5億円倶楽部プレミア音声会員 > 2015年プレミア会員音声コンテンツ

2015年11月度プレミア・札束会員限定音声

level015
5oku_banner_201511

    ◆11月1日
    郵政3社上場以降の相場で損しないための訓え
    (54分35秒/32.8M/MP3形式)
    ◆11月8日
    永続的なビジネスを構築していく「五常」に基づく「信念」論
    (37分45秒/22.7M/MP3形式)
    ◆11月15日
    ラスベガスのカジノで暮らせるカジノ攻略法大全
    (1時間11分23秒/42.8M/MP3形式)
    ◆11月22日
    年間売上5,000万円のための会社経営戦略術
    (55分24秒/35M/MP3形式)
    ◆11月29日
    郵政3社上場後の「居合抜き」状況と今後の方針
    (1時間1分15秒/39.7M/MP3形式)

11月4日(水)郵政3社上場以降で株式相場で損しないための訓え(音声)

yusei

僕が現役サラリーマンとして、香港、中国に駐在していた時のこと。

孔明:
「僕ってひょっとして、株の天才?」

現役サラリーマンとしての業務の中、嫌なことがあったら・・・HSBC香港上海銀行の投資用口座にアクセスしては、購入した香港H株が、大きくプラス表示されている画面に、ぼんやりと見とれていた。

特に売買することもなく、ずっと放ったらかしで、どんどんと大きくなっていくプラスの数字を目の前にし、満足感に浸りまくっていたのだ。

ところが、そんな平和で甘い日々は、長くは続かなかった・・・。

今回の孔明タイムでは、郵政3社上場を目前に控え、大きく注目が集まっている株式相場について、

これからどういった環境が、待ち構えている可能性があるのか。1987年NTT上場で僕の両親が経験したことや、2008年リーマンショック前後の香港大富豪ミスターDと僕、そして、中国広州支社の現地スタッフの言動など過去の事例を紹介しながら、相場に臨む際の注意点についてお話させていただいた。

日本郵政株の公募殺到で倍率は100倍

郵政グループ3社を同時上場させる新規公開株式(IPO)の抽選申込みが終わり、3社の売り出し価格は、

日本郵政が、1株1,400円
ゆうちょ銀行が、1株1,450円
かんぽ生命が、1株2,200円

と決定された。

今回売り出される株数は、それぞれ全体の株式の11%、

日本郵政が、4億9,500万株
ゆうちょ銀行が、4億1,244万株
かんぽ生命が、6,600万株

で、株式数をかけ合わせた時価総額は、6兆3,000億円と今世紀最大規模になる。

日本郵政の全株式は、いまは日本政府が保有しており、今後も約3年ごとに株式の一部を売却する形で、2022年度までに得られる見込みの計約4兆円を東日本大震災の復興に充てられるという特殊な形になっている。

生活に密着し、馴染みがある郵便局関連銘柄だけに、多くの個人投資家から注目されたため、購入申込みが殺到し、日本郵政株の倍率は100倍となり、抽選により割当が決定したと報道されている。抽選に漏れて、買えなかった投資家は、11月4日の初売り出し以降、相場価格で購入という流れになる。

日本郵政・ゆうちょ・かんぽ上場で、多くの個人投資家が資金を投下すると相場環境はどのようになるのか?

検討するに当たり、過去の「大型上場」の結果を、まずは知る必要がある。過去、民営化によって政府保有株が株式市場に放出された「大型上場」。

公募価格から、初値の段階でどうなったのか?

    1, NTT(1987年2月)
    公募価格1,197,000円-初値1,600,000円
    勝利(+403,000円、+33.7%)

    2, JR東日本(1993年10月
    公募価格380,000円-初値600,000円
    勝利(+220,000円、+57.9%)

    3, JT(1994年10月)
    公募価格1,430,000円-初値1,190,000円
    敗北(▲240,000円、▲16.8%)

    4, JR西日本(1996年10月)
    公募価格357,000円-初値360,000円
    引分け(+3,000円、+0.1%)

    5, JR東海(1997年10月)
    公募価格380,000円-初値385,000円
    引分け(+5,000円、1.3%)

    6, NTTドコモ(1998年10月)
    公募価格3,90,000円-初値4,600,000円
    勝利(+700,000円、+17.9%)

    7, J-POWER(2004年10月)
    公募価格2,700円-初値2,795円
    勝利(+95円、3.5%)

    8, 国際石油開発(2004年11月)
    公募価格465,000円-576,000円
    勝利(+111,000円、+23.9%)

5勝1敗2引き分け:勝率62.5%

「大型上場」が、必ず勝つと言えないことが、過去の勝敗結果から読み取ることができる。

真面目な両親がNTT株を買うと暴落する

「大型上場」の1つ、1987年のNTTに関しては、僕の真面目な両親も参戦していた。

1,NTT(1987年2月)
公募価格1,197,000円-初値1,600,000円
勝利(+403,000円、+33.7%)
と一応勝利している形にはなっているのだが・・・

上場企業のサラリーマン一筋の父。地方公務員教員職一筋の母。僕たちの言う投資ということには一切手を出すこと無く、清く、正しく、美しく・・・堅実に生きていた。

しかしそんな両親も、人生の中でたったの一度だけ、投資と呼ばれるものに手を出したことがある。

それが、野村證券の営業マンを通して購入した、NTT株への投資だった。NTT株は、1986年2月に上場。株価は2ヶ月で、売り出し価格の3倍に当たる、318万円もの高値をつけた。国が売り出す株NTT。。国民に対して、絶対に損をさせるわけがない。

国発の株・・・第二弾、第三弾を成功させるために、NTT株価はずっと上がり続けるはずだ・・・。

そんな話を、売り出しの時に、当時の證券会社の営業マンたちはしていた。後からデータを調べて見ると、売り出し時のNTT株への申込総数は、1,085万5,224件・・・売り出した株数に対して、6.4倍の倍率だったという。

1987円2月9日・・・NTT株は新規上場。買い希望57万株分に対して、売り希望はたったの1万株分。値段がつかなかった。前場約130万円の買い気配、後場約140万円の買い気配。

発売開始初日・・・とうとう値段がつかない。。。

翌日の10日・・・買いで値段がつかず、取引終了間際に、ようやく約160万円で初値がついた。その後株価はさらに上昇し続け、1987年4月のはじめには、300万円を超えていた。

しかし、1987年10月19日、ブラックマンデーがニューヨークで発生。ニューヨーク株が大暴落。これを受けた、日本の株式市場も大暴落。NTT株は、売り気配で終了。1987年11月9日の第二次NTT株放出の売り出し価格は、255万円に決定した。

しかしこの背景には、当時の四大証券会社(大和・山一・日興・野村)が、価格を維持するために買い支えをしていた詐欺のような行為があった。

個人投資家を騙して、転売し続けていたのである。2回のNTT株販売にて、国は約7兆3,471億円の収入を獲得。四大証券会社は合計781億円のNTT株販売手数料を獲得したとのこと。

僕の両親は、丁度そのタイミングで、当時流行っていた単語「財テク」目的で、野村證券の営業マンに勧められてNTT株を購入した。しかし、NTT株はその直後から暴落して行くことになる。

四大証券会社が創りだした嘘の価格のボロはすでに出て。僕の両親のような、投資の「と」の字もやったことない、何もしらない個人投資家に掴ませまくった後。四大証券会社が買い支えをしないNTT株は下落をはじめた。

その後、1986年頃から急上昇をはじめた日本株はバブルの全盛期。1989年の日経平均株価は年初の2万1千円から年末には3万円を超えた。1989年12月末に日経平均株価は3万8,914円の最高値を記録。1985年の9月対比だと、約3倍となったものの、NTT株だけは先に暴落した。

そして、1990年1月・・・日経平均株価は、暴落に転じはじめバブル崩壊。。。1992年NTT株は、45万3,000円の最安値をつけた。

当時両親が200万円位で購入したNTT株は、最終的に50万円位で慌てて売却したと記憶。

以降、両親は今日に至るまで、株式投資、不動産投資、為替投資、事業投資、投資という名前のつくものに、ただの一度も手を出していない。

1929年の株価大暴落を乗り越えたエピソード

かつて・・・ウォール街にジョセフ・P・ケネディという伝説の株式相場師がいた。

第35代アメリカ合衆国大統領ジョン・F・ケネディの実の父親である。

なぜジョセフ・P・ケネディが伝説の相場師になれたのか?1929年にウォール街にて、株価の壊滅的な大暴落が起こった。アメリカ合衆国と世界に広がる前例の無い、長期にわたる経済不況へと発展。株価大暴落はその後、1ヶ月間続いたのだが・・・。

ジョセフ・P・ケネディは、1929年「株価大暴落」の発生前に、全ての株のポジションを、手仕舞うことができた。そして、大儲けにつなげることができたのだ。

なぜ、ジョセフ・P・ケネディは、「株価大暴落」の発生前に、全ての株のポジションを、予め手仕舞うことができたのか?

