5億円倶楽部プレミア音声会員 > 2015年プレミア会員音声コンテンツ

2015年12月度プレミア会員限定音声

level015
5oku_banner_201512

    ◆12月6日
    世界を飛び回るライフスタイルを手に入れた1つのキッカケ
    (42分20秒/25.4M/MP3形式)
    ◆12月13日
    心身を鍛えるのが先か?ビジネスを構築するのが先か?
    (1時間1分13秒/36.7M/MP3形式)
    ◆12月20日
    剣聖北野会長流「運引き寄せの法則」ご先祖様とお墓参り
    (1時間1分38秒/39.7M/MP3形式)
    ◆12月27日
    株式投資「居合抜き」は「暴落」こそが美味しい
    (1時間16分54秒/53.3M/MP3形式)

世界を飛び回るライフスタイルを手に入れた1つのキッカケ

758

マレーシアのジョホールバル時間20時。自宅コンドミニアムの前に、一台の車がとまった。

リュックサック一つ背中に抱えて乗り込んだ僕。向かった先は、国境を超えたシンガポール、チャンギ国際空港第2ターミナル。

深夜00時20分発のシンガポール発フィリピン・セブ行きのフライトに乗るためだった。

今となっては、ジョホールバルの自宅を拠点として、毎月のように、シンガポール、フィリピン、香港、中国、中国、ハワイなど、東南アジアを中心とした世界各国を飛び回っている。

「孔明さんは、 小さい頃から、海外によく行っていたに違いない!」と思うかもしれないが、実は、現役サラリーマンとして、2011年に香港に転勤するまで、海外に渡航したのはたった4回だった。

そこで、今回の孔明タイムでは、何がきっかけで、今のライフスタイルに辿り着いたかについて僕のジョホールバルライフを紹介しながら、お話をさせて頂いた。

ジョホールバルに移住した感想

僕も以前は、日本の一部上場企業に勤務するサラリーマンだった。

2010年12月31日を持って「円満退社」し、2011年1月1日に、嫁さんと2人の娘たちと一緒に、シンガポールのすぐ隣、赤道直下の南国、マレーシアのジョホールバルに移住した。不動産の現場視察に行った時、非常に気に入ってしまい、「円満退社」後の移住先として、瞬時に決定していたのである。

移住して感じたことは・・・一言、「ヤバい」だ。

なにが「ヤバい」のかと言うと、「すんごく住みやすい!!」

当初は・・・副業発覚を理由に、事実上、会社からリストラされた僕。なけなしの家財だけを手に、家族と共に逃げるようにジョホールバルへ。

その地で、なんとか家賃8万円のアパートを借りて、家族4人で肩を寄せ合いながら、パンと水をすすり生きる毎日。

「早くまともな生活に戻りたいよ(涙)。」

と、嫁さんや子供たちが泣いていた・・・。という雰囲気を自ら醸し出しながら移住。周囲のメンバーから「同情票」でも取ってみようかと、考えていたが・・・。

結果、あまりにも快適で、それは無理でだった・・・。

現地の人達は基本、非常に優しいし、一年通してほとんど変わらない気候なので、本当に過ごしやすい。確かに太陽の下に、モロにあたっていると暑いけれど、日陰に入ると一変。心地良い風が流れ込み意外と涼しい。

車のドライブは、日本と全く同じ左側車線で、運転にも全く困らないし、「JUSCO」を始めとした大型ショッピングモールや、日本料理、韓国料理、イアリア料理レストランなど、も充実している。

移住当初、借りていたコンドミニアムは、広さが、125平米で、共有スペースにプール、ジム、カフェ、ミニマートなどがあったけれど、月の家賃はたったの7万5千円位。

今は、購入したコンドミニアム、モレックパイン3(Molek Pine)が完成したので、家族とともに移動して住んでいる。3ベットルーム、160平米で、プール、ジム、そして温泉付きと施設が整っていて、とても快適。ちなみに、持ち家なので、家賃はかからないけれど、相場は、月10万円程度。

元々、移住するにあたり、シンガポールを居住地候補の1つとして考えていたので、仲間と一緒にシンガポールの街中のコンドミニアムをいくつか見学したが、生活に便利そうな日本の食材が買える大型スーパーが近くにあるところだと、2011年当時、65平米位の広さで、家賃が月50万円から70万円していた。

僕のジョホールバルでのライフスタイル

平日は、子どもたちの学校重視で、ジョホールバルにて、自然に囲まれた生活。

土日・祝日は、運転手付きの車に乗って、国境を超えた隣町のシンガポールへ。

毎週いろいろなホテルに泊まり歩く形で、家族と共にアジア最大級の大都会、シンガポールライフを楽しんでいる。

シンガポールのオーチャード・ロード、クラーキー、マリナベイ、セントーサ島・・・好きな場所の好きなホテルに宿泊してしまう、ちょっとリッチな生活をしている。

ホテルのラウンジでお茶したり、美味しい日本料理を食べたり、ジョホールバルでは味わえない都会ならではのライフを、週末で補ってしまっているのだ。

こういう贅沢な生活をしていても、週末のホテル代は一泊2万円以下、週末の2泊3日で4万円以下。月に4回毎週行って16万円。

「ホテル代で毎月16万円って高くない?」

と思われるかもしれないが、ジョホールバルのコンドミニアムの家賃は安い!家賃7万5千円+ホテル16万円としても毎月の住居のコストが23万5千円。

毎週好き場所の好きなホテルに泊まり歩いているのに、シンガポールの65平米の狭いコンドミニアムに住むコストの2分の1以下。

家族は平日ジョホールバルで自然を満喫し、週末はシンガポールで都会を満喫する。

この変化が楽しい!

よって、海外生活のストレスが溜まらない。これが、ジョホールバルならではの、好循環をもたらすライフスタイルなのだ。

ジョホールバルでの平日の過ごし方

平日、家にいると、ずっと寝てばかりいるし、そんな姿を見せ続けてしまうと、家族に心配をかけるので、サラリーマンの頃と同じように、毎朝8時半にはキッチリと家を出て・・・。

カフェを仕事場として、MacBookを広げてみたり、iPadで読書(漫画)をしてみたり。18時頃になるとゆっくりと、家族と一緒にディナーをするために自宅に戻るという生活を送っている。

ジョホールバルには、カフェがやたらと多いので、行くカフェに困ることがない。人でごった返すことがないし、オープンスタイルのカフェだと、外から心地よい風が流れ込んできて、あっという間に3時間、4時間、快適に過ごせてしまう。

また、ほとんどのカフェで、無料でwifiに接続が可能になっていて、「wifiパスワード!」とだけ店員さんに言えば、快く教えてくれる。

さらに、体感ベースだけれど、日本、香港、シンガポールに比べて、インターネット接続スピードが速い気がしている。

日本だったら東京香港だったら銅鑼湾シンガポールだったらオーチャード僕が、主に滞在する場所は、人が集まっている中心地なので、人口密度が関係しているのかもしれないが・・・

