「ブラック経営学」音声会員 > 2019年「ブラック経営学」コンテンツ

2019年8月度ブラック会員限定音声

level011

    ◆8月4日:
    無敗経営者・投資家に求められるのは?
    (55分47秒/20.1M/MP3形式)
    ◆8月11日:
    無在庫海外貿易を選ぶ「根拠」
    (51分28秒/18.5M/MP3形式)
    ◆8月18日:
    「S級プロバイヤー育成プロジェクト」
    (45分1秒/16.2M/MP3形式)
    ◆8月25日:
    「自由」という名の「静かなる虐待」
    (54分36秒/19.7M/MP3形式)

無敗経営者・投資家に求められるのは?

aviation-718525_1280

マレーシア・ジョホールバルに、「ファーザー一家」が降臨された。

・ファーザーの奥様
・ファーザーの次女様
・マスター長兄ヒロさん

ファーザーご自身は、「おともだち」とタイ・シラチャで「ゴルフ合宿」されていて。

「おともだち」が帰国された後、バンコクからジョホールバルへ「Air Asia(エアアジア)」直行便にて遅れて合流された。

なぜ、今回「ファーザー一家」が4人も一度にジョホールバル入りされたのか?

それは・・・マスター長兄ヒロさんが、新たにもう一部屋コンドミニアムを購入されるためだ。

そこで、今回の「ブラック経営学」では、ジョホールバル「セナイ空港」の豆知識と、「無敗経営者・投資家」の領域への道で必要なことについてお話させて頂いた。

ジョホールバル「セナイ空港」の豆知識

ジョホールバル「セナイ空港」からは、「Air Asia(エアアジア)」で、マレーシア全土の主要都市に、移動できる。

例えば、ジョホールバル~クアラルンプールで、当日チケットなどを無理やり購入せず、1週間、2週間前にチケット事前購入しておけば。

片道1時間、日本円で参考価格◯,◯◯◯円位で行けてしまう。

しかも、1日片道当たり◯◯本も毎日便が飛んでいる。

ということは、東京からシンガポールに入ってから陸路でジョホールバル入りするルート以外にも。

東京から国際線で一度クアラルンプールへ、その後国内線でジョホールバルにという選択肢も。

☆東京羽田便
東京羽田~KL直行便:
・羽田23時45分発~KL翌5時55分着(片道7時間10分、参考価格◯万◯,050円)
KL~東京羽田直行便:
・KL14時15分発~東京羽田23時30分着(片道7時間15分、参考価格◯万◯,813円)
往復参考価格合計◯万◯,863円。

つまり、東京羽田発、クアラルンプール経由でジョホールバルセナイ空港に移動した場合。

時間:片道国際線7時間10分+待機時間+1時間
料金:国際線往復(参考)◯万◯,863円+国内線往復(参考)◯,◯00円
=東京羽田~ジョホールバル往復:◯万◯,◯63円

(キャンペーン時にはもっと格安らしい。当然「繁忙期」は値上がる。)

最近僕は、ANAのマイレージもこだわらなかったところ、プラチナからブロンズへ降格。ゴルフで身体を鍛え直したことにより、LCCエコノミーな長時間フライトにも慣れてきた。僕個人的には今後、こちらのKL経由便で往復しようと目論んでいる。

また近年、国際便も徐々にであるが増加。

    「JBセナイ空港」から直行便が就航してる国と都市

    ・◯◯◯◯・◯◯◯◯◯
    ・◯◯◯◯◯・首都◯◯◯◯◯
    ・◯◯◯◯◯・◯◯◯◯
    ・◯◯・首都◯◯◯◯
    ・◯◯・◯◯
    ・◯◯・◯◯◯◯
    ・◯◯・◯◯◯(◯◯◯◯◯)

当然のことながら、LCC格安フライトばかりなので、比較的に安価な価格でこれらの国と地域に移動可。

ファーザーも今回、「バンコク~JBセナイ直行便」を利用して、直接ジョホールバル入りされたわけだ。

ここでキラッとほんのり小さく光るのは、いつの間にか就航していた、「◯◯◯◯◯◯航空」による「◯◯◯◯◯~ジョホールバル」直行便。

☆◯◯◯◯◯(◯◯◯◯◯)便
◯◯◯◯◯~JB直行便:
・◯◯◯17時10分発~JB22時30分着
(片道6時間20分、参考価格◯万◯,000円)

JB~◯◯◯◯◯直行便:
・JB22時40分発~◯◯◯翌6時00分着
(片道7時間15分、参考価格◯万◯,300円)

往復参考価格◯万◯,300円。

「◯◯◯◯◯」と言えば、日本人の人気観光スポットの一つ。日本全土の各空港から、「◯◯◯◯◯(◯◯◯◯◯)」まで、沢山の直行便が就航している。

    ☆各空港から◯◯◯(◯◯◯◯◯)への参考時間

    ・東京(羽田空港)から直行便で約2時間30分
    ・東京(成田空港)から直行便で約2時間40分
    ・大阪(関西空港)から直行便で約2時間
    ・名古屋(中部国際空港)から直行便で約2時間5分
    ・福岡(福岡空港)から直行便で約1時間20分
    ・札幌(新千歳空港)から直行便で約3時間10分
    ・仙台(仙台空港)から直行便で約2時間40分
    ・新潟(新潟空港)から直行便で約2時間30分
    ・広島(広島空港)から直行便で約1時間40分
    ・鹿児島(鹿児島空港)から直行便で約1時間45分
    ・沖縄(那覇空港)から直行便で約2時間20分

    ☆◯◯◯(◯◯◯◯◯)に直行便が就航してる日本の空港

    新千歳空港、旭川空港、函館空港、青森空港、
    秋田空港、仙台空港、新潟空港、富山きときと空港、
    小松空港、富士山静岡空港、岡山空港、広島空港、
    米子鬼太郎空港、高松空港、松山空港、福岡空港、
    有明佐賀空港、大分空港、長崎空港、
    阿蘇くまもと空港、宮崎空港、鹿児島空港、那覇空港

つまり・・・日本の地方都市に住んでる方々が、ジョホールバル入りされる場合。

一度「東京羽田」に来てから、KL経由やシンガポール経由で、ジョホールバルに向かうよりも、「◯◯◯◯◯(◯◯◯◯◯)」経由の方が、早くて安い場合が多いということ。

現に、ご家族(奥様と4人のお子様)がジョホールバルに住んでいる「ミスタM」の場合、同時に日本では某地方都市で「◯◯◯◯」に励んでいることもあり、最近はこの「◯◯◯◯◯(◯◯◯◯◯)」経由でジョホールバル入りしてる。

シンガポールから、陸路で国境を超える際、◯◯に◯◯◯こともあるので、こちらの「◯◯◯◯◯」ルートの方が、「早いし・安いし・旨い」とのこと。

・日本→シンガポール→◯◯で◯◯を◯◯ジョホールバル入りか?
・日本→◯◯→JBセナイ空港か?
・日本→◯◯◯◯◯→JBセナイ空港か?