ジョセフ・P・ケネディがウォール街の路上で靴磨きの少年に靴を磨いてもらっていた時。

靴磨きの少年:
「オジサン、今◯◯という株を買うと上がると思うよ。なんでかと言うと・・・。」

ジョセフ・P・ケネディに対して、株のうんちく話を論じ始めた。しかし、

ジョセフ・P・ケネディ:
「靴磨きの少年までもが、株式相場の話をしている。これは普通ではない・・・。」

買いを入れ続けていた株を全て売却したと言う。その後に株価大暴落が起こったが、ジョセフ・P・ケネディは、全くの無傷で大暴落を乗り越えたどころか、底に落ちたところで買いを入れて億万長者になったという。・・・

もしも「リーマンショック」の時。このエピソードからの学びを、予め理解していれば・・・と想像すると、非常に悔やまれる。なぜなら僕は、「リーマンショック」の直前に、全く同じようなことを、中国広州にて経験していたからだ。

月収3万円のローカルスタッフが株を熱弁する

「リーマンショック」の直前・・・僕が勤務していた玩具メーカーの駐在として勤務していた、中国広州支社のローカルスタッフたちとランチを食べていた時のこと。ランチタイムになると、ローカルスタッフたちが、株について熱弁をしていた。

しかも・・・

「孔明さん、◯◯社の株がこれから熱いと思うよ。業績は良いからドンドン伸びると思う。」

月収約3万円のローカルスタッフまでもが、僕に対して、株について論じたり、アドバイスしてくれていた。なんでも、株をはじめたことで、軒並みプラスになっていると言う。予想は当たりまくり、買えば上がるような状態で、毎月の給料日の後に、すぐに株を購入し続けていると。

当時の僕は、インターネット上での、「真田孔明」としての活動を、完全にお休みしていた時でもあり。なぜか、金(カネ)に対する興味が薄れてしまっていた時期でもあり。ローカルスタッフの株の話を聴いても、

「すごいねー!でも僕も香港H株を資産としてずっと持ってるよ!」

と言う反応。特に新たな中国株を物色したり、買い増したり、などのアクションを起こすことは無かったが。「ウォール街の靴磨きの少年」のエピソードのジョン・F・ケネディよろしく。アクションを起こすとすれば、月給3万円の広州ローカルスタッフたちの話を、「暴落前の兆」と受け取り。

HSBC香港上海銀行の投資口座に所有していた、全ての香港H株を売却・・・手仕舞いするべきだった。

そうすれば、僕が資産として所有していた香港H株たち全銘柄・・・僕がうっとり見とれていた時に額面合計1,000万円程あった株が、100万円近くまで大暴落。資産だと思って長期スタンスで保有していた株がタダ同然になり、全身がガクガク、ブルブルする恐怖を味わわなくて良かったのだから。

結局のところ、香港大富豪ミスターDから、

「いいか、先日までの株価はココ。 そして今の株価はココ。ここから上に戻る確率と、ここから更に下に行く確率どちらが高いと思う?(英語)」

紙に山線グラフなどを書いて、株の買い方と売り方の原理原則の訓えを受け、勇気を振り絞り、その通り行動した結果、短期間でプラス500万円で手仕舞でき事無きを得たのだが・・・。

香港大富豪ミスターDの訓えがなければ、「常識」と思い込んでいたスタンスを取り、長期間苦しむことになっただろうと思う。

暴落が起こる前には必ず、普段なら株をやらない層の人たちが熱く語り出す。。。

そして、大富豪たちは、やがて到来する暴落を利用して、さらに大きな金(カネ)を掴んでいく。郵政3社上場で、大勢の新しい個人投資家が、株式相場に参入してくるタイミング。

孔明タイムの音声を聞いてくれるメンバーには、過去の事例を知り、これからの相場での立ち回りに活かしてもらいたいと思い、

    ・居合抜きアメリカ武者修業の予定は?
    ・10月の「秘剣北野流」剣客としての方針とは?
    ・北野会長との謁見で教わったこととは?
    ・「秘剣北野流」の必殺技を身に付ける意味は?
    ・4ヶ月「秘剣北野流」剣客として活動し身に付けたこととは?
    ・iPhoneでモンスターハンターをプレーしている理由とは?
    ・7日連続の下げ相場と相場予想の関係とは?
    ・上げ相場と下げ相場、それぞれの特徴とは?
    ・上げ相場と下げ相場「秘剣北野流」剣客の心構えとは?
    ・香港大富豪ミスターDとのランチタイムの話題は?
    ・香港大富豪ミスターD本業と副業とは?
    ・当時の僕の投資に対するイメージとは?
    ・ミスターDに見せつけられたマネーゲームの凄さとは?
    ・株式投資に乗り出すため僕がとった行動とは?
    ・僕が主に取引していた銘柄と結果とは?
    ・リーマンショックが到来した時のミスターDのアドバイスとは?
    ・より固い投資として僕が選んだものとは?
    ・株式相場で必ず発生することとは?
    ・過去の相場を学ぶことでわかることとは?
    ・2008年に中国支社のローカルスタッフが熱弁していたこととは?
    ・伝説の相場師JKKの相場に関する訓えとは?
    ・僕が10歳の時、父と母が臨んだ投資の結果とは?
    ・世の中に流通しているお金の総量とは?
    ・普通の人と同じことをやっていてはいけない理由とは?

に触れながらお話させて頂いた。

以上、郵政3社上場を目前に控え、大きく注目が集まっている株式相場について、これから到来するであろう相場環境と、そこでのド素人と大富豪の行動の違いについてお話した54分35秒の音声は、バックナンバーとして購入頂ける。

音声サンプルは、下記からご確認頂きたい。

永続的なビジネスを構築していく「五常」に基づく「信念」論(音声)

176927

僕は、小さいころから、世の中の真相・真理に興味があり、様々なことに思考を巡らせるが好きなのだが、先日、瞑想していた時に、これまで気になっていた「信念」ということばについて、深く考え続けることにした。

その中で、「信念」を、大宇宙の物理法則に当てはめ分解していくと、5つの「常(じょう)」=五常に集約されていくことが理解できた。

そこで、今回の孔明タイムでは、五常に基づく「信念」をビジネスシーンに当てはめ、己(おのれ)の「信念」を貫くと、どのような「信念」になるのか?五常それぞれの特徴と、仲間やパートナーと共に永続するビジネスの構築を目指す際互いの「信念」の確認が必要となる理由についてお話させて頂いた。

「秘剣北野流」奥義を習得するための一貫

一体何をやっているのだろうか?

最近、「居合抜き」の投稿が無いと思ったら、iPhoneでMONSTERHUNTEREXPLOREで狩りをしていたなんて。

「秘剣北野流」の剣客としての道を、捨ててしまったのか?そう思われてしまうかもしれないが、「居合抜き」は引き続きやっている。1日4回。

・午前9時始まってすぐ30分間
・午前11時半相場が閉じる直前15分間
・午後12時半相場がはじまってすぐ30分間
・午後15時相場が閉じる直前15分間

・・・1日当たり1時間半の時間を費やしているだけになる。

それでも、2015年11月の「居合抜き」の結果は・・・

11月4日:日給+20万4,780円
11月5日:日給+9万6,130円
11月6日:日給+68万9,557円

ランチ代と、「MONSTERHUNTER EXPLORE(モンスターハンターエクスプロア)」で、「狩玉」を購入できる分などを株式相場から抜かせて頂いたりしている。

基本的に、MONSTERHUNTER EXPLOREの中が、今の僕のメインの生活フィールドなので、「居合抜き」はあくまでも1時間半程度。

株式相場という戦場。修羅の世界の片隅に、ゴジラVSモスラの怪獣大戦争のに巻き込まれダメージを受け、弱りまくっていて、確実に仕留められる落ち武者的な兵士が、ぐったり横たわっているところを、ザバっとトドメを指すだけ。生きるために必要最低限なお金だけを「居合抜き」で抜いておいて。