僕たちのように、インターネットを活用してビジネスしている人たちにとっては、「ジョホールバルの街中がオフィスになる!」そう表現しても大袈裟ではない。

海外を旅して回るための大切な要素

平日マレーシア&休日シンガポールを拠点としながらも、僕自身がマレーシア&シンガポールにいるのは、大体月の半分位。

毎月半分以上を、マレーシア・シンガポール以外の、アジア各国を旅している。

基本、毎月のように訪れるのは、香港・中国本土・・・そして、間隔をあける形で訪れるのが、フィリピン・タイ・ベトナム・カンボジア・日本・・・といったところだろうか。アメリカ、ヨーロッパ地域は、年に数回といった程度で、基本的にはアジア各国になる。

ジョホールバルからシンガポールの国境を超えてチャンギ国際空港へ。ドライバー付きの車に乗って、片道200RM(約5,600円)。ちょっとお高い感じではあるが、ドアツードアで、車に乗ったままマレーシア&シンガポールのイミグレ(入国管理局)を超えられるので、いつも活用している。

11月11日は、ジョホールバルの自宅コンドミニアムを20時に出発してから、たったの50分で、チャンギ国際空港第2ターミナルに到着してしまった。

平日の朝早くや、土日は、道が混雑するので、2時間程度かかってしまうこともあるが、「自宅を出て50分でチャンギ国際空港」こう考えると、ジョホールバルって凄いところだ。さらに、利用した航空券の価格は、直前予約だったにも関わらず、

行き(シンガポール-セブ)のフライトが、
141シンガポールドル(約1万2,000円)

帰り(セブ-シンガポール)のフライトが
86シンガポールドル(約7,400円)

往復合計
227シンガポールドル(1万9,400円)

日本の新幹線で、東京・大阪間を往復するより安い価格で、シンガポールとフィリピン・セブを往復できてしまったのだ。自宅から空港までの距離と航空券の価格。この2つが、僕が海外を気軽に旅して回っている大切な要素になっている。

海外渡航経験が4回しかなかった僕が変化したキッカケ

・・・と、このように、僕が海外に滞在しながら、あちこちと飛び回っているけれど。

実は、現役サラリーマンとして、2003年に香港に駐在するまで、海外に行ったことがあったのは、ハワイ、イタリア、ラスベガスだけだった・・・

僕が生まれてはじめて外国の地を踏んだのは、米国ハワイ。1979年、まだ僕が3歳の頃。サラリーマンの父、地方公務員教員職の母に連れら、家族旅行という形だった。

その後は、大学生になるまで、海外とは全く無縁の生活を送っていた。

スポーツ推薦で入学してしまった大学時代。強制的に毎日毎日部活漬けで、アルバイトも、年に一度オフ期間中、ヤマト運輸の深夜バイト位しかできなかった。

遊ぶためのお金を増やそうと、毎日孔明ママからもらった食事代1,000円/1日の内500円だけを貯めていって、2,000円になったら、登戸のパチスロ屋や、渋谷のマルハンパチンコタワー新宿歌舞伎町の宇宙センターなどに同じく金(カネ)無しチームメイトたちと繰り出していた。

部活がある間は、大きく勝てることはなかったのだが、部活がオフになると、なぜか途端に数十万円単位で「大勝ち」することができた・・・。

その金(カネ)を握りしめて。大学3年生のオフの時には、大好きな漫画の「ジョジョの奇妙な冒険」の影響を受けて、仲間と一緒にイタリアに高飛び。大学4年生のオフの時には、格安チケットがあったので、仲間と一緒にハワイに高飛び。

それまでベイビーちゃんの時ハワイに一度だけしか行ったことがなかった、海外へ高飛びしたのだった。

ちなみに、東証一部上場企業入社1年後・・・新婚旅行のラスベガスも、会社内の論文コンテストで金賞50万円大当てしての高飛びだった。

僕の人生の中での海外旅行は、

・ベイビーちゃんの頃→ハワイ
・大学3年生パチスロ大当て→イタリア
・大学4年生パチスロ大当て→ハワイ
・社会人コンテスト大当て→ラスベガス

「海外」とは、かなり無縁の人生を歩んでいた。

そんな僕が、今ではパスポートを持って、アジアをフラフラするライフスタイルを送っているのは、自分でも不思議に思ってしまうほど。

さまざまなことに興味を持ってしまい、1つのことを極められない僕は、人生で何をやっていったらいいのだろうか?

そんな悩みを持ったことがあったけれど、自分なりのライフスタイルを発見し、家族が協力してくれる形で、今では毎日が楽しく、飽きることなく人生を謳歌してしまっている。

改めて振り返ってみると、僕なりのライフスタイルを発見できた最大のポイントは、◯◯を移して、◯◯◯スタイルと◯◯◯スタイルを◯◯したからにほかならない。

孔明タイムを聞いているメンバーにはTOEIC265点で、香港に駐在するまで海外への渡航経験が4回しかなかった僕が、今、こうして海外を飛び回っている事実をお話することで、新たなライフスタイルの発見のため参考になるのではと思い、

    ・ジョホールバルの自宅からチャンギ国際空港までの所要時間は?
    ・ジョホールバルのセナイ国際空港から出ている国際線は?
    ・ジョホールバルからシンガポールへ国境を超える際の選択肢とは?
    ・シンガポールとジョホールバルの賃貸相場の違いとは?
    ・孔明一家のジョホールバルとシンガポールでのライフスタイルとは?
    ・株で億を稼がれている「阿修羅」のジョホールバル滞在のご感想とは?
    ・ジョホールバルからシンガポールへ向かうのは、日本での置き換えるとどんな感じか?
    ・日本で生活すると、海外が遠く感じる理由とは?
    ・ジョホールバル、シンガポール、香港、日本、インターネット速度の体感が速いのは?
    ・シンガポールからフィリピンセブへのLCCを利用した航空券価格とは?
    ・世界各国を旅していて、唯一気がかりなパスポートに関することとは?
    ・自分が気づいていない新しいライフスタイルを発見する方法とは?
    ・孔明がサラリーマンとして香港に駐在するまでの海外渡航経験とは?
    ・学生時代の孔明がいつも良い成績をおさめていた科目とは?
    ・香港に駐在して、ライフスタイルに対する意識が変わった理由とは?
    ・2015年11月にフィリピンセブ入りした理由とは?
    ・大富豪たちから海外でお話を聞くと、ぶっちゃけ話が飛び出す理由とは?
    ・日本で話し声が大きい人はどのような未来を迎えているか?
    ・本当に仕事がデキる人は、どのように行動しているか?
    ・月財門は、1つの事を極めるのが得意か、不得意か?
    ・ライフスタイルベースで仕事と生活を考える意味とは?