どちらが一番色々な意味で、効率よく、お財布の負担も軽いのか?

「ジョホールバルの民」としては、色々試してみたくなるところである。

なお、「セナイ空港」から、僕たちが拠点としている、コンドミニアム「モレパ」までの移動の際、誰かが「マイカー送迎」を除き、選択肢は主に3種類。

・◯タクシー・◯タクシー:
◯◯◯◯◯◯◯◯はまともに使ってくれないし、◯◯◯◯ことも多い。英語も使えない運転手、◯◯運転手などが多く、「ジョホールバルの民」は、あまり活用しない。

・◯タクシー:
セナイ空港内にある専用カウンターで、「モレパ4」と行き先を言うと、約◯◯リンギット先払い。運転手も◯◯◯で、仕組み的にも◯◯れることは皆無。

・GRAB(配車アプリ):
ルートも料金も全部スマホのアプリ内に残るので安心だが、時間帯によっては、空港でつかまりにくいこともある。

・・・ということで、「セナイ空港」から「モレパ3・4」に戻る時には、基本的には、「GRABカー」を待ってるのも面倒くさい場合、空港内カウンターで約◯◯リンギット(◯,◯00円位)前払いの、「◯タクシー」を選択することが多い。

「経営者」や「投資家」への道に必要なもの

「ファーザー一家」とのジョホールバル合宿中の夜は、マスター長兄ヒロさんの訓え。

「大富豪ファーザー」の45年以上ビジネス・投資「無敗神話」を方程式化し、紡ぐ、『◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯』(以降『◯◯◯◯』)。

世の中で起きている様々な事象をケーススタディとして、一つ一つ挙げながら、確かめながら、噛み締めながら、学びを深めて行く。

「地下」のメンバーたちが、自分自身は『◯◯◯◯』を身につけることができたとしても、そのままでは、本当の意味での「経営者」や「投資家」になれない。

『金持ち父さん・・・』の「クワドラント」という概念で例えると、「無敗従業員(Eクワドラント)」「無敗労働経営者(Sクワドラント)」の領域から脱することはまず不可能。

『◯◯◯◯』の「◯◯」までを習得できてはじめて、「無敗経営者(Bクワドラント)」「無敗投資家(Iクワドラント)」の領域への道が切り開かれるのだから。

「無敗経営者(Bクワドラント)」を想定してみよう。

自分が本当の意味で「経営者」として君臨してる状態ということは。

自分はビジネスオーナーであり、自分の代わりに会社経営を行う、社長、経営陣、店長・・・などが配下にいる状態を意味する。

例えばファーザーが、3ヶ月間も日本から離れ、ハワイや、ジョホールバル、バンコクに滞在。

毎日休みなくぶっ通しでゴルフ、飲み、マッサージに勤しんでいたとしても、16を超える基幹事業が順風満帆な航海を継続できるのは、ファーザーの配下には、有能な「◯◯◯◯◯◯◯(◯◯◯◯◯◯◯)」が存在するからに他ならない。

「◯◯の◯◯◯◯」において、◯◯◯◯や◯◯◯◯◯たちが、「ファーザー一家」に協力し続けるのも、ファーザーたちと関わった◯◯の◯◯◯たちにとって、明らか過ぎるほどの彼らのメリットがあるからに他ならない。

「Iクワドラント」の「無敗の投資」に関しても同じことが言えよう。

つまり、『◯◯◯◯』を、◯◯だけが◯につけただけでは、その◯◯◯を理解し、活用できている状態とは言えない。

「自分だけ優秀で、その下は全員ダメダメ。。」

ということで、「無敗労働経営者(Sクワドラント)」になれたまでは良かったけど。

いざ、「無敗経営者(Bクワドラント)」の道に足を踏み入れた瞬間に、下から崩れる形で、「飛んでイスタンブール」になる「修羅」たちも多い。

『◯◯◯◯』の「◯◯」が、できてこそはじめて、自分のたった一つの『◯◯◯◯』を元に、膨大な数の人間たちが軍勢となり動く。

「修羅の中の修羅」としての偉業を成し遂げられる力を得ることができるのだから。

本当の意味での「継続」とは?

創業者だけが優秀でも、2代目、3代目がダメダメ。。。

創業者が天に召された後、2代目、3代目にバトンタッチされた直後「飛んでイスタンブール」というパターン。

2代目、3代目が、何をして良いか分からずに、ただ残されたものを食いつぶすだけというパターン。

戦国時代も、現代も、今も昔も変わりなく現実として起こっている。

「金持ち◯代で潰れ、貧乏は◯代続く」人類史において、どんな金持ちも、その末裔は次のような末路を遂げると言われている。

初代、奮迅の努力で、荒野を切り開き、耕し、苦労しながらも種を植え、育て、一面に満開の花を咲かせる。

2代目、初代の背中を見ているが、荒野を切り開く方法も、一度枯れたお花の咲かす方法も心には残らない。

3代目、初代が孫には自分のように苦労させたくないと、過保護に育てる。

3代目が長じると、受動的かつ依存心が強くなり、贅沢が身についていて花が枯れ行くのをただただ見つめることしかできない。

結局は・・・たとえ東京ドーム何個分の沢山のお花を残したとしても、花はいずれ枯れる。花を残そうとしてもなかなかうまくいかない。

かつて栄華を誇った一族も、普通の貧乏に墜落。その後◯代貧乏が続くという。

・・・これが、人間界における◯◯。

例え創業者が優秀な『◯◯◯◯』を持っているだけでは本当の意味での「継続」はできない。

2代目、3代目・・・にバトンタッチする際、最も重要なことは、お金や権利を相続することではなく、『◯◯◯◯』の「◯◯」である。

「地下」のメンバーになったモノが、必ず習得することを求められる『◯◯◯◯』。どんなビジネスを始めるにしても、「◯◯◯」は重要になるので、この部分を、ブラッシュアップしていけば良いと思う。

「ブラック経営学」の音声を聞いてくれるメンバーには、ジョホールバルへのアクセス情報と、「無敗経営者・投資家」になるため重要なことについてシェアしたいと思い、

    ・ジョホールバル「セナイ空港」発着国内便は?
    ・ジョホールバル~クアラルンプールのチケット価格は?
    ・東京からジョホールバルへの渡航経路と価格は?
    ・ジョホールバル「セナイ空港」発着国際便は?
    ・日本地方都市からジョホールバル入りするには?
    ・「セナイ空港」から「モレパ」までの移動方法とは?
    ・マレーシアのタクシーの特徴とは?
    ・マスター長兄ヒロさんが購入「モレパ4」の内装費用は?
    ・ファーザーが持つ不動産における一面とは?
    ・本当の意味での「経営者」や「投資家」になるには?
    ・ファーザーが3ヶ月間日本から離れても問題ない理由とは?
    ・銀行役員が「ファーザー一家」に協力し続ける理由とは?
    ・「無敗経営者」の道で「飛んでイスタンブール」になる理由は?
    ・徳川家が400年で飛んでイスタンブール?
    ・『◯◯◯◯』の真骨頂とは?
    ・お金と時間と場所からの自由を手に入れるためには?
    ・男が海外で自分だけの城も持つために必要なのは?
    ・どんなビジネスを始めるにも必要なこととは?