その後は、楽天証券のiSPEEDを閉じて、MONSTERHUNTER EXPLORE(モンスターハンターエクスプロア)のアプリを起動して「断裂群島」の世界へ。

こんな報告をすると・・・

「一体どうしたんですか?そんなんで、「秘剣北野流居合抜き」の剣客が務まるのですか?」

と心配されてしまうのは、重々承知しているが。実はこれは、「秘剣北野流」の奥義を習得するための一貫だったりする。

ビジネスに取り組む上でまず重要なこと

「信念」をビジネスシーンにあてはめる上で、まず知っておかなければいけないこと。

僕が会社の外の世界を、本格的に自分の足で歩むに当たり、現役サラリーマン時代の経験を通じて、自分のルールとして定めたことなのだが。

それは、自分と合う人たちとだけ、ビジネスを行うこと。「精神世界」を共有できる人たちとだけ、ビジネスを行うこと。互いの成功を願える人たちとだけ、ビジネスを行うこと。

サラリーマンや公務員として好きな人とだけ、合う人とだけ仕事するというのは難しいかもしれないが、独立起業した後は、この部分を徹底しないといけない。

なぜなら、仮に「精神世界」を共有出来ず、お互いの「波長」が合わなければ、互いの成功を願えなくなってしまう。無理に関係を継続させても、お互いにとって、時間・労力・金(カネ)の浪費につながるだけで、そこから先の未来を、共に切り開くけなくなってしまう。

一般的にビジネスの継続率は、10年間で1%と言われている。5年間で、10社のうち9社が倒産し、さらに5年で、10社のうち9社が倒産するという事実。税務、財務、資産、従業員・・・経営管理の部分で、様々な障害が立ちはだかり、倒産に至ることがあるが、

大多数は、精神世界を共有できない経営者さんとパートナーシップを組んでいたり、精神世界を共有できないお客さんをターゲットにしていたり、本来の経営意図とは、違った方向に進んでしまったことが挙げられる。

自分を偽り、関係を継続させることで、本来の能力を発揮できず、事業のアイデアなどが生まれづらい状況に陥り、結果として、倒産に至っている。

ビジネスで結果を出すための条件は、まず何よりも生き残り続けること。

継続することで、信用・信頼が積み重なり、それが、第三者からの評価になった時に、人が人を呼び、お客さん、パートナー、スタッフが来る。そして、金(カネ)が大きく入ってくる。

独立起業し、永続的なビジネスの構築を目指す上でまず考えるべきは、自分の好きな人、合う人は誰なのか?自分と「精神世界」を共有できるのか?という部分になるのだ。

真田孔明の五常に基づく「信念」とは?

「僕の「信念」は、これです!」男性同士で「信念」を語ったり、ブログに記事としてアップすると、こだわりを持っているようで、かっこよく写り、共感を得られる。

一方で、女性に「信念」を語ると、「一体、「信念」って何なの・・・単にかっこつけて言ってるだけでしょ。」論理とは全く違う場所から攻撃され、ボコボコにされてしまうことも。。。友人や異性関係で、「信念」を語るのは、難しい側面があったりする。

人には、それぞれの「信念」があり、その「信念」が、良いか、悪いかというのは別として、・「信念」をどう論理付けられるか?・ビジネスシーンでどう活用できるか?という部分に注目し、考えてみた。そもそも「信念」とは・・・

    1)固く信じて疑わない心。行動の基礎となる態度。

    2)神仏を固く信ずること。信仰。

    という意味を持つ。

    (出典|大辞林 第三版)

「信念」を、大宇宙の物理法則に当てはめ、分解していくと、5つの「常(じょう)」=五常に集約されて行くことが理解できた。

僕、真田孔明の「信念」は、「礼儀と節度をわきまえること。」という「常」。この「信念」をビジネスの世界で貫き通すと・・・。

    明るく話が好きになり、大勢のビジネスパートナー仲間・同僚たちの中においても注目されることが多くなる。華やかな仕事を好み、目立てる役回りを獲得。業務を取組む時にポジティブかつ積極的な姿勢で、プロジェクトを引っ張っていくことができるビジネスマンとして活躍できる。

    しかし一方で、周囲からせっかちだと思われてしまう。さらには、感情的になりやすく、衝動的な一面が独占欲が強く嫉妬深くなり、ビジネスパートナー、仲間、同僚たちが別の人と組んでビジネスを行うことをあまり快く思わなくなる。

という特性を持つことになる。

五常に基づくどの「信念」にも、良いところと悪いところがあり、どれか一つの「信念」を貫き通そうとすると、良い部分が高まるが、悪い部分も同時に高まってしまうのだ。

「他人に裏切られた」経験を自分の過失として再検証

精神世界を共有でき、互いに成功を願えると思った仲間と、これまで僕は、パートナーシップを組み、様々な事業を展開してきた。

けれども、中には、「相手からの裏切り」で、事業がうまく行かなくなることがあった。

裏切った相手:
「私たちは今まで頑張ってきたのに・・・。どうして、そんな酷いことを言えるのか?」

僕:
「あなた方は、◯◯◯のようなことをしていますよね?残りの資本金も溶かそうとしていたつもりですか?」

投資をした自分、裏切った相手、両者間の問題は、感情論のようなぶつかり合いに発展。ドロ沼のような状態、解決の見えない平行線状態に陥ってしまうのだ。

結果として・・・憎しみと感情論だけが遺恨という形で残り、金(カネ)は溶けて消えてしまうのが、ことの顛末。

当然ながら僕は僕たち自身の金(カネ)を失っているので、「相手が裏切った・・・」「相手が100%悪い・・・」と、考えているのだが。冷静になって考えてみれば、その問題は、僕が自分の「信念」を押し通したことが、元凶となり、発生してしまった問題の一つ・・・とも考えることもできるわけで。

これまで直面した、問題を・・・「相手が裏切った」という視点ではなく。僕自身に過失があった・・・という視点で、振り返ってみると、すぐに、一つの問題に辿り着いた。

それは・・・僕が、

・問題点を事細かに把握しすぎてしまう。
・問題点を人間の感情論を無視して、現実的合理的に指摘しすぎてしまう。
・さぼったり中抜したりするスペースを予め与えてあげない。

判明した問題を全て列挙し、そのまま相手にぶつけてしまうのである。

誰が何を考えてどういうことを行っているのか・・・

勝手に情報として入ってきてしまうため、

誰がどれだけ本来の力を発揮せず手を抜いているのか?
誰がどれだけ組織や仲間に悪影響を及ぼしているのか?
誰がどれだけ不正を働いているのか?

次から次へと、組織内の人間の悪いところばかりが飛び込んできてしまう。

・・・そして、黙っていることができずに、かつて憧れた名探偵の解答編よろしく・・・

「お前が犯人だ!その理由は・・・」

・・・、次から次へと、客観的な回答や分析を、白昼のもとに洗いざらいさらけ出し、対象の相手にそのままぶつけてしまう・・・。

結果的に対象の相手には、逃げ場のようなものが無くなったり、精神的に大きなダメージを受けたり、様々なことが原因となり、プロジェクトをギブアップして、逃げ出してしまうのである。

実際、僕としては・・・予め許すつもりで、全てをぶつけているのである。

対象の人:
「私が悪うございました。以後は心を入れ替えて励みます!」

・・・と、たった一言のお詫びと、改心頂けることで、全てを許し、その後も何事もなかったかのように

僕:
「よしよし、改心したか、以後は同じ過ちを繰り返さず、励むように・・・」

再びプロジェクトが進むことを期待してのことなのだが・・・。そんな酔狂的妄想に、付き合える者は現実世界にはいないようで・・・

全てをさらけ出された屈辱やショックを僕の「悪意」へと変換、解釈して、全てを投げ出して去って行ってしまったのだ。

仲間と共に永続的なビジネスを構築していくために

ビジネスを継続させるために、精神世界の共有は大前提となるが、それだけでは、僕の経験のように上手くいかないことがある。

「信念」を貫き通すこと。「信念」のままに行動すること。「信念」を曲げないこと。

自分の「信念」を大切にすることは重要だけれど、仲間と共に永続するビジネスを構築するために重要なポイントは、個々それぞれの「信念」ありきではなく、目的・目標ありきで、貫き通す「信念」を決めること。

自分が組織の中でどういう役割を果たすことができるか?
どういった意気込みで行動しているのか?