に触れながらお話させて頂いた。以上、「世界を飛び回るライフスタイルを手に入れた1つのキッカケ」についてお話した42分20秒の音声は、バックナンバーとしてご購入頂ける。

音声サンプルは、下記からご確認いただける。

心身を鍛えるのが先か?ビジネスを構築するのが先か?

174879

億の単位を稼ぐ御方々は、心・技・体が全て揃っていらっしゃる。ドクターサイ、S師匠、阿修羅共通しているのは、崇高なマインドセットと、それを維持するための、最強の肉体を持たれている。

確かに、生まれながらの門の囚われやアビリティとしても、身体が強くなるものをお持ちであるが。御方々の日々の地道な努力が、その最強の身体を維持できる秘訣なのだ。

最近、心身ともに、弱り気味だらけ気味だった僕。崇高な御方々のマインドセットに触れたことで、再び弱き心に火が宿り炎へと変わり、トレーニングを開始することにした。

今回の孔明タイムでは、金(カネ)を手にするためには、心身の状態を整え、鍛えるのが先か、金(カネ)を稼ぐ仕組みを構築するのが先かについてお話させて頂いた。

マレーシアでのアーリーリタイア生活

南国をベースに暮らし、アジア各国を自由自在に旅する、かつて憧れていた「アーリーリタイアメント」生活。

現役サラリーマンとして、メーカー勤務時代、約12年間・・・一時も休まず、ノンストップで馬車馬のように働き続けていたこともあり。「アーリーリタイアメント」と呼ばれるものに、ずっと憧れを抱いていた。

憧れの「アーリーリタイアメント」=赤道直下の自然あふれる南国=日本人がリタイアメントビザの取りやすい国=マレーシア・・・この連想に基いて、マレーシアに辿り着いたわけだ。

その中でも、現地の銀行から融資を受ける形で、不動産を3件購入するに至り、その関係で何度か足を運んでいて、気に入ってしまったマレーシアのジョホールバル。ここに集約されるようになった。

そして、2010年12月31日・・・会社を円満退社。毎日気の向く時間に起きて、眠たくなったら眠る。子供の学校の行事にも、ジョホールバル滞在中はフル参加。「アーリーリタイアメント」な日々を、送ってしまっていた。

ただ単に、南国の緩さに身を任せる日々。

日本から取り寄せたり、週末シンガポールに入る度に買ってくる、日本酒の八海山の大吟醸と久保田萬寿を、さらには、カルフォルニアから直接取り寄せたオーパスワンなどの高級赤ワインを、飲み続ける日々を送ってしまっていたのだ。

そして、2年が経過した頃だろうか。ふとした時、アジトにあった体重計に乗ってみると、100キロを超えてしまっていた。

わずか4ヶ月で劇的に改善

当時の僕は、基本的に、

・慢性的な肩こりが取れない
・頭がボーっとしてしまう
・やる気が出ない
・意欲が沸かない
・決断力がない
・何をやっても続かない

全てのことにおいて、自分の行動が裏目に出てしまう状態になっていた。

メルマガの執筆活動だけは、漫画のキャラクターのように、タバコをくわえっぱなしのチェーンスモーカー的に吸い続け、脳に刺激を与え続けて、集中力を維持できて、なんとか継続していたのだった。

そんな状態の時に、たまたま「東洋医学」を学ぶきっかけがあり、全ての原因は、暴飲暴食と運動不足の不摂生で、弱りまくった内臓(肝・心・脾・肺・腎)にあることがわかった。

そこで、「食事療法」を取り入れ、「生活習慣改善」をすることにした。

すると・・・わずか4ヶ月で、体重103kg→73kgと、体重30キログラム減を筆頭に、幼い頃から僕が苦しみ続けた、アトピー性皮膚炎、湿疹、花粉症、喘息などの慢性的な症状が無くなり。首と肩のこり、腰の痛みが無くなり、体中のむくみも無くなり。目が見開くようになり、内股に力を入れて、足の先を真っ直ぐにして歩けるようになった。

さらに、あったり無かったり、ムラが大きかった僕のやる気が、ずっと高い水準で、維持できるようになったのだ。

ビジネスと投資に大切なのは、「肝臓」と「腎臓」

組織の大小に関係なく、一国一城の主となり、稼ぐことを考えた場合には、内臓(肝・心・脾・肺・腎)の中でも、「肝臓」と「腎臓」を中心とした強さが最低限必要になる。

古の時代から「器(うつわ)」にたとえられる、「肝臓」と「腎臓」の強さというものが必要になる。

結局、ビジネスや投資で財をなすためには、人間力というものが必要になる。「肝臓」と「腎臓」をはじめとした、内臓の強さの集大成が、ビジネスの成果を構築して行く。

「肝」が弱ると・・・

・精神・・・思考活動の低下、ぼんやり、無気力
・血液・・・生理不順、視力障害、手足のしびれ、痙攣、めまい、吐血
・筋肉・・・しびれ感、けいれん、ひきつけ、爪の変形
・目・・・目の充血、目のかすみ、目の乾燥、めまい
・疏泄・・・下痢、生理痛、嘔吐、情緒不安定感、イライラ、怒りっぽい、抑うつ

「腎」が弱ると

・精神・・・飽きっぽい、ネガティブ思考、ストレスに弱い
・精・・・不妊症、発育不良、精液減少、早漏、冷え性、生理不順、性欲減退
・脳と骨髄・・・めまい、物忘れ、動作緩慢、倦怠感
・耳・・・耳鳴り、大小便の異常

などが発生してしまう。良いことがあっても悪いことがあっても、一喜一憂すること無く、自らの精神状態を正常に保ったまま、困難を物ともせず、目標を成し遂げるためには、それ相応の「肝臓」と「腎臓」の強さというものが必要になるのだ。

十分な「肝臓」と「腎臓」の強さを獲得した者だけが謳歌できるフィールドなのだ。上辺や表面の部分だけを勉強しても、あまり意味を成さない。

実際に、勉強した内容やアイディアを、実行に移す時にやる気も出ないし、決断することも、継続することもできないのだから。

世の中の大多数の人たちよりも、圧倒的に秀でたレベルで稼ぐための方法だけを学び続けたとしても、実現化には至らないのである。

最低限、稼ぐための方法を学ぶ段階から、「肝臓」と「腎臓」の状態は、万全な体制にしておかなければならない。

大学時代の体育会系のトレーニング方法では・・・

病気からの回復ステージはクリアして、「最強の漢」目指す次のステージに。「食事療法」や「生活習慣改善」を継続しながら、内臓(肝・心・脾・肺・腎)を鍛えるために、身体を動かすと同時に◯◯を調整するトレーニングを開始している。

