みらい担う子供達に贈る最高の財産 > 香港と日本の保険の常識

香港と日本では保険の常識が全く違うことに驚かされる

level014
香港と日本では保険の常識が全く違うことに驚かされる

保険仮面Z(保険業界歴20年)&保険仮面ZZ(保険業界歴25年)

真田孔明の場合、社会人になってから4年間を日本で過ごし、その後2003年から当時勤務していた会社の異動辞令によって香港に移住することになった。

日本に住んでいた時は、まだ真田孔明も若く、結婚こそしていたが子供もいない状態。

保険というものを全く意識していなかった。いつかおじさんになったら入るのだろうな?と思っていた位だったので、全く入っていなかったのだ。

丁度香港に移住したタイミングで、長女のPismingが生まれた。その瞬間からパパになったので、始めて保険というものを意識し始めたのである。

という理由から孔明は、日本の保険には一つも入っていません(あ、不動産のローン用のは入っているが。。)。逆に海外の保険には、香港を始めいくつかの国で入っているのだ。

孔明にとっては海外の保険の常識が、保険の常識・・・とも言える。

オフの世界で日本に居住している仲間たちと会って、保険について語り合うと非常に驚かされることが沢山ある。

香港を始め海外の保険しか知らない孔明が考えていた保険の常識と、日本居住者である仲間たちの保険の常識に大きく開きがあったのだ。

たとえば、その決定的な部分としては、日本居住者である仲間たちの保険の常識は・・・自分たちが生きていく中で起こり得るリスクに対して、その「防具」や「回避アイテム」として保険の仕組みを使う。

保険会社に保険料を支払って、何かが起きた時に保険会社が運用しているお金の中から資金を出してもらって、有事に費やしてしまったお金を補填してもらう形である。

一方、香港を始め海外の保険しか知らない孔明にとっての保険の常識は、有事の時のために備えて運用して増やしておく。有事の時にはそのお金を使って対処する。という形である。

または、自分の資産を守り、次世代に遺すための手段としての保険である。

  • 日本:リスクに対する防具や回避アイテムとしての保険

▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲
       考え方が根本的に違う。。。。 ▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼

  • 香港:有事に備え運用で増やす。資産を守り次世代に遺す

本当に根本的に違うのだ。

孔明が以前、日本一時帰国の時に、保険仮面Z(保険会社勤務20年)、保険仮面ZZ(保険会社勤務25年)のベテランのお二人と徹底的に討論会もしてみた時には、考え方の根本的な違いが、本当に良く分かった。

それまで孔明が常識だと思っていた保険は、あくまでも「お金を増やして自分の身を守る」ということである。

国民性的に「リスクから身を守る・回避したい」と思われう方々が圧倒的に多い日本の方々には、全く合わない考え方かもしれないので、そういう場合には、「お金を増やして自分の身を守る」という考え方は、合わないのかもしれない。

けれども、中には、孔明のように「お金を増やして自分の身を守る」という道が、性格的に向いている方々もいると思う。

「生涯収入5億円倶楽部」のメンバーのあなたは、こちらの方だと思うが。

真田孔明の原点がここに
生涯収入5億円倶楽部メンバーとして、これを読まねば始まらない!すべての活動の前に
必ず熟読するべき、真田孔明ノウハウのすべてが分かる30日無料メール講座

このカテゴリーの関連記事
みらい担う子供達に贈る最高の財産
死亡保障2億円の生命保険、果たしていくらの払い込みが必要なのか?

死亡保障2億円の生命保険、果たしていくらの払い込みが必要なのか?

香港と日本普通に見積もっても7,600万円の差が!? 海外の生命保険と日本の生命保険の違いには、知れば知るほど驚かされるものが

みらい担う子供達に贈る最高の財産
死亡保障2億円が1,500万円の払い込みで可能になるカラクリ

死亡保障2億円が1,500万円の払い込みで可能になるカラクリ

海外には有利な保険がある。こと香港で確立されている仕組み活用して、加入の仕方を工夫することで、さらに効率よく有利な条件で保険に

みらい担う子供達に贈る最高の財産
数億円死亡保障の生命保険でさえ、香港では一般的な金融商品と化す

数億円死亡保障の生命保険でさえ、香港では一般的な金融商品と化す

真田孔明の場合、2003年からずっと海外に居住していることもあり、日本国内の生命保険の類には一切入っていない。 今は海外居住者

みらい担う子供達に贈る最高の財産
保険会社も儲かるが、個人も納得!香港保険裏のカラクリ暴露

保険会社も儲かるが、個人も納得!香港保険裏のカラクリ暴露

香港での保険の常識は、有事に備え運用で増やす。資産を守り次世代に遺す。 一方日本での保険の常識は、リスクに対する防具や回避アイ



コメントする