それぞれが話し合いの中で、確認しておく必要がある。

その際に、五常に基づく「信念」を共通して理解しておくと、それぞれの行動の意味や、良い部分、悪い部分をあらかじめ把握できるので、組織の安定化につながるのだ。

今回の孔明タイムでは、永続するビジネスを構築していくため共に仲間と歩む形で、強固な組織を作り上げられるか?組織のバランスを考える時に、「信念」と「五常」を理解していると、非常におもしろいのではないかと思い、

    ・東京からLAへ向かう際、空港カウンターで焦ったことは?
    ・アメリカでの居合い抜き武者修行の旅
    ・ダイスさんとラスベガスのスロットでチャレンジすることは?
    ・アメリカと日本の証券市場の規模の違いとは?
    ・北野会長のご家族がハワイに親子留学されている真の目的とは?
    ・「秘剣北野流」剣客としての活動以外の時間は何をしているか?
    ・「信念」とは一体何なのか?
    ・「信念」を大宇宙の物理法則に当てはめて分解してみると・・・
    ・5つの「常(じょう)」とは?
    ・ビジネスシーンで活用すると、どういった特性があるか?
    ・5つの「常(じょう)」に存在する、表裏一体の関係とは?
    ・人は5つ、すべての「常(じょう)」を重んずることができるか?
    ・僕たちは、宇宙にとって、単に1つの細胞クンにすぎない理由とは?
    ・パートナーと一緒にビジネスに取り組む重要性とその意味とは?
    ・永続するビジネスを構築する方法とは?
    ・精神世界を共有できる仲間が必要になる理由とは?
    ・漫画の「ワンピース」を読むことでわかる法則とは?
    ・会社などの組織が繁栄するために必要なこととは?

に触れながらお話させて頂いた。

以上、五常に基づく「信念」をビジネスシーンに当てはめ、己(おのれ)の「信念」を貫くと、どのような「信念」になるのか?五常それぞれの特徴と、仲間やパートナーと共に永続するビジネスの構築を目指す際互いの「信念」の確認が必要となる理由についてお話した37分45秒の音声は、バックナンバーとして購入頂ける。

音声サンプルは、下記からご確認頂きたい。

ラスベガスのカジノで暮らせるカジノ攻略法大全(音声)

49114

10月24日、25日にハワイで開催された「地下ソサエティ」謁見宴の参加に合わせて、ロサンゼルスとラスベガスにも行ってきた。

目的は、「秘剣北野流」剣客の米国武者修行としてアメリカ株式市場を研究すること。それから、北の物販大富豪こと、北野会長から教わったカジノスロット攻略法を「地下ソサエティ」メンバーで、カジノディーラー歴12年のミスターダイスと共に実践することだった。

今回の孔明タイムでは、ラスベガス大富豪のカジノスロット攻略法実戦結果と、カジノディーラー歴12年のミスターダイスから教わったカジノ攻略9の手法についてお話させて頂いた。

カジノディーラーを長年経験してこられたダイスさんだから知っている世の中に存在する「カジノ攻略法」の全てのベースは、今回お話した9の手法なので、知っておくと役に立つと思う。

パチスロ攻略法で本当に勝てるのか?

僕は昔から、パチスロが大好きだった。大学生の体育会の時は、毎日両親からもらった1,000円のお小遣いのうち、500円を食事代に使い、残り500円を地道にためて、2,000円位になると、学校帰りのパチスロ屋に、部活が終わった夜遅く、閉店間際に入って一発勝負していた。

年に数回ある1週間程度の部活の休みは、(大学はスポーツ推薦入学だったので、一年通して強制的にほぼ毎日部活。)バイトをしている友達がいるパチスロ屋に行って、決して言えない方法で、勝負に臨んだこともある。

社会人になってからも、時間がある時は、パチスロ屋に行っていた。ある日・・・何気なく自宅でパソコンを開き、ヤフーオークションを眺めていたら、「パチスロ攻略セット打法」が売られているのが目に飛び込んできた。

パチスロ攻略雑誌に、有料の攻略法の広告が掲載されているのを知っていたけれど、「どうせ嘘だろう。。。」と思って、購入していなかった。

けれども、オークションで目にした攻略法は、目新しさがあり、「もしや、本当に稼げるのでは!?」と思い購入してみた。

ダウンロードしたPDFファイルをドキドキしながら開いてみると、「レバーをおろしたまま5秒間じっとしておき、レバーを離したあと、ボタンを叩く順番は・・・」という具体的な手順が書かれていた。

早速、攻略法を実践するため、パチスロ好きの会社の後輩と一緒にパチスロ屋さんに向かい、攻略法指定の機種に着席。コインを投入して、ソワソワしながら、レバーを下ろした状態をキープ。腕時計の秒針が進むのを、見ながら、頭の中でカウント

「いち、に、さん、しっ・・・」
「いまだっ!」
「タンっ、タンっ、タンっ!」

・・・・・数十回転させてみるも、アツい演出すら出てこない。・・・5秒という時間。5.05秒でも5.90秒でも良いのか、それとも5.00秒フラットじゃないといけないのか。

PDFには、5秒とだけ記述があり、どちらが正解なのかはわからないが・・・。ストップウォッチで測ると、5.00秒フラットを出すのは、至難の技。結局、何度も時計を眺めながら、手順通りに挑戦してみたけれど、再現性を確認できず、がっくりと肩を落としながら家路についた。

カジノスロット攻略法をラスベガスで検証

北野会長から、カジノスロット攻略法を教わったのは、2015年、年始早々ハワイ・ワイキキで開催された「地下ソサエティ」の謁見宴の時だった。

北野会長が、ラスベガスの大富豪から聞かれた攻略法。

ラスベガスの大富豪とは、とあるカジノの、スロットマシーンのシマを所有されている御方。北野会長が直接聞かれたので、情報の信憑性はかなり高い。

スロットと言えば、どこの国でもボッタクリとして有名だが、そんなスロットにも、攻略法があるという。そこで、10月24日、25日にハワイで開催された「地下ソサエティ」の謁見宴に参加する前に、少し足を伸ばして、ラスベガスに入り、スロット攻略法を実践することにしたのだ。

「秘剣北野流」剣客の米国武者修行として訪れていたロサンゼルスからユナイテッドエアに乗ってラスベガスへ。約1時間ちょっとのフライトで、ラスベガスに到着。

ミスターダイスが、車で迎えに来てくれていたので、荷物をピックアップして、とあるホテルのカジノへ向かう。ミスターダイスは、元ラスベガスのカジノディーラーでラスベガスのカジノに精通しているので、今回一緒にスロット攻略法を検証すべく、ラスベガス入りしてくれていた。

カジノに到着してからは、ミスターダイスの想定の元、いろいろと台を探りながら、スロット攻略法を実践する台を絞っていった。

実は、台を決めるにあたり、念のため北野会長にチャットを送信。

孔明:
「お疲れ様です。ダイスさんと一緒にラスベガスの◯◯◯ホテルに来ています。どこのどのようなスロット台だったかご記憶ありますでしょうか?」

北野会長:
「ありません。◯ドル箱ですから遊んでみて下さい。」

・・・との返信があった。

そして、僕たちが選んだのは、「ホイールオブフォーチュン(WHEEL OF FORTUNE)」という機種だった・・・。

「米国屈指のラーメンプロデューサー」ミスターダイス

ラスベガス時間17時(日本時間9時)に、日本の株式相場がオープンするタイミングで、iPhone片手にカジノに繰り出し、「秘剣北野流居合抜き」+「大富豪直伝スロット攻略法」ダブルで金(カネ)を儲けようと、2つを同時に取り組みながら、ほぼ徹夜体制のギャンブルは小腹が減る。

僕個人的に、ラスベガスに来たら行ってみたいレストラン、ナンバー1「FUKUMIMI RAMEN(フクミミラーメン)」にミスターダイスと行くことになった。

なぜ「FUKUMIMI RAMEN」に行くことになったのか?