トレーニングといっても、高校生と大学生の7年間メインでやっていたアメリカンフットボール部時代のような、走ったり、ダンベル持って筋トレしたり、というような、青くお子ちゃま的な方法ではない。

よく、自己啓発本などに、「稼げる経営者は、毎朝ランニングをやっている。」という内容のものがある。

けれども、最近の研究で、ランニングなど過度な有酸素運動は、身体にあまり良くないことが、検査結果として出てきている。

2013年4月20日マイナビウーマンの記事よると、

ベルリン大学病院CharitE氏がベルリンマラソン参加者167名を対象に、「腎臓」の機能検査を実施。対象者の平均年齢は50歳。走る前、ゴール直後、2週間後の3回にわたり、それぞれ心電図と血液検査を行なった。血清中のシスタチンCの密度を検査することで、「腎臓」がどれだけ身体の老廃物を排せつする能力を持つかが分かるためだ。

すると、「腎臓」機能の排せつ能力が、43%の選手において、25%低下し、13%の選手においては、50%を超える低下が見られた。しかも、上昇した検査値は、急性腎不全の軽度から中程度に相当するほどになっていた。2週間後には、腎機能の数値はまた正常に戻ったものの、「腎臓」の機能がこれほどまでに、衰弱してしまっていたのだ。

その理由は・・・「腎臓」が、血液をろ過し、余分な老廃物や塩分を取り除くだけなく、赤血球を作るホルモンを作り、全身に酸素を行き渡らせ、血圧を調整するなど、生命を維持する上で、欠かすことができない大事な役割を果たしているから。

マラソン等の
激しい運動では筋肉がフル活動すると、
尿素などの老廃物が溜まる
 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

「腎臓」が、老廃物の排斥のためにフル活動する
 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

さらに、運動をすると汗をかき、
体内の水分が急速に失われる
 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

「腎臓」へ流れる血液量が減り、機能が衰弱する

とのこと・・・・。マラソン参加者の検査結果なので、毎朝のランニングとは程度が異なるが、少なくても「腎臓」のエネルギーを過度に消費してしまう行為ということなのだ。

「最強の漢」を目指して「気トレ」に取り組む

取るか取られるかの金融資本主義の世の中で、心折れず、めげずに歩き続けるためには、強い心が必要で、その器になる、鍛えあげられた身体も必要になる。自らの内臓(肝・心・脾・肺・腎)と、心身を鍛えてこそ、億の単位の金(カネ)を掴むことができる。

「秘剣北野流居合抜き」「居合抜き」の上級者に必要なのは、心・技・体。iPhoneの指でパチパチだけでなく、自らの内臓(肝・心・脾・肺・腎)と、心身を鍛えてこそ、一流の「居合抜き」剣客になれると理解。

日本市場だけでなく、香港・・・そして、米国ダウで闘える、「メジャー剣客」へと進化成長するためにも。

まずは底力を鍛え上げよう!

・・・ということで、マレーシア・ジョホールバルの自宅に居る時は、朝のSkype定例ミーティング終了直後から、トレセンにこもり、個人的に僕のあこがれの闘う漢、『スプリガン』の朧(おぼろ)をイメージしながら、◯◯法、◯◯法と筋トレをミックスした形での、トレーニング「気トレ」をスタート。

なぜか「気トレ」でトレーニングすると、筋肉痛にならずに、鍛錬の成果がすぐに血となり肉となる気がする。不思議なもので、旅の疲れで患っていた咳や鼻水が止まるし、なぜか筋肉痛にも全くならないのだ。

「食事療法」や「生活習慣改善」に気をつけて、「肝臓」と「腎臓」を正常な状態に戻すのは、大前提として。。。

身体が健康な状態に戻ったら、すぐに僕のように「気トレ」で、日々肉体を強化したほうがよいのか?

孔明弟や、「地下ソサエティ」の仲間を見ながら今日時点で僕が考えていることは・・・

最初のステップとして、◯◯◯◯◯と◯◯◯◯で、しっかりと◯◯◯◯◯◯◯◯こと。毎日◯◯◯◯で◯◯に、◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯を身につけるのがよい。

次のステップとして、◯◯がつかめたら、◯◯◯◯◯◯◯◯◯、ゆっくりと◯◯◯◯◯◯◯◯◯こと。その状態になった段階で、◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯。

間違っても、◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯いけないということだ。

孔明タイムを聞いてくれるメンバーには、孔明弟のケースを含め、「地下ソサエティ」で、再現性が確認された金(カネ)を手にするための具体的なステップをシェアしたいと思い、

    ・最近はまっているトレーニング方法とは?
    ・2013年から始めたトレーングの学生時代との違いとは?
    ・トレーニングを再開した1つの理由とは?
    ・2011年に独立起業した結果、身体がどうなってしまったか?
    ・「秘剣北野流」剣客として活動するために欠かせないこととは?
    ・北野会長から電話で攻略せよ!と司令を受けた内容とは?
    ・日本株式市場とアメリカ株式市場の大きな違いとは?
    ・トレーニングする際に重要な呼吸法とは?
    ・筋肉痛にならないトレーニング方法の詳細とは?
    ・デスクワークが多い人が、特に鍛えるべき場所とは?
    ・ランニングやマラソンは、やめておいたほうがよい理由とは?
    ・ビジネスの世界で億を稼げる人の特徴とは?
    ・身体の調子が悪い時に、どういったお話が舞い込んできやすいか?
    ・フィリピン入りすると、毎回のように体調を崩すわけとは?
    ・身体を鍛えるのが先か?お金を稼ぐのが先か?
    ・デスクワーク中に気をつけるべき2つのこととは?
    ・今、時点で真田孔明が取り組みを推奨することとは?
    ・融資を獲得する重要性を毎月の貯金額で計算してみると?
    ・物販と株式取引が同じ感覚理由とは?
    ・世界のどこにいても稼げる方法とは?
    ・香港で開始した「秘剣北野流居合抜き」の結果とは?
    ・「秘剣北野流居合抜き」に再現性がある根拠とは?
    ・「地下ソサエティ」プラチナの女性経営者からのチャット内容とは?
    ・月官門サッチェルとともに臨む融資獲得の詳細とは?