以上に関して触れながらお話しさせて頂いた。ジョホールバル「セナイ空港」の豆知識と、「無敗経営者・投資家」の領域への道で必要なことについてお話しした55分47秒の音声は、バックナンバーとしてご購入いただける。

無在庫海外貿易を選ぶ「根拠」

e-commerce-3406613_1280

「地下ソサエティ」で、ケイタ式物販に取り組んだメンバーが、続々と結果を出している。

ケイタ式物販は・・・自己資金がいらず、日本国内で日本の商品を仕入れて、◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯で販売する方法。

◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯の売上動向を見てみると・・・ここ10年間で、売上高が、倍々ゲームのような形で、一気に登っている。その波に乗っている方々が、非常に稼いでいる。

中でも、絶対に負けない方程式、絶対に売上を作り続ける方程式を構築したのが、「地下ソサエティ」のミスターK。

ケイタの売上は・・・

「前期決算」
売上7,800万円・実質利益2,000万円相当

「今期決算」
売上1億5,000万円・実質利益4,000万円相当

相当この伸び率というのは、ケイタが超優秀というよりかは、大波に乗って、自動走行しているような感じなのだ。そこで、今回の「ブラック経営学」では、ケイタ式物販が、

・なぜ、物販ビジネスなのか?
・なぜ、無在庫販売なのか?
・なぜ、海外輸出ビジネスなのか?

それぞれの「根拠」と、販売している6種類の商品についてお話させて頂いた。

全力でアクセルを踏みまくるケイタ

ケイタ式物販は、自己資金要らずの無在庫海外貿易事業で、海外に渡航する必要はなく、商品の仕入れ、販売、発送などネット上で完結できる手法。収益構造にも特徴があり、

「前期決算」
・売上7,800万円
・利益1,200万円
・消費税還付500万円
・ポイント200万円分
・マイレージ100万円分
(実質利益2,000万円相当)

「今期決算」
・売上1億5,000万円
・利益2,400万円
・消費税還付1,000万円
・ポイント400万円分
・マイレージ200万円分
(実質利益推定4,000万円相当)

年収2,000万円以上で1,000人に4人。就労人口の0.4%未満修羅の領域の住人になっている。国大出身、元某銀行社員だったケイタが、物販ビジネスを深掘りすると、ここまで緻密で再現性の高い設計図が誕生するのかと唸らせられた。

    ケイタ:
    「現金・・・あったら安心ですが、実際はクレジットカードの枠だけでやれてるのですよね・・・。」

銀行から融資は、これまでに、約◯,000万円ほど獲得しているが、一切手を付けていない。

当然ながら、◯◯払いも余裕である。

「売れてから仕入れる」無在庫販売スキームなので、思いっきり大量販売にアクセルを踏みまくれる状況。

在庫を一切気にすることなく、大量に売りさばけるので、経費削減、収益、消費税還付、ポイント、マイレージ、という形で、現金並びに現金と同等の価値を持つポイントとして手元に残っていく。

しかし、そんな状態にもかかわらず・・・「地下」を通して『成功シンドロームOS』を習得したケイタには、おごりやスキというものが微塵も感じられない。

ケイタ:
「あの人たちは仕事してないからね。なかよしこよしで生き残れる世界じゃない!」

・・・と、いい加減に物販ビジネスに取り組む方々に対して言い放ちながらも、自分自身を追い込んで行く。既存の売上・利益維持のための仕事1日◯時間、1週間で◯時間だけ。

けれども、かつて一度目に独立起業失敗した際、気の緩みや甘さが、独立起業失敗につながってしまった教訓から。

毎日◯時間、1週間で◯◯時間を、ミライの不安をゼロにするための仕事に。

妥協することなく、全力でアクセル踏みまくっている。

他の中途半端な物販プレイヤーたちを反面教師にして、いまだルーキの気構えを忘れることなく、全速力で突っ走り続けている。

なぜ、物販ビジネスを選択したのか?

目標を立てて、達成する強い意志を持ち、「設計図」を描いて、日々実行するという流れの中で。

「なんでやるのか?」という「根拠」が必要になる。「根拠」が揺らいでいると、継続できず、ちょっと辛いだけで、逃げる言い訳を探してしまう。

ケイタが、自己資金要らずの無在庫海外貿易事業の道で修羅になるにあたり、どのように「根拠」を固めたのか?

・なぜ、物販ビジネスなのか?
・なぜ、無在庫販売なのか?
・なぜ、海外輸出ビジネスなのか?

3つの点について、ケイタ視点での「根拠」を見ていく。

まず、数あるビジネスの中で、ネット物販ビジネスに取り組んだ「根拠」は、次の4点。

1)◯◯を◯◯やすい
◯◯◯、◯◯◯◯◯、◯◯、◯◯◯◯◯◯、◯◯◯の◯◯◯◯◯◯◯◯としての仕事が求められる情報販売、サービス提供ビジネスとは異なり、◯◯◯◯が◯◯◯◯◯た◯そのものに価値があり、仕入れて、売るというシンプルな方程式が成り立つ。

2)市場の◯◯◯が確立されている
国内転売、海外輸出、海外輸入さまざまな◯◯の◯◯◯◯があるが、◯◯◯◯◯、◯◯◯、◯◯、◯◯◯◯など、◯◯◯がきっちりと確立されている。

3)◯◯◯を販路として◯◯できる
◯◯◯は初期コストが安く、◯◯◯は◯◯◯◯◯、◯◯◯◯だけ◯◯◯が生まれやすいところに身を置くことで、日銭が稼げる。

4)◯◯◯◯が作りやすい
1つの◯◯◯◯を作る上で、ゼロからイチの段階において、すぐに◯◯につながりやすい。

1つの◯◯◯◯を、◯◯したり、◯◯◯したり、その後の◯◯にもつながる。商売3原則(モノ・情報・サービス)の中で、どこをどう想定しても、「物販ビジネスほど手掛けやすく、結果を出しやすいものは、他にはない。」というのが、ケイタが物販ビジネスを選んだ「根拠」になる。

なぜ無在庫販売を選択したのか?