それは、ラスベガス「FUKUMIMI RAMEN」こそ、ミスターダイスが米国で立ち上げた大ヒットラーメン屋一号店だからだ。

かつて・・・渡米してラスベガスに来たミスターダイスは、カジノディーラーとして働きながら、お寿司屋さんで職人として働いていた。

約4年位が過ぎたころだろうか?ミスターダイスが働いていた寿司屋に来た、お客さんから「カルフォルニアでレストランをオープンするから、マネージャーとして来ないか?」と言うオファーを頂戴した。

ラスベガスでのカジノディーラーとしての仕事も良かったのだが、いつか独立したいと言う思いがあった。カジノで独立は難しいけれど、飲食店ならチャンスはあると思っていた矢先。カルフォルニアのレストランの話もそれに繋がると思い決心した。

レストランを新規にオープンするところからスタートし、さまざまな経験をしながら、順調に経営を続けること5年。

いつかは飲食で独立しようと考えていたミスターダイスの元に、新しいチャンスが再び舞い込んできた。これからアメリカの飲食では、ラーメン業界がのびて行くと感じていた。

そんな時、昔からの友人とSkypeを通して話す機会があり。アメリカでラーメン屋をやろうと言う話が急に煮詰まっていった。開業資金のめども付いて、場所探しが始まる。最初はカルフォルニアの中で探していたのだが、いい物件が見つからない。

どうしようかと考えていたとき、かつて飲食とカジノディーラーを兼業で働いていた地、ラスベガスが思いついた。

当時のラスベガスは、2軒ラーメン屋があったのだが、食べてみると味は正直いまいち。これはまだまだチャンスがあると思い、ラスベガスでラーメン屋を開業しようと考えた。

そして、巡り会ったのが、今の『FUKUMIMI RAMEN』の物件だった。(今はパートナーに経営権を譲りシアトルへ。)

・・・そういう経緯を、昔から知っている僕。

いつもはSkypeを通して、間接的にしか聴いていなかったのだが、今回ははじめて伝説の「FUKUMIMI RAMEN」を拝めるということで、非常に楽しみにしていたのだった。

129094 (1)

ミスターダイスから教わったカジノ攻略法

ミスターダイスは、「米国屈指のラーメンプロデューサー」という一面に加えて、12年のカジノディーラー経験があり、さらに、バカラカジノ歴20年の「生涯現役ギャンブラー」でもある。

ギャンブラーとして、1日で800万円勝った経験があるほどその腕も並大抵ではない。まさに、ディーラーとしてだけでなく、プレーヤーとしてもカジノの裏の裏まで知り尽くしている男なのだ。

僕が、ミスターダイスと知り合ったのは、2012年。それからミスターダイスのあるプロジェクトをサポートしていて、3年間に渡り、毎週Skypeでミーティングをしている。

その中で、ミスターダイスから、いろいろなカジノ攻略法を事細かく教えてもらっていた。

たとえば、バカラ、ブラックジャック、ルーレット、ポーカー、大小など、それぞれのゲームに適した攻略法はあるのか。

攻略法が有効なのは、勝率約50%で配当が2倍のゲームなのか。それとも、配当が3倍以上のゲームなのか。

最初のゲームでベットするのは、手持ち資金の何%が良いのか。

などなど。

ミスターダイスから教わったカジノ攻略法は全部で9つなのだが、これらが世の中に存在する全ての手法といっても過言ではない。

なぜなら、有料で販売されているいろいろなカジノ攻略法は、どれもが9つの手法をアレンジ・応用した内容にほかならないからだ。

そこで、孔明タイムを聞いてくれるメンバーには、ミスターダイスから教わった、世の中に存在しているカジノ攻略法の全貌をシェアしたいと思い、

    ・「地下ソサエティ」ミスターダイスの経歴とは?
    ・ラスベガスでの「秘剣北野流」剣客の活動内容とは?
    ・「北野会長」から教わったスロット攻略法とは?
    ・ラスベガスでのスロット必勝法実戦結果は?
    ・ラスベガスでスロットと「居合抜き」で生きていけるか?
    ・ラスベガスに15年前新婚旅行で行った時の思い出とは?
    ・ラスベガスの街が以前とどのように変わっていたか?
    ・カジノで10連勝、10連敗はよくあるのか?
    ・ミスターダイスに教えてもらったカジノ攻略9の手法とは?
    ・マーチンゲール法のリスクとは?
    ・逆マーチンゲール法でゲームの流れに乗ればアツい?
    ・ココモ法は配当が◯倍以上のゲームで使うべし
    ・チャンピオンゲーム法に適したゲームとは?
    ・チャンピオンゲームで利用する「1・1」とは?
    ・31システムは、大負けがないベット手法?
    ・ラブシェール法のベット方法とは?
    ・モンテカルロ法の「1,2,3,4」とは?
    ・ピラミッド法がディーラー目線でおすすめできない理由とは?
    ・「たら、れば」を防ぐハーフストップ法とは?
    ・まともなカジノ攻略法といえないものとは?
    ・カジノ攻略法で全てのプレーヤーは儲かるのか?
    ・カジノディーラーは絶対に勝てる攻略法を知っているか?

に触れながらお話させて頂いた。以上、ラスベガス大富豪のカジノスロット攻略法実戦結果と、カジノディーラー歴12年のミスターダイスから教わったカジノ攻略9の手法についてお話した1時間11分23秒の音声は、バックナンバーとして購入頂ける。

音声サンプルは、下記からご確認頂きたい。

年間売上5,000万円のための会社経営戦略術(音声)

178134

ゴールドメンバーKさん:

「孔明さんは商才があるから、成功しているだけでは・・・とも思ってしまいます。孔明さんの弟さんだって、サッチェルさんが付いてるから心配ないんだとか、そんな風に。すみませんm( )mでも正直そんな風に思ってしまいます。」

・・・「地下ソサエティ」の中でも、今日時点において、このような疑問を抱くメンバーがいる。

北の物販大富豪こと、北野会長の戦略術では、商才と言われる類の才能や売れ筋商品は一切必要ない。商才などというのは、すぐに廃れるし、売れ筋商品というものはすぐに売れなくなるから。

2014年11月に独立起業した孔明弟の会社ですでに、確認されてしまっていることなのだ。

そこで、今回の孔明タイムでは、独立起業した孔明弟が実践し、再現性が確認された年間売上5,000万円のための会社経営戦略術についてお話させて頂いた。

孔明弟は32歳、月収20万円だった

32歳になっても月収はたったの20万円。都会生まれ都会育ちなのに、酪農・農業という道を選択せざるを得なかった、真田孔明の実の弟・・・。

唯一「体が資本」・・・だったにも関わらず、とうとうその体さえも、長年の農薬摂取がたたり、リウマチに侵され、きしむ体を痛みに耐えながら、動かす日々だった・・・。

メールアドレスどころか、パソコンさえ持っていない彼に、僕は兄として稼ぐ方法を教えてあげることができなかった・・・。

家族が集まる宴会時。会う度に、やつれ弱っていく弟を見ながらも、僕は何もしてあげることができなかったのだ。

パソコンでの、読み書きがまともにできない弟に、提案できる方法など、当時の僕は、持ちあわせていなかったのだから。

だから、北野会長から戦略術を、教わった時に、僕が真っ先に浮かんだのは、僕の実の弟の顔だったのだ。ひょっとしたら、この方法なら、僕の弟でもできるかもしれない・・・。そう直感した。

2014年6月、弟の説得に成功。

2014年7月20日に弟は、10年以上勤めていた、農業の仕事を辞め。独立起業することになった・・・。

僕の幼馴染で、月官門のサッチェルにサポートしてもらう形で、2014年11月上旬に会社法人Y貿易社を設立。

そして・・・2014年12月末、物販事業の会社を設立、2ヶ月間もかからずに・・・某銀行から1,000万円の信用創造に成功し、日本政策金融公庫から1,000万円の信用創造に成功した。

北野会長の戦略術に沿って、手順を追って行えば、10年間農業しかやっていない、パソコンもメルアドも、7月に持ったばかりの弟でも、これほどまでにアッサリと、信用創造できてしまったのだ。

孔明弟の初年度の売上と利益の数字

孔明弟クビ社長の株式会社は、設立して1年が経とうとしているが。

初年度は、

・売上高5,000万円
・経常利益200万円

ほぼ、2,000万円の融資を受けた銀行に提出した計画書通りの数字に落ち着きそうだ。

当然のことながら、元本ごと金利の返済は、一度足りとも遅れることなく、継続している。孔明弟も、会社から計画通りの給料も取得している。

つまり、決算書上の利益。

初年度から、お国と日本国民のために、「納税」という形で、貢献することができそうなのだ。

10年間、20年間・・・絶対に倒産しない会社。ずっと黒字経営で、あり続けるための会社。ずっと、日本国のため、日本国民のため、末代のために、納税し続けられる会社。

清く正しく美しく。

その土台を構築することができたし、あとは基本に忠実に経営をし続けるだけで、来年、再来年も、計画書通りの見通しが立てられそう。

これも全ては、「北野プラチナ経営学」の訓えのたまものである。北野会長には、感謝してもしきれない。

巷には「物販で儲ける系」の情報が溢れかえっているけれど・・・

もしも僕たちが、北野会長に出会うことなしに、物販事業を営もうと思っていたら・・・。

おそらくは、インターネット上に溢れかえる、「物販でもうけようセミナー」とか、「売れる商品発掘セミナー」とか、そういうものにサッチェルや孔明弟に通わせたりして、「物販ビジネスでもうける方法」とやらを追い求めるという、ことをしてしまっていたかもしれない。