に触れながらお話させて頂いた。以上、金(カネ)を手にするためには、心身の状態を整え、鍛えるのが先か、金(カネ)を稼ぐ仕組みを構築するのが先かについてお話した1時間1分13秒の音声は、バックナンバーとしてご購入頂ける。

音声サンプルは、下記からご確認頂ける。

剣聖北野会長流「運引き寄せの法則」ご先祖様とお墓参り

180822

「地下ソサエティ」プラチナの謁見宴(ディナー)開催に際して、マレーシア・ジョホールバルに、剣聖北野会長が降臨された。

北野会長が滞在されている間は、連日食事のお供する形で、さまざまなお話をお伺いしていた。

ある日の夕食、2011年という初期の段階から、僕といっしょに幾度か北野会長との会食に同行している真言密教の高僧が同席したことで・・・お話のテーマが、「経営戦略術」や「秘剣北野流居合い抜き」ではなく、「運」の部分になり、北野会長がこれまで、一度も明かされてこなかった「北野流・運を引き寄せる法則」をお話頂くことになったのだ。

そこで、今回の孔明タイムでは、剣聖北野会長から教わった「北野流・運を引き寄せる法則」についてお話させて頂いた。

43年間生き残ってこられた手腕と「運」

たったの5年間で、経営者の5人中4人が事業をたたみ。さらに5年間で、5人中4人が事業をたたむ。つまり、10年間で経営者100人中99人が事業をたたみ、たった1人しか残らない。

これが世の中の会社経営道の真実。

10年間・・・。経営者として生き残り続けていること自体が、凄いという確率の中。北野会長は、日本国内の会社、日本国外の会社、会社を一つも倒産させることなく、ずっと黒字経営のまま、43年間も生き残り続けている、奇跡の経営者。

さらに、多くの投資家たちが、2年、1年・・・半年で消えていく中。株式市場でも、ただの一度も飛ばすこと無く、43年間ずっと生き残り続けている、奇跡の投資家。

当然ながら、43年間生き残れる奇跡の経営手法。奇跡の投資手法。原理原則、スキームというものが、誰でも再現できる形で、超完璧なまでに体系化されている。黒字経営=納税を伴った経営・投資手法には、会計士から見ても、弁護士から見ても、銀行から見ても、「鷹」から見ても、穴というものが存在しない。

裸一貫で独立起業し、自らの「直感」によるインスピレーションで、ココまで体系化されて来られたのは、「覚醒陽創門」だから・・・とも言えるが。北野会長は、それだけではない、超がつくほど強烈な「運」の良さを持ちあわせていらっしゃるのだ。

「運」の重要さを語られる北野会長

北野会長:
「運が8割、実力1割、根気1割」

「運」の重要さを常に語られている。命運の世界でもこれは言われているが、北野会長の場合は、これまで約43年間、ビジネス・投資の世界で生き残り続けてきた実績の中からの発言。多くの成功者も見続けて来たが、沢山の飛んで星になった者たちも見続けていらっしゃる中からの統計学。非常に重みを感じる言葉である。

北野会長の言葉を受けて、僕もパートナーたちには、「運の悪い人達には近づくな!」と明確なアドバイスを出している。

そんな中、「地下ソサエティ」プラチナには、

「私、運だけは良いんです」
「いつも災い転じて福となす」

と、さらり言えるメンバーが集結していることもあり。時間を共有すればするほど、「運」の上昇スパイラルが起こる可能性が高くなっている感じがする。

精神世界を共有できる経営者と、北野会長の戦略術を共に学び、実践し、世界のどこかで開催される謁見宴(ディナー)で、顔を突き合わせて情報共有することで、お互いの「気」や「運」が高まり合うのを感じているのだ。

僕たちそれぞれの命運は決まっているか?

僕たちは生まれながらの命運に、抗(あらが)うことはできるのだろうか?

これは、僕自身の人生の中でも、大きな課題となっていることだが・・・

これまで歩んできた人生を振り返ってみると、自由意志というものを武器に、とことん抗(あらが)って来たようで・・・。四柱推命による命式と、大運(たいうん)・流年(りゅうねん)の流れを併せて鑑(み)ていくと、結局僕は、フラスコの中の微生物のように、決められた通りの動きしかしていないことが、嫌気がさすことがある。

あまりにも過去に、予め決められた通りの動きしかしていなかったことが・・・。僕が、四柱から成る命式や、大運(たいうん)・流年(りゅうねん)などの、予め決められた流れの存在というものを理解して。ある日突然、四柱推命鑑定士になろうと決断するに至ったもともとのキッカケでもあったりするのだが・・・。

当てられに来られた「プラチナ」たち

謁見宴(ディナー)終了後、「プラチナ」の何名かとホテル内のベンチで。。。

彼らのお目当ては・・・僕に「当てられに来た」。つまり、生まれながらの囚われ、生まれながらのアビリティの確認である。

ちなみに鑑(み)る時は、一対一ではなく、何名ものメンバーたちが周りにいる状態。まったく誤魔化しが効かない状態で、行われている。

メンバー:
「うわわ。鳥肌が立ちました!(汗)」

やはり、当てられに来たようだ。

孔明:
「◯◯◯◯年か、◯◯◯◯年のどちらかでご結婚されましたか?」→ 当たり

孔明:
「しかし、◯◯◯◯年か、◯◯◯◯年のどちからで離婚されましたか?」→ 当たり

孔明:
「離婚の原因は、奥様が◯◯を◯◯◯◯したのを、ご自身が◯◯したのですよね?」→ 当たり

孔明:「奥様は、ご自身のことを◯◯◯◯◯だと思っていたはずですよね?」→ 当たり

という質問を経て、

メンバー:
「うわわ。鳥肌が立ちました!(汗)」

と叫ばれたのだ。

従来の生きてきた中での、命運の流れはバッチリ僕に示して来てくれている。。。

つまり、指し示す未来も、高い確率で当たるということだ。このように、当てられに来られる方の場合、未来は限りなくその通りになる・・・。逆に、当てられに来ていない場合、僕は当てることができない。

その方は、命運の大河の流れに乗れていないので、生まれながらの門の囚われ通りの成果を叩き出すことが出来ていない。

僕は基本的に、占い師ではなく、四柱推命の「推」という文字にあるように、「推理」をしているだけ。「推理」を下に、「吟遊詩人」のように相手の人生を歌っているだけなのだ。それでも、年ベースでも当たってしまうのがこの「推理」の面白いところ。

過去に関して、僕の「推理」が当たらないということは、風水など何かしらの原因があり、命運という大河の流れにのれていない方。過去に関して、僕の「推理」が当たるということは、命運という大河の流れに乗れている方。

つまり、今回の場合では・・・「地下ソサエティ」の存在を知り、メンバーになった事自体が命運。さらには、囚われに従う形で、「プラチナ戦略」を限りなく高い確率で再現できるということだ。

本当に「人は何でも挑戦できる」のか?