次に、無在庫販売を選択した「根拠」は、次の6点。

1)無在庫販売とは・・・先に商品を持たず、商品が売れてから、仕入れる方法。

これまでに、物販で◯◯に◯◯を◯◯て、回らなくなった方々をたくさん見てきた。

2)様々な商品について、◯◯、◯◯、◯◯◯を繰り返しながら、並行して◯◯◯◯ができる。

3)◯◯◯◯◯◯◯◯の◯さえあれば、手元の資金が要らない。◯◯◯◯◯◯◯◯の◯分だけの売上を作れ、◯◯◯◯で獲得したお金も丸々残せ、◯◯◯◯獲得に有利になる。

4)◯◯◯◯◯と◯◯を気にする必要がないので、右から左の単純な繰り返しで、◯◯◯◯による◯◯を作りやすい。

5)大量に右から左ができる中で、◯◯◯◯◯、◯◯◯、◯◯◯◯による◯◯◯を追求しやすい。

6)一度仕組みを構築してしまうと、◯◯◯◯の◯◯◯◯◯式による、売上・入金が積み重なっていく。通常物販ビジネスでは、◯◯の◯◯◯◯が難しいが、無在庫販売だと、その部分を全く考えなくて良い。◯◯◯と◯◯◯による◯◯の追求と、◯◯◯と◯◯◯による◯◯◯◯の追求に、傾注できる。

なんで国内仕入れ・海外販売を選択したのか?

最後に、国内転売ではなく、海外仕入れでもなく、国内仕入れ・海外販売を選択した「根拠」は、次の5点。

1)世界でも◯に見る◯◯な日本製の商品が、◯◯に◯に◯◯◯◯にいる。日本人にとって幸運なことは、・◯◯◯◯◯◯◯◯◯への◯◯・日本◯◯◯◯◯◯◯・◯◯◯◯による◯◯の充実すべてが追い風になっている。

2)◯◯◯◯の◯◯◯に目をみはるものがある。日本では、◯◯◯◯、◯◯◯◯◯が、問題になっているが、世界の◯◯◯◯、◯◯◯◯は、まだまだ続いている状態であり、全世界の◯◯は、まもなく◯◯億人になろうとしている。

3)海外特有の◯◯の◯が、日本人にとって、高いハードルになる。けれども、現在は、◯◯◯◯◯◯◯◯で、◯◯◯をするだけで用が足りてしまう。◯◯が◯◯◯◯にならないとできないと思い込んでいる方々が、日本人の中に非常に多い。このギャップが、取り組んでいる人にメリットになる。4)日本の商品を通じて、◯◯◯の◯◯◯◯とやりとりすることで、◯◯の◯を広げられる。

5)国内仕入れ、海外販売では、◯◯◯◯◯が適用される。◯◯◯や◯◯として◯◯◯た分が、◯◯◯から◯◯◯かれる。後日の◯◯◯◯により◯◯される。◯◯のかからない◯◯が、◯◯まとめて入ってくるのは、魅力的。仮に利益がゼロだとしても、◯◯◯◯◯によって、利益が出てしまう仕組み。

*参考数値:売上高1億円で、◯◯◯◯◯600万から700万円適当な「根拠」で始めると、適当な「結果」しか生まれない。「修羅」を目指すためには、ビジネス・投資など何においても、しっかりとした「根拠」を持つこと。「修羅」を目指すビジネスに飛び込む際、1つ1つ丁寧に、自分なりの「根拠」を持つことが重要。

・なぜ、物販ビジネスなのか?
・なぜ、無在庫販売なのか?
・なぜ、海外輸出ビジネスなのか?

参考までに、ケイタの「根拠」を挙げさせて頂いたが・・・まず、合っている、間違えているではなく、ご自身の中で、しっかりと腑に落ちるまで、「根拠」を調べて、考えて、設定して頂きたい。

ケイタ式で売れる日本の商品とは?

ケイタは、何を日本で仕入れて、○○○○の○○○○○○で販売し、利益を上げているのか?ケイタが手掛けている商品を、ご本人の許可の元公開させて頂く。

1)日本の◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯、◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯で◯◯できる時代でも、◯◯としての◯◯◯需要がある。

2)日本の◯◯◯◯日本の◯◯◯◯◯◯商品は強烈。◯◯商品だけでなく、◯◯◯、◯◯◯◯◯も、価値が上がっていく。

3)日本の◯◯◯◯◯◯◯◯、◯◯◯◯◯、◯◯◯◯、◯◯◯◯◯、◯◯◯◯◯◯商品は人気。

4)日本の◯◯◯◯◯◯◯◯、◯◯◯、◯◯◯◯◯、◯◯◯・◯◯◯な日本の◯◯を使う世界の◯◯◯◯◯◯が多い。

5)日本の◯◯◯、◯◯◯マル◯◯◯◯、◯◯、◯◯◯、日本の◯◯でも、外国人◯◯◯が、◯◯◯いしているシーンをよく見る。

6)日本の◯◯◯の商品◯◯◯◯◯、◯◯◯の◯◯◯◯◯◯◯系の◯◯、◯◯◯◯◯◯◯、◯◯の◯◯◯の商品を求めている方々が、◯◯◯世界にはいる。こういった商品を、海外の◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯に出品し、売れてから、◯◯◯◯が◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯で、日本の◯◯◯から◯◯。◯◯◯◯にお願いして、◯◯・◯◯な◯◯手段で、海外に◯◯する。今は、◯◯◯◯が非常に安くなっている。ケイタ式物販では、◯◯◯◯◯◯、◯◯◯◯の◯◯◯◯たちを活用し、効率的に繰り返しているのだ。

ケイタのポイントライフ

「今期決算」の内、・消費税還付1,000万円・ポイント400万円分・マイレージ200万円分ケイタの場合、月あたり、10万から30万ポイントと、プラス数万マイルが、勝手に貯まり続ける。

そのため、奥様とお子様の家族3人は、ポイントとマイルだけで、生活されているようだ。ケイタのポイントライフの特徴は、下記の4点。

1)◯◯◯に使用するのは、◯◯◯の◯◯◯◯◯◯◯◯。

2)◯◯◯のポイント◯◯◯◯◯◯を活用。

3)◯◯◯◯◯◯での購入には、◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯

4)◯◯での購入は、最もポイントが貯まり、使える先が多い。◯◯◯◯で、◯◯◯◯もできる。◯◯ポイントが貯まると、コンビニ、スーパー、ドラッグストア、ファーストフード、本、CD、家電、百貨店、ショッピングモール、ファッション、雑貨、アミューズメント、日本全国に展開している有名チェーンでほぼ使える。現金には、一切手を付けず、脇を固く締めている。ビジネスで、お金を稼ぐことは難しいと言われているが。

実は、稼いだお金を、残すことのほうが、もっと難しい。多くのビジネスマンは、売上・利益が上がったことで、勘違いし、脇が開いて、「経費だから!」「残ったら、税金で持って行かれるから!」と散財し。

その後、税務調査が入って、結局何も残らないということになる。現金並びに現金と同等の価値を持つポイントが、貯まるケイタ式のビジネス構造は、安心感がある。

ゼロからイチの状態で、稼ぎ始めるとしたら、国内仕入れ、海外販売特に◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯を中心とした戦略術が有効だと思う。

「ブラック経営学」の音声を聞いてくれるメンバーには、ケイタ式自己資金要らずの無在庫海外貿易事業の重要なポイントについてシェアしたいと思い、

    ・ケイタの前期、今期決算の内訳と伸び率は?
    ・ケイタの信用創造の合計金額とは?
    ・銀行の融資における矛盾とは?
    ・ケイタのプライベートでお金が減らない理由は?
    ・新規創業融資獲得の際提出すべき創業計画書とは?
    ・商品仕入れから代金回収の期間における常識とは?
    ・メーカー、卸虚業者、小売業者の商品在庫の常識とは?
    ・物販に大きな金額の銀行融資が出やすい理由とは?
    ・ケイタが毎日仕事に費やす時間と内訳とは?
    ・毎日継続して取り組むために必要なこととは?
    ・ケイタがネット物販を選択した根拠とは?
    ・ケイタが無在庫販売を選択した根拠とは?
    ・ケイタが国内仕入れ、海外販売を選択した根拠とは?
    ・ケイタが販売している日本の商品とは?
    ・商品選定のプロになるために必要なことは?
    ・ケイタ式物販が通常の物販と異なる点とは?
    ・世界の物販プラットフォームのランキングとシェアは?
    ・ケイタのプラットフォーム別売上割合とは?
    ・ケイタのポイントライフでの4つの特徴とは?
    ・ケイタが修羅になり手にした新たな日常とは?
    ・ケイタの1日のスケジュールとは?
    ・セラーアカウントを作る上での注意点とは?

以上に関して触れながらお話しさせて頂いた。

ケイタ式物販が、

・なぜ、物販ビジネスなのか?
・なぜ、無在庫販売なのか?
・なぜ、海外輸出ビジネスなのか?

それぞれの「根拠」と、販売している6種類の商品についてお話しした51分28秒の音声は、バックナンバーとしてご購入いただける。

「S級プロバイヤー育成プロジェクト」

travel-3168277_1280

商談会・見本市とリアルの世界から、売れる商品を見極める「○○○」を武器に。20年以上も継続されている「仕入れの鬼」ミスタロイ。

そのミスタロイから、プロバイヤーになる極意を教わっている「地下」の住人たちと共に、見本市が開催されている「東京ビックサイト」へ。

誰にも頼ること無く自力で、「必ず売れる商品」だけを見極めて、仕入れられるようになるための実戦形式「練習ラウンド」が実施された。

そこで、今回の「ブラック経営学」では、「S級プロバイヤー育成プロジェクト」である「ミスタロイ式物販」の「要」と、「ミスタロイ式OJT」による仲間の進化成長についてお話させて頂いた。

    *ミスタロイとは・・・

    年商100億規模の通販会社でサラリーマンのバイヤー職。取扱高は、社内ナンバーワンだった。しかし、サラリーマンとしてできることの限界を感じ、独立起業し、国内仕入れ、国内販売の形で、独自のネットショップをスタート。翌月から、手がけた商品が売れ、単月で、月商1,000万円を達成し、開業2年目には、年商1億円を達成。以降、今日までずっと毎年継続して、売上約1億6,000万円。売上利益約5,600万円~6,400万円位を獲得し続けている「修羅」。

「ミスタロイ式物販」は「転売」に非ず

ミスタロイが、長期間に渡り、現場「OJT」を通して伝授下さるのは、ネット上でよく見られるような、安易な「国内転売」ではない。

バイヤー道を極めし過程で蓄積された、展示会や見本市を活用した「仕入れ」の方法。

20年以上継続できる「要」は、「仕入れ」部分にある。

○○○○に巻き込まれることなく、継続的にネット上で売れる商品だけを発掘できる「○○○」。

いかなる状況下でも「継続」できるのは再現性のある「○○○」だから、「再現性」があり、「継続」ができる「○○○」が存在するのだ。

「見本市」で見つけた売れる商品だけを「○○」で仕入れて、○○○○○○、○○、○○○○○○などの「○○○○○○○○」で販売する。

    ミスタロイ:
    「1年後、元手300万円で300万円の利益を出せるようになります!」

浮き沈みの激しい、「物販ビジネス」の世界で、20年間以上継続して、「プロバイヤー」として売れる商品を見極め続け、仕入れ、販売し続けて来られた修羅。

・「○○○から○○○○」の○○○○商品
・「○○○○から○○」の○○○○商品

両輪の併用によって、300万円の元本でも年間300万円の収益をあげられるようになるのが初歩的な登竜門。

単純極まりない方法だが「王道」。長期間に渡り、安定した○○○を確保し続けられることが「継続」や「○○○○」の「要」になる。

元本300万円で300万円の利益をユックリ生み出す

10年勤めた酪農ブルーワーカーを辞め「北のセオリー」を踏襲する形で、「会社を創る、お金を借りる、原資ができる」方程式に「新規創業融資」2,000万円を獲得起業独立した孔明弟。

「○○○○○、○○○○○」4期以上も年商○,000万円前後を黒字経営にてキープし続けており、銀行からの信用創造も、○,000万円、○,000万円、○,000万円・・・年月を経るごとに迫力が出てきた。

・・・と言っても、その○○を「商品仕入れ」に○○○○ことはしない。

基本、「○○」は○○○○の○○○○に積み上げ続けるだけ。

その内ほんの、300万円程度をMAX予算に、300万円をグルグル回して、たったの1年間で、300万円の利益を獲得できる。年利100%。

たったそれだけのことを続けて行くだけで、お金は「○○○○」で勝手に増え続けて行くのだから。

最強の投資が、「○○」であることが、ここまで来て、はっきりと分かった。

「ロイ式物販」と「北のセオリー」の相性は抜群。「ムリ・ムダ・ムラ」の無い、「鉄板焼」なゲームなのだ。

「ミスタロイのOJT」での進化成長

    ミスタM:
    「A45ブースでは、◯◯な商品がありました。」

    孔明弟:
    「◯◯な社長さんがいたブースの商品ですよね?」

    ミスタロイ:
    「あの商品は、良いですよね。売れますよ!」

数百ある出展ブースの中から、「ミスタロイ」と同じ商品を次から次へと見極め当てる仲間たち。

ちなみに、孔明弟は、酪農ブルーワーカー10年間で浴び続けた農薬のせいで、リウマチが悪化、東京ビッグサイトの広すぎる会場を長期間歩き続けるのはかなり困難な状態。

受付で借りた、「車椅子」を補助輪にして、ミスタロイの訓えを踏襲する形で、グルグル回しながら、300万円の元本で300万円の利益を生み出せられる硬い商品をソーシング。

