「キーワード広告」の高額クリック単価には意味がある「キーワード広告」の基本

アフター5の副業ブロガースタイル (中)「キーワード広告」攻略マニュアル「キーワード広告」攻略マニュアル

「キーワード広告」とは、Yahoo! JAPANやGoogleなどの検索エンジンの、検索キーワードに連動して表示されるテキスト広告のこと。

他にも、

  • PPC広告
  • 検索連動型広告
  • リスティング広告

と言われている。

広告費は広告をクリックされた時のみ発生するので、テレビCFや新聞雑誌に広告を打つよりも、高い費用対効果を狙える広告方法でもある。

・Yahoo! JAPANで表示されるキーワード広告が「スポンサードサーチ」

・Googleで表示されるキーワード広告が「Googleアドワーズ」

仕組やシステムの基本はほぼ同じである。

僕たち現役サラリーマンでも「キーワード広告」を使いこなすことで、中小企業だけでなく大企業とも対等の立場で渡り合うことができる。

「キーワード広告」の基礎をしっかりと身につけることさえできれば、現役サラリーマンでありながら、巷の経営者を遥かに超える毎月の収入を獲得することが可能になる。

勝ち組現役サラリーマンを目指すために、しっかりと「キーワード広告」の基礎というものを、固めていこうではないか!

「キーワード広告」の高額クリック単価には意味がある



「キーワード広告」には「クリック単価」という部分に特徴がある。

検索結果の掲載順位が上がるほど、1クリックあたりの単価は上がっていく。

その時、「キーワード広告」の管理画面を確認すると分かるが、俗に言う「儲かりそうなキーワード」ほど、クリック単価が高い。

一方、「儲からなそうなキーワード」ほど、クリック単価が低いという傾向が見られる。

この時通常、サラリーマンとしてはクリック単価が高いからという理由で、儲かりそうなキーワードを避けてしまいがちになる。

・クリック単価の高い儲かりそうなキーワード

・クリック単価の低い儲からなそうなキーワード

2つが並んでいた時に、現役サラリーマンの多くは、「クリック単価の高い儲かりそうなキーワード」を避けて「クリック単価の低い儲からなそうなキーワード」を選択してしまうのだ。

けれども、「生涯収入5億円倶楽部」のあなたは、この落とし穴に陥ってしまってはならない。

「キーワード広告」を極めるにあたり、1つ理解しなければならない事実がある。

それは・・・「クリック単価の高い儲かりそうなキーワード」を抑えている広告主たちの大部分は、黒字企業という事実だ。

これは冷静になってみれば分かる。

・広告主がみんな儲かっているからクリック単価が高くなる。

・広告主が儲かってなければクリック単価は高くならない。

個人としても、儲かりたければ、「みんなが儲かっているところで勝負をしよう!」ということだ。

「キーワード広告」を制するために、重要なマインドセットの1つなので、この部分はしっかりと理解頂きたい。

追伸

「生涯収入5億円倶楽部プレミア会員」の方でも「キーワード広告」の攻略音声の公開が強化されています。

巷の多くのブロガーたちが毛嫌いする「キーワード広告」。

巷の多くのブロガーたちが実は本質を理解できていない「キーワード広告」。

現役サラリーマンとして、限られた時間と労力と原資の中で、大きな副収入を獲得するために、必要不可欠な宣伝広告手法なので、「生涯収入5億円倶楽部プレミア会員」の音声教材を活用する形で使いこなせる様になって頂きたい。

「生涯収入5億円倶楽部プレミア会員」

302 Found
タイトルとURLをコピーしました