そして・・・仮に売れる商品とやらに、たどり着くことが出来たとしても。毎月の売上、利益を獲得するために・・・いや、生活費そのものを獲得するために・・・朝から晩まで必死になって働いていたかもしれない。。

孔明:
「一体何をやっているんだ?なんで売上が上げられないんだ?」

孔明弟に対して、販売戦略の資料を作らせたり、厳しく追求をしていたかもしれない。売れ筋商品とやらが、売れたり売れなかったりで一喜一憂したり、生きた心地がしない毎日だったかもしれない。

しかし、僕たちと言えば、週に一度のミーティングは、およそ30分間足らずで終了。兄として、これといってアドバイスも、特に無し。

僕もサッチェルも「地下ソサエティ」謁見宴のために渡航したハワイでは、かなりゆったりとしたスケジュールで、乗馬をしたり、ボードを楽しんだり、余暇を謳歌してしまった。

サッチェル:
「このようにゆったりと暮らせるのも、会長と孔明さんのお陰です。本当にありがとうございます!」

・・・と何度も御礼を言われた。孔明弟も、奥さんが働きに出ているので、自宅で2人の子供の子育てに沢山の時間を充てている。労働時間的には、決して無理はしていない。

・・・にも関わらず、孔明弟が代表を務める物販系株式会社は。

これほどまでに再現性があり、確実な、「お金の創造方法」は他にない。2,000万円の現金は、普通にサラリーマンをしていたら貯めることがかなり厳しい額なはず。

月収20万円だった孔明の弟の場合、毎月なんとか貯蓄を捻出しても、月に2万円がやっとだろう。

つまり、年間24万円・・・仮にこのペースで、2,000万円を貯蓄しようとしたとすると、84年間もかかってしまう。

年収500万円レベルの比較的高給取りのサラリーマンだとしても、今月から毎月10万円の貯金を始めても、2,000万円を貯金できるまでには約17年もの時間が必要なのだから。

本来なら、2,000万円もの現金をつかみとることは、至難の業と言える。

さらには、初年度から、・売上高5,000万円・経常利益200万円を見込めてしまっているのだ。

より大きなフィールドで日本国のために

孔明:
「会長、実は相談事があります。うちの弟の物販企業が、会長のお陰で一年も経たずに軌道に乗りましたので、そろそろ別の方を代表に立てて、弟には◯◯で活躍してもらいたいのです。その方がより大きいレベルで、日本国のために貢献できると思いまして・・・。」

北野会長:
「おお、孔明、良いところに目をつけたな!今日は株の話どころじゃなくなんね!」

ハワイのビーチウォークになる、お蕎麦屋玄心で開催された、「地下ソサエティ」のプラチナだけが参加できる北野会長との謁見宴(ディナー)。

株の話で熱く語り合っていたところに、水を指してしまう形になってしまったが、脇道が大通りに発展する形で、お話が大きく発展して行った。

実は偶然ながら、北野会長も、日本の中枢の高みに君臨される「鷹」と、日本国の未来のために、いろいろと計画を練られているところだったのだ。

僕がアイディア浮かんだタイミングでは、すでに「鷹」とお話を詰めている。このスピード感は半端ない。自分の小ささ、実力の無さを、北野会長の大きさを、改めて実感するに至った。お話は「事業計画」へと発展。飲みの席でかなり熱くなってきた。

他のプラチナの物販会社も、孔明弟の物販会社のように、軌道に乗って来て、5年、10年・・・と黒字経営を行い、日本国に納税を続けられる体制が見えてきたので。そろそろ全員で物販事業は、別の代表を立てて運営してもらい。北野会長がこれから歩もうとしている方向に歩みを合わせて、みんなで進んでみようか・・・という話に発展した。

これが実現すれば・・・たちまちプラチナは、さらに上のステージでの億の単位での事業を経営することができるようになる。

当然ながらこの事業は、日本がこれから進もうとしている方向にも合致。

日本国のため、日本国民のため、子どもたちの未来のため。

倒産することなく、永続的に黒字経営をして、納税を続けられる皮算用が着実に固い路線で立てられる。

会社経営とはなんぞや?

巷のネット系や、物販系カリスマが口にするような、天才的なマーケティング力や、売れ筋商品などというものは、いかに意味の無いものなのか?43年間、一度もビジネスを飛ばしたことなく、黒字経営を続けてこられた御方、北野会長のおかげで、ようやく理解することができた。

「地下ソサエティ」プラチナメンバーとして、北野会長の下で学びはじめて10ヶ月。毎月北野会長と謁見宴を通して、直接お話することで、脳の構造が変わって進化成長し、僕の考えが、180度変わってしまった。

億単位の事業を行っても、同じように黒字経営を永続的に続けられる経営者としての知識が、備わりはじめている。おかげで、今なら仲間たちに対しても、

本当のビジネスとは何なのか?
本当の会社経営とは何なのか?

を語ることができる。

僕が何も手を出さずに、弟の会社が初年度から年間売上高5,000万円になった事実からも分かるだろう。

孔明タイムを聞いてくれるメンバーが、現役サラリーマンの副業ビジネスとして、インターネットで稼げるようになったり、「秘剣北野流居合抜き」で、相場から金(カネ)を抜き取れるようになるのは良い。

けれども、独立起業して、本格的に会社経営の道に入る場合は、北野会長の「プラチナ経営学」を学ぶことが、人生の近道になると考えているので、

今回の孔明タイムでは、

    ・孔明弟の会社の1年目の売り上げと利益の数字とは?
    ・「地下ソサエティ」ハワイ謁見宴の時、話題になったこととは?
    ・北野会長がこれから取り組まれる億単位のプロジェクトとは?
    ・今後、孔明弟が進んでいく道とは?
    ・億単位の融資を引っ張っても、黒字で永続する企業を作れる理由とは?
    ・物販で儲ける系のセミナーや塾に参加すべきでない理由とは?
    ・インターネットに溢れている情報は、企業経営のために参考になるか?
    ・「地下ソサエティ」の中でも存在する情報格差とは?
    ・参加した99%の人が負ける株式相場で生き残り続けられる理由とは?
    ・北野会長が「鉄板焼き」と呼ばれる「最強のシステム」とは?
    ・物販大富豪の戦略術に取り組むには、商才が必要か?
    ・物販ビジネスに取り組む上で売れ筋商品は必要になるのか?
    ・世の中の常識で振舞うととんでもなく遠回りになってしまう理由とは?
    ・孔明弟との毎週1回の定例ミーティングの所要時間は?
    ・「地下ソサエティ」プラチナの中で当たり前の常識のお話とは?
    ・北野会長から学んだ、上の次元の会社経営戦略術とは?
    ・融資を引っ張れる人と引っ張れない人の違いとは?
    ・「地下ソサエティ」の扉を開けてからの5つのステップとは?

に触れながらお話させて頂いた。音声サンプルは、下記からご確認頂ける。

以上、独立起業した孔明弟が実践し、再現性が確認された年間売上5,000万円のための会社経営戦略術についてお話した55分24秒の音声は、バックナンバーとしてご購入頂ける。

郵政3社上場後の「居合抜き」状況と今後の方針(音声)

133697

「秘剣北野流」剣客を本業として、早6ヶ月が経過した。

これまで僕が、剣客として株式相場から抜き取った金(カネ)は、

    2015年6月合計:3万5,000円
    2015年7月合計:60万847円
    2015年8月合計:222万3,438円
    2015年9月合計:327万0,551円
    2015年10月合計:77万1,338円
    2015年11月合計:119万5,467円

    2015年6月から累計:809万6,641円

10月は、新しい型を身に付けようとじーっと身構えていたこともあり、77万1,338円という結果になったけれど、11月4日に郵政3社が上場して、相場環境が大きく変わり、11月に入ってからは、わずか5日間で、119万5,467円を抜き取ることに成功している。

そこで孔明タイムでは、郵政3社上場後の「居合抜き」状況とこれからの「秘剣北野流」剣客としての方針についてお話させて頂いた。

11月4日郵政3社上場当日の僕は・・・

日本時間朝8時・・・少し緊張した面持ちで、楽天証券のiSPEEDを立ち上げた。

僕がまずはじめにやったことは、日本郵政グループ3社、日本郵政、ゆうちょ銀行、かんぽ生命保険を、「お気に入り」に登録することだ。

実は僕の場合、楽天証券を通して、日本郵政グループ3社のIPO申込したものの。

2015/10/22 16:16
「かんぽ生命保険(7181)」

楽天証券:
「購入申込みの希望が多かったため、抽選を行なった結果、今回のお客様への割当はありませんでした。」

落選確定


2015/10/22 16:21
「ゆうちょ銀行(7182)」

楽天証券:
「購入申込みの希望が多かったため、抽選を行なった結果、今回のお客様への割当はありませんでした。」

落選確定

2015/10/29 16:17
「日本郵政(6178)」

楽天証券:
「購入申込みの希望が多かったため、抽選を行なった結果、今回のお客様への割当はありませんでした。」

落選確定

なんと、3社とも見事、綺麗サッパリに抽選に落選してしまった(爆)。

日本郵政、ゆうちょ銀行、かんぽ生命保険共に、「公開価格」ベースでの株式を保有しないまま、2015年11月4日(水)の8時、「寄付き」開始の時間を迎えてしまっていたのである。

それにも関わらずなぜ、日本郵政、ゆうちょ銀行、かんぽ生命保険の3社を、iSPEEDのシステムで、お気に入りに登録したのか?