休憩時間には、会場マップを元にミスタロイに確認できるので。穴はない。確実に商売になる商品だけを選定して行く。

「ミスタロイ式OJT」を通して、孔明弟も一流の「プロバイヤー」へと進化成長を遂げていく。

何百という中小メーカーが出展している見本市。

何千、何万あるかも分からない陳列された膨大な種類の商品の中で、「ミスタロイ」が選んだのと全く同じ商品だけを自力で探し当てられるということは、ネット上で必ず売れる商品だけを見つけることができるということだ。

主婦組4人中4人が「プロバイヤー」へ

「東京ビックサイト」2日目。

某大手ネット系通販企業で部長まで務めた過去を持つプロバイヤーミスタロイ。

あ~だこ~だと、逐一指示されるわけでも無い。

「地下」の仲間たちは、ミスタロイの指導通りの手順で、自主的に商品の選定を進めて行く。

今回、「地下」の主婦組たち4名が現地入りされたが、数百もの沢山のブースが出展、数千、数万の商品がズラリ並ぶ中で。

なんと・・・4名中4名、全員が、自力で「ミスタロイ」と同じ商品を選定し。なおかつ具体的な商談へと進められてしまった・・・。

    ミスタロイ:
    「本番は○月です。今回は慣れることを最優先にしてくださいね!」

・・・と、お声がけも絶妙。

初めて見本市に臨む方々でも力むこと無く臨めるような精神状態になれるし、皆様、「お仕事」というよりは楽しそうに臨まれている。

ちなみに僕も、メーカー勤務時代、見本市・商談会の類には出展者側として何度もブースに立っていたことがある。

その際、一日中卸売問屋や小売店の方々に対して商品説明などをすることになるが。

○○○○○○○○でくれそうなところに○○○○てもらいたいというのがメーカー心というもの。

メーカー側の立場から見た時、確かにミスタロイの商談方法だと、○○に残るし、○○したくもなるなと良く分かる。

「○○○○○○○○でくれそうなところ」に自分たちがなれてしまう。

僕は今回、弟の会社の「商品部部長」としての「名刺」を持って商談に臨んでいるが。

「ミスタロイのOJT」のお蔭様で、限られた日時の中で、一切無駄の無い商談を進めることができた。

当然ながら、

・「○○○から○○○○」の○○○○商品
・「○○○○から○○」の○○○○商品

の2段構えで、

    孔明:
    「え?こんな○○○○○から取引させてくれるの?」

「○○○○から○○」商品でも、決して○○小売店のこちら側に○○のない○○条件にもかかわらず。

「売れる商品」を持つ、優良な新規取引先だけを増やすことが出来る。○「永遠の○○○○」が確固たるものにミスタロイの「○○○」に基づき、商品を見極め、販売すると・・・・

普通でも、○年から○年位、地味に売れ続ける商品が発見可能。○○○○によって、売れなくなるというのが起こりづらい商品は、そんなに売れなくても○○○○ができる。

ミスタロイには、サラリーマン時代から、○○年以上売れ続けている商品もある。○年から○年の寿命で売れ続けてくれることで、次の商品もゆっくり準備できる。

たまに扱ってる商品が、○年に1回、○年に1回、大ブレイクすることもある。

そういう時は、ニンマリして、いままで長年培った、○○○○さんや○○さんとの○○性で○○○に○○を回してもらう。

お金と時間のゆとりがある状態で、ゆっくりと○○○○をしながら、○○を立てながら、「北のセオリー」に臨めるというわけだ。

ファーザー直伝の「○○○○○、○○○○○」の方程式。

ミスタロイ直伝の「売れる○○○○○&○○○○」の方程式。2つの方程式によって、「永遠の○○○○」は、ますます確固たるものになって来た手応えがあった。

ファーザー:
「ビジネスなんて明後日すれば良い。」

世間一般的な「物販ビジネス」に取り組む方々は、「物販ビジネス」の稼ぎだけが全てになってしまうが。僕たち「地下」の住人たちにとって、今回の目的は極論、「○○○○○、○○○○○」の「○」部分さえ、継続できる仕組みを作れればそれで良い。

なぜなら、「方程式」さえクリアし続ければ、「お金の○○○」は増え続けるのだから。

見てる視点が、全く違う状況下で、余裕を持って臨める「物販ビジネス」。

ある意味、最強の「プロバイヤー軍団」が誕生してしまうのも、時間の問題かもしれない。

「ブラック経営学」の音声を聞いてくれるメンバーには、「ミスタロイ式物販」でのOJTの様子と、「地下」の住人たちが駆使する2つの方程式についてシェアしたいと思い、

    ・ミスタロイの経歴と売上利益とは?
    ・「ミスタロイ式物販」とは?
    ・「ミスタロイ式物販」と「転売」の違いは?
    ・「ミスタロイ式OJT」とは?
    ・価格競争に巻き込まれないためには?
    ・「継続」や「積み上げ」の「要」とは?
    ・「商品仕入れ」にいくら「信用創造」の「お金」を回すか?
    ・「ミスタロイ式物販」原資300万円は1年でいくらに?
    ・投資として最強のものは?
    ・見本市に出店しているブースの数とは?
    ・孔明弟の見本市で進化成長とは?
    ・孔明弟とミスタMの今とこれからの関係とは?
    ・「ミスタロイ式物販」の見本市での再現性は?
    ・「ミスタロイ式物販」での商談の特徴とは?
    ・「ミスタロイ式物販」での商品在庫とは?
    ・「ミスタロイ式物販」での商品寿命とは?
    ・「永遠の信用創造」を確固たるものにする2つとは?
    ・「ビジネスなんて明後日すれば良い」の真意とは?
    ・「お金の使用権」が増え続けるためには?

    以上に関して触れながらお話しさせて頂いた。

「S級プロバイヤー育成プロジェクト」である「ミスタロイ式物販」の「要」と、「ミスタロイ式OJT」による仲間の進化成長についてお話しした45分1秒の音声は、バックナンバーとしてご購入いただける。

「自由」という名の「静かなる虐待」

girls-739071_1280

マスター長兄ヒロさんが、22年以上かけて研究、「再現性」のある形で体系化された「教育論」。

0歳から18歳を対象に、「修羅」から逆算する形で、導き出された方法論になる。

マスターヒロさんから訓えを受ける中で・・・今まで、「子供には自由を・・・」と、娘たちには、好きなように学校・家庭での生活を過ごさせてきたのだが。

娘たちに対して、「自由」という名の「静かなる虐待」を続けていたと認識するに至った。

そこで、今回の「ブラック経営学」では、子供の教育における「自由」の意味と、0歳から18歳での期間における「本当の学び」についてお話させて頂いた。

「自由」を与え続け、謳歌してもらっていた

長女は、普通の高校は進学せず、「自分が好きなことを学べば良い」と、ゲームやアニメのCG制作の専門学校に進学することが決まっていた。楽そうだったし、勉強しなくて良さそうだし、普通の高校よりも、専門学校の方が、自由を満喫できそうだったから。

