする