ハイリスク・ハイリターン投資検証 > フィリピン株とETF研究

フィリピン市場でのIPO現状

level011
74466

フィリピン証券取引所でのIPOで、

2014年:7社
2015年:4社
が上場している。
(裏口上場もあるので、全てではない。)

株式のパフォーマンスを見てみると、

    ・Top Frontier Investment Holdings, Inc.(TFHI)
    資産管理 2014年1月13日上場

    公募価格→初値:マイナス54.49%
    公募価格→高値:マイナス12.36%
    公募価格→2015年終値:マイナス62.02%

    ・DoubleDragon Properties Corp.(DD)
    不動産 2014年4月7日上場

    公募価格→初値:プラス20%
    公募価格→高値:プラス1,195%
    公募価格→2015年終値:プラス1,105%

    ・Century Pacific Food, Inc.(CNPF)
    食品、飲料、タバコ 2014年5月6日上場

    公募価格→初値:プラス12.73%
    公募価格→高値:プラス49.82%
    公募価格→2015年終値:プラス19.85%

    ・Trans-Asia Petroleum Corporation(TAPET)
    鉱業、原油 2014年8月28日上場

    公募価格→初値:プラス75%
    公募価格→高値:プラス178.26%
    公募価格→2015年終値:マイナス50.43%

    ・SSI Group, Inc.(SSI)
    小売 2014年11月7日上場

    公募価格→初値:プラス13.20%
    公募価格→高値:プラス54.67%
    公募価格→2015年終値:マイナス54%

    ・Phoenix Semiconductor Philippines Corp.(PSPC)
    半導体 2014年12月1日上場

    公募価格→初値:プラス7.94%
    公募価格→高値:プラス7.94%
    公募価格→2015年終値:マイナス48.89%

    ・Xurpas Inc.(X)
    ソフトウェア 2014年12月2日上場

    公募価格→初値:49.87%
    公募価格→高値:プラス339.80%
    公募価格→2015年終値:プラス283.38%

    ・Crown Asia Chemicals Corporation(CROWN)
    化学 2015年4月27日上場

    公募価格→初値:プラス49.65%
    公募価格→高値:プアす126.95%
    公募価格→2015年終値:プラス66.67%

    ・SBS Philippines Corporation(SBS)
    化学 2015年8月10日上場

    公募価格→初値:プラス49.82%
    公募価格→高値:プラス177.45%
    公募価格→2015年終値:プラス124.73%

    ・Metro Retail Stores Group, Inc.(MRSGI)
    小売 2015年11月24日上場

    公募価格→初値:プラス7.77%
    公募価格→高値:プラス12.53%
    公募価格→2015年終値:マイナス0.25%

    ・Italpinas Development Corporation(IDC)
    不動産 2015年12月7日上場

    公募価格→初値:プラス50%
    公募価格→高値:プラス50%
    公募価格→2015年終値:マイナス9.72%

明暗がはっきりと分かれる結果となっている。

プラス1,105%のDoubleDragon Properties Corp.(DD)は、上場時にほぼ鉄板と、相当話題なったよう。

・ジョリビー・フーズの会長トニー・タン・カクティオン氏
・マンイナサルの創業者エドガー・シア氏

圧倒的な成功を手にした2人によって保有されている会社であり、

コンドミニアムとモール開発を主軸に事業を展開して、モール事業では、SMグループのSMインベストメンツ(SM Investments Corp)と提携しているためだ。

今後も、人口と消費の伸びに伴って、株価も安定して伸びていくのではないだろうか。

個人的に驚いたのは、マイナス54%、SSI Group, Inc.(SSI)のパフォーマンス。

グッチ、バーバリーなどブランドショップや、スターバックスを展開しており、さらにグループの合弁会社で、ファミリーマートを展開しているので、順調に株価は上昇していくと見ていたからだ。

アメリカ金利引き上げ、原油価格の下落などで、世界的に、マネーが大きく動いている中、タイミングを見て、将来有望なのに、評価が低い企業の株は、仕込むには良いタイミングかもしれない。

真田孔明の原点がここに
生涯収入5億円倶楽部メンバーとして、これを読まねば始まらない!すべての活動の前に
必ず熟読するべき、真田孔明ノウハウのすべてが分かる30日無料メール講座

このカテゴリーの関連記事
ハイリスク・ハイリターン投資検証
177202

フィリピンでの外資飲食店展開

「カレーハウスCoco壱番屋」が、ハウス食品によって子会社化されました。 2015年2月末時点でのカレーハウスCoCo壱番屋国

ハイリスク・ハイリターン投資検証
176607

MSCIインデックス採用で株価6%超UP

MSCI Philippines Indexにある銘柄が追加されることが発表されて、1日で、6.68%株価が上昇した。

ハイリスク・ハイリターン投資検証
26b57089e20b35051e337e565e4504e4.jpg

とんかつブームとフィリピン企業

フィリピンでは、とんかつが数年前からブームになっていて、有名とんかつ屋さんが日本からも複数出店しています。 現地で話題になって

ハイリスク・ハイリターン投資検証
c61fdfae9b68a9cf2a6e26ddf194b132.png

フィリピンのモバイル・インターネット事情

2015年1月にローマ法王がフィリピンを訪問されました。 1月16日金曜日は、午前中携帯キャリアスマート(SMART)端末での