と言っても、何か強い目的があっての進路決定ではない。「専門学校」には、入学試験は特に無し。

書類を送ったらすぐに合格が決まった。

当時長女は、特に何の目標も無く、毎日学校から帰って来てすぐに、床に寝っ転がっては、スマホアプリゲームをやったりYouTubeを視聴したりしていた。

僕たち夫婦もそれで良いと思っていた。なぜなら、「子供には自由を・・・」夫婦共通の「○○○○○○○○○」があったから。

過去を振り返ってみると・・・僕が東証一部上場の玩具メーカーにサラリーマンとして勤務(新卒から約12年間)していたこともあり。

娘たちが生まれてから今日まで、おもちゃ、ゲーム、アニメ、漫画の入手に困ったことはない。

iPad、iPhone、MacBookなどのI.T.ツールも全て買い与えて来た。YouTubeなども見放題で、スマホアプリもやり放題。

お小遣いも与え続けた。それぞれの個人口座にも7桁の貯金があり、本人たちが自由に出し入れできる状態。

マレーシアジョホールバルにある、アメリカンインターナショナルスクールに留学させて、パソコン、美術、音楽など、好きなことを自由に学んでもらい、ドライバー付きの送り迎えで毎日通学させて来た。

基本、毎週末(金~日)はシンガポールに移動して中心地のホテルに宿泊。

海外もハワイの数カ月間のロングステイをはじめ、香港、マカオ、中国、台湾、かなりの頻度で連れて行った。

勉強を強要したことは、ただの一度もない。一度だけ「学習塾」に通わせたことがあったが、辛そうだったので「○ヶ月」で辞めさせた。

「大人になってからは、好きなことをやってもらいたい・・・」ただそれだけを想い、僕たち夫婦は子どもたちに対して「自由」を与え続けて来た。親として与えられると考えたもの・・・その全てを十分なほど与え続け、「自由」を謳歌してもらっていた。

間違った「自由」を「自由」だと勘違い

しかし、僕自身が、マスターヒロさんより、ビジネス・投資の活動目的で『帝王学』を伝授頂く過程で。

両親のこういう行為そのものが実は「虐待」だと気づいてしまった。「子供に自由を」というトレンドがある。

それと、僕たち夫婦の場合は「○○」が「自由」だと勘違いしていたのだ。

叩いたり、罵声を浴びさせたりだけが虐待か?今ならハッキリと分かる。

・学校行くも行かぬも子供の自由。
・仕事するもしないも子供の自由。
・目標持つも持たぬも子供の自由。

この「自由」は単なる「虐待」であると・・・。

少し考えて見れば分かることだった。本来、子供の○だけで「○○の○」を○つけて○○○いけるなんていうのは、○○○的な○○。食事、服飾、家、車、旅行、お金・・・両親が健在で、「与え続けられる」内は良いかもしれないが、それが出来なくなった後、子どもたちは、一体どうなってしまうのだろうか?

必要なものその全てを両親から全て与え続けただけの人生を送って来た子どもたちが、大人になってから途端に、「○○の○○で○○を○○て・・・」などということが、果たしてできるだろうか?

また、15歳未満で、完全に自由で、何の教育も○○○○もせず、子供が歩んだ○○○○の人生の中で○○、わずかな○○や○○を元に、完全に「自由」に○○して、子どもたちが○○で○○○○○る○○○などたかが知れている。

クオリティの悪い、間違った「自由」を、「自由」だと勘違いしていた。

両親が子供のために○○も○○○○も何もしないで、「自由」に○○していることは、どこをどう想定しても、「虐待」以外何モノでも無かった。

こうして僕たち夫婦は長い間、子どもたちを「虐待」し続けて来てしまったのだ。

「自由」を謳歌してもらうための理想の状態

気づいた僕たち夫婦は、慌てて急遽「軌道修正」。

既に合格が決まり頭金を払っていた「専門学校」を辞退。時間も無く、いきあたりばったり的な部分があったが、まずは○○○○○の「○○○○○」だけ○○を取ってもらい、「○○○○」として受験しなくても行ける高校へ・・・。

そして、2019年4月、夫婦一緒に同行する形で、改めてヒロさんに「今後の相談」を持ちかけた。

あれからまだ半年も経過していないが・・・「両親が変われば子供も変わる」。

僕たち夫婦が変わり、子どもたちも変わり、「我が家」の雰囲気全体が、ガラッと激変した。

高校一年生になった長女が、スマホアプリをプレイしながらゴロゴロしてるだけの姿は、もうそこにはない。

自の意思で目標を「○○の某○○○○」に定め、それに向けて夢中になって「○○」するようになった。

今ではハッキリと分かる。子どもたちに、「自由」を謳歌してもらいたいなら、子どもたち自身に○○○に○○を○○○ようになってもらう。

その達成に向けて○○○○を、○○○○○○ながら、○○○○あげている状態こそが理想であると。

0歳から18歳での「本物の学び」とは?

2019年7月のある日のこと・・・(LINEでのやりとりにて)

    孔明:
    「ヒロさんお疲れ様です。高1の長女ですがお陰様で前回よりも総合順位が上がりました。クラスでは○位へ。学年(300名中)は○位へ。」

    ヒロさん:
    「素晴らしい!しっかりと評価してあげましょう。ちょっと時間が経ってから、基準を○○○○○○になっているか確認!○○で○○○が目標にならないように。この辺はM(家庭教師)がすると思いますが。」

    孔明:
    「はい!了解しました!幸いなことに事前に「○○○○○」も受けて○○○されているので、この学校での順位は、○○○でしかないことは認識しているようです!○○○のように。仮に○○○○○受けていなかったら勘違いしそうですが。」

    ヒロさん:
    「最終目標までの過程の、階段の1つとしては最高の滑り出しでしょう!」

    孔明:
    「ありがとうございます!○○を持ってやれば○○に結びつく。○○○○を継続してくれるはじめの○○○○○○○つながると思いますので、見守りたいと思います。」

・・・ヒロさんの「教育論」を学んだ後、僕たち両親が変わり、娘たちが変わりはじめた。

僕は今でも「○○が全て」だとは思っていない。「○○○の○○○の○○に行けたら偉い」とかは、まったく無いと思っている。

けれども、日本において、「○○○○の○○○○は、あっても損じゃない」とは、ハッキリ言える。

我が家の長女からも、彼女が自主的に立てた目標「○○○○」の「根拠」を次のようなメッセージをとしてもらった。

    長女:
    「何かを○○○○○○を○○○が出来るからです。○○○○は一番わかりやすく、また、自分という人間を○○で○○○○○情報の一部だと思っています。」

僕たち家族における「○○○○」の位置づけは、「○○○○○を○○○○に○○ための経験。」実践形式の「練習ラウンド」。子どもたちが自主的に目標設定した「○○○○」を経て、「○○の○○」を初体験できると・・・