その答えは・・・

10月度居合抜き結果の考察

2015年8月222万3,438円居合抜きで利確。
2015年9月328万0,551円居合抜きで利確。

たったの2ヶ月間で、合計549万3,989円もの大金を居合抜きによって利確。

剣聖北野会長にも、お墨付きを頂戴することができた、「秘剣北野流」剣客の僕であるが。2015年10月は、たったの77万1,338円しか、居合抜きで利確しなかった。

その理由は、上げ相場も、下げ相場も、全ての相場を縦横無尽に駆け巡れるよう「必殺袈裟斬り」を身につけようとチャレンジしていたから。

それと、僕が狩れる相手が、8月、9月の期間に、軒並み死んでしまったから。

10月は、株式相場における、ゴジラとかモスラとかの怪獣級、エヴァとか使徒とかに該当する、日本銀行とか機関投資家とか、達人級の剣客とか、そういうヤバイやつらしか残っていない状況になっていた。

一日ごとの低い売買高が、それを物語っている・・・。

だから僕は、株式相場の隅っこ方で、遠くまで見渡せる安全な場所で陣を取り、ノンビリとiPhoneのオンラインゲームを楽しんでいた。

たまに、ヨレヨレの状態で、株式相場から背を向けて逃げようとトボトボ歩いてきたドシロウトがやって来た時だけ、抜刀&納刀。トドメを刺してあげて、倒れたドシロウトから、金目のものを拾い集める。これを地道に繰り返していただけ。

・・・そんなイメージで、「秘剣北野流」の剣客として活動していた。

そして・・・郵政グループ3社が上場する日、2015年11月4日(水)が訪れるのを、ジーっと待っていたのである。

上場当日の郵政3社の株価は、

9時33分、日本郵政が公募価格1,400円を231円(16.5%)上回る1,631円でスタート。

同時刻、ゆうちょ銀行が公募価格1,450円を230円(15.9%)上回る1,680円でスタート。

かんぽ生命保険は、ストップ高でその後もずっと価格がつかず。ようやく価格がついた時には、公募価格2,200円を729円(33.1%)上回る2,929円でスタート。

郵政グループ3社、日本郵政、ゆうちょ銀行、かんぽ生命保共に公募価格よりも上回った状態だった。

孔明:「キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!」

ついつい口に出してしまったのだ。

剣客として株式相場に入ってみた実感

予想はしていたものの、いざ体験してみると、信じられないことがリアルに起こった。

孔明:
「え、マジ、これ?本当に僕、抜いちゃっていいの?」

・・・と思えるくらい、いとも簡単に、抜刀と納刀ができてしまう状況。

分かりやすいのは、10月だったらまず「約定」しないようなシーンでも。数字を入れると、すぐに「約定」してしまう。狙った通りに「抜刀」=即「約定」。10月ならあり得ない状況で「納刀」できる。

僕は引き続き、10月と同じ場所で、待っているだけなのに。明らかに感触が違うのである。神経を研ぎ澄ませていた「秘剣北野流」剣客の僕。

ズバッ+45,000円
ズバッ+5,000円
ズバッ+70,000円
ズバッ+60,000円
ズバッ+24,780円

11月4日(水)居合抜きプラス20万4,780円利確。僕は、日本郵政、ゆうちょ銀行、かんぽ生命保の株を、一株足りとも売り買いしていない状態。

8月、9月、10月と、何も変わらぬ銘柄で、「居合抜き」をしていただけなのに。敵の動きが、手に取るように分かる感じ。途端に簡単に「居合抜き」ができるようになった。

結局、日本時間15時・・・。

日本郵政は公募価格1,400円を
360円(25.7%)上回る1,760円で相場終了。

ゆうちょ銀行は公募価格1,450円を
221円(15.2%)上回る1,671円で相場終了。

かんぽ生命保険は公募価格2,200円を
1,230円(55.9%)を上回る3,430円で相場終了。

記念すべき11月4日(水)の相場を終了してくれた。

当然ながら、「秘剣北野流」剣客である僕自身の脇が甘くなってしまっては、誤って、ゴジラVSモスラ級の大戦が行われている、戦場の中心に迷い込んでしまったり。僕よりも上のレベルの剣客に、僕が狩られてしまったり。

そういう失敗につながってしまうので。改めて気を引き締め直すため、静かに目を閉じ瞑想を行った。前のめりになることなく、後ろに引くこと無く、数字や利回りを、無理に追い求めることなく。常にニュートラルな自然体で「秘剣北野流」剣客としての活動を地道に継続したいと考えている。

しかし、確実なのは、僕たち「秘剣北野流」剣客が活躍できる相場が再び来たようだ!

母親が郵政3社上場で株式を購入した事実

孔明:
「お母さんに、未練残すな金(カネ)残せ!郵政グループ3社全部売却してと伝えて下さい。」

孔明弟:
「即日ですか?」

孔明:
「ですね。」

・・・

孔明弟:
「お母さんに連絡したところ、金曜日に銀行に連絡し売却するとのことです。」

孔明:
「了解です。」

「地下ソサエティ」のメンバーの一員として、「秘剣北野流」の剣客として株式相場に臨む僕。身内を危険にさらしたまま、放置しておくわけにはいかない。

孔明ママも、もう十分IPO株式の値上がりを楽しめたと思うので、前回家族ディナーでお話していた通りに、郵政グループ三社の売却を促した。

孔明ママは、地方公務員教員職一筋で、普段は、投資について語ることは全くない。僕が知っている中で、唯一の投資は、上場の時に、もっとも高い220万円位のところで証券会社に掴ませられて、その後、時価総額が5分の1以下の、40万円位のところに下がったまま。今日時点においてもなお、売れに売れずに所有し続けているNTTの株式だけだ・・・。

郵政グループ3社上場2日目の11月5日(木)

・・・日本時間15時の株式相場の終値ベースでは、

・日本郵政(6178):1,820円
公開価格1,400円から420円(30.0%)UP

・ゆうちょ銀行(7182):1,775円
公募価格1,450円から325円(22.4%)UP

・かんぽ生命保険(7181):3,890円
公募価格2,200円から1,690円(76.8%)UP

・・・超がつくほどの大幅UP。

まさに、株で大儲けのジャパニーズドリーム的な展開になっている。

郵政グループ3社の株は、今後どこまで上がるのか、僕には全く分からない。

しかし、株式市場というのは常に、誰かが勝てば、証券会社の手数料を差し引いて、誰かが負ける。利確して儲けた場合、誰かの損から証券会社の手数料を差し引いて金(カネ)が自分のものになる。

株で自分が儲けた金(カネ)=他の誰かの損-証券会社などの手数料

株で自分が儲けた金(カネ)=他の誰かの損-証券会社などの手数料

株で自分が儲けた金(カネ)=他の誰かの損-証券会社などの手数料

(重要なので3回)

この原理原則は、変わらないワケで・・・。

参加した全員が勝利するということは、絶対にあり得ないのである。

株を資産として認識し、何の技術も持たずに相場に入った時点で、高い確率で金(カネ)を失うことになってしまう。

僕が実の母・・・孔明ママに対して、もう株式相場を十分楽しんだのだから、すぐに引き上げて・・・。というのは、冗談ではなく、本当の親孝行として申し上げた次第なのだ。

億越えの剣客「阿修羅」という漢

男:
「私が今やっている方法をやってみたらどうですか?孔明さんたちになら特別に教えますよ!私がやっているのは、フィリピンの・・・」

男の、キリリとしまった口元・・・東洋的に言う、気が常に体内で練られて蓄積され続けているような呼吸法。パチリと見開いた目。。。肝臓の強さが伺える。

すっと前を向いてきれいな歩き方。。。腎の強さが伺える。洗練された無駄のないボディ。。。

例えるならば、中国拳法の達人、僕の大好きな漫画の一つ「スプリガン」の朧(おぼろ)のような佇まい。

けれども、発する気には決して威圧感や攻撃性は無く、綺麗に巡っている感じで、むしろ正面に対峙していても、心地よささえ感じた。只者ではないことは、そこに男がただ佇んでいるだけでも分かる。