命運の下に、風水による「認識の力」をフルに活用して、人、物、情報、言動、「発動条件」を考慮しながら一つ一つ丁寧に整えながら、目的に向かって、一歩一歩着実に歩んで行く・・・という場合。

「人は何でも挑戦できる!」と、言うことができると思う。

けれどもそれは、時間軸を無視して考えた時、たとえ無駄な時間、労力、お金を、浪費しても構わず、最終的に目的地の方向性に迎えればいい・・・そして、どの位の規模で成就できるか、数値的な目標を考慮しなくていい・・・ということが、前提条件にあった場合のみで。

仮に、◯年◯月◯日までに・・・××××をすることで、◯◯◯◯万円を達成する。。。というような、時間と金額軸における、具体的な設定をしてしまった場合。

「あなたの命式や、大運(たいうん)・流年(りゅうねん)では、その時間までには無理です!(キッパリ)」

・・・と、事前に宣言することが、ビジネス専門の四柱推命鑑定士である僕の役割だと考えている。

同じ命運の人は、みんな同じ人生なのか?

中国本土の有名なお話の中で、「皇帝とハチ飼い」というものがある。

明の創始者であり、初代皇帝である朱元璋(しゅげんしょう)。幼いころに占い師に鑑てもらい、将来は皇帝になると言われた。本当に皇帝になり、占い師を側近にした。皇帝になった後・・・四柱推命を下に、自分と全く同じ命運を持つ者を探したところ。

まったく同じ命運を持つ人が、1人だけ見つかったと言う。

明の初代皇帝朱元璋(しゅげんしょう)と、全く同じ命運を持つのは誰だったのか?

なんと、「ハチ飼い」だったのである。

確かに・・・明の始皇帝は、多くの人間を管理・統制している。そして、ハチ飼いも多くのハチを管理・統制している。万を超える生き物を管理するという視点でみれば、同じ命運と言えよう。

けれども、同じ命運が、明の始皇帝と、ハチ飼いへと大きく異なる結果を出したのだった。

その違いの根源はどこにあったのか?

それは・・・「運」良く小さい頃に、占い師に鑑てもらったことで、自分が掴み取れる未来の可能性に気がついたこと。そして、皇帝の地位を手に入れるため、勇気を振り絞って行動したこと。にあった。

「運が8割、実力1割、勘・根気1割」

現代の金融資本主義におけるビジネス・投資の世界で、死なずに生き延び続けるために・・・ビジネス・投資の原理原則・スキームの前提として、「運」は非常に重要なこと。

・・・「運」を、高めるためにはどうしたら良いのか?

その答えを、ビジネス・投資の世界で、一度も飛ばすことなく43年間生き残ってこられた北野会長がお持ちだったのだ。

どんなビジネス・投資の原理原則・スキームを学んでも、根本的な「運」が良くないと、それを活かすことができない。

孔明タイムを聞いてくれるメンバーには、「運」を最大限に高めるために、北野会長が何を重視されているか?をシェアしたいと思い、

    ・北野会長がJB入りされて、一緒にいったレストランとは?
    ・モレックパイン3近くにできた焼肉屋さんのオーナーとは?
    ・北野会長がおっしゃった「運」を良くする法則とは?
    ・成功を続けるには、「運」と実力と勘と根気の割合とは?
    ・北野会長が、親族の仲を重んじられている理由とは?
    ・北野会長が、毎週実行されていることとは?
    ・覚醒された陽創門の北野会長が、直感で閃くことができる理由とは?
    ・北野会長が、「運がよい」と自分でおっしゃる理由とは?
    ・孔明父の「運」がよいエピソードとは?
    ・孔明が改めないといけないと感じたマインドセットとは?
    ・ビジネスや投資で飛ばしてしまう1つの要素とは?
    ・儲かっている時も、儲かっていない時も大切にすべき事項とは?
    ・配偶者の存在がビジネスや投資で重要になってくる理由とは?
    ・家庭内で「運」を良くするための秘訣の1つとは?
    ・孔明が就職活動の時、狙った企業から全て内定をもらえた理由とは?
    ・北野会長がお話された家の中のマネジメント方法とは?
    ・四柱推命鑑定でわかるパートナーとの相性とは?
    ・自分のことを最も考えてアドバイスしてくれる人は誰か?
    ・孔明が門や占いを学び、深めているのは何のためだったか?
    ・今、孔明タイムの音声が人生の重要なターニングポイントになる理由とは?

に触れながらお話させて頂いた。

以上、剣聖北野会長流「運引き寄せの法則」についてお話した1時間1分16秒の音声は、バックナンバーとしてご購入頂ける。

サンプル音声は、下記からご確認頂ける。

株式投資「居合抜き」は「暴落」こそが美味しい

80648

2015年6月に「ダーマ神殿」で、吟遊詩人から「秘剣北野流」剣客に転職し、本業として取り組むようになり半年が経過した。

    2015年6月合計:3万5,000円
    2015年7月合計:60万0,847円
    2015年8月合計:222万3,438円
    2015年9月合計:327万0,551円
    2015年10月合計:77万1,338円
    2015年11月合計:195万6,769円
    2015年12月合計:81万6,109円(12月17日まで)

2015年6月から12月17日まで「居合抜き」累計+967万4,052円。
(日本のみ、香港「居合抜き」除く数字)

全て含み益ではなく、利確ベースでの数字になる。

「孔明さんは、元々投資の経験があるから・・・」

と思われるかもしれないが、「居合抜き」の存在を北野会長に教えてもらってから、実際に取り組みを開始するまでに、3年以上もの時間を要してしまった。

その理由は、「リーマン・ショックでの大暴落の恐怖・・・」が頭から離れなかったからなのだ。

そこで、今回の孔明タイムでは、なぜ僕が「居合抜き」に取り組み、株式相場での「暴落」こそが美味しいと考えられるようになったのか?についてお話させて頂いた。

暴落があるから株式相場は危ないという考え

世の中の大多数の株式売買を行う投資家たちは暴落というものを恐れている。

「来年は暴落が来る」
「世界のマネーは破綻する」

などの経済崩壊説を耳にしては恐れ続けている。

株は危ないから辞めたほうが良いという考えを持つ。

何を隠そう他の誰よりも、僕自身がその考えを強く持っていた。

かつて・・・僕が香港でサラリーマンとして駐在していた時、累計500万円位ではじめた香港H株への投資。

一時期は、1,000万円以上に膨らんでいた。具体的には、当時のメモ帳に残っている記録によると・・・

    ・177:JIANGSU EXPRESSWAY’H +68%
    ・203:DENWAY MOTORS LTD +94%
    ・245:CHINA SEVENSTAR +232%
    ・525:GUANGSHEN RAILWAY – H SHS +17%
    ・576:ZHEJIANG EXPRESS’H’ +20%
    ・855:CHINA WATER +209%
    ・857:PETROCHINA CO LTD’H’SHS +166%
    ・902:HUANENG POWER INTL-H SHS(HKD -37%
    ・939:CCB – H SHS +104%
    ・981:SMIC +94%
    ・2628:CHINA LIFE – H SHS -3%
    ・3988:BANK OF CHINA – H SHS -3%
    ・8035:BINHAI INV +30%
    ・8047:PALMPAY CHINA -48%
    ・8249:YIDONG ELEC – H SHS +138%