・就職活動でも同じことをやるだけ。
・サラリーマンとしても同じことをやるだけ。
・個人事業主としても同じことをやるだけ。
・経営者としても同じことをやるだけ。
・投資家としても同じことをやるだけ。

極論だが、両親である僕たち夫婦が、娘たちにお金を与えようが与えまいが、自分の力でどんなところでも食べて行けるようになると確信している。

ヒロさんのお嬢様(大富豪ファーザーのお孫様)にも、我が家の長女と一緒にお会いしたが、幼い頃にお嬢様が自らの意思で立てた目標、「○○○○の日本で女性に○○○○の某○○○○○○」を成就(2019年4月○○)。

今では、次なる目標を持って○○生活に臨んでいる。体育会の部活動と学校の勉強、プライベート、全てを両立されていて、とても楽しい○○生活を謳歌されていると、ヒロさんのお嬢様ご本人が熱く語っていらっしゃった。

恐らく、ファーザーやヒロさんから、一方的に与えてもらったお金だけで、「自由」に生きて来ただけだったとしたら、あのような表情にはならなかったことだろう。

「ファーザー一家」が、45年以上だけでなく「100年以上続く」という様が、僕にも見えた瞬間である。

ヒロさんの姪っ子さんもまた、社会人から完全に逆算された状態で、

・○○○(○○○○、○○○○、○○○)
・○○○○(○○○○○○○○)
・○○○○(○○○○○○○○○、○○○○○○○)
・○○○○(○○○○と○○○)

○○した人気有名○○・○○の全てに、○○○○○を勝ち取られて、この中の○○○○の○○・○○の内1つに○○された(2019年4月○○)。

ヒロさんの長女さん、姪っ子さん共に、両親から強要されて○○○○を目指したわけでもなく、全て自らの意思で立てた目標の中で、自主的に行動した中で、勝ち取った結果。

0歳から18歳の「子供の内」は、人間形成において、とてもとても重要な期間。

その期間内に、経済の世界でも「○○の○○」を謳歌できるようになる、本当の「○○○」を学べることは、人生の中でもとてもとても意味があることだと思う。

また、この期間の「本物の学び」は、後々、様々な分野でも良い波及効果がある。

    例えば・・・

    ・お金:
    サラリーマン、個人事業主、経営者、投資家、ありとあらゆる分野で自らの意思で目標を立てて○○○○○だけを○○○○るようになるので、およそ「お金」に困ることとは無縁になる。

    ・恋愛:
    お子様の恋愛において両親が特に口を出さなくとも、子どもたち自身がぶっ壊れた「○○○○」を持つ異性を○○○○ようになる。また男女ともに目標に向かって、夢中になって邁進している様は、異性から見てとても○○○で「○○○」。より○○な○○から選ばれやすくなる。

    ・健康法:
    何も食べないのはやつれてるだけ。意味の無い方法に手を出して過食症や、リバウンドを招くだけ。○○を○○たいのか?○○を○○○たいのか?お子様ご本人の意思で○○○○○○などに手を出さなくなる。

    ・スキル:
    収入を上げたいからと、意味のない○○や○○○を取る「○○○○○○○」とは無縁になる。お子様ご本人の判断で「○○○○○」と分かるようになるので余計なことをしなくなる。

僕たち夫婦も今ではハッキリ言えるが「子供の教育って大事」だと心底から思う。

0歳から18歳までの子供の内からとある○○○に基づいた「○○○○」を積んでおくと、就職すれば上位に行けるようになれるし、独立起業して成功者にでもなれる。

自ら「○○○もの」を両親の力に頼ること無く、何でも自分の力で手に入るようになれることが、僕たち夫婦としても実感しているのだ。

「ブラック経営学」の音声を聞いてくれるメンバーには、子供への「自由」が「虐待」になる理由と、子供が成長する過程における親子関係の理想の状態についてシェアしたいと思い、

    ・大人になって「選択の自由」を謳歌するためには?
    ・子供への「自由」が「虐待」だと気づいたきっかけは?
    ・孔明長女の進学先を選んだ基準とは?
    ・親が子供に何かを強制できるのは何歳まで?
    ・孔明のこれまでの子育てスタンスとは?
    ・親子関係の理想の状態とは?
    ・孔明の娘たちの自宅での様子とは?
    ・子供への「自由」は単なる「虐待」である理由とは?
    ・15歳未満の子供が自力でたどり着く選択肢とは?
    ・孔明長女が進学先を急遽変更した理由とは?
    ・子育てでの理想の状態とは?
    ・2代目で「お金」や「資産」が消えてなくなる理由とは?
    ・1代目が2代目以降に本当に残さないといけないのは?
    ・「金持ちは3代で潰れ、貧乏は7代続く」をお花で例えると?
    ・日本においてあっても損じゃないものとは?
    ・孔明長女の現在の学校での成績とは?
    ・「必然の成功」を体験できるとその後どうなるか?
    ・ヒロさんのお嬢様が語った「大学受験」の「根拠」とは?
    ・ヒロさんのお嬢様が自らの意思で立てた目標とは?
    ・ヒロさんの姪っ子さんの大学受験結果とは?
    ・「子供の内」の「本物の学び」による波及効果とは?

以上に関して触れながらお話しさせて頂いた。

子供の教育における「自由」の意味と、0歳から18歳での期間における「本当の学び」についてお話しした54分36秒の音声は、バックナンバーとしてご購入いただける。

真田孔明の原点がここに
生涯収入5億円倶楽部メンバーとして、これを読まねば始まらない!すべての活動の前に
必ず熟読するべき、真田孔明ノウハウのすべてが分かる30日無料メール講座

このカテゴリーの関連記事
「ブラック経営学」音声会員

2019年度ブラック会員限定音声

2019年1月度*バックナンバーとして2,980円でご購入頂ける。 ◆1月6日: 今こそジョホールバルの投資チャンス! (52

「ブラック経営学」音声会員

2019年1月度ブラック会員限定音声

◆1月6日: 今こそジョホールバルの投資チャンス! (52分27秒/18.9M/MP3形式) ◆1月13日: ジョホールバル不

「ブラック経営学」音声会員

2019年9月度ブラック会員限定音声

◆9月1日: 勝つ人・負ける人の決定的な違いとは? (35分20秒/12.7M/MP3形式) ◆9月8日: 「ノウハウ」よりも

「ブラック経営学」音声会員

2019年4月度ブラック会員限定音声

◆4月7日: 「金持ち3代で潰れ、貧乏は7代続く」 (54分6秒/19.5M/MP3形式) ◆4月14日: 収入を上げるのに見