ところが、男が口を開いた途端、周囲の気の巡りの色というか、気配というかが瞬時に変わるのを感じた。力強さを感じる。

けれどもそれは、なぜか、僕に勇気と希望を与えてくれるようなものだった。

1時間後・・・

孔明:
「阿修羅先生!ありがとうございます!」

漢(おとこ)の正体は「阿修羅」。。。

実はビジネスの世界でも、投資の世界でも、共に物凄いスキームを秘め持つ形で荒稼ぎしまくっていた「投資の修羅」だったのだ。

「投資の修羅」。。。3つの顔を持つ御方、その後、「阿修羅」はジョホールバルにも気にかけて会いに来てくれたし、日本の「地下ソサエティ」の集いにも来ていただいた。

「阿修羅」は、再びジョホールバルに降臨。今回は、僕が拠点としている、モレックパイン3(MOLEK PINE 3)にご宿泊され、友人ご夫婦まで連れて来られていた。

そして・・・モレックパイン3(MOLEK PINE 3)前の日本料理レストランの「林」。そして、同じくウィスキーバーにて、夜更けまで酒を酌み交わしながら、◯◯で取引できる「◯◯市場の株」の売買に関して、個別指導をしてくれたのだ。

フィリピンの株式市場で稼がれていた「阿修羅」が、なぜ◯◯市場?

あれから「阿修羅」はさらに強大に力を蓄積されていらっしゃった。

ビジネスの世界では、ご自身が立ち上げたビジネスを、7億円の現金でエグジット済み。ビジネスとしては、次は何をやろうか考えている段階。

しかし、株の世界で大きな結果を叩きだされていらっしゃったのだ。最終的に、億の金(カネ)を運用していたフィリピンでは、すでに30%以上の利益を確定させ。旨味を吸い尽くしたフィリピンからは引き上げ。次は、その闘いの舞台を、◯◯株式市場に移されていらっしゃったのだ。

実は、僕が別途北野会長からも、◯◯株式市場攻略の課題を頂戴していたのだが、焦って開始して失敗することなく、ゆっくりと何をどうしようかと戦略術を考えていたところだった。

そんなドンピシャのタイミングで、「阿修羅」が◯◯市場で行う「袈裟切り」について教えて下さった。

・・・というのも、「阿修羅」の株式投資法も「袈裟切り」で大きく儲けるタイプのスタイルの剣客だからなのだ。

世界中を見まわり、その時「最も美味しい」と思われる市場を探しては、「袈裟切り」で儲ける。そんな「阿修羅」がなぜ、◯◯市場から参加できる、◯◯市場に目をつけたのか。。。

それは・・・これから◯◯では、世界で最も「袈裟切り」が熱い国だと、予想されていらっしゃるから。。。

実は◯◯市場では、「秘剣北野流居合抜き」として、「居合抜き」は普通にできて、金(カネ)を抜き続けることができることは分かっているのだが。システム的に、「袈裟切り」はどうしようか?と考えていた矢先だったので、ドンピシャのタイミングでの情報だった。

ジョホールバルでの「阿修羅」のご指導のお陰で、「袈裟切り」の方法を理解できた。

「居合抜き」と「袈裟切り」。

両方が揃ったので、いよいよ剣客として◯◯市場へと斬りこんでいく。

世界をまたにかけた、「秘剣北野流」剣客としての、勇気を「阿修羅」は授けて下さった。

当然ながら海外の株式市場においても、日本の株式市場同様、原理原則は全く変わらないわけで。

話題は常に、いつ、どんなタイミングで、誰のどういう金(カネ)を抜いていくのか・・・ということ。

お陰様で、2015年年内、海外株式市場における、剣客としての僕の方針は固まった。

iPhoneで、◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯のアプリを立ち上げ、早速仕込みを開始した。

「秘剣北野流居合抜き」は、日本国内の株式市場だけでなく、世界中のどこでも活用が可能。機会を最大限に活用して、剣客としての活動を謳歌したいと考えている。

孔明タイムを聞いているメンバーには、

郵政3社上場のタイミングで、どのような相場環境になっているのか?これから僕が、「秘剣北野流」剣客として、どういった取り組みを始めていくか?

をシェアしたいと思い、

    ・11月4日朝8時から緊張した面持ちでiPhoneを眺めていた理由は?
    ・郵政3社IPO申し込みの結果とは?
    ・郵政3社の株価の動向をチェックしていた理由とは?
    ・株式相場を修羅の場と呼んでいる理由とは?
    ・「秘剣北野流居合抜き」の8月から10月までの結果とは?
    ・10月が終わってみて、相場環境はどのような感じだったのか?
    ・11月4日を「秘剣北野流」剣客として待ち望んでいた理由とは?
    ・「秘剣北野流」剣客として郵政3社の株を扱うか、否か
    ・郵政3社上場当日の値動きはどのようになっていたか?
    ・11月4日に「居合抜き」をして感じた異変とは?
    ・「秘剣北野流」剣客が活躍できる相場が到来した理由とは?
    ・「秘剣北野流」剣客が、毎日の目標としていることとは?
    ・「秘剣北野流」剣客が常に心がけていることとは?
    ・含み益がある株を大切に保有していると到来する未来とは?
    ・株で自分が儲けた金(カネ)の方程式とは?
    ・株式が時限爆弾に例えられる理由とは?
    ・郵政株に本格的に取り組もうとすると、どれだけの資金が必要か?
    ・郵政株を購入した孔明母に対して、孔明がアドバイスしたこととは?
    ・暴落が到来した時にパニックになって投げ売りしてしまう理由とは?
    ・海外相場で億単位の金(カネ)を動かしている阿修羅とは?
    ・「阿修羅」から教わって、取り組みを開始することとは?

に触れながらお話させて頂いたサンプル音声は、下記からご確認頂ける。

以上、郵政3社上場後の「居合抜き」状況とこれからの「秘剣北野流」剣客としての方針についてお話した1時間1分15秒の音声は、バックナンバーとしてご購入頂ける。

    ◆11月1日
    郵政3社上場以降の相場で損しないための訓え
    (54分35秒/32.8M/MP3形式)
    ◆11月8日
    永続的なビジネスを構築していく「五常」に基づく「信念」論
    (37分45秒/22.7M/MP3形式)
    ◆11月15日
    ラスベガスのカジノで暮らせるカジノ攻略法大全
    (1時間11分23秒/42.8M/MP3形式)
    ◆11月22日
    年間売上5,000万円のための会社経営戦略術
    (55分24秒/35M/MP3形式)
    ◆11月29日
    郵政3社上場後の「居合抜き」状況と今後の方針
    (1時間1分15秒/39.7M/MP3形式)

真田孔明の原点がここに
生涯収入5億円倶楽部メンバーとして、これを読まねば始まらない!すべての活動の前に
必ず熟読するべき、真田孔明ノウハウのすべてが分かる30日無料メール講座

このカテゴリーの関連記事
5億円倶楽部プレミア音声会員
5oku_banner_201512

2015年12月度プレミア会員限定音声

◆12月6日世界を飛び回るライフスタイルを手に入れた1つのキッカケ(42分20秒/25.4M/MP3形式) ◆12月13日心身

5億円倶楽部プレミア音声会員
5oku_banner_201505

2015年5月度プレミア会員限定音声

◆5月3日仲間と共に鉄板系投資案件に臨む激アツな仕組み(1時間2分40秒/37.6M/MP3形式)◆5月10日ブロガー活動の先

5億円倶楽部プレミア音声会員
5oku_banner_201508

2015年8月度プレミア会員限定音声

◆8月2日孔明のもうかるメロンパン屋さんの秘密(57分47秒/34.7M/MP3形式) ◆8月9日マズロー欲求5段階説と門の関

5億円倶楽部プレミア音声会員
5oku_banner_201506

2015年6月度プレミア会員限定音声

◆6月7日成功法則をむやみに学ぶことで生まれながらの「門」とギャップが生じる(1時間1分26秒/42.6M/MP3形式) ◆6



コメントする