HSBCの証券口座内の株が、軒並みプラスを表示。

僕は株の天才なのではないか?
このまま株の取引を続ければ、大儲けできるのではないか?
と独り静かにほくそ笑んでいた。

しかし、それは勘違いだった。直後にリーマンショックが訪れ、なんと、持っていた株式が、瞬間的に10分の1位に暴落してしまったのだ。

あの時は運良く、本業の物販よりも、株式投資の取引でただの一度も飛ばされることなく、利確ベースでの利益を上げ続けていた香港大富豪ミスターD(香港人)が近くにいらっしゃった幸運もあり。香港大富豪ミスターDの言われたとおりに対処した結果・・・。

状況は一転、全銘柄プラスに転じる。精神的にビビりまくってしまい、慌ててH株の全銘柄を「成行価格」で売却する形で、最終的に500万円を利確することができた。

しかし、「暴落怖い・・・暴落怖い・・・暴落怖い・・・」

その恐怖が身体から抜けず。以降、株の取引には一切手を出すこと無く。自他共に認める、株式投資嫌いの人間になった。

他の人が株式投資に手を出そうとするのを見ると、

「株式取引なんか危ないから辞めたほうがよいよ。世界経済がいつ破綻するかわからないから。マネーと株なんて嘘だらけだよ。」

そう言って足止めをしたりした。

北野会長のお言葉でも身体が動かなかった

株式取引の世界で、43年間・・・ただの一度も飛ばされることなく生き残り続けた御方。剣聖北野会長と出会い、再び株式投資のお話を耳にすることになった。

しかし僕は、北野会長から何度お話を聞いても、実際の実行に移すことがなかった。実は・・・2012年から、「株式取引をした方が良い」と教えて頂いたのだが。。。

2012年、2013年、2014年、2015年、ただの一度も、証券会社の画面に触れることは無かった。

一度味わった恐怖は、そう簡単に抜けるものではない。リーマンショックの時の恐怖。想像しただけで、身体の力が抜けてしまう。。。それでも、北野会長とお会いする度に、株式投資のことを口にされるので・・・

孔明:
「ちょっとばかり やってみるか・・・」

2015年6月・・・長い封印を解く形で、恐る恐る証券会社の口座にアクセスすることを決意した。

北野会長:
「株の銘柄なんて、◯◯だったら何でもいい。うちの小・中学生の孫たちにも、自分が好きな銘柄でやらせてる。」


・・・という信じられない言葉を耳にして。。。

孔明:
「そんな。。。上がる株の情報が無くて本当に勝てるのか?」


・・・とも思ったが、北野会長のおっしゃる方法を元に恐る恐る株式取引を行ってみることにした。

すると・・・

2015年6月・・・たったの3万5,000円であるが抜けた。抜いた後・・・証券口座の中には一つの株も無い状態。

つまり、100%利確の3万5,000円である。なんとなくではあるが、感触を掴むことが出来た。

2015年7月。もう少しだけ勇気を振り絞って、株式の取引を行ってみた。すると・・・今度は60万円も抜けた。同じく抜いた後・・・証券口座の中には一つの株も無い状態。つまり、100%利確の60万円である。

ここで心に火がついた。

孔明:
「い、いける。。。僕でもいける!」

自らの職業を、「剣客」に転職する気持ちで、本腰を入れて北野会長から教わった方法、「居合抜き」を行うことにした。

「居合抜き」では、「この株は上がる!」とかの、巷の株系雑誌に書かれているような、「未来の展望」はある意味どうでもよく。

「◯◯があって会社が◯◯しなければいい。」・・・ので、特定の株に絞ることなく、一度「抜刀」と「納刀」を行った後は、別の株に手を出したりと、複数の株に手を出してみたりした。

はじめは3つくらいの株に取り組み、いつの間にか、19社ほどの株をマークするようになっていった。その中で特に、10社位の株価が、いつも頭に入っている状態。。。

すると、途端に肩が周り出すのを感じた。

結果、2015年8月・・・なんと、サラリーマン時代の月収の2倍以上に値する・・・222万円を利確することができたのだ。

大暴落が発生したけれど、その時の気持ちは・・・

しかし、8月24日・・・事件が起こった。

天津で大爆発。山東で大爆発。横須賀近くで大爆発。羽田近くで大爆発。

4連続で謎の大爆発事件が起こったのを機に、上海市場で大暴落が発生。その影響で、日本の株式市場にて、大暴落が発生した。。。

9月・・・外国人投資家が、日本の株を売りまくった株という株が、その値段を下げ続けて行く。その勢いにビビった、日本の個人投資家たちが、投げ売りを始め、株価の下落を加速させる。真夏の熱い中にも関わらず、株式相場は非常に寒い状態になった。

「大暴落の恐怖、再び・・・」

しかし・・・僕の心境は、巷の方々とは真逆だった。

すでに、謁見宴(ディナー)を通して北野会長からの訓えを受けていたこともあり。6月、7月、8月、と3ヶ月間に渡り「居合抜き」を継続し続けていたこともあり。大暴落に対する、心構えができていた。

確かに怖かった。。。

「居合抜き」の「剣客」になってから、はじめて迎えた大暴落。しかも、活動開始たったの4ヶ月目で迎えた大暴落。「大戦」と称して、ガクガクブルブル震えていた。

香港大富豪ミスターD:
「株は大暴落が美味しい。」

北野会長:
「株は大暴落が美味しい。」

香港、日本、それぞれの剣聖レベルの剣客の方々のお言葉を何度も唱えながら無い勇気を振り絞る形で、株式相場に向い、恐る恐る「抜刀」「納刀」を繰り返した。

結果・・・北野会長がおっしゃっていたことは正しかったようだ。恐怖におののく僕の心境とは反比例する形で、「居合抜き」の結果は今までに無いものがあった。

大暴落の月なのに、多くの方々のように、財産を失う。。。どころか。逆に1日で30万円を超える「納刀」が続出し・・・

    ・2015年9月9日:+35万6,120
    ・2015年9月10日:+30万8,369円
    ・2015年9月11日:+51万1,664円
    ・2015年9月17日:+41万9,206

9月は、利確ベースで327万円と、「居合抜き」を開始以来、最高益を叩き出した。

香港大富豪ミスターD:
「株は大暴落が美味しい。」

北野会長:
「株は大暴落が美味しい。」

株式相場で一度も飛ばしたことのない剣聖レベルの剣客がおっしゃっていたことは事実だった。株は本当に、大暴落が美味しかったことが、僕の中では証明されたのだ。

「秘剣北野流」剣客としてのマインドセット

その後・・・株価は10月に一気に回復傾向へと向かった。

対して僕は逆に、北野会長の訓えを旨にあえて水をかけて冷やすことにした。「居合抜き」する銘柄を、一回当たり1つに絞り、「抜刀」と「納刀」を一つ一つ丁寧に行った。

2015年10月は、利確ベースで77万円しか抜けなかったが、「前のめりにならずに、後ろに下がることなく、ニュートラルな姿勢で!」という剣客として株式相場に臨む姿勢を改めて固めることができた。

そして、2015年12月・・・引き続き日本の株式市場での「居合抜き」を継続しており、2015年6月からの累積だと、利確ベースで、967万4,052円になっている。

「居合抜き」を始めた6月から12月にかけて、僕のマインドセットは大きく変わって行った。

株を「儲けよう!」として勇んで「居合抜き」をすることは無くなった。◯◯◯◯だけを抜き続けるだけのマインドセットに・・・。

勇敢に株式相場に臨んでも、資金を簡単に失ってしまうだけだから。

そして、孔明:「大暴落、再び来てくれないかな・・・」と、世の中の大多数の株式投資家とは、全く真逆のことを考えてしまうようになった。

僕が、「リーマン・ショック」の大暴落の恐怖を乗り越え、剣客としてのマインドセットを手に入れられたのは・・・北野会長の訓えを受け、暴落を「モノ」「物販」に置き換えて、考えられるようになったのが、1つの大きな要因でもある。

たとえば、◯◯◯◯のMacbook Airが、◯◯◯◯◯で◯◯◯◯◯◯、普通◯◯だろう。◯◯◯◯のiPhoneが、◯◯◯で◯◯◯◯◯◯、普通◯◯だろう。平常時には、決して起こらないことが、起こってしまう大暴落は、基本的に◯◯なのだ。

「マネーが破綻する」というお話も、◯◯◯◯◯◯場合は、それが◯◯◯になってしまうので、これほどおいしいことはない。

「株があぶない、大暴落がこわい・・・」

と周りに言っている人がいたら、その人は、株式相場のことが、全く分かっていない。

大暴落は、起こるべくして起こるもので、相場に臨む際には、必ず対処しなければならないイベントになる。それを理解されている北野会長、香港大富豪ミスターDなど大富豪たちは、大暴落の度に、資産の桁を増やされている。

真の答えというのは、世の中の人の考えとは、真逆に存在しているので、「来年は暴落が来る」「世界のマネーは破綻する」などの経済崩壊説に、耳を貸し、恐れていては、生き残ることができないのだ。

孔明タイムを聞いているメンバーには、「秘剣北野流」剣客が、株式相場での暴落に対してどのような考えを持ち、日々臨んでいるのか?をシェアしたいと思い、

    ・北野会長が長時間お話された時の特徴とは?
    ・「地下ソサエティ」50代経営者が北野会長のお話を聞いて喜んだ理由とは?
    ・北野会長と「鷹」との40年間のお付き合いとは?
    ・「鷹」が、北野会長をとても重要な位置づけとしている理由とは?
    ・北野会長がアツく語られていた3つの法則とは?
    ・2015年初旬まで孔明が「株は危ない!」と考えていた理由とは?
    ・2003年に始めた香港H株とそのパフォーマンスとは?
    ・リーマン・ショック時の香港大富豪ミスターDの訓えとは?
    ・リーマン・ショック時の体験を思い出すと体がどんな反応を起こすか?
    ・北野会長がおっしゃる「居合抜き」での「美人とブス」とは?
    ・2015年6月の孔明の「居合抜き」の結果が3万5千円になった理由とは?
    ・「ダーマ神殿」で「秘剣北野流」剣客に転職を決めたきっかけとは?
    ・8月のチャイナショックが到来した時の剣客としての心境とは?
    ・香港大富豪ミスターDと北野会長がおっしゃる「おいしい時」とは?
    ・孔明が9月に「居合抜き」でレコードハイを達成できた理由とは?
    ・月商2,000万円規模の物販企業の納税額に匹敵する「居合抜き」結果とは?
    ・香港株式市場での「居合抜き」の結果とは?
    ・孔明が今、目指しているライフスタイルとは?
    ・北野会長との謁見宴で注意して聞いている事柄とは?
    ・相場の大暴落をMacbookの物販に置き換えて考えてみると?
    ・北野会長がマレーシアで新しく取り組まれることとは?

に触れながらお話させて頂いた。

以上、なぜ僕が「居合抜き」に取り組み、株式相場での「暴落」こそが美味しいと考えられるようになったのか?についてお話した1時間16分2秒の音声は、バックナンバーとしてご購入頂ける。

サンプル音声は、下記からご確認頂ける。

    ◆12月6日
    世界を飛び回るライフスタイルを手に入れた1つのキッカケ
    (42分20秒/25.4M/MP3形式)
    ◆12月13日
    心身を鍛えるのが先か?ビジネスを構築するのが先か?
    (1時間1分13秒/36.7M/MP3形式)
    ◆12月20日
    剣聖北野会長流「運引き寄せの法則」ご先祖様とお墓参り
    (1時間1分38秒/39.7M/MP3形式)
    ◆12月27日
    株式投資「居合抜き」は「暴落」こそが美味しい
    (1時間16分54秒/53.3M/MP3形式)

真田孔明の原点がここに
生涯収入5億円倶楽部メンバーとして、これを読まねば始まらない!すべての活動の前に
必ず熟読するべき、真田孔明ノウハウのすべてが分かる30日無料メール講座

このカテゴリーの関連記事
5億円倶楽部プレミア音声会員
5oku_banner_201508

2015年8月度プレミア会員限定音声

◆8月2日孔明のもうかるメロンパン屋さんの秘密(57分47秒/34.7M/MP3形式) ◆8月9日マズロー欲求5段階説と門の関

5億円倶楽部プレミア音声会員
5oku_banner_2015all

2015年度プレミア会員限定コンテンツ

2015年1月度*バックナンバーとして980円でご購入頂ける。 ◆1月4日:為替相場に影響されない究極の「仕組み」(1時間1分

5億円倶楽部プレミア音声会員
5oku_banner_201502

2015年2月度プレミア会員限定コンテンツ

◆2月1日:金利生活の命運を左右する必ず把握しなければならない◯◯◯◯の動向(1時間11分9秒/42.7M/MP3形式) ◆2

5億円倶楽部プレミア音声会員
5oku_banner_201503

2015年3月プレミア会員限定音声コンテンツ

◆3月1日:2015年2月4日から活用できる乙未の「ビジネス戦略術」(55分30秒/33.3M/MP3形式)◆3月8日:人生一



コメントする